Mikage Shinai Christ Church

2021年6月「主にゆだねよ」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本満子


詩篇37:5「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」  (新改訳聖書)


 人は自分の人生について色々と考えますね。若い時は、将来はあのようになりたい、このようになりたいと、夢を描くのではないでしょうか?一昔前までは、「女の子はケーキ屋さんになりたい」とか、男の子は「新幹線の運転手になりたい」という夢をよく聞いたものです。けれども最近は、プログラマーになりたいと言う子供が増えているそうですね。時代の違いを感じます。

けれども、年齢が進むに従って、夢が不安に変わったり、心配事に変わったりすることが多くなるのではないでしょうか?受験生は入試の合否が心配になるし、ある人は就職の心配・家庭を持てば家族への心配もありますね。今の時代は、コロナに感染しないかと多くの人々が心配しているのではないでしょうか。


 人生には不安とか、心配事はつきものだなーと思います。先に記した聖書の御言葉は、「あなたの道を、即ち人生を主に委ねよ」と言っています。それは、あなたの人生の軌道は、あなたが自分で運転して走るのではないと言っているのです。では、誰が私の人生の軌道を走らせてくれるのですか?と言うならば「主に信頼せよ。主が成し遂げて下さる」と言っているのです。主とは誰でしょうか?勿論主人という意味もあります。主人とは、所有権のある方を指している言葉ですが、創世記の始め、2章4節を見ると「主なる神が地と天とを造られた時」と記されています。即ち、この天地宇宙を創造された神様を「主なる神」と呼んでいるのです。聖書の神様は、全世界を創造し、それを支配しているお方、全宇宙の所有権を持っておられるお方なのです。このお方(神様)があなたの人生を導いてくださるのだから、このお方を信頼して人生をお任せして走っていくならば、あなたの人生を「成し遂げて下さる」、即ち最善に完成させて下さると言うのです。


 私たちは、何か作品を作っている時、それが難しいと言うか、困難であればあるほど完成した時の喜びは大きいのではないでしょうか?私たちの人生も途中には時々行き詰まったり、もうダメ!と言って投げ出したくなる時もあるかも知れません。けれども、主なる神様により頼み、お任せして歩んでいくならば、必ず完成させて下さる。そして最後には「私の人生は素晴らしかった、感謝でした。」と言える生涯を送らせて下さると言っているのです。若い皆さんには、こんな人生の終わりの話など、縁起でも無いと思われるかも知れませんね。けれども人生の終わりの日のためには、今日という日、今という時が大切なのだという事を覚えていただきたいのです。


 イスラエル第三代目の王となられたソロモンは、次のように言っています。

伝道の書12章1節「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」

と言うようにならない前に」と。人生の終わりなんて考えたくない。と思っても、終わりの日は、誰にでも必ず来ます。その日のためには、今という時が大切だと聖書は教えています。それではどうすれば良いのでしょう?「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ」そうです、天地宇宙万物を創造し、それを御手の中に支配しておられる主なる神様に、あなたの人生を委ねてごらんなさい。そうするならばあなたの人生は「良かったね」「幸せだったね」と言える人生へと導いて下さるのです。あなたの人生はどうですか?神様に委ねて安心軌道を走っていますか?それとも自分で苦労しながら頑張って日々の生活をしていきますか?最後の日に「私の人生は幸せだった、素晴らしかった、完成した」と喜べる人生を送りたいですね。