Mikage Shinai Christ Church

Daily Archives: 2019/05/05

2019年5月”信じる者とともに歩んでくださった方”

御影神愛キリスト教会員 中島 晴子

 

私が神さまを信じるようになったのは、大学卒業の直前に不思議な出来事を体験したことがきっかけでした。その時、神は目に見えなくとも絶対に存在すること、自分がこの方に従わなくてはならないということが強く私の心に刻みつけられたことを今でも覚えています。

大学卒業の折、私は当時泥沼の三大業界の一つと言われていた製薬業界を選びました。慣例が横行し、官民等の癒着の強く、規制が行き届かず法的にグレイゾーンの多い業界になぜ入ろうと思ったのか、自分でも分かりません。ただ自分は動物実験等をする研究業務よりも実務的な業務をこなしたいと思い、研究所ではなく臨床試験(患者の同意の上で行う薬の上市前の試験)を担当する開発部門を希望しました。後から聞いた話ですが、開発部門は仕事が厳しく、求められる職務の範囲が多岐に亘るため“戦場”と言われていたそうです。事実、ストレスの発散なしに仕事は続けられないというのがその部門の常識であり、飲酒、喫煙、多額の散財をしなかった私は「どうやったら精神的に健康で仕事が続けられるのか?」とよく尋ねられました。

私は20代後半から数年間、薬の試験立案に携わる機会が二度与えられました。周囲からは「責任の重い仕事をさせられ、projectの責任者にうまく利用されている」と言われましたが、自分はいつまでこの場所にいることを神に許されるか分からず、滅多に与えられない機会を捉える方がよいと考え、引き受けました。一つの試験で億単位の経費がかかる事実を知る中でも、神からの助けが与えられ、ストレスを殆ど感じることなく仕事をすることができました。

二度目の試験立案は初回の薬の申請に関わるものでしたが、薬の効き方の評価方法を決定する際、祈る中“この方法でするべき”という確信が与えられました。その評価方法を選んだことにつき、そのprojectのメンバー(殆どが先輩方でした)の全員から反対されたにもかかわらず、最終責任を負うprojectの責任者から「君がそう考えるのならその方法で行け」と言われ、私自身驚きました。しかし、数年後患者のエントリーを終え、試験終了後データを解析したところ、その評価方法を取っていなかったのなら試験は失敗しており、さらに数年かけて再試験をしなければならなかったという結果が出たそうです。私はその時にはその会社を退職していましたが、そのprojectのメンバーが「これは神か・・」とつぶやいていたと、人伝いに聞きました。

水を汲んだ僕が水をぶどう酒に変えた神の奇跡を見たように、困難が多い業界の中に置かれた私自身も様々な恵みを見ました。私が体験したことは世間一般が言う成功ではなく、汚れに染まりたくないと祈りつつ模索し、日々目の前の課題と格闘した現実です。そして、聖い神の前で世の問題に屈したくないという一人の切な願いが聞かれたことにより、自分自身の信仰が何よりも成長したと思わされます。

2019年5月”変わったねぇ”

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古 慎二

 皆さんは、人から「変わらないねぇ」とか、あるいは「変わったねぇ」とか言われたことがあるでしょうか。また、人に言ったこと、思ったことがあるでしょうか。皆さんは、もし、自分が言われるとしたらどっちの言葉の方が嬉しいでしょうか。もちろん、この言葉の背後には、いろいろな意味がありますので、簡単にはどちらの方か良い、とは言えないかと思います。

 例えば、「変わらないねぇ」と言っても、その裏には、「成長しないねぇ」といったネガティブなニュアンスが含まれている場合もあります。そういう意味で言われるとあまり喜べなかったりしますね。また、「変わらないねぇ」という言葉には、「いつまでも若々しいですね。いつも素敵ですね。」といったポジティブな意味で言われる場合もあります。こういう意味で言われると嬉しいですね。

 「変わったねぇ」という言葉の場合も同じで、ネガティブな意味を含んで言うなら「あらぁ~、あの人どうしたんでしょう?えらく老けたねぇ。大丈夫?」といった感じになるでしょうか。日本人の場合でしたら、露骨にそんな表現をする人はいないと思いますが、やはり残念な感じですね。反対にポジティブな意味で「変わったねぇ」という場合、かなり良い意味で使われることが多いのではないかと思います。そこには、「成長したね」「立派になったね」「良い人になったね」という意味が含まれていたりします。

 こんな風に考えると良い意味で使われる「変わったねぇ」という言葉が一番言われて嬉しい言葉のように感じます。でも、また反対に私たちが「良い意味で変わる」ということが最も難しいことではないか、とも思わされます。私たちの多くは、自分を変えようと努力するのですが、自分を変えることほど難しいことはなく、あきらめてしまうことがほとんどではないでしょうか。

 でも、そんな私たちを変えて下さる方がおられます。その方こそ、イエス・キリストです。聖書に「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。」という言葉があります。どんな人であってもイエス・キリストを信じるなら、その人は新しい人に変えられるのです。

 実際、多くの人が、イエス様を信じて変えられています。短気で怒りっぽかった人が、周りの人から「あの人、最近変わったねぇ。なんか穏やかになったわぁ」と言われる人になったり、文句ばっかり言っていた人が、感謝を口にする人に変わったりしています。これは、キリスト教という宗教を一生懸命行ったからではなく、その人が、イエス・キリストを信じて、心の中にイエス様をお迎えすることによって与えられた変化なのです。

 もし、あなたも「変わりたい。自分を変えたい。新しい人となって人生、生きていきたい。」と願われるなら、ぜひ、イエス・キリストを信じて心に迎えて頂きたいと願います。あなたの上に神様の祝福がありますようお祈りしています。

2019年4月”神様の導きのままに”

御影神愛キリスト教会員 財田 瑞穂

私が初めて聖書に出会ったのは、中高一貫のミッションスクールの入学時です。歌うことが好きだった私は、毎朝、チャペルでの朝拝で、讃美歌を歌うことが本当に楽しかったです。学校から推奨されて教会にも通い始めました。当時は、礼拝でいただくカードが楽しみで教会に通っていました。礼拝や、学校で聴く御言葉の時間はとても新鮮で心地よかったです。

高校を卒業後、上京して親元を離れ、音楽大学に進学し、聖書とは無縁の生活になりました。3年生の頃、下宿にやってきた大学生の青年に誘われ、あるキリスト教系の新興宗教に入信してしまいました。後で思えば、当時、常識を逸脱した動きをするその教団の情報も聞いていたと思います。しかし、当初、教祖も団体名も知らされず、言葉巧みに誘われ、世間知らずの私は、その大学生の「聖書の勉強を一緒にしませんか?」という久しぶりに聞いた『聖書』という言葉になつかしさを覚えたのか、ずるずると引き込まれていき、とうとう献身して教団の施設で生活するようになってしまったのです。何の疑問も覚えず、みるみるうちに洗脳され、喜々として活動するようになっていきました。そして家族や友人、恩師、お世話になった方々に大きな迷惑や心配をかけました。

大学4年生の夏、私がその新興宗教に入信したことを知った両親は、私の脱会に向けて動いてくれました。私は、洗脳され、入信してしまった若者を救い出す働きをしておられた牧師先生によってその教団を脱会することができました。先生は、聖書の御言葉から丁寧に間違いを解いてくださいました。私は、目から鱗が落ちるように急に視野が開け、その間違いに気づかされたのです。

その後、大学を卒業し、関西に戻った私は、小学校の音楽の教員となりました。御影神愛キリスト教会に導かれ、教会に通うようになりました。「あなた方が私を選んだのではない、私があなたを選んだのである。」(ヨハネによる福音書15:16)というみ言葉が心に響き、イエス・キリストを救い主と信じることができ、受洗しました。受洗までに私は大きな回り道をしたのかもしれませんが、神様は不思議な方法で私に信仰を与えてくださったのだと思います。

そのころ、職場で出会った現在の夫との交際も始まりました。交際を始めるにあたり、彼には、私が体験したこれまでのすべてを話しました。彼は黙って聞いてくれ、私を受け入れてくれました。『この人は神様が出会わせてくださった運命の人かもしれない!』と思いました。その彼と結婚し、3人の子どもが与えられました。受洗後、30年余りの年月が流れました。婚家は昔ながらの仏教の家で、義母は、古いしきたりを大事にする人でした。様々な困難なことが私を待ち受けていました。信仰を守っていくことの難しさを思い知らされた30年でもありました。夫は私が教会に行くことを許してくれましたが、義父母はあまり、良い顔はしません。そんな中、子どもたちを連れて教会に行くのもストレス、行かないのもストレスという大変苦しい日々を送りました。他にも、職場や地域での付き合いや行事、義母との関係で悩むこともたくさんありました。

聖書の中に出てくる種まきのたとえで、石地に蒔かれた種のように、自分の中に根がないので御言葉のために困難や迫害が起こってくると、すぐつまずいてしまう。まさにこの例えのような自分の弱さを実感し、不信仰な自分が情けなくなる日々でした。しかし、神様は、苦しい状況になった時、私を助けてくれる人と出会わせてくださいました。これまで、いろんな人に助けられてきました。「もうダメです、神様、助けてください!」と祈ると、何とか最悪の結果にはならず、救われてきたことを実感しています。これから、どのような人生を歩むことになるのか、私にはわかりませんが、祈りつつ、神様の導きを信じ、神様にゆだねて生きていきたいと思います。

2019年4月”奇跡の神”

御影神愛キリスト教会 伝道師  杉本満子

 

今年も間もなくイースターがやってきます。「イースターって何?」と言われる人も居るかも知れませんね。イースターは日本語で復活祭と言って、イエス・キリスト様が死んで、三日目に甦ったことを記念して祝うキリスト教のお祝いの日です。「え!死人が生き返るの、そんなの信じられない!」「聖書の中には、いっぱい奇跡が書かれているでしょう、だから信じられないのよ」と言われる人もおられると思います。けれどもイエス・キリスト様の復活は、現実であり事実なのです。イエス・キリスト様は、今からおよそ2000年余り昔、私たちと同様にこの地上に生まれ生活した実在の人物なのです。

 そこで、イエス・キリスト様の歴史を少し振り返ってみましょう。不思議なことが起こりました。現在のイスラエルの国の北の方にあるナザレと言う村に住む、心の優しい処女に突然天使が現れたのです。そして、「あなたは聖霊によって神の子を産むでしょう」と言われたのです。マリヤはどんなに驚き恐れたことでしょう。しかし、マリヤは神様を信頼して「わたしは、主のはしためですお言葉どおりこの身になりますように」(ルカ1:38)と言ったのです。処女から生まれるこの事自体が奇跡ではないですか。そして、クリスマスが始まったのです。

 30歳になったイエス・キリスト様は、各地を歩いて、神の国について語り、また、多くの病める人々を癒し、死人を甦らせるという奇跡を行われたのです。しかし、当時の支配階級の人々に妬まれ、ついには犯罪者にされ十字架につけられて殺されてしまったのです。イエス様の遺体は十字架から降ろされ、墓に葬られました。しかし、三日後イエス・キリスト様は、生き返り墓を破って出てこられたのです。埋葬されて三日も経っているのに生き返って弟子達に会って下さったのです。奇跡です!何故奇跡が起きたのでしょう。それはイエス・キリスト様は神様だからです。神様には何でも出来ない事はないのです。出来ない事があったら、それは本当の神様ではないのです。

さて、イエス・キリスト様は、復活の後40日の間多くの人に会って、確かに甦ったことを示された後、弟子たちの見ている前で、天の父なる神様の許に帰って行かれたのです。弟子達は、イエス・キリスト様の足が地上から離れて天に昇っていく姿をじっと見つめていました。この天に昇って行かれたイエス・キリスト様は、今も神様の右に座して私達を見守り続けて下さる活ける神様なのです。

 イエス・キリスト様は今も生きている神様?そんな・・・でもそれは事実なのです。聖書の中で、パウロという立派な先生が言いました。Ⅰコリント15:17「もしキリストがよみがえらなかったとすれば、」:19「もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる。」と。クリスチャンが単にそうあってほしいと願っているだけだとしたら、クリスチャンほど愚かな者、哀れな存在はない。と言うのです。:20「しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。」と続けています。そして、この方を信じる人はキリストにあって永遠の命をいただくことが出来るのです。

 そうです、キリスト様の十字架の死と復活は、単なる物語ではありません。歴史的事実なのです。そして、今もキリスト様を信じ従う人々の祈りを聞き、見守り続けて下さるのです。素晴らしいですね。 この様に素晴らしいイエス・キリスト様の死からの復活を喜ばずにおれるでしょうか。この奇跡の神様をあなたも信じませんか。そして共にこのイースターの喜びの日を祝おうではありませんか!

2019年3月”神様の気持ち”

御影神愛キリスト教会員 後藤司

 

僕はクリスチャンホームに産まれました。物心ついた時から神様は一人、イエス様は自分の罪の為に十字架にかかって下さった、もう、それが「知識」として当たり前になっていました。  日曜日には教会に行く。両親の信仰生活についていくしかない幼い頃の僕は母親が日頃教会にいる事が多く、学校帰りには教会にまず寄って母親がいるかを確認してから自宅へ帰ったり、色んな聖会についていき色んなところで色んなメッセージを聞いたりと、生活の基準は神様となっていました。小学6年生になると信仰決心をし、洗礼を授かります。

 

ただ中学になり部活動が始まり、今までの生活の基準が神様から来ている事に不満を抱き始め、いつしか人の目を気にして教会にはいくものの嫌々になってしまっていました。キャンプに参加できた時は満たされて自分の罪を悔い改めるも、帰ってきてはまた元の生活にもどってしまう。高校に入ると素行の悪さは半端な物じゃ無くなってしまい、自分の生活は罪にまみれていました。

 

家族を泣かす事はもう日常茶飯事でした。教会ではそんな自分を覆い隠し、神様は見抜いているとわかっていながら、神様に心の底からではなく適当に悔い改め「これで神様は許してくれるな」「神様は僕を愛してくれてるからな」「神様は何をしても許してくれるし、後で悔い改めよー」「そもそも神様ってイエス様をわざわざ十字架にかけて僕の罪を許してくれたって言うけど、そんなん、神様やねんから罪なんか十字架かからんでも許してくれたらいいやん。全能の神ゆうてんのに、なんか恩着せがましいなぁ」と屁理屈の塊の様な人間になっていました。  

 

生活はますます乱れ、一見周りからは人生を楽しんでるように見えて僕の心に本当の満たしはなくいつもどこか悲しさと苦しみがありました。そして周りの人を傷つけ、自分自身も傷つけられては神様に文句を言うどうしようもない人間でした。ただ神様はそんな僕を見捨てずまだ愛して下さり許して下さっていて2つの事を教えられ、僕の心を変えて下さいました。  

 

まず1つ目は、「神さまの気持ち」です。僕の中で神様は愛してくれている罪をおかしても許してくれる、という事しか頭にありませんでした。気付かされた事、それは神様は僕が罪をおかすたびに涙を流して悲しんでいる。悲しみながらも罪を許してくれているという事です。僕はそれに気づいていませんでした。神様にも感情があるという事、そこに僕は気づいてなかったんです。  

 

そして、2つ目は、「十字架のもう1つの意味」です。十字架にイエス様がかからなければいけなかったのは、罪は償わなければならない物だから、そこで神様が罪をなあなあにして少しの罪でも許してしまうと義の神ではなくなってしまう神の義から反してしまう。だからひとり子のイエス様を涙を流しながら、僕の為にイエス様は苦しみながらも十字架にかかって下さった。それに気付かされて本当に自分の今までの罪を悔やみ、大きな神様からの愛に気付き、本当の悔い改めをしました。そして「知識」ではなく心から神様を信じたいと思い、今はまだまだ未熟なクリスチャンですが今は自分自身教会にいきたい!神様と関わりたい!神様の為にできることなら喜んで御奉仕したい!と思える様になりました。  この様に神様のしてくださったことを語る場を与えてくださった神様に感謝します。