Mikage Shinai Christ Church

教会だより

1 2 3 9

2017年9月 “神様との出会い”

御影神愛キリスト教会員 高倉 紀子

 私が初めて教会に行くきっかけとなったのは、高校2年生のときです。学校から帰ると、郵便ポストに、「中高生のつどい 6月1日(日)午後4時」と書かれてあるチラシと、当時、人気音楽グループ“ゴダイゴ”のメンバーであったスティーブ・フォックスさんのメッセージが入っていました。

その頃の私は、友人関係がうまくいかず、鬱(うつ)になっており、学校に行くのが嫌で仕方がありませんでした。音楽を聴くのが好きで、ラジオも勉強しながらよく聴いていました。朝5時過ぎから、ラジオ関西の“ルーテルアワー 心に光を”を時々聴いており、キリスト教に少し興味を持つようになっていました。

メッセージの中に「神様を信じることで、君の問題が解決できないほど複雑だと思い違いをしないでほしい。」

「イエスは言われた、『人にはそれはできないが、神には何でもできないことはない。』」マタイ19:26

この個所を読んで私は、神様を信じたら解決できるのかなと思い、すがる気持ちで教会へ行きました。しかし、初めてのところに一人で入るのはとても勇気がいります。

教会の入口に立っておられた一人の女性が声をかけてくださり、中へ連れて行ってくださいました。礼拝堂に入ると、二人の女性が暖かく迎えてくださいました。そのとき、ここは世の中とは、かけ離れた別世界に来たような印象を持ちました。

牧師先生のメッセージを聞いているうちに、今まで自分がしてきた良くない行い等が思い出され、涙が出てきて心から悔い改めました。信じると決心した人は前に出て来て下さいとの招きに、前に出て行き祈っていただきました。

それから毎週、日曜学校と礼拝に出席するようになり、その年の12月7日に洗礼を受けました。徐々に鬱も治り、友人関係も少しずつ回復していきました。

私の家は、先祖代々の仏壇があり仏教徒でした。洗礼を受ける時も相談せず、あとで報告すると反対はされませんでした。2年間通いましたが、人見知りする性格なので、中々馴染めず教会に行かなくなってしまいました。10年間、神様から離れていました。

その間、同居していた父方の祖母が亡くなり、仕事に行き詰まりを感じるようになっていた時、昔、教会に行っていたことを思い出し、再び教会へ行きました。イースターの日でしたが、今さら行っても入れてもらえるだろうかと不安でしたが、入口に日曜学校でお世話になっていた先生と同クラスだった女性の方が私に気付いてくださり、とても喜んでくださり、ほっとしました。

3年後、阪神淡路大震災に遭い、私の家は全壊し、家を再建する間、父の単身赴任先の高松に1ヶ月、借家の石橋で1年間暮らしました。偶然、高松も石橋も、家のそばに教会があり、礼拝に出席することができました。

昨年、父が亡くなりましたが、危篤状態になったとき、牧師先生や教会の方々に祈っていただき、私がイエス様のことを語ったところ、父がイエス様を信じる決心をしてこの世を去りました。母も礼拝に出席するようになり、いつかは弟家族も、神様のタイミングで救ってくださると信じ、祈り続けて行きます。

「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます。」
使徒行伝16:31

2017年8月  “Collateral Beauty 神様からの贈り物”

御影神愛キリスト教会 会員 中濱秀夫

 私は三度大きな喪失体験をしました。一度目は、22歳の時大きな失恋をしました。二度目は、36歳の時、妻を天国へ見送りました。三度目は、47歳のとき、再婚した妻を天国に見送りました。

この三度の喪失体験を通して、知ったことが二つあります。ひとつは、「決して悲しみに慣れることはない」ということ。もうひとつは、「しかしその悲しみからの回復の過程には大きな差がある」ということでした。悲しみに出会ったとき、「何故?」と問いかけます。人間の知恵によっては答えのないことを知っています。でも問いかけてしまいます。悲しみ、辛さが深すぎると、その時々に神様の与えてくださることを見逃してしまうようです。しかし、神様が差し出してくださったことをしっかり受け取ったとき、その後の歩みが変わってゆくことを知りました。

 一度目の失恋の時、イエス様とまだ出会っていませんでした。神様の愛、神様からの慰め、励まし、それらのことを知らずひたすら自分の力で堪えようとしました。様々なものでこころの空洞を埋めようともがいていました。

仕事、趣味、異性との交際。しかしそれらのもので満たされることは無く、長いトンネルの中を歩んでいました。二度目の時、夫婦でイエス様を信じ歩むものとなっていましたが、イエス様から頂いた救いの喜びをしっかり受け取れていませんでした。礼拝にも出席せず、教会を離れ生活していました。

そのような中で妻が倒れました。脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血でした。手術を行いましたが一度も意識が戻ることなく、脳死に至り天国に旅立ちました。

その過程で自分の中にある辛さや苦しさを解放してくれるものがないかと聖書の中に探し求めました。聖書のことばを味わうというようなものでなく、渇きを潤すものがないか、読みあさるというようなものでした。

倒れた日、妻あてに一通の便りがとどきました。教会を離れている私たちを気遣い教会のあるご婦人が下さったものでした。私はすがるような思いでその方に電話をしました。この事をきっかけに私たちのために祈ってくださり、励ましてくださる、先生方や兄弟姉妹のおられることを知ることになりました。

このお便りがなければ、私はもっと違った人生を歩んでいたかもしれません。このご婦人を通して神様が手を差し伸べてくださったことを知り感謝しました。

妻を天国へ見送り、8年過ぎた頃一人の女性と出会いました。信仰生活も10年を迎えようとした頃です。人生を共に歩むパートナーと考えていました。イエス様の救いを信じる者となって一緒に歩みたいと願い祈っていましたが、卵巣がんを患っていることがわかりました、二度の手術や抗がん剤の治療を受けましたが結果は思わしくありませんでした。闘病中にイエス様を信じ、結婚式の予定も立てていましたが、病気の進行が速く残された時間の少ないことを知りました。

淀川キリスト教病院のホスピスで結婚式を行い入籍し、結婚式から二日後に天国に旅たちました。実は、この女性は22歳の時失恋した相手です。

何故、今再び出会うのか、神様の想いを測りかねていました。また、病の事を知ったとき、あれから22年が経ち、今出会うことの意味を神様に問いました。私にとって、彼女にとってどういう意味があるのですかと。そして、彼女を妻として天国へ見送り、すべてのことを終えたとき、ひとつのことが心にとどまりました。「完結した」という思いです。

22年前、悲しみのなかで自分にできることがあればどんなことでもしたいと願ったことが、今、具体的なかたちで叶いました。この世での生活の最後を神様と共に見守るという役目でした。それが自分にとって最もふさわしい役目であり、最善のものであることを知り、心から感謝しました。神様が二人に与えてくださった、辛いけれど素晴らしい事でした。

先日、ある映画を観ました。日本での題名を「素晴らしきかな人生」、原題を「Collateral Beauty」と言います。Collateral Beautyという言葉を映画では「幸せのオマケ」と訳していました。「悲しみの中で添えて与えられる美しいこと」というような意味でしょうか。6歳の最愛の娘を脳腫瘍で亡くしたご夫婦の歩みを通して、Collateral Beautyを受け取った妻と、見逃した夫との対比が描かれていました。

私は、三度の経験を通して、確かに神様が与えて下さるCollateral Beautyがあることを知りました。神様が与えて下さる私への「贈り物」です。決してオマケなどではありません。そのような経験をしたものにしか受け取ることのできない、神様が特別に用意してくださった私のための「贈り物」です。

一度目はそのようなものがあることさえ知りませんでした。二度目はこの「贈り物」の存在を知り受け取ることができました。人を通して、聖書のことばを通して、神様が教えてくださいました。三度目はこの私に対する「贈り物」を、今この時にしか受け取れない「贈り物」としてしっかりと受け取ることができたと思います。悲しみの中にあっても、前向きに神様の想いを感じて歩むことができました。

神の愛は、闇のなかにも光のなかにも、私の悲しみのなかにも、喜びのなかにも存在していることを、そして神の愛なしには生きていけないことを知りました。三度目の経験を通して「完結した」との思いを受け取った私は、これからの人生は一人で歩むものと思っていました。

しかし、神様の計画は少し違っていたようです。それから7年後、54歳の時に、4人の家族が与えられました。妻と三人の子供たちです。一方的に神様が与えてくださった、素晴らしい「贈り物」です。全く考えてもみなかったことでしたが、神様が備えてくださる最善の「贈り物」を受け取ることができました。妻と二人で祈り、支え合って歩むことの素晴らしさを体験させていただいています。神様の恵みのなかを家族で歩むことのできる幸いを感謝しています。

今、悲しみのなか、辛さのなかを歩んでおられる方がいらっしゃいますか。是非知っていただきたいのです。あなたのことを理解し、愛してくださる神様が、今あなたのために、必要な「贈り物」を差し出してくださっていることを。その胸にしっかり受け取ってください。あなたへの神様からの贈り物を。

2017年7月 「家族の救いの恵み」

御影神愛キリスト教会 会員   横井 美子

 

『主イエスを信じなさい、そうすればあなたもあなたの家族も救われます。』
使徒の働き 16:31

 この御言葉通り、家族全員(両親と子供5人)救われました。約40年前の私の実家のことです。兄以外6人は、ある事から新興宗教に入信し、偶像礼拝をしていました。仏壇があり、集会もしていました。その中で兄はミッションスクールでの信仰により、偶像は信じられないと単身で暮らすようになりました。そしてその後、近くの教会を訪ね、御言葉に導かれ更に信仰が深まり、献身の決意が湧き関西聖書神学校へ入学しました。

 早朝の早天祈祷は家族の救いの祈りであり、4年間の卒業までに家族全員が救われるようにと大胆な祈りを捧げ、海外の神学校でも祈りの課題となるほどの、熱い祈りが続けられました。毎週の月曜の休みには、オートバイで実家に帰り、雨の日も雪の日も家族に伝道師が来ました。

ある時父は、キリストの話をするなら帰ってくるな!と怒る事もしばしばありました。しかし、兄は懲りずに熱心に語り、母も私も兄の変えられた人格、品性、真実な姿に信じたいと思いました。そして聖書を読み始めると、今までの宗教がご利益的で愛のない信仰で偽りだと分かり、家族も偶像から徐々に心が離れ、牧師夫妻の訪問や祈りによって教会に導かれるようになりました。各々にさまざまな導きがあり、1人1人の事を語ると止みません。

 4年間の間に家族それぞれが受洗へ導かれ、御言葉通り家族全員が救われました。その後、弟22歳で献身を決意し、妹も34歳で献身し、神学校へ行き現在も牧会者としてそれぞれの教会へ仕えています。その後それぞれに家屋が増え、集まると甥や姪、子供、孫たちが賛美を歌い、楽しいひと時となります。振り返ると、主が一人の兄を通して、偶像を拝み滅びへと向かっていた家族を救い出してくださった事、主の愛と哀れみに感謝が絶えません。

 私事に戻りますが、救われた家族の一員で、子供3人が与えられ信仰生活の中で、夫はなかなか信じられず、日曜日は独り寂しく留守番をしていました。はじめは反対者でありましたが、徐々に協力者となり、教会へも足をはこぶようになり、家庭集会、ついには礼拝へと導かれました。そして召される3年前に受洗へと導かれ、40年間大勢の方々の祈りに支えられました。主は見放さず待っておられ、心の戸を開いてくださったのです。

 2人の娘もそれぞれの教会へと導かれ、用いられています。未だに長男家族は求道中であり、遠方に住んでいる事もあり、祈り続けています。実家のように家族全員が救われますように祈り続けています。昨年5月に神戸へと移り住み、1年が過ぎました。御影神愛教会へと導かれた事は、主が備えてくださった恵みと感謝しています。今までにない多くの恵みを頂いています。ろう者の方々の姿から励ましを受け、手話を通して更に信仰に対する喜びが与えられています。命のある限り、私にできる主の喜ばれる道を歩めますようにと祈ります。

2017年5月 「お菓子に誘われて・・・」

  御影神愛キリスト教会 会員 後藤 昌司

 わたしが神戸に来たのは、ほぼ50年前、小学1年生の時でした。
3人兄弟の末っ子であったわたしは、数回の引越しの影響からか、
周囲からどのように思われているかばかり気にしているような気の小さい子供だったように思います。

 そんなわたしが初めて教会に行ったのは中学生の時、入学してできた新しい友人の一人から「教会に来たら、お菓子もらえんでぇ〜!!」と誘われたのがきっかけで、日曜日に教会学校に通うようになりました。
お菓子も確かに魅力的でしたが、それよりも教会の方々(殆どが、おばちゃん!?)が、やたら明るいのが印象的なのと、
音楽が好きだったわたしにとって教会の方々と歌う賛美歌やコーラスの時間は、とても心地良いものでした。

 仕事一筋で家族を支えてくれていた父が、病気で入院したのはその頃でした。
中学生だった私にはよく分からなかったのですが、かなり深刻な状態で、
教会の方々は、そんな父の癒しのために祈ってくださいました。

そして、幾度かの手術も無事に終えて父が退院した頃には、母も教会に通うようになっていました。

 当時、教会は、木造の旧会堂から鉄骨造の新会堂(今でいう旧会堂)への建て替えを終えたばかりで、
建築関係の仕事に携わっていた父は、新しい建物を見学に行くという体で、母と一緒に礼拝に出席するようになったのです。

 高校生になっていたわたしは、友人たちと夏休みのキャンプに参加し、改めて十字架の意味を教えられました。
全宇宙を創造された神様が、このわたしのために、ひとり子を十字架につけられたのです。

 神様の愛を知ったわたしは、信仰を決心し、洗礼を受け、周囲からの視線も気にならなくなり、家族のためにも祈るようになりました。すると、二人の兄も教会に来るようになり、家族全員がクリスチャンになったのです。
イエス・キリストを心にお迎えしたわたしは、勉強を除けば何もかも面白く楽しい学生時代を過ごすことができました。

 ところが、社会人になったわたしに、想像したこともなかったことが起こりました。
病にあった父を祈りで支え、聞き分けのない(?)男の子3人を育ててきた母が体調の不良を訴えるようになったのです。
そんなある日、会社から帰った直後、父から「長くても半年・・・」と書かれたメモを手渡されました。
突然、信じられない通告を受けたわたしにできることは、「神様!父の病を癒されたように、母の病も癒してください!」と祈ることだけでした。そして母を先に天国に送ることになったのですが、そこにはわたしには分かり得ない神様のご計画があったのだと思います。

 その後、クリスチャンの良き伴侶と出会わせていただき、二人の子どもも与えられ、共に神様を礼拝しています。

 お菓子に誘われて教会に来て以来、色々なことがありましたが、ずっと神様に守られて来ました。これからも神様が準備されているすばらしい恵みに期待しつつ、今まで以上に神様を見上げて、歩んで行きたいと思っています。
「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」使徒行伝16章31節

6月 人生のガイドブック

 

御影神愛キリスト教会 主任牧師 瀬古  慎二

 


昔から人生というものは、旅と例えられてきました。旅には楽しいこともありますし、不安になることもあります。それと同じように私たちの人生も楽しい時もあれば、先が見えずに不安になることもあるというわけです。

 ところで、旅をするときに、あれば助かるものと言ったらなんでしょうか。その一つにガイドブックというのがあります。特に初めて行く場所に旅行に行く時などにガイドブックがあると大変助かります。ガイドブックにはいろいろな情報が書かれています。景勝地の紹介、食事やアトラクションの情報、また困ったときの対処法等も載っていて、ガイドブックがあると知らない土地でも安心して旅を楽しむことが出来ます。大変便利で大いに助けになるものです。

 それでは、私たちの人生という旅についても考えてみたいのですが、人生という旅にもガイドブックがあると助かると思われないでしょうか。そんな便利な本があったら手元に置いておきたい、読んでみたいと思われないでしょうか。実は、そういう本があるのです。その本こそ聖書なのです。聖書には、私たちがどこから来て、どこに向かっているのか、また、人生において本当に価値あるものは何か、私たちはいったい何者であり生まれた目的は何なのか等、私たちの人生の旅に必要なことが全て書かれているのです。

 聖書の中に

「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」(詩篇119:105)

という言葉があります。神の御言葉(聖書)は、先行きの分からない私たちの人生を照らし導く光です、と言っているのです。すなわち、私たちの人生という旅をどのように歩めば良いかを教えてくれるガイドブックのようなものなのです。ぜひ、一度、聖書を手にされ読まれることをお勧めいたします。そして、あなたの人生がより良いもの、いのちに溢れたものとなりますよう祝福をお祈りいたします。

 

 

1 2 3 9