Mikage Shinai Christ Church

甲斐智教

1 2 3 21

2021年6月「平和を作り出すもの」

御影神愛キリスト教会 F

「Fさん、インド向いてると思うで~!」「えっ?!」アジア人になろうというスローガンのもと、海外営業の仕事に励んで早4年。上司の突然の発言に言葉を失いました。先輩から担当国を引き継ぐとわかってましたが、まさか女子のわたしにインドは回ってこないだろうと思っていたのです。

でもこれは神様の導きだと思い、引き受けることにしたのです。その晩は興奮してほとんど眠れませんでした。本当にインドなのか?!何かの間違いかと思い、次の朝出社しましたが夢ではありませんでした。本当にインドなんだ。ようし!インドがんばるか!その晩から仕事帰りに本屋に立ち寄り、閉店間際までインドについて文献を読み漁るようになりました。

カレーのスパイスの香り、ガンジス河の沐浴、神聖な動物としてあがめられている牛。カースト制度やヒンドゥー教を始めとする様々な宗教が複雑に絡み合い、一言で形容できないような独特な文化。これぞまさに外国の外国だと思いました。今まで仕事で東南アジアに何度か行ったことがあるのですが、他の国とは全然違う。しかし、どこか不思議となつかしい感じがしました。

 小学校5年生のとき、愛知万博が開催されるため、総合学習でインドについて熱心に調べていたのです。名古屋大学のインド人留学生へのインタビュー、みんなでつくったインドの飲み物ラッシー、運動場で泥だらけになりながらやったインドのスポーツカバディ。次から次へといろんな思い出がよみがえってきました。担任の先生からインドについて調べますと言われたときは、えっなんでインド?と思いましたが。15年以上経った今、仕事でインドにかかわることになり、あのときインドを調べておいて本当に良かったなぁと感慨深い気持ちが込み上げてきました。

 「上も下も右も左も問題だらけ。それがインド。でも問題はチャンスでもある。」パッドマンというインド映画での主人公の一言。カースト制度の影響で日本では考えられないような差別や偏見がはびこっていて、宗教間の争いや女性を狙った事件も多発。そして今はコロナで非常に激しい戦いを強いられている…。入社以来関わってきたラオスと比べ物にならないほど大変。そんなインドですが、だからこそ祈りがいがありやりがいがある国なのではないかと思います。コロナという一番大変なときに一番大変な国を引き継ぎましたが。

 「わたしたちが愛のために働けばそれはそのまま平和のために働いたことになります」インドのコルカタで貧しい人々に仕えたマザー・テレサ。“キリストはわたしたちの平和であって、二つのものを一つにし…、十字架によって、二つのものを一つのからだとして神と和解させ、敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである。”(エペソ2章14,16節)

 

 仕事でアジアに関わり始めて早4年。今までは気合と根性で乗り切ってきましたが。これからインドに必要なのは、信仰に裏打ちされた愛のある行動だと実感しました。一朝一夕の努力では平和を作り出すものにはなれませんが、インドに関わることを通して、イエス様の愛をもっともっと深く知って私もそんなふうに変えられていきたいなぁと思います。

2021年6月「主にゆだねよ」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本満子


詩篇37:5「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」  (新改訳聖書)


 人は自分の人生について色々と考えますね。若い時は、将来はあのようになりたい、このようになりたいと、夢を描くのではないでしょうか?一昔前までは、「女の子はケーキ屋さんになりたい」とか、男の子は「新幹線の運転手になりたい」という夢をよく聞いたものです。けれども最近は、プログラマーになりたいと言う子供が増えているそうですね。時代の違いを感じます。

けれども、年齢が進むに従って、夢が不安に変わったり、心配事に変わったりすることが多くなるのではないでしょうか?受験生は入試の合否が心配になるし、ある人は就職の心配・家庭を持てば家族への心配もありますね。今の時代は、コロナに感染しないかと多くの人々が心配しているのではないでしょうか。


 人生には不安とか、心配事はつきものだなーと思います。先に記した聖書の御言葉は、「あなたの道を、即ち人生を主に委ねよ」と言っています。それは、あなたの人生の軌道は、あなたが自分で運転して走るのではないと言っているのです。では、誰が私の人生の軌道を走らせてくれるのですか?と言うならば「主に信頼せよ。主が成し遂げて下さる」と言っているのです。主とは誰でしょうか?勿論主人という意味もあります。主人とは、所有権のある方を指している言葉ですが、創世記の始め、2章4節を見ると「主なる神が地と天とを造られた時」と記されています。即ち、この天地宇宙を創造された神様を「主なる神」と呼んでいるのです。聖書の神様は、全世界を創造し、それを支配しているお方、全宇宙の所有権を持っておられるお方なのです。このお方(神様)があなたの人生を導いてくださるのだから、このお方を信頼して人生をお任せして走っていくならば、あなたの人生を「成し遂げて下さる」、即ち最善に完成させて下さると言うのです。


 私たちは、何か作品を作っている時、それが難しいと言うか、困難であればあるほど完成した時の喜びは大きいのではないでしょうか?私たちの人生も途中には時々行き詰まったり、もうダメ!と言って投げ出したくなる時もあるかも知れません。けれども、主なる神様により頼み、お任せして歩んでいくならば、必ず完成させて下さる。そして最後には「私の人生は素晴らしかった、感謝でした。」と言える生涯を送らせて下さると言っているのです。若い皆さんには、こんな人生の終わりの話など、縁起でも無いと思われるかも知れませんね。けれども人生の終わりの日のためには、今日という日、今という時が大切なのだという事を覚えていただきたいのです。


 イスラエル第三代目の王となられたソロモンは、次のように言っています。

伝道の書12章1節「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」

と言うようにならない前に」と。人生の終わりなんて考えたくない。と思っても、終わりの日は、誰にでも必ず来ます。その日のためには、今という時が大切だと聖書は教えています。それではどうすれば良いのでしょう?「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ」そうです、天地宇宙万物を創造し、それを御手の中に支配しておられる主なる神様に、あなたの人生を委ねてごらんなさい。そうするならばあなたの人生は「良かったね」「幸せだったね」と言える人生へと導いて下さるのです。あなたの人生はどうですか?神様に委ねて安心軌道を走っていますか?それとも自分で苦労しながら頑張って日々の生活をしていきますか?最後の日に「私の人生は幸せだった、素晴らしかった、完成した」と喜べる人生を送りたいですね。

2021年5月「素晴らしい神様」

御影神愛キリスト教会員  M

 

前回は神様を信じた時のお証しをさせて頂きました。今回は神様の恵みによって訪れた幸せな出来事を4つお証ししたいと思います。

 

1つ目は、9年前主人が天に召され、老後は一人で過ごすと思っていたのですが、思いがけず妹夫婦が「一緒に住まないか?」と誘ってくれた事です。今私は妹家族と賑やかで楽しい毎日を過ごし、家族の誕生日にはケーキを囲んでみんなでお祝いしています。

 

2つ目は、6年前にバイクと車との接触事故で大腿骨骨折し、約2ヶ月入院しました。礼拝に出席できなくなり、寂しさを感じましたが、教会の先生方や姉妹達が次から次へと面会に来て祈ってくださり、とても嬉しかった事を今でも覚えています。その時から神の家族である教会の方々とお喋りしたり、共に祈りあったりする事が私の一番の喜びとなっています。

 

3つ目は、2年前に母が天に召され悲しみにくれていましたが、遺品を整理していて遺された手紙などからどんな時でも神様を信じて、礼拝を守る事を第一にしていた在りし日の母の姿が思い起こされました。母の背中を見て育った私達姉妹は、共に日曜礼拝に出席できている事に幸せを噛み締めています。

 

4つ目は、3年くらい前から左目の白内障が進んでいると診断を受けていましたが、今年の3月に久しぶりに眼科の診察を受けると、「やはり左目はかなり進んでいるし、右目を一緒に手術したほうが良いでしょう。」と言われました。いつも混んでいる眼科で、手術日は週に1日だけ。とても直ぐに手術は無理だろうと思いましたが、神様の導きにより4月第1に左目第3に右目の手術が決まりました。手術日には教会のみなさんが「手術が守られますように」と祈ってくださいました。手術後神様の創造された空の青さや景色の美しさ、全てが綺麗に見え感動しました。

私の思いを遥かに超えた神様の素晴らしさに感謝でいっぱいです。

 

 「何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。」  ピリピ人への手紙4章6節~7節

2021年5月「キリスト教の三大祭り」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 

クリスチャンには、三つの大切な祭りがあります。

 1.「クリスマス」  

 神様は私たち全人類を罪から救って下さるために、神様の御子イエス・キリスト様をこの世に贈って下さった誕生日です。12月25日に礼拝と感謝の祝会をします。「神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」 ヨハネ3:16

 

2.「復活祭」=「イースター」 

 イエス・キリスト様が私たちの罪を負うて死んで下さり、三日目に復活されました。「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に感謝の礼拝をします。キリスト様は生ける神様です。キリスト様の復活の記録は四福音書のすべてに記録されています。 マタイ28章、マルコ16章、ルカ24章、ヨハネ20章~21章です。 

 

3.「キリスト教会の誕生日」=「聖霊降臨日」=「ペンテコステ」=「五旬節」です。

クリスチャンにとってのこの三つの祭りは、二千年間何があっても大切に守られて参りました。ペンテコステと言うのは、ギリシャ語で五十番目を意味する言葉です。「過ぎ越しの祭り」から数えて五十日目の祭りです。即ちイエス・キリスト様の復活から数えて50日目なのです。そして、この日にキリスト教会は誕生したのです。今年は5月25日です。… Continue reading

2021年4月「神様って変わってる?!」

御影神愛キリスト教会員 T

  昨年4月から御影神愛キリスト教会に通わせて頂いています。見た目は中学生から大学2年生ですが、実は23歳で現在は専業主婦、6月に赤ちゃんが生まれる予定の妊婦さんです。

 

 わたしが神様を信じる決心をしたのは、高校生の頃です。父は三重の田舎教会の牧師、母も熱心なクリスチャンという家庭に3姉妹の末っ子として生まれた私は、神様という存在が前提の環境で育ちました。小学生の頃からは、姉たちの信仰決心をきいたことなどをきっかけに「神様を信じると決心するか」という問いを心の片隅で考えるようになりました。

 神の存在は論理的にも感覚的にも受け入れていた私にとって問題となったのは、「神様は信じる“べき”お方なのか」ということでした。信じたい気持ちはあったのですが何となく踏み切れず、姉たちが決心した年齢を過ぎ去っても「焦るもんじゃないしな…」と慎重になっていました。

 

そのまま高校生になったある時、クリスチャンのキャンプで牧師先生からこのような話を聴きました。

「病気のおばあさんの家にお見舞いに行ったとき、彼女が『こんな何もできない身体で神様に申し訳無い、私なんかいない方がいい』とおっしゃったんです。僕はその言葉に、『そんなことは神様の目から見て間違っている』と怒ってしまいました。…」「この先生も怒るんだ」と驚いたのと同時に、「あ、私は神様を信じる」と、その時思いました。

 なぜそうなったのか、決心から数年後により明確に、あの時受け取った神様のメッセージ・自分の信仰の中心となっているものの正体が分かってきました。それは、「『価値が無い』とするのは諫められるべき間違った解釈」だということ、そして、「私たち人間に絶対的な価値がある理由は、ただ神様が『価値がある』とおっしゃってくださるから、それしかない」!ということです。

 

 思えばかねてから、「価値が高い人」と「価値が無い人」という区別がある、という発想に何故かどうしようもない嫌悪感と行き過ぎた苛立ちを覚えていました。(「私は○○が優れているから価値があります」という雰囲気を出す人に対して「それ無い人のこと価値ないと思ってんのか」と心の中で怒る、みたいな。)ただ、価値の理由を説明することはできませんでした。そしてあの時、私たちに価値があるのは造り主である神様が「価値がある」とおっしゃって下さるからでしかない、それぐらい神様は圧倒的な存在なんだということを、言葉にするよりも先に思い知らされたんだと今は思います。

 

 「私たちの価値の理由は神様にある」というこのメッセージは、私にとってとんでもなく大きな恵みでした。まず、自分の価値を自分でつくらなくていいということは私を圧倒的に自由にしてくれました。良いことをしようとするとき、失敗がそんなに怖くない。役立てないときや評価されないときも、残念で辛いけど、全然怖くはありません。ありがたい…!また、自分以外の人の価値も神様という別次元で保障されているということも、無くてはならない恵みでした。恥ずかしいですが、「私は人が好きで、人の価値が分かっている。価値が無いとされる人たちの価値も見える」と昔は思っていました。

 

しかし数年前から、実は人好きでもないし「ケッ!」と思ってしまう人がいると思い知りました。私自身が、人を価値の高い低いで分けてしまう愚かさを持っている。そう気づいたとき、それを「間違っている」と止めて下さる神様の声は本当にありがたく、そして私が価値を見出せなくても関係ない圧倒的なところで人は大切なんだと決まっていて、私が人の価値を下げることは出来ない、ということは、神様の深い憐みであると知りました。私たちを「価値ある」と言ってくださる神様、変わってるなあと思いつつ、感謝でいっぱいです。私も神様と同じように考えられる様に変えられて行きたいなと思っています。

 

1 2 3 21