Mikage Shinai Christ Church

2020年4月「神様のご計画」

御影神愛キリスト教会員 下田政子

  1983年のある日、会社の帰りバイクで阪神住吉駅付近まで来た時、御影神愛キリスト教会婦人部主催の「米子さん」という映画の看板が目にとまりました。少し前、当時、鳥取県米子に在住の甥から「米子さん」の小さな冊子を送って来ていて読んでいたのです。その時、初めて家の近くに教会がある事を知ったのです。

映画会は午前中で、当日、会社を抜け出して映画を観に行きました。そしてその夜、早速、甥に米子さんの映画を観に行った事を手紙に書き知らせました。甥は非常に喜んで、それ以降、いろいろな御言葉が書かれた絵葉書を送ってくれました。このように神様は不思議な出来事を体験させて下さるお方です。もし米子さんの冊子が届いていなかったら、また婦人部の特伝の映画がなかったら、御影の教会を知る事もなかったのです。

その後、受洗講座を受け、洗礼式には甥と婚約者が来る事になっていましたが、教会の都合で早くなり、それは叶いませんでした。ですから、その一週間後、二人と共に教会の礼拝に行き、礼拝後、杉本牧師夫妻、甥、婚約者、瀬古さんと一緒に玄関で写真撮影し、良い記念写真となりました。

甥の証しとなりますが、甥は鳥取大医学部5年生の冬のクリスマス・イブの日、たまたま散歩道にあった福音ルーテル教会を訪れ、翌年4月19日のイースター礼拝の日に受洗、その後、家族と親族の救いの為に祈っていましたので、感謝なことに主はまず最初に叔母の私を信仰に導いて下さいました。私は幼い頃から甥を可愛がっていたのでとても嬉しく思いました。その後、甥の妹二人も救われました。彼は鳥取の病院に勤務して4年程経った頃に、キリスト教主義の病院で働きたいという思いが湧いてきて、祈っていたところ、沖縄の親友から来ないかと声がかかり、沖縄の琉球大学の精神科医局に入局し、研修を受けた後、医療法人葦の会オリブ山病院に就職しました。その病院は職員の40%がクリスチャンとの事でした。何年か後、鎌倉に移住し日本基督教団鎌倉雪ノ下教会客員として、奥さんは子供から手が離れ小説を書いています。その中の一冊に「勝海舟とキリスト教」があり、その他もすべて福音関係の小説です。叔母として大変誇りです。

そんな中、旧会堂の頃には毎月、杉本牧師先生より会堂前に貼り出す御言葉を聞き、筆で書いていました。私にとっていろいろな面で勉強になりましたので、最後に一言、心から感謝させて頂きます。

私の好きな御言葉 「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。」