Mikage Shinai Christ Church

人生最大の仕事って?

御影神愛キリスト教会 教会員N姉

先日、こんな言葉を読みました。北海道の牧師先生の説教集のようなものですが、その中に三浦綾子さんの言葉が引用されていました。『クリスチャン作家であった三浦綾子さんは、「私には死ぬという仕事がある」と言われていました。その死ぬという仕事のなかに「心を尽くしてすべてのことを感謝する」という仕事があると思います。死を前にして、自分にかかわるすべてのことについて感謝することは大いなる仕事です。「自分が生きている」ひとつのしるしは「感謝できない」ということにあります。反対に、「自分に死んでいる」しるしは、すべてを感謝することができるということです。自分の死を意識したとき、感謝できることはなんと麗しいことでしょうか。その仕事は普段の日々においてもなされるべきだと思います。』と書かれていました。


 これを読んで、一年半前に天に帰られた博子先生が病床で、「神様、感謝します」と何度も言われていたことを思い出しました。自分、自分ではなく、自分に死に、神様にあらゆることを感謝するとき、本当の意味で生き生きと生きることができ、変な言い方ですが、立派に死ねるのだと思いました。


 数ヶ月前に、私は胸が苦しく息苦しくなったので、24時間心電図を撮るという機械をつけました。結果は不整脈であることが分かったのですが、それよりも驚いたのは、心臓はなんと24時間で約10万回鼓動を打っているということでした。不整脈が分かったことより、その数に驚きでした!!それも私が寝ている時でも、心臓は動いているんです。当たり前のことですが、心臓も休みたいよ、と言って休んだら、それは私が死ぬ時です。他の臓器なら、胃を休めてあげようとか目を休めてあげようとか、マッサージまでしてあげたり…。でも心臓こそ目に見えないところで休むこともなく、こんなに働いてくれていたのか、もっと感謝しないといけないな!と思わされました。


 「昼も夜も私が寝ている時も私を守り、いつも共にいてくださる神様に感謝だわ」と言うと、ある姉妹に「心臓と一緒ですね」と言われて「ほんとだわ!」となったのですが…ということは、神様がもういいわ!この子はあかんわ、と私のことを諦めたり見捨てたりしたら、私は霊的にですが、死ぬってことになる…心臓と一緒ということだと気づかされました。でも神様は私たちを決して見捨てることはないのです。こんな詩篇の言葉があります。


「 主はあなたの足の動かされるのをゆるされない。あなたを守る者はまどろむことがない。 見よ、イスラエルを守る者はまどろむこともなく、眠ることもない。 主はあなたを守る者、主はあなたの右の手をおおう陰である。」
                                             詩篇 121:3-5


 私たちが寝ている時にも神様は眠らず、必要なことを与えようとしてくださっているのです。だから心臓のように目には見えない神様に「感謝します」と言い続ける人生は、あの北海道の牧師先生が言われるように、自分が、自分は、と自分のことばかりではなく、神様とともに生き生きと生きることができるということを教えられました。
そして人は誰しも一度死にますが、三浦綾子さんや博子先生のように、「神様、感謝します」と言いながら、天に帰って行けたら、どんなにいい人生となるのだろうと、そうでありたいと思いました。