Mikage Shinai Christ Church

Monthly Archives: 3月 2021

2021年3月「神様との出会いと、そのお導き」

御影神愛キリスト教会 N

 

 ハレルヤ~! 主の御名を感謝します。
 私はキリスト教とは関わりのない家庭で産まれ育ちました。お盆には仏前でお菓子を食べ、正月には初詣に行き、クリスマスも同じようにプレゼントをもらう日でした。

 それまで知識でしかなかった神様を身近に思うようになったのは、次の春から就職活動を始めようという冬のことです。その少し前に教会へ通うようになっていた母に誘われ、ケーキを目当てにクリスマス礼拝へ参加しました。動機が不純ですね!

 訪れたのは当時住んでいた広島県の竹原ベテルキリスト教会です。牧師の新井先生ご夫妻による暖かな歓迎は私の中にあった静粛で厳しいイメージを粉々にし、ここは良いところだ~! とすっかり教会を受け入れるように。

 その日は不思議な事が起こりました。招かれていた講師の先生が私の前に来て祈られた時に「あなたは家を出て遠くに行きます」とメッセージをくださったのです。そして礼拝からの帰り道、東京で就職した先輩からの「ウチの面接をうけてみないか」と誘いがあったのです。これはどういうことなんだろう、一人考え込んでしまいました。

 結局、志望していた地元就職にこだわって東京の話は断りました。入社した会社はとても忙しく、私には不向きな営業職になったこともあり、調子を崩して退職という結果に。仕事の責任や期待を投げ出したことは重く私にのしかかっていました。

 神様のお導きではないからだと気づいたのは、しばらく経ってからのことです。鬱々としていた私を、神様は教会へ来なさいと示すために様々な誘いをしてくださいました。それこそお菓子につられて通ったことも! 牧師先生や教会に集う人との交わり、暖かな礼拝の時を通じて私の心はほぐされ開かれていきました。

 

 聖書の中には「主に従いなさい」という言葉がよくでてきます。それは一方的な命令ではなく、神様がより良い物を私たちに与えてくださり、より良い事を成すためのものだと分かるようになりました。

 洗礼の啓示が与えられた時もそうでした。神様の事を知っても、牧師先生から「神様はあなたを愛しておられる」と言われても、答えることはできませんでした。それがある日「洗礼をうけますか」と問われてすんなり「はい」と答えたのです。自分でも驚きました。導きに背き落ち込んだ私をすくいあげ、受け入れるまでの準備の時をも備えて下さったのです。

 

 今、私は教会の紹介で知り合った方と結婚しこの神戸へ引っ越しました。気軽に実家へ帰ることもできないこの状況下で、改めて「家を出て遠くに行きます」というメッセージを思い出しています。

【これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現わすかを示して、言われたことであった。こうお話しになってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」】
ヨハネによる福音書21:19

2021年3月「穏やかな日々」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本満子

 

 私の家には聖書のみ言葉の日めくりがあります。カレンダーではないので何年でも使うことができます。何年も使っている間には、同じみ言葉が何回も出てきます。けれども同じみ言葉に出会っても、不思議なことにいつもそれを新鮮に受け取ることが出来るのです。そしてみ言葉を読む度に、心は清々しく、明るくなり、感謝が湧いてくるのです。とても幸せです。

 近年、私たちの日常生活は、多くの情報や騒音が溢れていて、静かな時を持つことがむずかしくなっているのではないでしょうか。私たちはその多くの情報や、取り巻く様々な事柄によって、知らない間に心や思いが影響されてしまっていることに気付くのです。

 さて、皆さんは、ドン・キホーテの話をご存じのことと思います。最近は同名のお店もあるようで、多くの人々に彼の名はよく知られていることと思いますが、ここでドン・キホーテのお話を簡単に考えてみたいと思います。これはスペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスと言う人が書いた風刺物語です。主人公のドン・キホーテは騎士物語を読みすぎて、現実と物語の区別がつかなくなり、瘦せ馬にまたがって、冒険旅行に出かけました。その途中、風車と巨人を見間違えたり、羊の群れを敵の大群と勘違いするなど、滑稽な冒険や失敗を重ねるというお話です。

 このお話から、人は日々の生活で、何を見、何を聞き、何に関心を持って生活しているかと言うことが、非常に大切だ、と言うことに気づかされるのです。自分の周囲を取り巻く様々な事柄にだけ目を向け、耳を傾け、心を注いでいると、どうしても近視眼的な生活に陥ってしまうのではないでしょうか。

 聖書に

「目を高くあげて、だれがこれらのものを創造したかを見よ」(イザヤ40:26)

と言うみ言葉があります。多くの人々は、日常の事柄に忙殺されて高い空を見上げるなどと言うことが、少なくなっているのではないでしょうか?昼は太陽が、夜は月星が大自然の中で輝いています。これらの物は一体どのようにして出来たのでしょうか?

 

 人類は、宇宙を征服しようと懸命になっています。けれどもこの広大な全宇宙を征服することなど到底出来ません。このような偉大な宇宙を創造し、そこに私という存在を置いて下さった方はどなたでしょう。

聖書は、

「主はとこしえの神、地の果ての創造者であって」(イザヤ40:28)

と記しています。この大自然を創造し、支配しておられる神はあなたという一人の人をも、大切に見守っておられるのです。

 

そして

「悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」(詩篇50:15)

とも記されています。そうです、日毎に聖書の神を思い、聖書のみ言葉を読み、聞く時、私たちの心は、さまざまな心配事や雑音から解放されて、穏やかな平安に包まれるのです。

 あなたは今、不安に襲われていませんか?心配事を抱えていませんか?聖書の神様を見上げましょう。そして神様により頼みましょう。神様からの平安と喜びが与えられますように。