Mikage Shinai Christ Church

がん哲学外来・メディカルカフェ

 

 

ともしびをもとめて ともしびGIF

 

当教会メンバー笹子 三津留・真由子

 

がんと告知されたその日から、

患者さんとご家族は不安に押しつぶされそうになりながら、医師からの難しい説明を聞き、必死で治療を選択します。

今の医療では、説明を終えた医師は、「自分で決めてください」と言うのです。

必死に考えて選択しても、情報が溢れる社会の中にいると、いつも自分は正しかったのかという不安を持ちながら時を過ごしていくことになります。

医療は進歩し、コントロールできるがんは増えましたが「がんと共に生きる」ことは、たやすいことではありません。

また、辛い闘病生活の後に大切な家族を失った方は、いつまでも消えない後悔や疑問を抱き、心にとげが刺さったような時間をすごされている方もいらっしゃるでしょう。

長年、医師・看護師としてがん患者さんにかかわってきた私たちが皆様の思いを伺います。

忙しすぎる病院の中ではできなかった、自由な心の交流の場を持ちましょう。

抱えている病気や立場は違っても、お茶を飲みながらゆっくりと語り合いましょう。

人は慰められたときに、誰かを慰めることができるのです。

不安や悩みを完全に消すことは出来ないかもしれませんが、

ここに集われたすべての方のこころに、小さくても足下を照らす希望の「ともしび」をともせたらなんと幸いなことでしょうか。

 

 

<代表スタッフ プロフィール>

 

 笹子 三津留(ささこ みつる)

  外科医として国立がんセンター中央病院に20年間勤務 現在、兵庫医科大学 集学的腫瘍外科学教授

 

   笹子 真由子(ささこ まゆこ)

  看護師として国立がんセンター中央病院に10年間勤務

 

 

 

がん哲学外来

がんに関する不安や悩み、「生きるとは何か」について個別に対話します。

 (治療などに関する医学的なアドバイスを行うセカンドオピニオンではありません。)

  1人/30分 ※要予約   17:30~   18:10~

 

メディカルカフェ

患者さん・ご家族・ご遺族・医療従事者がそれぞれの立場を超えて集います。

お茶を飲みながらリラックスして自由に対話しましょう。

※予約不要(時間内は自由に出入り可)

ご不明な点、疑問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

TEL:078-841-0795  FAX:078-862-3017

メールアドレス:jesus_tomoshibi@yahoo.co.jp

 

 

こころのともしび