Mikage Shinai Christ Church

Monthly Archives: 8月 2020

2020年8月「神様との出会い」

御影神愛キリスト教会  I

 私には三人の子供がいます。末娘は高機能広汎性発達障害です。この障害が理解されず小学校の二年生の2学期から学校へ行けなくなり、三年生からは、なかよし学級へと移りましたが、行くことができず先生が家に来てくださり、四年生からは、先生と一緒に卒業まで学校に行くことができました。

 中学校は先生と相談のうえ、校区外の中学校を探すことになり見学にも行き、その中学校の生徒さんとも仲良くなり、その中学校への受け入れを先生方が話をして下さいましたが、答えはいつも「無理です」でした。何度もお願いをしましたがいつも同じ答えでした。最後に校長先生が直接学校へと足を運んで下さったのですが、やはり「無理です」でした。そして校長先生から、他の中学校を探すことになりましたと言われ、娘にはなんと説明しようかと悩みました。

 悩んでいる時、以前、家庭集会のクリスマスに参加した教会へ行くことになり、礼拝後、教会の方々とお話をしている中で、「何か祈ってほしいことがありますか」、と聞かれましたが、その頃は祈りが聞かれるということなど何もわかっていなかったので、別に無いと思いましたが、私の口から出た言葉は娘の中学校の話でした。そして数名の方が祈ってくださいました。

数日後、中学校の校長先生から学校へ来てくださいと連絡が入りましたが、受け入れてもらえないのにどうして学校へ、と思いながら校長室に入りました。校長先生から、「受け入れないとは言っていません。受け入れましょう。」という言葉でした。そして、「先生をもう一人付けてもらえるように市教へお願いしますが、これは期待しないでください」と言われ、その時は神様が祈りを聞いてくださったこともわからないまま入学式に行くと、先生が二人になっていました。

それからは本当に神様が娘にとって最善の道を用意してくださり、小学校では参加できなかった運動会や他の行事にも参加することができました。また先生にも恵まれ、中学卒業後は特別支援学校へ進み、生徒会の一員として集会の司会をしたり、親友もでき、毎日楽しい学校生活を送ることができました。そして卒業後もやりたかった仕事をすることができています。

 十数年前に祈ってくださった姉妹に会うたびに「今も祈っているよ」と声をかけてくださることに感謝しかありません。今も娘に神様が共にいてくださることに感謝!

2020年8月「わたしの神様」

 御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 

 わたしたちの信じる神様は、神様を信じる人に、信仰と希望と愛を分け隔てなく与えて下さる神様です。それは、求めるすべての人に与えられるものです。そこで今日は、その大切な真理に目を向けましょう。

 その1は、神様は全知全能の神様ですから、わたしたちが先回りして思い煩ったり、無理して我を張る必要はないのです。また、進むべき道がわからない時は、神様に祈り、助けを求めるならば必ずイエス・キリスト様が「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」とマタイ7:7で言われたように道を開いて下さいます。だからクリスチャンには行き詰まりはないのです。祈れば必ず最善の道が開けます。

 その2は、誰でも平安で、幸せな人生を願うことでしょう。しかし、時として思わぬ問題、災難に遭うことがあります。健康を害したり、経済的に行き詰まったりする事もあるでしょうが、神様に全てを委ねて進んでいきましょう。全能の神様は、大きな事も小さな事も最善に成し遂げて下さるからです。Ⅰペテロ5:7に「神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。」と言ってくれています。

 今から70年ほど前、私がクリスチャンになったばかりの時、活ける神様は、わたしたちの小さい祈りをも聞いて下さるのだと言うことを体験しました。それは、私を信仰に導いて下さった牧師先生の小学生の愛娘が突然重い病に冒されてしまった時のことです。この子は、いつも明るく元気な子供でした。この子については、小学校の教師をしていた私の姉の教え子でしたからよく知っていました。しかし、ある祈祷会の夜、集会が終わった時、牧師先生が兄弟姉妹にお願いがあります。祈って下さい。実は、私の娘が今国立病院に入院しています。先ほど主治医から突然連絡があり「お嬢様は危篤です。わたしたちは、全力を尽くしましたが今晩が山です」と言われました。信徒の皆さん、奇跡をなさる癒しの神様に祈って下さい。そこで、私達信徒は、先生の後を追って病院に駆けつけました。信徒の私達は病室には入れませんので病室の外の軒下で、みんなで小声でしたが、一晩中一生懸命に主に癒しの祈りをしました。東の空が白み始めた頃、病室の中が騒がしくなりました。何かが起こりました。しばらくして牧師先生は、病室の外にいる私達の所にきて、「感謝、娘は助かりました。有難う、皆さんの祈りが神様の奇跡を生んだのです。」ハレルヤ! この娘さんは、成人した後に、京都の教会の信徒と結婚され幸せなクリスチャンホームを形成しています。

 その3は、神様は、神様に従う人を、常に正しい道に導いてくれます。へブル13:8に「イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変わることがない。さまざまな違った教えによって、迷わされてはならない。」と教えています。さて、人祖アダムとエバは神様から与えられた楽園(エデン)で何不自由なく楽しく平和な生活をしていましたが、時に、サタン(悪魔)が二人の幸せな生活を妬んで、誘惑をしました。二人は神様の言葉に従って生活すれば幸せですと言ったのですが、サタンが「神様は本当にそう言われたのですか?」創3:1と言った時、二人はいとも簡単に神様のご命令を捨てて、神様が「取って食べてはいけない」と言われた木の実を取って食べてしまったのです。即ち神様の言葉を捨てたのです。人類の悲劇はここから始まりました。

この世界では、「何が正しく」「何が誤り」かを教えて下さるのは聖書だけです。私達は、神様の言葉を信じて、神様の賜物である信仰と希望と愛をいただきながら生活をしたいものです。