Mikage Shinai Christ Church

Monthly Archives: 7月 2019

2019年7月 「人と同じでなくても」

御影神愛キリスト教会員  稲葉ひかり

 

 私はクリスチャンの両親のもとに生まれました。生まれた時から教会へ通い、たくさん聖書の御言葉を聞き、神様がおられると信じ、天国と地獄があると信じていました。そして自分がいつか死んでも天国に行けると信じていたのに、親はクリスチャンなので天国へ行けるが、私は教会へ行っていてもクリスチャンではないので天国へ行けないと知り、ショックを受けたのを覚えています。

中学生になり、日曜も教会優先にと言われ、友達と同じ部活に入れなかった事から少しずつ自分に自信を失うようになりました。他にも日曜の友達の誘いに行けなかったりなどいろいろあり、また私は双子だったので当時比べる人も多く、外へ出るのもつらくなりました。

そんな中、教会の同世代の友達が皆、洗礼準備クラスを受けることになり、私も一緒に受け、中学二年生のクリスマスに洗礼を受けました。そして中学三年生になり、高校受験を控え、私は双子で同じ学校を選ぶことがこわくなっていました。でも別の学校にして比べられるのもこわく八方塞がりと感じて泣きました。その時にスッと「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」という御言葉を思い出しました。

前から知っている御言葉でしたがこんな事は初めてでした。急に人の目が気にならなくなる感じがして、人と同じでなくて良い、神様の目にはそんな風に映っていないとスッと思えました。親も何も通さず初めて神様とつながった気がしました。それまでの私はざっくりと神様がおられると知っている、という感じの信仰でした。神様と私の間に個人的な関係があるとか、神様が私のために特別に働かれるとか考えた事はなく神様の前にいる大勢の一人のように思っていました。それは信じますと言いながら、目の前のことや人の目に右往左往し一人で悩んだり喜んだりし、神様を神様としていない不信仰の罪だと気付かされました。

それ以降も私は山あり谷ありのクリスチャンで神様から離れかけたり、クリスチャンとして生きようとすると難しいことも多くありました。今は神様と一緒に生きようと思うと安心できるようになりました。また礼拝のメッセージの中でクリスチャンは目立たず地味におとなしくしないで、神様によって輝いて生きていこうという言葉に励まされています。人と同じである必要はない、だけでなく失敗も含め、神様によって私らしく輝いて生きる姿を子供たちに見せていけたらと願っています。

2019年7月 「すべての人を照らすまことの光」

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

  聖書に「すべての人を照すまことの光があって、世にきた。」(ヨハネによる福音書1:9)

という言葉があります。ここで言われている「光」とは、何のことを言っているのでしょうか。それは、イエス・キリストのことを言っているのです。なぜイエス・キリストのことを「光」それも「まことの光」と言っているのでしょうか。

 

 それは、イエス・キリストは「光」のような方だからです。「光」というものは大変良いものです。夜、町を歩いていても街灯が道を照らしてくれていると安心して道を歩くことができます。また、光は、人間の健康維持や植物の成長のためにも必要なものです。また、強い光で顔を照らすと少々のしみやしわは見えなくしてしまう力もあります。

光が与えてくれる良い影響のことを考え出したら切りがありません。まさにイエス・キリストは、「光」のような方なのです。私たちの人生の道を照らしてくれる光なのです。イエス・キリストを信じて人生を歩んで行く時、私たちは、どこへ進んで行けば良いのか、何が正しく、何が間違っているかをハッキリと知ることができて安心して進んで行くことができるのです。

また、イエス・キリストは、私たちの内に生きる力を与えて下さる方です。また、私たちの心の中にしみのように染み込んでいる罪の性質もその光で照らし、きよめて下さる方なのです。

 

 そして、この光であるイエス・キリストは、「すべての人を照らすまことの光」としてこの世に来られたのです。すなわち、イエス・キリストは、約2000年前にユダヤに生まれたのですが、その当時のユダヤ人のためだけに来られたのではありません。時代を超え、あらゆる国民、民族、人種を超えてすべての人の光として来られたのです。

ですから、今日の私たちが、イエス・キリストを心に信じ受け入れ、自分の人生に来て頂くなら、だれでもこの光を自分の内に持つようになるのです。そして、人生に光を灯し、安心してその道を歩み、どんな時でも生きる力を頂き、罪からも解放された人生を生きることができるようになるのです。

あなたの人生にもまことの光であるイエス・キリストを迎えてみませんか。あなたの上に神様の祝福が豊かにありますようにお祈りいたします。