Mikage Shinai Christ Church

2018年5月”みな救われる”

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 先日、ろう者の方々と共に礼拝の時を持ちました。生き生きと喜びに満ちている兄姉の姿を見て大変励まされました。そして、「拡大するクリスチャン世界」の一員であることを感謝しようと恵みを分かち合いました。

今日、世界中には、老若男女合わせて人種や民族は異なりますが20数億人のクリスチャンが居ます。素晴らしいですね。3人に一人です。感謝です。今では「アーメン、ハレルヤ」は世界の共通語です。しかし、クリスチャンも初めから多数派ではありませんでした。たった12人の弟子で名も無いユダヤ人達から始まりました。

さて、イエス様は、どんな基準で最初の弟子を選ばれたのでしょうか?「徹夜の祈りをして選ばれた」(ルカ6:12)と記されているので目を見張るような賢者かと思ったのですが違っていました。不思議にも選ばれた人達はユダヤ人社会の指導者ではなく、学者でもない、普通の漁師や取税人という、当時のユダヤ人社会からは、はみ出し者、「無学な、ただの人」(使徒4:13)と蔑まれた、粗野で田舎者のガリラヤ人達でした。

また、中には反ローマ帝国を叫ぶ熱心党の過激分子も居ました。神様の心を知らない人から見れば失敗のように思えます。が、イエス様の弟子人選は、失敗したのではありませんでした。(ルカ6:12)大成功でした。

その後の歴史が証明しています。使徒行伝を読んでくださいね。確かに、初め弟子達は弱さや躓きもありましたが、三年六か月、神の御子イエス様と共に生活し、御言葉に養っていただき整えられていきました。そして、イエス様の昇天後は、イエス様の霊である聖霊様に従うよう教えられて、弟子たちはイエス様の言葉に従順に従ったのです。だから、「真理の御霊が来るときには、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。」(ヨハネ16:13)との言葉どおりに整えられて「霊の人」「愛の人」となって「証人」になり信仰を整え、教会を建てあげていきました。

さて、今日もイエス様は、初代教会のクリスチャンと同じように、賢い者もそうでない者も分け隔てなく、私達を罪から救い出し、キリスト様の弟子として選んで下さって居ます。リビングバイブルのエペソ1:3~5を読むとよくわかります。「神様は、天上のあらゆる祝福で、私たちを祝福してくださいました。それは、私たちがキリスト様のものとなっているからです。神様は、この世界をお造りになる前から、私たちを、ご自分のものとして選んで下さいました。それは、キリスト様が私達のためにして下さることに、基づいています。そして、神様は私たちを、ご自分の目から見て、何一つ欠点のない、きよい者にしようとお定めになりました。神様の前に立つ私たちは、その愛に包まれているのです。神様の不変の計画とは、イエス・キリストを遣わし、その死によって、私たちを神様の家族の一員として迎えることでした。それが、神様のお考えでした。」

愛する皆さんイエス様の愛と救いをいただいて、日々、生き生きと生きましょう。