Mikage Shinai Christ Church

2013年10月「私は奇跡を信じる」

「私は奇跡を信じる」

 御影神愛キリスト教会 後藤 美佐

私が教会に行くきっかけになったのは、家の近くに建てられた教会で子供の集会があると案内されたことからでした。それがきっかけで教会学校に行くようになりました。それは小学校2年生の頃で、教会学校でもらえる珍しい文房具やお菓子などが目的でした。小学校5年生になった頃、自分の心の醜さに嫌気が差すようになってきました。というのは.私には2つ上の兄と6つ下の妹がいるのですが、その妹が、私と兄が学校に行っている間、わたしの大切にしているものをいつもぐちゃぐちゃにし、ときには壊しているということもあったりして、そんな妹に対する苦々しい許せない心があったからです。頭ではまだ小さいし仕方がないとわかっているのですが、心の中ではなかなか許せなくて「どうして許してあげられないのか」と、許すことのできない自分がとても嫌でした。

そんなある日、聖書を読んでいると、ちょうどイェス様が十字架にかかられるところだったのです。何の罪も犯していないのに、体にはムチを打たれ、いばらの冠をかぶらされ、散々な目に合わされている、そのイェス様が十字架の上で自分に苦しみや痛みを負わせている人たちのために「父よ、彼らをお許しください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです。」と祈られているのです。それを読んだとき本当に感動しました。「イェス様はすごいな!わたしもこんなイェス様のようになりたい!」と思いました。イェス様を信じたらイェス様のように人を愛し、人を許せる清い人になれるなら、イェス様を信じます。どうかわたしの醜い心を清め、許して下さいと心から祈ったのです。

CJC04そして、イェス様を信じました。それから、イェス様のようになりたいと強く思うようになりました。とはいえ、イェス様のようにはなかなかなれません。けれども、少なくともわたしの心の中からは妹に対する苦々しい許せない思いが取り去られ、妹を慈しむ思いが与えられました。

今でもいろいろな出来事によって様々な感情が起こってきますが、それらに囚われることなくすぐに穏やかな心が与えられます。私はイェス様と出逢えて、イェス様を信じることができて本当に良かったと思っています。

「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。ローマ8:15」