Mikage Shinai Christ Church

2月のメッセージ

 

「関係」   御影神愛キリスト教会牧師 瀬古 慎二

 

私たちは、この世においていろいろな人間関係の中で生きています。例えば、親子関係、夫婦関係、友人関係、師弟関係、上司や部下との関係、同僚との関係、数え上げたらきりがないほど、いろいろな人と人との関係があります。この「関係」の良し悪しによって私たちの人生は、良くもなるし悪くもなるところがあるのではないでしょうか。例えば、家族の関係がいつも良いと、それだけで生きる力、喜びが生まれて来るのではないでしょうか。しかし、反対にその関係が悪いと何をやっても楽しくない、いつもどこかに暗い気持ちがある、というようになってしまうものではないでしょうか。聖書に

「平穏であって、ひとかたまりのかわいたパンのあるのは、争いがあって、食物の豊かな家にまさる。」(箴言17:1)

という言葉がありますが、正にその通りだな、と考えさせられます。

それでは、いつも私たちが良い人間関係を保つためには、どうすれば良いのでしょうか。そのためには、まず、私たちが知るべき最も大切な関係があるのです。それは、神との関係です。聖書の創世記というところに、神が創造された最初の人、アダムとエバのお話しが描かれています。彼らが創造された時、彼らの中に罪がありませんでした。そして彼らと神との関係はとても良いものでした。彼らと神との間には確かな信頼関係がありました。彼らは神の愛を一身に受け止め、彼らも神を愛していました。そして、神との関係が良かった時、アダムとエバの関係もとても良いものでした。彼らの間には争いがなく、お互いを尊重し愛し合っていました。しかし、彼らの関係が壊れてしまう出来事が起こりました。彼らが神との約束を破って罪を犯してしまいました。その時から、彼らと神との関係が壊れてしまいました。そして神との関係が壊れてからは、二人の関係にもひびが入って来ました。彼らは互いに責め合うようになってしまいました。遂には、二人の間に生まれた息子達の間にも争いが生まれて兄が弟を殺すという人類最初の殺人事件が起きてしまうのです。

私たち人間が、本当に良い関係を取り戻すために大切なことは、まず一人一人が神との良い関係を築くことです。神との関係が良くなると人との関係も修復されて来ます。そして、神との関係を回復するために来て下さったのが、イエス・キリストです。キリストが十字架で、その命を捨てて下さったことによって私たちの罪を赦して下さいました。その事実を信じる時、キリストが神と私たちの間の仲介者となってくださって、神との関係が回復するのです。そして、私たちは、アダムとエバが神に創造された時に持っていた神との平和を見出し、また、神から来る愛と恵みによって人を愛し、人との平和を作り出す者に変えられるのです。

このイエス・キリストを信じ、神との平和、人との平和を味わう人生を送ることができるよう祝福をお祈りいたします。