Mikage Shinai Christ Church

清志高田

2014年御影神愛キリスト教会だより 6月号

「罪人を招くために来られたキリスト」

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

4月の末にアメリカのオバマ大統領が東京に来日されました。この度の来日の目的はなんだったのでしょうか。お寿司を食べるためではなく、それは、政治的な交渉をするためだったわけです。一国の大統領が来日するのには、それ相応の目的があってやって来られるわけです。 2000年前、イエス・キリストは神の子としてこの世に来られました。イエス・キリストは何の目的でこの世に来られたのでしょうか。キリストは、このように言われました。「健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。」 イエス・キリストがこの世に来られた目的の一つは、罪人を招くためである。というのです。それでは、ここで言う義人とか罪人というのはどんな人のことなのでしょうか。義人というのは、罪を犯したことは一度もないという人のことではありません。どんなに品行方正な人でも罪を一度も犯したことはない、という人はいないと思います。誰もが一度は、人を憎んだり、小さな嘘をついたりしたことはあるでしょう。ここで言う義人というのは、自分の正直な姿を見ようとせず、自分は間違っていない、自分は正しい、と言い張るような人のことです。それでは、罪人というのは、罪しか犯さない人のことでしょうか。どんなに悪い人であっても、人間どこかに良い部分があるものです。良いことしか、しないという人もいないように、罪しか犯さないという人もいません。 ここで言う罪人とは、どんな人なのでしょうか。それは自分を正直に見つめ、自分の弱さ、罪深さを認めることのできる人のことです。そして、イエス・キリストは、そういう人を愛され、受け入れられ、友となってくださる方なのです。 私たち人間は、誰も完璧な人はいないと思います。誰もが弱さを持ち、失敗をし、時には自分や人を傷つけてしまうものだと思います。しかし、イエス・キリストは、そんな私たちのことを愛して、受け入れてくださり、友となってくださるのです。そして、私たちを本当の悔い改めに導き、私たちの心を変えてくださる方なのです。自分の弱さや罪深さに気づいた時、一人で悩まないで、あなたを包んでくださるイエス・キリストのところに来てください。あなたもイエス・キリストの愛を体験することができます。

「神の恵みにふれて」

*今月のマイストーリー* 御影神愛キリスト教会員 米田佐和   私は、クリスチャンホーム出身ではありませんが、幼い頃から母に連れられて教会に通っていました。 神様を信じる決心をし、中学生の頃に洗礼を受けました。けれども私は、自分がクリスチャンであることを友人に告白することもなく、聖書を開くのは日曜だけ、いや日曜ですらも怪しい、というようなクリスチャンでした。神様の愛について、また自分自身の罪について、深く理解せぬまま中学、高校時代を過ごしていました。   ところが、神様を忘れたような毎日を送っていた私を、神様は決して忘れておられませんでした。 大学1回生の夏ごろ、教会の友人に”KGK”というものに誘われました。聞けばそこは大学生のクリスチャンがたくさん集まるところだということで、参加しました。ただ、このKGKという名前は、ローマ字で「キリスト者学生会」と書いた時の頭文字をとったもので、「ダサい」と思わずにはいられませんでした。笑 しかし、そのダサいと思っていたKGKで、私は神様から本当にたくさんの恵みをいただきました。 KGKの働きは決して派手なものではなく、学生たちが聖書研究会と祈り会の2つを、それぞれが通う大学で行うという、とても地味なものです。私は、このKGKという神様が与えてくれた機会を通して、毎日聖書を開き神の前に静まって祈ることの大切さを知りました。また、共に恵みを分かち合い、お互いのため祈り合える仲間がたくさん与えられました。また仲間たちと、聖書から進路、恋愛、結婚、ときには日本国憲法について学んだりもしました。 様々なことを聖書から学んでいますが、本当に大切なことはわずかなのだと、いつも思わされます。 それは、聖書の御言葉は、つまり神様の言葉は、どこまでも奥深く、そこには私たちへの愛が溢れているということです。私の心には、人にはとても見せることの出来ない汚い思いや考えがたくさんあります。しかし、神様はこんな私の良いところも悪いところも、まるごと受け入れて愛してくれているのです。神様が、その愛するたったひとりの子、イエス様を十字架にかけてまで救いたかった命は、そんな私の命なのだということを、聖書から日々語られています。 残された大学生活を含めたこれからのクリスチャン人生、自分のささげられる精一杯をもって、この神様の測り知れない愛に応答していく生き方が出来るように、祈っていきたいです。1つの賛美を紹介します。

~真昼のように~

命をかけて 愛をしめされて

イエス様に出会い すべてが変わった

わたしはあなたに 何をもって

感謝をあらわせばいいのだろう

 

 … Continue reading