Mikage Shinai Christ Church

Monthly Archives: 2月 2021

2021年2月「ありのままの自分でいい」

御影神愛キリスト教会員  N

 

 物心ついた頃からクリスチャンホームで親に言われるまま洗礼を受けたが、特に心がキレイになったわけでもなく、なんとなく大人になり、何か特別な才能を持ってるわけでもない普通の社会人になりました。

 まあ信仰深くはないとはいってもクリスチャンではあったので「今日の罪を赦してください。他の人の罪を赦します。」と、日々悔い改めのお祈りは欠かしませんでした。ちょっと前にインターネットで、とある創作ブームが起こり若い学生たちが自分の知らない技術を学びどんどん先に進んでいきました。自分も少し手を出してみましたが彼らに全く追いつけず、学生にすら劣る何の才能も無い自分に存在価値なんて無いんじゃないかと思い絶望しました。そんな失意の中、仕事帰りに歩いているとふと「いつも他の人を赦しますとお祈りしてるけど、その対象に自分自身は入れていないんじゃないか」という事に気づかされました。実は一番罪を犯していたのは何の才能もないと自分を裁き、自分に価値など無いと自分を軽蔑していた自分自身だったのです。

 聖書のマルコによる福音書11章25節という箇所に

「だれかに対して、何か恨み事があるなら、ゆるしてやりなさい。そうすれば、天にいますあなたがたの父も、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださるであろう。」

と書いてありますが、まさに日課であった「今日の罪を赦してください。他の人の罪を赦します。」という祈りで自分自身が許されたのです。才能が無くても社会から必要とされなくても、神は自分を愛してくださっているという事をこの聖書のみことばを通してその時初めて理解できました。この感覚は言葉で説明するのが難しく、体験して初めて理解できる類のものでした。

 その後も相変わらず特別な才能に目覚めたりはしていませんが、今の自分自身を受け入れ肯定して、何度もくじけながらもその度にこの体験を思い出して立ち上がり歩み続けています。

 

 

2021年2月「幸せな人生を送るためのメッセージ」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 人は、何故この世に生まれてきたのですか?幸せな人生を送るためです。しかし、現実は反対で多くの人は、悩んだり、苦しんだりしています。その理由は、まことの神様=救い主イエス・キリスト様を抜きにして人生を送ろうとしているからです。どんなに輝いて見えても偽物は偽物で人を落胆させるだけです。実の親の所を離れて子供は真の平安を得られないのと同じように、まことの神様を無視して真の幸せ・平安はありません。イエス・キリスト様は、わたしたちの真の親ですから、イエス様と一緒に生活すべきです。

 イエス・キリスト様は何時もわたしたちに適切な助けの手を伸べてくれています。

イエス様の言葉に「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。」マタイ11:28~29 

キリスト様は、私たち人間がしあわせな人生を送るためには不可欠なお方です。そこでキリスト様はご自分を私たち人間が理解しやすい譬えでご自身を教示して下さいました。

 第一は 「光であるキリスト」

「キリストは、いつの時代にも生きておられます。キリストは神なのです。このキリストが、すべてのものをお造りになりました。そうでないものは一つもありません。キリストには永遠のいのちがあります。全人類に光を与えるいのちです。そのいのちは、暗やみの中でさんぜんと輝き、どんな暗やみも、この光を消すことはできません。イエス・キリストこそほんとうの光です」ヨハネ1:1~5 

イエス・キリスト様は、特定の時代、特定の地方、特定の民族、特定の階級の人、また、生まれや育ちに関係なく、すべての時代の全人類を照らすまことの光です。

 第二は 「いのちの水であるキリスト」

イエスが答えて言われた。「この水を飲んでも、すぐにまた、のどが渇きます。けれども、わたしがあげる水を飲めば、絶対に渇くことはありません。わたしがあげる水は、それを飲む人のうちで、永久にかれない泉となり、いつまでも、その人を永遠のいのちで潤すからです。」と言われたのです。ヨハネ4:13~14

 第三は 「いのちのパンであるキリスト」 

ヨハネ福音書の6章を読むと偉大な奇跡に出会います。ある時ユダヤ国にあるガリラヤ湖の北にある丘に、イエス様のメッセージを聞くために多くの人が集まってきました。時間が経ち群衆は空腹でした。その時イエス様は弟子の一人ピリポの信仰を試そうとして尋ねました。「どこからパンを買ってきてみんなに食べさせようか」ピリポはこんなに大勢の人では、一財産あっても足りないでしょうと答えたのですが、その時アンデレという弟子が口を挟みました。「この子が大麦のパン五つと魚二匹を持っていますが、こんなに大勢では焼け石に水かなあ」と言った時、イエス様は、群衆を草むらに座らせなさいと命じました。そして、パンを取り神様に感謝してから人々に配らせました。魚も同じようにしたのです。男の人だけでも5000人も居ました。みんなが満腹しました。イエス様は言われました。みんなの食べ残したパンを集めなさい。すると残り物だけで12の篭に一杯になったのです。これを見て人々は熱狂しました。この方こそ預言者だメシヤだと叫びました。この時イエス様は騒ぎの中そっと抜け出し、山に退きました。次の日群衆はガリラヤ湖の北端の町カぺナウムでイエス様を見付けました。

その時イエス様は言いました。「あなたがたがわたしの側に居たがるのは、わたしを信じたからではありません。パンを食べさせてあげたからですね。それよりも永遠のいのちを手に入れなさい。」その後イスラエル人なら誰でも知っているお話をされたのです。昔イスラエルの民が出エジプトをした時、シナイの荒野で食べる物がなく飢え死にしそうになった時、神様は、毎朝「マナ」というパンを与えて40年の旅路を生かしてくれました。それと同じようにイエス様は 「いのちのパンは私です」 わたしのところに来る人は、二度と飢えることはありません。と言われました。感謝

2021年1月「最高のプレゼント」

御影神愛キリスト教会員 K

 「おそらく癌です」

 ここ数ヶ月、胃腸の調子が良くないなぁと思っていたのと、久し振りに会った父に顔色が変だから病院へ行けと言われたことが重なり、しぶしぶ胃カメラをした直後に診察室でお医者様にそう言われました。あまりにも直球なその言葉に何を話せばよいのかわからず、ただ、「癌の確率は何パーセントくらいですか?」と聞いたのを覚えています。

「…80パーセントくらいかな…」そう言いながら気まずそうに顔を少し横へ向けた先生を見て、「先生は遠慮してる。私は癌なんだ」という事がはっきりとわかりました。

 それからは全てがあれよあれよという間に変わっていきました。それは自分が何かをするというよりも、周りの人が私をあちこちに運んでくれているような、私自身は何もする事がない中で、久し振りに自分と向き合える時がこんな時だなんて…と皮肉に思いながらも、ただ二つの事だけが私の頭の中を回っていました。

一つは子供達(当時は中一でした)をこの世の迷い子にしたくない、神様と繋がって生きて欲しい、私がいなくても何かあれば神様が助けてくれるということを心の片隅に置いて生きていって欲しいということと、もう一つは私が聖書を神様の言葉として理解し、最後まで読みきる事ができるまで神様、時間を下さいという事でした。キリスト教に関しては、学生時代や子供の幼稚園等、幾度か触れ合う機会はあったものの核心にまでは至ることはなく、子供の頃に人にいただいたり、大人になって自分で購入したりなどした聖書を時々思い出した様に読んではその中からなぐさめを得ていました。手術、抗がん剤治療を続けながら、あとどれくらい聖書を読めるだろう?
読み切れるかな…と、聖書をただひたすら読み続ける毎日でした。

 そんなある日、主人に「ここにね、とってもいい先生がいるよ。行ってみない?」と言われ、一緒に行く事にしたのがメディカルカフェでした。主催者である笹子先生の見解でも私の状態は良くなく、再び真っ暗闇に落とされた気分でしたが、主人は「きっと先生の所にいると良くなる気がする」と言い続けていました。今思えば、神様が周囲の人を通して私をこの教会に導いてくれたのだと思っています。

 癌になってから今年で4年になります。「そうは言っても、周りの人も含めて僕たちはまた別の癌になるかもしれない。治ったとかそんな事は誰にも分らないし言えないんだ。」とメディカルカフェの参加者の方が話していた言葉が今でも心に残っています。

 私たちは今ここに生かされていますが、全ては神様の御手の中にあるのだということを特にこの時期、感じる事が多いです。遅かれ早かれいずれ誰もがこの世を去る時がやってきます。だからこそ、がんになったから不幸だとか治ったから良かったとかそういう事ではなく、生かされているせいぜい数十年の中で何を感じて何を心の中心として生きていくのかがはっきりとわかること、それが人間がこの世で生きる意味なのだという事を今、実感しています。

 神様とつながる事ができたという最高のプレゼントを癌という病を通して神様からいただいた事に感謝しています。

「わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。」 コリント人への第二の手紙4:18

 

2021年1月「時を戻そう」いや「戻らない」

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 昨年の流行語大賞にノミネートされた言葉の一つに「時を戻そう」というものがありました。 これは、お笑い芸人の「ぺこぱ」さんのネタの一つです。そのネタをご存じない方のために意味 を紹介いたしますと・・・「これは、コントのオチまで進め、別バージョンを披露するため、コントの冒頭に戻す時に用いられる。」とネットでは説明されていました。

 どうでしょうか。皆さんも時を戻せるものなら戻したいと思ったことはないでしょうか。きっ と人生で一度や二度は、「あ~本当に時を戻せるものなら戻したい。」「戻れるものなら、もう 一度あの頃に戻って人生やり直したい。」と思ったことがあるのではないかと思います。 私も高校生の頃に「中学2年生ぐらいからやり直したいなぁ。」なんて思った記憶があります 。また、今、あえて言うなら、「家内が元気だったあの頃に戻れるものなら戻りたい。」と思わないこともありません。

 しかし、残念ながら「時は戻らない」のです。どんなに願 っても、どんなに科学が発展しても 、やっぱり「時は戻らない」「戻せない」のです。では、私たちは、この「時の法則」に対して どのように考え、どのように向き合っていけば良いのでしょうか。

 聖書の一節に

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神 がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ人への 手紙8:28(新改訳))

という言葉があります。 ここに「すべてのこと」とありますが、これは、「成功や失敗、嬉しい事や悲しい事も、全部 」という意味です 。そして、「神にあっては、私たちの人生で起こるすべてのことは益とされる 。」と言っているのです。

 実際、私たちは、成功や嬉しい出来事よりも、失敗や悲しい出来事からの方が、学ぶこと、成 長させられることが多いことを知っていると思います。ただ、そうは言っても、一人で失敗や悲 しい出来事に向き合い、そこから何かを学び取り、成長する機会とすることは、時に大変で難し いものではないかとも思います。 しかし、そんな私たちのそばにいて私たちを慰め、励まし、また、力と知恵を与え導いて下さ るのが、神様なのです。そして、私 たちは神様からの愛と力、知恵を頂いて、「できることなら 最初から・・・」と思うような出来事ですら、「あ~私の人生これで良かった。むしろ、あの出 来事があったからこそ、今の私がある。すべてが感謝です。」という人生を歩むことが出来るよ うになるのです。

 これから始まる新しい年も、いろいろなことが起こるでしょう。でも何があってもそれを益と して下さる神様と共に歩むことが出来るとしたら、なんと幸いでしょうか。今、私もそれを学んでいる最中ではありますが、一緒にこの神様を信じて歩んで行きませんか 。皆様の上にすべてのことを働かせて益として下さる神様の祝福をお祈りしています。