Mikage Shinai Christ Church

Monthly Archives: 8月 2017

2017年8月  “Collateral Beauty 神様からの贈り物”

御影神愛キリスト教会 会員 中濱秀夫

 私は三度大きな喪失体験をしました。一度目は、22歳の時大きな失恋をしました。二度目は、36歳の時、妻を天国へ見送りました。三度目は、47歳のとき、再婚した妻を天国に見送りました。

この三度の喪失体験を通して、知ったことが二つあります。ひとつは、「決して悲しみに慣れることはない」ということ。もうひとつは、「しかしその悲しみからの回復の過程には大きな差がある」ということでした。悲しみに出会ったとき、「何故?」と問いかけます。人間の知恵によっては答えのないことを知っています。でも問いかけてしまいます。悲しみ、辛さが深すぎると、その時々に神様の与えてくださることを見逃してしまうようです。しかし、神様が差し出してくださったことをしっかり受け取ったとき、その後の歩みが変わってゆくことを知りました。

 一度目の失恋の時、イエス様とまだ出会っていませんでした。神様の愛、神様からの慰め、励まし、それらのことを知らずひたすら自分の力で堪えようとしました。様々なものでこころの空洞を埋めようともがいていました。

仕事、趣味、異性との交際。しかしそれらのもので満たされることは無く、長いトンネルの中を歩んでいました。二度目の時、夫婦でイエス様を信じ歩むものとなっていましたが、イエス様から頂いた救いの喜びをしっかり受け取れていませんでした。礼拝にも出席せず、教会を離れ生活していました。

そのような中で妻が倒れました。脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血でした。手術を行いましたが一度も意識が戻ることなく、脳死に至り天国に旅立ちました。

その過程で自分の中にある辛さや苦しさを解放してくれるものがないかと聖書の中に探し求めました。聖書のことばを味わうというようなものでなく、渇きを潤すものがないか、読みあさるというようなものでした。

倒れた日、妻あてに一通の便りがとどきました。教会を離れている私たちを気遣い教会のあるご婦人が下さったものでした。私はすがるような思いでその方に電話をしました。この事をきっかけに私たちのために祈ってくださり、励ましてくださる、先生方や兄弟姉妹のおられることを知ることになりました。

このお便りがなければ、私はもっと違った人生を歩んでいたかもしれません。このご婦人を通して神様が手を差し伸べてくださったことを知り感謝しました。

妻を天国へ見送り、8年過ぎた頃一人の女性と出会いました。信仰生活も10年を迎えようとした頃です。人生を共に歩むパートナーと考えていました。イエス様の救いを信じる者となって一緒に歩みたいと願い祈っていましたが、卵巣がんを患っていることがわかりました、二度の手術や抗がん剤の治療を受けましたが結果は思わしくありませんでした。闘病中にイエス様を信じ、結婚式の予定も立てていましたが、病気の進行が速く残された時間の少ないことを知りました。

淀川キリスト教病院のホスピスで結婚式を行い入籍し、結婚式から二日後に天国に旅たちました。実は、この女性は22歳の時失恋した相手です。

何故、今再び出会うのか、神様の想いを測りかねていました。また、病の事を知ったとき、あれから22年が経ち、今出会うことの意味を神様に問いました。私にとって、彼女にとってどういう意味があるのですかと。そして、彼女を妻として天国へ見送り、すべてのことを終えたとき、ひとつのことが心にとどまりました。「完結した」という思いです。

22年前、悲しみのなかで自分にできることがあればどんなことでもしたいと願ったことが、今、具体的なかたちで叶いました。この世での生活の最後を神様と共に見守るという役目でした。それが自分にとって最もふさわしい役目であり、最善のものであることを知り、心から感謝しました。神様が二人に与えてくださった、辛いけれど素晴らしい事でした。

先日、ある映画を観ました。日本での題名を「素晴らしきかな人生」、原題を「Collateral Beauty」と言います。Collateral Beautyという言葉を映画では「幸せのオマケ」と訳していました。「悲しみの中で添えて与えられる美しいこと」というような意味でしょうか。6歳の最愛の娘を脳腫瘍で亡くしたご夫婦の歩みを通して、Collateral Beautyを受け取った妻と、見逃した夫との対比が描かれていました。

私は、三度の経験を通して、確かに神様が与えて下さるCollateral Beautyがあることを知りました。神様が与えて下さる私への「贈り物」です。決してオマケなどではありません。そのような経験をしたものにしか受け取ることのできない、神様が特別に用意してくださった私のための「贈り物」です。

一度目はそのようなものがあることさえ知りませんでした。二度目はこの「贈り物」の存在を知り受け取ることができました。人を通して、聖書のことばを通して、神様が教えてくださいました。三度目はこの私に対する「贈り物」を、今この時にしか受け取れない「贈り物」としてしっかりと受け取ることができたと思います。悲しみの中にあっても、前向きに神様の想いを感じて歩むことができました。

神の愛は、闇のなかにも光のなかにも、私の悲しみのなかにも、喜びのなかにも存在していることを、そして神の愛なしには生きていけないことを知りました。三度目の経験を通して「完結した」との思いを受け取った私は、これからの人生は一人で歩むものと思っていました。

しかし、神様の計画は少し違っていたようです。それから7年後、54歳の時に、4人の家族が与えられました。妻と三人の子供たちです。一方的に神様が与えてくださった、素晴らしい「贈り物」です。全く考えてもみなかったことでしたが、神様が備えてくださる最善の「贈り物」を受け取ることができました。妻と二人で祈り、支え合って歩むことの素晴らしさを体験させていただいています。神様の恵みのなかを家族で歩むことのできる幸いを感謝しています。

今、悲しみのなか、辛さのなかを歩んでおられる方がいらっしゃいますか。是非知っていただきたいのです。あなたのことを理解し、愛してくださる神様が、今あなたのために、必要な「贈り物」を差し出してくださっていることを。その胸にしっかり受け取ってください。あなたへの神様からの贈り物を。

2017年8月 「感謝の日々を」

御影神愛キリスト教会 伝道師 杉本満子

 暑い夏がやってきました。「暑い!暑い!」と、つい口をついて出てきます。つい数か月前までは、「寒い寒い」と言っていたのに・・・。私たち人間は、よく呟き不平を言うものだなーと思わされます。

聖書の中にも「暑い暑い」と文句を言った人のことが出てきます。それは、ヨナと言う人物です。(この人について細かく説明しませんので、知りたい方は、旧約聖書のヨナ書を読んでください。)ある時、ヨナはニネベの街の高台に立って、その街の成り行きを見ていました。ニネベの街は、今からおよそ3000年前アッシリヤ帝国(BC900-607)の首都でした。ニネベはチグリス川の東岸にありましたから暑さが酷かったのです。

ヨナはカンカン照りの丘に立っていましたから、暑くてたまりません。その時、優しい神様は、ヨナのために一本の「とうごまの木」を生えさせてくださいました。「とうごま」は見る間にスルスルと伸びて葉を茂らせて、ヨナの頭の上に日陰を作ってくれました。ヨナは大変喜んで、気持ちよく街を眺めていました。しかし、神様は、翌日一匹の虫を送って、「とうごま」の根元をかじらせてしまいました。「とうごま」は、暑い太陽の熱の下でみるみる萎(しお)れ、枯れてしまいました。そこでヨナのつぶやき、不満の言葉が始まったのです。「こんな暑いなら、生きているより死ぬ方がましだ!」と、少々大袈裟ですね。聖書を読むと、ヨナは、よく呟く人、不平を言う人だなーと思わされます。

 ところで、私たちはどうでしょうか?物事がうまくいっている時は、良いのですが、少し自分の思い通りに行かないと、不平不満が出てきて、「神が愛ならば、どうしてこんなことが起こるのか?」と言って、悪いことはすべて神様のせいにしてしまうことはないでしょうか?
 私たちの神様は、私たちを苦しめたり、いじめたりする方ではないのです。良い人にも悪い人にも等しく愛を注ぎ、恵みを与えてくださる方です(マタイ5:45)。だから、どんな状況にあっても、神様にすべてをゆだねて、お祈りしていくならば、必ず良い方向に導いてくださり、良い解決を与えてくださるのです。

 よく知られている聖書の言葉に

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について感謝しなさい。」(Ⅰテサロニケ5:16~18)

という言葉があります。感謝しながら、喜びながら過ごしても一日は過ぎていきます。ブツブツとつぶやき、不平不満を持ちながらも一日は過ぎていきます。どちらが幸せな道でしょうか?

 まだまだ暑い日が続くと思いますが、四季に恵まれた日本に生まれたことを感謝しましょう。そして、大自然を造られた神様に感謝しながら日々を暮らしていきたいものですね。

2017年7月 「家族の救いの恵み」

御影神愛キリスト教会 会員   横井 美子

 

『主イエスを信じなさい、そうすればあなたもあなたの家族も救われます。』
使徒の働き 16:31

 この御言葉通り、家族全員(両親と子供5人)救われました。約40年前の私の実家のことです。兄以外6人は、ある事から新興宗教に入信し、偶像礼拝をしていました。仏壇があり、集会もしていました。その中で兄はミッションスクールでの信仰により、偶像は信じられないと単身で暮らすようになりました。そしてその後、近くの教会を訪ね、御言葉に導かれ更に信仰が深まり、献身の決意が湧き関西聖書神学校へ入学しました。

 早朝の早天祈祷は家族の救いの祈りであり、4年間の卒業までに家族全員が救われるようにと大胆な祈りを捧げ、海外の神学校でも祈りの課題となるほどの、熱い祈りが続けられました。毎週の月曜の休みには、オートバイで実家に帰り、雨の日も雪の日も家族に伝道師が来ました。

ある時父は、キリストの話をするなら帰ってくるな!と怒る事もしばしばありました。しかし、兄は懲りずに熱心に語り、母も私も兄の変えられた人格、品性、真実な姿に信じたいと思いました。そして聖書を読み始めると、今までの宗教がご利益的で愛のない信仰で偽りだと分かり、家族も偶像から徐々に心が離れ、牧師夫妻の訪問や祈りによって教会に導かれるようになりました。各々にさまざまな導きがあり、1人1人の事を語ると止みません。

 4年間の間に家族それぞれが受洗へ導かれ、御言葉通り家族全員が救われました。その後、弟22歳で献身を決意し、妹も34歳で献身し、神学校へ行き現在も牧会者としてそれぞれの教会へ仕えています。その後それぞれに家屋が増え、集まると甥や姪、子供、孫たちが賛美を歌い、楽しいひと時となります。振り返ると、主が一人の兄を通して、偶像を拝み滅びへと向かっていた家族を救い出してくださった事、主の愛と哀れみに感謝が絶えません。

 私事に戻りますが、救われた家族の一員で、子供3人が与えられ信仰生活の中で、夫はなかなか信じられず、日曜日は独り寂しく留守番をしていました。はじめは反対者でありましたが、徐々に協力者となり、教会へも足をはこぶようになり、家庭集会、ついには礼拝へと導かれました。そして召される3年前に受洗へと導かれ、40年間大勢の方々の祈りに支えられました。主は見放さず待っておられ、心の戸を開いてくださったのです。

 2人の娘もそれぞれの教会へと導かれ、用いられています。未だに長男家族は求道中であり、遠方に住んでいる事もあり、祈り続けています。実家のように家族全員が救われますように祈り続けています。昨年5月に神戸へと移り住み、1年が過ぎました。御影神愛教会へと導かれた事は、主が備えてくださった恵みと感謝しています。今までにない多くの恵みを頂いています。ろう者の方々の姿から励ましを受け、手話を通して更に信仰に対する喜びが与えられています。命のある限り、私にできる主の喜ばれる道を歩めますようにと祈ります。

2017年7月 「神様は日本と日本人を見捨てませんでした」

 御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 

 イエス様は弟子達に宣教命令を残しました。

「全世界に出て行って、全ての造られたもの(人)に福音を宣べ伝えよ。信じてバプテスマを受けるものは救われる。」マルコ16:15〜16

 この命令がアジアの最西端の日本に届くまでには、なんと1800年の年月が必要でした。それも地球の西回りをして届けられたのですから、奇跡と言うべきでしょう。神様は、日本を忘れてはいませんでした。

 江戸末期に神様は、欧米諸国のクリスチャン達に「日本人にキリストの福音を」届けようとの使命を与えてくれていました。しかし、当時の日本は鎖国の時代(1639年〜1853年)214年間でしたから自由に外国人が入国できる状態ではありませんでした。鎖国の時代は、キリスト教(切支丹・カトリック)に対する迫害は厳しく、「宗門改め」、「檀家制度」「五人組制度」などいろいろな、規制と監視があって、信仰の自由はありませんでした。

 時が来て1853年2月8日(嘉永6年)米国海軍軍人マシュー・ペリーが4隻からなる艦隊を率いて浦賀に来航して、日本に開国を迫りました。そして、1854年3月3日日米和親条約を結び正式に開国しました。しかし、開国の後も1873年(明治6年2月24日)まで「切支丹禁制」の高札は掲げられ、信教の自由は奪われ、恐怖政体の中にあったのです。

 しかし、この長い霊的暗黒の中でも神様は、日本を愛し、救霊の信仰と情熱を持った人々を起こしてくれていました。戦況の命令を受けた外国のクリスチャン達は、日本が開国するまでに様々の準備をしていてくれたのです。中でも、アジア人宣教に使命を持っていて、中国伝道に携わっていた、モラビィア兄弟団の指導を受けたドイツ人宣教師カール・ギュツラフです。彼は不思議な導きで、1832年ごろマカオで3人の日本人に出会いました。愛知県知多半島の鳥羽港の漂流漁民(音吉、岩吉、久吉)です。彼らの助けを受けて日本語を学び、「ヨハネ福音書」とヨハネ第一第二第三書簡」を和訳を(これば、プロテスタントの最古の和訳聖書です。)しました。これをシンガポールで出版しました。しかし、この聖書が日本人に届いたのは、1859年に米国長老教会の医療伝道宣教師ジェームス・カーチス・ヘボンが持って来るまで23年の年月がかかりました。

 さて、ヘボンも日本の人々を愛し、日本宣教に重荷を持つ一人でした。彼は、米国のプリンストン大学、ペンシルバニア大学医学部で医学博士の学位を取得し、豊かで平穏な生活を日本人戦況のために捧げ、米国長老教会の医療伝道宣教師(専門は脳外科)として来日しました。当時まだ、切支丹禁制の高札は撤去されていませんでした。公然と戦況活動することの困難な中、神様から頂いた知恵と導きで、彼が始めたことは、「医療活動」、「聖書の日本語訳」、「学校教育」=「ミッションスクール」、日本人クリスチャン指導者の養成」=「神学校」と「外国人宣教師の指導」でした。そして、後に続く人々の道備えをしてくれたのです。ちなみに「ヘボン式ローマ字」は彼の考案です。

 これらの二人だけではなくこの後も多くの宣教師達が日本宣教に福音の使者として来日してくれたのです。日本は神様に忘れられていません。神様に愛されている国です。

 私たちの責務は、キリスト様の福音を隣人に伝える事ですね。

2017年6月「あなたの本当の願い」

  『苦難にある者たちの告白』
~ニューヨークの病院の壁に書かれていた作者不明の詩~

大事を成そうとして力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く、従順であるようにと弱さを授かった

より偉大なことができるように健康を求めたのに
よりよきことができるようにと病弱を与えられた

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるように命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが願いはすべて聞きとどけられた

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた

私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されたのだ

 皆さんの願いは何でしょうか?欲しいと思う物、叶って欲しいと思う状況、なりたい自分・・・いろいろの願いがあると思います。叶えられない願いもたくさんあったとは思いますが、叶えられた経験もたくさんあったのではないでしょうか。叶えられた時は幸せを感じ天にまで上った気になるのはもちろんのことですね。でも、少し時間が過ぎるとその幸せな気分はどこかへ行ってしまい、虚しさが襲い自分の人生は何なのだろうと思う気持ちに苛まれた経験もないでしょうか。

 私たちはいろいろの願い事を持っています。でも本当に自分を幸せにしてくれる願い事を諦め、表面的な願い事が叶えられることだけを追い求めてはいないでしょうか。そのうちに本当の必要から出ている願いが何であったのかも忘れ、願ったことが叶えられ、でも忘れ、願って叶って忘れて、そして叶えられないことに対しての怒りを時々経験して・・・の繰り返しをしていませんか?それは皆さんの心の底にある諦め切った本当の願いがあるからではないでしょうか。小さかった時にしっかりと抱きしめてもらいたかったこと。いつも他人と比較して惨めに思っている自分に「誇りに思うよ」って言って欲しかったこと。自分を無視していつも喧嘩している両親を前に「私を見て」と言いたかったこと。人によってそれは様々です。でも、それは昔のことで今更願っても無駄と思い諦めていませんか?

 聖書の神様は目には見えませんが、時間や空間を超えて私達を愛し必要なことをしてくださいます。本当の願いを今してもその願いを聴き応えてくださる神様なのです。この病院の壁に思いを書いた方の祈りは多分表面的なものだったのでしょう。そしてその祈りは応えられなかったのでしょう。でも、時間が過ぎる中で本当の心の底にあった願いが叶えられたことを発見し、その方が自分を幸せにしてくれたと気づいたのだと思います。

 私たちはいくら表面的な祈りをして、それが叶えられたとしても本当の変わらない幸せを手にすることはできないのです。でも、恐れずに自分の本当の願いを神様にお伝えください。そして何によっても揺り動かされることのない幸せが時間や空間を超えて祈りに応えてくださる神様によって与えられることを経験できます。

 神様、この文章を読んだ方の蓋をしてきた本当の願いが何であるのかをその方に教えてください。そして、「私の本当の必要はこれです」とはっきり神様の前に言えるようにしてください。そして神様の愛から出るすばらしい応えを手にできるようにして下さい。

 イエス様の御名によってお祈りします。アーメン