Mikage Shinai Christ Church

Monthly Archives: 11月 2019

2019年11月「あなたを強くする」

御影神愛キリスト教会員   関 みどり

私はクリスチャンホームに産まれました。幼い頃から毎週日曜日に教会へ行って、教会学校に行き、礼拝で賛美してメッセージを聞いて…それが私にとっては普通の生活でした。『神様は居る・信じる』ということは私にとっては当たり前の感覚でした。中学生になって、中高生キャンプで聖霊様が働きかけ、その後洗礼を受けました。それからも、神様からの恵みをたくさん感じる生活を送ってきました。
 
そして看護師として働きはじめて今年で6年目に入りました。勤務場所は救急病棟という、毎日があわただしく、生と死に直面している患者がたくさんいる所で働いています。毎日”命を預かっている”という責任感の中で働いていますが、自然と恐れを大きく感じることは今までありませんでした。

それはきっと、毎日仕事が始まる前、病棟へ行くエレベーターの中で

 

『恐れてはならない、わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる。(イザヤ書 41:10)』

 

と心の中で御言葉を思い浮かべているからだと思います。しかしそんな中、ある夜勤の時1人の患者がベッドから動こうとして転倒し、床で倒れている所を発見しました。頭からはかなりの出血が。私はすぐに先生を呼びました。

患者が転倒することは働く中ではよくあることの一つですが…この時心から「恐れ」を感じました。今まで死と隣り合わせの危ない人達をたくさんみてきましたが、なぜかその出来事は私の中で重くのしかかりました。『自分の管理ミスで患者をこのような状態に合わせてしまった。自分が予測して危険を察知できなかったから。』と思い詰めました。

 

幸いにもその患者の命に別条はありませんでしたが、その出来事から看護師として仕事をすることがとても怖くなってしまいました。数日間、毎日夜に「神様どうしてこんなことをするんですか。」と泣きながら訴え、助けて下さいと言い続けていました。『逆境こそ自分を強くする。神様は乗り越えられない試練は与えられない。』と思い続けていたのが、一瞬で砕かれた感じでした。

 

しかし祈り続けていたら、自然と神様が私の中に平安を与えてくれました。私に何かを語られた訳でもないのですが…ほんとに自然と、看護師として働くことに正面から向き合えるようになりました。御言葉通り『あなたを強くし、助け、支える』ということをしてくれたんだなと。

そんな中、師長との面談がありました。そこで言われたのが「関さんって仏さんか、どっかの子なの?(笑)他の人とは何か違うね。どんな時もしんどい所を見せずに、常に笑顔で働いて。」と言われました。私は思わず「えっと…仏ではなく、クリスチャンです(笑)」と言いました。それを聞いた師長は「あー!納得しました!」と言いました。

 

私はこの時に『神様が自然と、私から周りに福音を伝えているのかな。』と、ふと感じました。毎日生活の中で自分が神様を信じ、信頼し、祈っていればそれは自然と周りへ伝わるんだなと。日々の生活の中で、時には祈ることも疎かになり、神様のことを片隅へ忘れてしまうこともあります。それでも神様はこんな私を愛し・支え続け、私を普段の生活を通して、クリスチャンとしての証をしてくださっていることに、心から感謝です。今でも挫折しそうになることは多々ありますが、どんな時でも『私には神様がいるから大丈夫』、その気持ちを忘れずに毎日を送っていきたいと思います。そして、1人でも多くの人が神様と出会い、救われるように祈り続けます。

2019年11月「 不動のもの 」

御影神愛キリスト教会  伝道師 瀬古博子

 皆さんはそよ風に揺れ動く木々を見るのはお好きでしょうか?涼しさを感じたり、心地よさを感じたりするものではないでしょうか。でもそよ風ではなく、暴風に荒れ狂う木々を見るとどのように思うでしょうか。風の怖さをさらに引き立たせてしまうものとして、恐怖を感じるほど、恐ろしいと思うものだと思います。

人生の色々なことに嬉しくなったり、悲しくなったりして生きていることを感じ、揺れ動く感情そのものは、生きている喜びを教えてくれたりすると思います。でも自分でもコントロールの利かない感情の揺れはどうでしょうか。問題が問題なのではなく、問題による自分の感情の揺れにしんどくなり、疲れてしまわないでしょうか。

私事で申し訳ないのですが、この9月から私自身がん患者となり、病人としての生活を送っています。「がんです。」と言われてから、驚きもせず、不思議な平安な気持ちが続いています。「やせ我慢?無理しないで」という言葉も何度か聞きましたが、もちろん痛い時は我慢せず痛いと言って痛み止めを飲みますし、眠れない時は眠れませんと眠剤を頂いています。

でも心には平安があります。その平安は「神様は良いお方で、この病を勝利に変えて下さることは間違いない」という強い思いから来ます。私も私自身に向かって「博子、自分で自分の状況はわかってる?最悪だよ」と言って聞かせるのですが、「それがどうした?神様にとってなにか不都合でもあります?」と答えているのです。なので、何のやせ我慢もせず、無理もせず、湧き上がってくる平安な気持ちを無理に押し殺すのも変かを思い、素直に出しています。こういう状況とはどういうことなのでしょうか?がんという問題に対して木々は揺れていないのです。ましてや暴風にあおられているような揺れ方はしていないのです。感情がいちいち揺れ動かないので、私の中にあるのは平安と平安からくる感謝だけです。

「主に信頼する者は、動かされることなくて、とこしえにあるシオンの山のようである」(詩編125:1)主に信頼する者は動かされることがないのです。すなわち神様を信じる者は不動の者となるのです。不動の者となると心配がなく、不安がなく、楽なのです。
皆さんが生きている間、がんでなくても人生で経験する様々な問題に直面する時、自分の感情にコントロールされる生き方でなく、不動な者として生きて、いつも平安な人生を送って頂きたいと思います。その為には神様が良い方であること、そしてイエス様が全ての病いを十字架で負って下さったことを信じるしかありません。ぜひその神様をイエス様を信じられるように求めて頂きたいと思います。

皆様の祝福をお祈りしています。

2019年10月「恵みの神」

御影神愛キリスト教会  伝道師  杉本満子

 

実りの秋です。黄金色に染まった稲穂が風にそよいでいます。店先にはいろいろな果物が、その美味しさを競うかのように並べられています。ぶどう、りんご、梨、柿、ミカン等々。 また、幼稚園児や小学生達が芋掘りを楽しんでいる様子が目に浮かびます。この様な豊かな実りを思う時、農家の方々のご苦労があってこそ、と思います。確かに、農家の方々のご苦労は、一方ならないものがあると思いますが、我が子のように大切に育ててきた農作物も、夏の日照りや、水不足、また台風などで被害を受け、十分な収穫を期待できない年もあるようです。

今年も梅雨寒(特に関東から北の方が厳しかったようです。)、その後の猛暑、台風襲来など、様々な気候の変化を経験しました。今年の収穫はどうでしょうか?最近よく気候変動ということが言われます。地球全体の気温が高くなっているようですね。日本でも連日35℃以上を経験するようになりました。南極では氷山が溶けて崩落しているようです。今後このまま地球の気温が上がり続けたら、どうなるのでしょうか?

私達が住むこの世界は、初め神様が造られた時は、神様の目から見てもそれは「はなはだ良かった」創世記一章に言われているほど素晴らしい住み良い所であったのです。そこには「見て美しく食べるに良い木」が生えていたのです。そしてそこには川が流れていて、その地を潤していたと、聖書は記しています。そこにはCO2問題や大気汚染などはありませんでした。神様は人を最高の環境の許に生活できるようにして下さったのです。

では、何故今の地球はこんなに汚れてしまったのでしょうか?それは、人類が神様から離れて自分達の欲望のままに生活したためなのです。神様を見失った人は、しばしば自分が偉くなって、自分の知恵を誇り、技術を誇って世界を支配しようとするのです。確かに人の知恵は、素晴らしいと思います。私達の生活は便利になりました。しかし、それだけでは済まず、今や宇宙までも支配しようとしていますね。でも、それが故に大気が汚染され、地球環境が壊されていくとしたら ・ ・ ・

 古(いにしえ)の人も自分達の知恵と技術を誇って、天にまで届くビルを建てて有名になろうとしたのです。けれどもその事は神様に喜ばれず散らされてしまったので、それはバレルの塔と呼ばれるようになったのです。創世記11:1~9 便利な生活は、確かに良いです。けれども豊かな実りの秋も、わたしは好きです。

マタイ5:45に「天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さるからである。」と言う御言葉があります。私達人間は、神様に造られ生かされていることを知らなければなりません。そして、神様の前に謙虚な生活をしていくならば、神様は、その人には豊かな生活を与えて下さるのです。神様は恵みの神なのです。