Mikage Shinai Christ Church

甲斐智教

2017年7月 「神様は日本と日本人を見捨てませんでした」

 御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 

 イエス様は弟子達に宣教命令を残しました。

「全世界に出て行って、全ての造られたもの(人)に福音を宣べ伝えよ。信じてバプテスマを受けるものは救われる。」マルコ16:15〜16

 この命令がアジアの最西端の日本に届くまでには、なんと1800年の年月が必要でした。それも地球の西回りをして届けられたのですから、奇跡と言うべきでしょう。神様は、日本を忘れてはいませんでした。

 江戸末期に神様は、欧米諸国のクリスチャン達に「日本人にキリストの福音を」届けようとの使命を与えてくれていました。しかし、当時の日本は鎖国の時代(1639年〜1853年)214年間でしたから自由に外国人が入国できる状態ではありませんでした。鎖国の時代は、キリスト教(切支丹・カトリック)に対する迫害は厳しく、「宗門改め」、「檀家制度」「五人組制度」などいろいろな、規制と監視があって、信仰の自由はありませんでした。

 時が来て1853年2月8日(嘉永6年)米国海軍軍人マシュー・ペリーが4隻からなる艦隊を率いて浦賀に来航して、日本に開国を迫りました。そして、1854年3月3日日米和親条約を結び正式に開国しました。しかし、開国の後も1873年(明治6年2月24日)まで「切支丹禁制」の高札は掲げられ、信教の自由は奪われ、恐怖政体の中にあったのです。

 しかし、この長い霊的暗黒の中でも神様は、日本を愛し、救霊の信仰と情熱を持った人々を起こしてくれていました。戦況の命令を受けた外国のクリスチャン達は、日本が開国するまでに様々の準備をしていてくれたのです。中でも、アジア人宣教に使命を持っていて、中国伝道に携わっていた、モラビィア兄弟団の指導を受けたドイツ人宣教師カール・ギュツラフです。彼は不思議な導きで、1832年ごろマカオで3人の日本人に出会いました。愛知県知多半島の鳥羽港の漂流漁民(音吉、岩吉、久吉)です。彼らの助けを受けて日本語を学び、「ヨハネ福音書」とヨハネ第一第二第三書簡」を和訳を(これば、プロテスタントの最古の和訳聖書です。)しました。これをシンガポールで出版しました。しかし、この聖書が日本人に届いたのは、1859年に米国長老教会の医療伝道宣教師ジェームス・カーチス・ヘボンが持って来るまで23年の年月がかかりました。

 さて、ヘボンも日本の人々を愛し、日本宣教に重荷を持つ一人でした。彼は、米国のプリンストン大学、ペンシルバニア大学医学部で医学博士の学位を取得し、豊かで平穏な生活を日本人戦況のために捧げ、米国長老教会の医療伝道宣教師(専門は脳外科)として来日しました。当時まだ、切支丹禁制の高札は撤去されていませんでした。公然と戦況活動することの困難な中、神様から頂いた知恵と導きで、彼が始めたことは、「医療活動」、「聖書の日本語訳」、「学校教育」=「ミッションスクール」、日本人クリスチャン指導者の養成」=「神学校」と「外国人宣教師の指導」でした。そして、後に続く人々の道備えをしてくれたのです。ちなみに「ヘボン式ローマ字」は彼の考案です。

 これらの二人だけではなくこの後も多くの宣教師達が日本宣教に福音の使者として来日してくれたのです。日本は神様に忘れられていません。神様に愛されている国です。

 私たちの責務は、キリスト様の福音を隣人に伝える事ですね。

2017年6月「あなたの本当の願い」

  『苦難にある者たちの告白』
~ニューヨークの病院の壁に書かれていた作者不明の詩~

大事を成そうとして力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く、従順であるようにと弱さを授かった

より偉大なことができるように健康を求めたのに
よりよきことができるようにと病弱を与えられた

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるように命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが願いはすべて聞きとどけられた

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた

私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されたのだ

 皆さんの願いは何でしょうか?欲しいと思う物、叶って欲しいと思う状況、なりたい自分・・・いろいろの願いがあると思います。叶えられない願いもたくさんあったとは思いますが、叶えられた経験もたくさんあったのではないでしょうか。叶えられた時は幸せを感じ天にまで上った気になるのはもちろんのことですね。でも、少し時間が過ぎるとその幸せな気分はどこかへ行ってしまい、虚しさが襲い自分の人生は何なのだろうと思う気持ちに苛まれた経験もないでしょうか。

 私たちはいろいろの願い事を持っています。でも本当に自分を幸せにしてくれる願い事を諦め、表面的な願い事が叶えられることだけを追い求めてはいないでしょうか。そのうちに本当の必要から出ている願いが何であったのかも忘れ、願ったことが叶えられ、でも忘れ、願って叶って忘れて、そして叶えられないことに対しての怒りを時々経験して・・・の繰り返しをしていませんか?それは皆さんの心の底にある諦め切った本当の願いがあるからではないでしょうか。小さかった時にしっかりと抱きしめてもらいたかったこと。いつも他人と比較して惨めに思っている自分に「誇りに思うよ」って言って欲しかったこと。自分を無視していつも喧嘩している両親を前に「私を見て」と言いたかったこと。人によってそれは様々です。でも、それは昔のことで今更願っても無駄と思い諦めていませんか?

 聖書の神様は目には見えませんが、時間や空間を超えて私達を愛し必要なことをしてくださいます。本当の願いを今してもその願いを聴き応えてくださる神様なのです。この病院の壁に思いを書いた方の祈りは多分表面的なものだったのでしょう。そしてその祈りは応えられなかったのでしょう。でも、時間が過ぎる中で本当の心の底にあった願いが叶えられたことを発見し、その方が自分を幸せにしてくれたと気づいたのだと思います。

 私たちはいくら表面的な祈りをして、それが叶えられたとしても本当の変わらない幸せを手にすることはできないのです。でも、恐れずに自分の本当の願いを神様にお伝えください。そして何によっても揺り動かされることのない幸せが時間や空間を超えて祈りに応えてくださる神様によって与えられることを経験できます。

 神様、この文章を読んだ方の蓋をしてきた本当の願いが何であるのかをその方に教えてください。そして、「私の本当の必要はこれです」とはっきり神様の前に言えるようにしてください。そして神様の愛から出るすばらしい応えを手にできるようにして下さい。

 イエス様の御名によってお祈りします。アーメン

2017年5月 「お菓子に誘われて・・・」

  御影神愛キリスト教会 会員 後藤 昌司

 わたしが神戸に来たのは、ほぼ50年前、小学1年生の時でした。
3人兄弟の末っ子であったわたしは、数回の引越しの影響からか、
周囲からどのように思われているかばかり気にしているような気の小さい子供だったように思います。

 そんなわたしが初めて教会に行ったのは中学生の時、入学してできた新しい友人の一人から「教会に来たら、お菓子もらえんでぇ〜!!」と誘われたのがきっかけで、日曜日に教会学校に通うようになりました。
お菓子も確かに魅力的でしたが、それよりも教会の方々(殆どが、おばちゃん!?)が、やたら明るいのが印象的なのと、
音楽が好きだったわたしにとって教会の方々と歌う賛美歌やコーラスの時間は、とても心地良いものでした。

 仕事一筋で家族を支えてくれていた父が、病気で入院したのはその頃でした。
中学生だった私にはよく分からなかったのですが、かなり深刻な状態で、
教会の方々は、そんな父の癒しのために祈ってくださいました。

そして、幾度かの手術も無事に終えて父が退院した頃には、母も教会に通うようになっていました。

 当時、教会は、木造の旧会堂から鉄骨造の新会堂(今でいう旧会堂)への建て替えを終えたばかりで、
建築関係の仕事に携わっていた父は、新しい建物を見学に行くという体で、母と一緒に礼拝に出席するようになったのです。

 高校生になっていたわたしは、友人たちと夏休みのキャンプに参加し、改めて十字架の意味を教えられました。
全宇宙を創造された神様が、このわたしのために、ひとり子を十字架につけられたのです。

 神様の愛を知ったわたしは、信仰を決心し、洗礼を受け、周囲からの視線も気にならなくなり、家族のためにも祈るようになりました。すると、二人の兄も教会に来るようになり、家族全員がクリスチャンになったのです。
イエス・キリストを心にお迎えしたわたしは、勉強を除けば何もかも面白く楽しい学生時代を過ごすことができました。

 ところが、社会人になったわたしに、想像したこともなかったことが起こりました。
病にあった父を祈りで支え、聞き分けのない(?)男の子3人を育ててきた母が体調の不良を訴えるようになったのです。
そんなある日、会社から帰った直後、父から「長くても半年・・・」と書かれたメモを手渡されました。
突然、信じられない通告を受けたわたしにできることは、「神様!父の病を癒されたように、母の病も癒してください!」と祈ることだけでした。そして母を先に天国に送ることになったのですが、そこにはわたしには分かり得ない神様のご計画があったのだと思います。

 その後、クリスチャンの良き伴侶と出会わせていただき、二人の子どもも与えられ、共に神様を礼拝しています。

 お菓子に誘われて教会に来て以来、色々なことがありましたが、ずっと神様に守られて来ました。これからも神様が準備されているすばらしい恵みに期待しつつ、今まで以上に神様を見上げて、歩んで行きたいと思っています。
「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」使徒行伝16章31節

2017年5月 本当の美しさ・かっこよさ

宝塚歌劇団には「ブスの25箇条」というものがあるそうです。
どんな内容かと言いますと
1.笑顔がない。

2.お礼を言わない。

3.おいしいと言わない。
4.精気がない。

5.自信がない。

6.グチをこぼす。

7.希望や信念がない。
8.いつも周囲が悪いと思っている。

9.自分がブスであることを知らない。
10.声が小さくいじけている。

11.何でもないことに傷つく。

12.他人に嫉妬する。
13.目が輝いていない。

14.いつも口がヘの字の形をしている。

15.責任転嫁がうまい。
16.他人をうらむ。

17.悲観的に物事を考える。

18.問題意識を持っていない。
19.他人につくさない。

20.他人を信じない。

21.人生においても仕事においても意欲がない。
22.謙虚さがなく傲慢である。

23.人のアドバイスや忠告を受け入れない。
24.自分が最も正しいと信じている。

25.存在自体が周りを暗くする。」というものです。
皆さんは、これを読んでみてどんな印象を受けられたでしょうか。

ここに書かれている内容のほとんどは外面的なことではなく、
内面的な事、心の在り方を言っていると思います。

宝塚歌劇団と言えば、一般には外面的な華やかさがあり、
外面的な美しさ、かっこよさが目立つのではないかと思います。

しかし、宝塚の皆さんが、大切にしておられるのは外面的な
華やかさの前に内面の美しさ、かっこよさを大切に考えておられることが、
この「ブスの25箇条」というものに現れていると思えるのです。

すなわち、本当の美しさ、かっこよさ、というのは、… Continue reading