Mikage Shinai Christ Church

2019年6月”神様にしか埋めることのできない空洞”

御影神愛キリスト教会員  大野 裕美子

 

私は、小学校低学年の頃日曜学校へ通っていましたが、高学年になる頃には、教会へ行かなくなりました。高校生になった頃から、自分が何のために生きているのか?とても疑問に思い始め、何が正しくて何が間違っているのかなど考え始めたら、全く答えも出ず、楽しいことを探し求めたのですが、何をしても満足することもなく、だんだん生きていくのが空しくなってきました。

その頃、ゴダイゴのファンだった私は、コンサートのステージの上から「どうぞ教会へ行って下さい。」といつもスティーブフォックスさんが言っていた事が、とても心に残り、もし、この空しさが無くなり、苦しみから解放されて、人生の目的を知ることができるのであればと思い、再び教会へ通い始めました。

初めは、なかなか神様を信じることが出来ず、何度も神様に、人の考えでは絶対に無理なことを祈りました。しかし、神様はその都度、不思議な方法で祈りに答え、神様の存在を示して下さいました。

人の心の中には神様にしか埋めることのできない空洞があると言われます。今では、この空洞が埋められ、神様から生きる喜びが与えられ、日々感謝しながら生かされています。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。」
テサロニケ人への第一の手紙 5:16~18