Mikage Shinai Christ Church

甲斐智教

1 2 3 7

2018年7月”神様との出会い”

“東南アジアにいのちの水を届ける” 御影神愛キリスト教会客員 古澤あかり

 
「アジア人になろう」それがすべての始まりでした。新卒で入った会社を1年でやめ、転職活動真っ最中のことでした。新しい仕事を探すために無我夢中で転職サイトを見ていました。しかし、なかなかピンとくる仕事が見つからない。焦燥感に駆られ、スーツ姿のサラリーマンを見ては、自分は仕事をしていないのだという罪悪感に苛まれていました。

 もともと英語が得意だったので漠然と海外の仕事がしたいと考えていました。「アジア人になろう」今まで想像もしなかったキーワードに強く心が惹かれました。

 学生時代は北海道で獣医関係の勉強をしていました。世界中から留学生が来ていたのですが、特に多かったのが東南アジアの留学生。私にとって彼らはとても身近な存在でした。学生時代の前半、教養科目で歴史を勉強する中で日本が戦時中にアジアに対して犯してきた数多くの過ちを知り、さらに交友関係で大きな挫折を経験。自分が日本人であることに罪悪感を覚え、日本人であることを受け入れられず、ひたすら英語を勉強して英語をしゃべることで、自分が日本人であることを忘れようとしていました。

そんな私に日本の良さを教えてくれたのはアジアの仲間でした。アジア人として、いつか恩返しがしたい。そんな気持ちが私の心の奥底に眠っていたのだと思います

『先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。』(イザヤ43:18-19)


 今まで何があったかではなくて、これから神様が何をしてくださろうとしているのか。前の仕事のこと、学生時代のトラウマ…etc。解決していない問題が山積していましたが、一旦それらを脇に置いて。新しい仕事、新しい職場、新しい仲間がすでに与えられていると信じて、これからのことのために祈り始めました。

 それから難なく最終面接まですすみ、ここだ!と確信を得たものの思わぬ事態が…。私の希望する部に女性社員を採用するのは会社始まって以来のことだったらしく、待ったがかかったのです。「苦労してやっとやりたい仕事が見つかったのに。私、なんで女なんかに生まれたんだろう。今さら性別も変更できないし。」ぶつけようのない怒りでいっぱいでした。

気晴らしに映画でもと考え、赤毛のアンを観に行きました。働き手として男の子を養子にしたいと考えていたマリラ。しかし、実際に来たのは女の子のアン。うわぁ~最悪!とアンに冷たく接していたマリラが、最後の最後にはアンをかけがえのない家族の一員として受け入れる。すばらしいストーリーでした!元気が出てきたところで、気を取り直してまた祈り始めました。

そして祈り続けてようやく、2017年6月24日。道が開かれて、新しいスタートを切ることができました。あれからもう1年も経つなんて信じられません。

 今は営業担当国がラオス、台湾、中国、フィリピン、マレーシア。インフラの海外営業のだけあって国際協力の仕事に携わる機会が多いです。特にラオスに力を入れています。ラオスはあまりなじみのない方も多いと思うので、ちょっとここで紹介しておきます。

ラオスはアジアの内陸国で、タイ、ベトナム、中国、ミャンマー、カンボジアの5カ国に囲まれています。ラオスの経済成長率は年7%。日本は1%なので、かなりの成長スピードです。人口は649万人ほど。2015年に日本と国交60周年を迎えています。一番多いのはラオ族ですが、49からなる多民族国家です。目まぐるしい経済成長を続けているものの、都市部と農村部の格差が広がっており、農村部ではインフラが追いついていないのが現状です。

女性や子どもたちが水汲みのため過度に労力が費やされているので、少しでもそういった方々の負担を軽減できるようサポートしていきたいです。特にラオスの未来を担う子どもたちの力になりたいと思って、日々仕事に励んでいます。

『この水を飲む者はだれでも、また渇くであろう。しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、渇くことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。』(ヨハネ4:13-14)


 東南アジアに水を届けるだけでなく、いのちの水を届けられるようになりたい。この1年を振り返ると、みんなに水を届けるには、まず自分自身がしっかり神様の愛を受け取っていくことが大切なのだと実感しました。干からびているスポンジから、なんとかして水を絞り出そうとしてしまいがちな自分の姿に気づかされました。これから蒸し暑い日が続きますが、喉が渇いたなぁと感じたときは水分補給ももちろんですが、しっかりと神様の愛を充電するのを忘れないようにしたいと思います!

2018年7月”あなたを造られた方”

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

聖書に、このような言葉があります。
“あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に”(伝道の書12章1節)
なぜ、私たちは若い時に、自分の造り主を知る必要があるのでしょうか。それは、やがて年が寄った時に「わたしにはなんの楽しみもない」と言うことにならないためです。

ある牧師が、老人ホームに訪問に行きました。当然、そこにはたくさんのお年寄りがいらっしゃいました。その牧師は、大勢のお年寄りを見て「皆さん、長生きされてすごいですねぇ。素晴らしいですねぇ。」と声を掛けたところ、一人の方から「何が素晴らしいものか。ただ長生きしているだけで、わしには、何の楽しみもない。長生きしたって何の意味もない。」と言われたそうです。

皆さんは、どのような老後を迎えたいでしょうか。おそらく誰もが、いくつになっても生きがいをもって元気に生活したいと思われるのではないでしょうか。では、どうしたらそのように生きることができるのでしょうか。それには、最初の聖書の言葉にあるように、あなたの若い日に、あなたの造り主、すなわち、神を信じ、神と共に生きることにあるのです。

聖書によると、人間は全て神によって造られた存在であると言われています。そして、神は私たち一人一人を目的を持って造られました。ですから、私たちが神を知り、神が自分自身に持っている目的を知り、その目的に従って生きる時、私たちは自分でしか生きることの出来ない最高の人生を送ることができるようになるのです。

「まばたきの詩人」と呼ばれた水野源三さんという方がおられます。源三さんは9歳の時に赤痢を患い、重度の脳性麻痺を起して、首から下は麻痺して全く動けなくなり、口もきけなくなりました。まばたきだけでしか意思表示をすることができなくなったのです。しかし、12歳の時に、源三さんを訪れて下さった牧師から聖書を受け取り、熱心に読むようになって聖書の神様を信じるようになりました。源三さんは、自分の造り主である神様と出会ってたくさんの詩を書くようになりました。その一つの詩、「生きる」を紹介させて頂きます。

人の目から見れば、生きる意味も目的も見いだせないような水野源三さんだったと思いますが、造り主である神様と出会い、自分は自分らしく生きる、という希望をもって多くの人に励ましと良い感化を与えて人生を歩まれた方の一人となられました。神様は、誰であっても無目的に人を造られません。私たち一人一人、目的を持って造られた尊い存在です。神を知り、神を信じる時、その目的が明らかにされ最高の人生を生きることができるのです。あなたを造り、あなたを愛しておられる神を知って頂きたいと願います。
 

2018年6月”神様との出会い”

御影神愛キリスト教会員  坂口望美

 

 はじめましての方もいると思うので、軽く自己紹介をしたいと思います。2015年の冬頃から、この教会に通っています、坂口望美と申します。一昨年のクリスマスに若松ひかり姉妹(旧姓:柴田)と一緒に教会でお芝居をしました。そちらの方が記憶に残っている方が多いかもしれません。3月半ば、私は約3年ぶりにアメリカに帰りました。アメリカで通っていた教会の友人の結婚式に参加するためです。アメリカで再び主は私に主の計画の素晴らしさを教えてくれました。それも私にしか当てはまらない、私専用の私にぴったりの方法で。このみかげだよりでは、私が主を信じるまでの証を絡めて、久しぶりのアメリカで主に教えてもらったことをシェアしたいと思います。どうか、この証で少しでも主に栄光が帰されますように。

 

アメリカで私が通っていた教会は日本人教会でした。その教会の牧師先生が、今でもメッセージでよく話す、私のストーリーがあります。私はアメリカでの年末、ECというアメリカにいる日本人クリスチャンのカンファレンスに参加していました。わたしは、その時、自分がクリスチャンになるということは想像しておらず、ただ一人での年越しよりも、教会のみんなと年越しがしたいがために参加を決めました。私はまだ主を信じていなかったので、seekersというノンクリスチャンのプログラムに参加しました。

 

年越ししてしばらくたったころ、私のスモールグループのリーダーが「神とはなんだ」と苦しんでいる私を見て、「あ、のんちゃん、もうそろそろ信仰告白をするのでは」と期待し、牧師先生と奥さんを私の元へ集めたことがありました。けど、私はまだその時、主を受け入れる準備ができていませんでした。

 

そしてここからが、牧師先生が大好きなパート・リーダーの「もし明日地球が滅びるとして、今主を信じていたら、のんちゃんは天国に行けるんだよ」という問いかけに私はこう答えました、

 

「私はもし明日地球が滅びるとしても神さまを信じない」今思い出してもパワーワードでしかないこの台詞。呼び出された牧師先生の口はしばらく開いたままふさがらなかったそうです。けど、その約5か月後、私は洗礼を受けました。年明けに考えたことなど消え去って、自然とわたしは救われたいと思えることができたからです。主は本当に根気強くコツコツとゆっくり私にわかりやすいように自身のことを私に教えてくれました。本当にコツコツと。

 

そして、その1か月後、教会の兄弟の結婚式に参加した翌日、礼拝を捧げ証をし、教会のみんなに見送られ私は日本に帰国しました。ちなみに私はその結婚式で皆さんご存知の塚本良樹兄弟に出会いました。帰国後、私は教会探しを始めました。牧師先生に事前に紹介してもらった教会を回っていったのですが、どこもピンとは来ませんでした。

 

もちろんどの教会も素晴らしく恵みに溢れてましたが、私はどうしてもアメリカの教会を思い出してはさみしくなって泣いていました。はたから見たら主に触れられて泣いているように見えたかもしれませんが、事実、私はホーム(チャーチ)シックで泣いていました。紹介してもらった教会全て回り、どこもピンとこず、教会探しが嫌になった私は牧師先生に助けを求めました。そして、最後に紹介されたのが塚本良樹兄弟の母教会である、この御影神愛キリスト教会でした。良樹兄弟は私が通っていた教会の献身者の友人で、その彼の結婚式に参加した後、フラー神学校で学びながら、私がアメリカで通っていた教会で献身者として働いていました。なんだか本当に主の計画で素晴らしいな、と改めて振り返って思います。

 

 

その時からわたしはこの御影神愛キリスト教会に通っています。この教会に出会って、ピンと来たり、あー、この教会がわたしに与えられた教会だ、と深い衝撃を受けたわけではありません。ただ、アメリカで教会に通い始めたのと同じように、この教会にはまた会いたいと思える人たちがいたのです。

 

友人の結婚式に参加して帰国したわたしは、今年の三月、友人の結婚式に参加するため、帰国して三年ぶりに再びアメリカの地に足を踏み入れました。そして三年ぶりに母教会での礼拝に出席しました。正直なところ、わたしは少し礼拝に出席するのが怖いと思っていました。もし礼拝に出席して、懐かしさのあまり、また母教会に通いたい、と思ってしまったらどうしよう、と。日本に帰って御影の礼拝に出席したときにアメリカの教会に戻りたいと、またホーム(チャーチ)シックになったらどうしよう、と。

 

事実、御影の教会に通い始めてからも、わたしはたびたび母教会を思い出してはなんだか寂しくなっていたのです。その状態に戻ってしまうのではないかと、わたしは内心恐れていました。けど、その心配は杞憂に終わりました。  

 

久しぶりにアメリカでの礼拝に出席して、聞かれました。久しぶりのアメリカでの礼拝はどうだったか、と。わたしは、めっちゃ懐かしいとか、戻りたいとは思わなかった、と答えました。質問の主は、良かった、と深く言ってくれました。

 

そう、確かに久しぶりのアメリカでの礼拝は懐かしかったです。けど、戻りたいとは思いませんでした。恵みに溢れていた礼拝でした。でも、日本で過ごした3年間をわたしはアメリカで過ごしたかったとは思いませんでしたし、御影の教会で過ごした二年半をアメリカの教会で過ごしたかったとも思いませんでした。主は今回のアメリカの旅を通して、わたしに教えてくれました。わたしは日本という地で主に仕えるのだということ、そしてわたしが日本で与えられた教会は御影の教会だということ。わたしは与えられた教会が御影ではないと疑っていたわけではありません。ただ主はいつものように、わたしにぴったりの方法で、わたしが一番心にストンと落ちるように、とても丁寧に時間をかけてわたしに教えてくれたのです。

 

神のなされることは皆その時にかなって美しい。人は、神のなされるわざを初めから終りまでみきわめることはできない。”(伝道の書3:11)

 いつからか、わたしのホーム(チャーチ)シックはなくなっていました。いつから泣かなくなったのかあまり覚えていません。そして、それがぶり返すことはこれから先ないでしょう。主は毎日毎日わたしを変えてくれているのでしょう。けど、わたしがそれを理解するのは、または主がわたしにそれを伝えてくれるのは、とても先の話だったりします。なんて計り知れないのだろう、と思います。なんて、素晴らしいのだろう、と思います。

 

主は毎日わたしになにかを与え、わたしを変えています。それが何なのか、わたしは“今”知ることはできません。でも、確かに毎日わたしは変えられているのです。主に出会えたこと、母教会を与えられ、そしてこの御影神愛キリスト教会を与えられたこと、全てに感謝して、これから主がわたしに何を与え、何を教えてくださるのか期待して、この文章を終えたいと思います。ありがとうございました。

2018年6月”賛美のすばらしさ”

御影神愛キリスト教会 伝道師  杉本満子 

 最近の音楽の世界には、いろいろなジャンルがありますね。クラシック、ジャズ、ロック等々、その他数多くの種類があります。そして、どこの国に行っても、その土地、その土地独特の音楽もあると思います。そして音楽は、それを演奏する人、また聞く人々を楽しませ、喜ばせてくれます。さて、音楽の歴史は、何時から始まったのでしょう。おそらく人類の歴史と共に歩んできたことと思います。聖書をみると、賛美の記事が沢山記されています。旧約の時代、今からおよそ3300年ほど前、指導者モーセがイスラエルの人々をエジプトの奴隷生活から解放して、出エジプトをした時、神様の奇跡によって人々は、真っ二つに分かれた紅海の川底を無事に渡って、後から追撃してくるエジプトの軍勢から守られたと言う記事があります。その時、ミリアムと言うモーセのお姉さんを始めとして、人々は、手に手にタンバリンをもって、神様に感謝の歌・賛美をささげた、という記事が記されています。(出エジプト記15章)

 このようにイスラエルの人々は、何か事あるごとに神様を喜び感謝する音楽を奏で、神様を賛美している記事を見ることが出来ます。旧約聖書の中で特に音楽の才能に恵まれ、多くの賛美をささげた人物としてダビデと言う人が居ます。彼はイスラエル王国第二代目の王様となった人ですが、第一代目のサウル王が精神的に病んだ時、王様の心を癒すために音楽(竪琴)を演奏する宮廷音楽士でもあったのです。しかし、彼の人生は、決して楽しい事ばかりあったわけではありません。むしろ困難と戦いの人生だったと言えるかもしれません。けれども、彼はどんな時でも神様を賛美することを忘れませんでした。そして、多くの賛美を後世に残しているのです。

 さて、賛美と言うものは、うれしい時、楽しい時だけ捧げるものではありません。苦しい時、辛い時も神様に賛美をささげると、不思議に心に平安が与えられ、道が開かれてくるのです。新約聖書使徒行伝16:19~を見ると、困難の中で賛美をささげた人達の記事が記されています。パウロとシラスと言う人達です。彼らがマケドニヤのピリピと言う町に行った時のことです。パウロとシラスは、その地で神様の福音を語り伝道していた時に、彼らに反対する人々に訴えられ捕えられて、鞭で打たれて牢獄に入れられてしまったというのです。彼らは身体じゅう傷だらけ、全身から血が流れていたことでしょう。その上足枷を付けられて動けない状態で牢獄に閉じ込められてしまったのです。どんなに苦しかったでしょう。しかし、彼らはその状態にありながら、牢獄の中で神に祈り賛美を歌い続けたと言うのです。その時奇跡が起こったのです。大地震です。そして、牢獄の扉は全部破壊され、囚人たちの足枷も全部外れてしまったと言うのです。彼らは「チャンス」とばかりに逃げ出したでしょうか?いいえ逃げ出さなかったのです。その姿を見た獄の看守は「この人達は普通の人とは違う神様が助けられたのだ、彼らの語っている神様は本物だ!」と思ったのです。そして、その晩家族と一緒にこの神様を信じて洗礼を受けたと記録されています。神様の福音が前進したのです。

 さて、賛美には素晴らしい力があります。嬉しい時、楽しい時はもちろんですが、苦しい時、困難の時にも私たちが賛美するならば、そこに奇跡が起こるのです。心の中に考えられなかった神様からの平安が与えられ、困難を乗り越えて行く力が与えられるのです。神様を賛美することは素晴らしい事です。私たちも一緒に神様を賛美する人になりましょう。

1 2 3 7