Mikage Shinai Christ Church

教会だより

1 2 3 21

2021年9月「預けられた命」

息子の渉が生まれた時の事を、お証しさせて頂きます。

 

渉は2021年5月9日で10歳になりました。その渉が生まれる前の年の2010年に、私は流産を経験しました。その頃の私はまだ洗礼を受けていなくて、日曜日の礼拝と、教会員のIさんの家での家庭集会に少し参加させて頂いていました。神様の事を少しずつ信じ始め、教会の居心地の良さと教会に集う方々との交わりの時間の楽しさを感じ始めていた矢先に、流産と言う悲しい出来事が自分の身に起きて、とても悲しくて仕方ありませんでした。お腹の中で亡くなった命は、まだまだ細胞と呼ばれるぐらいのとっても小さなものでしたが、私の心に空いた穴や悲しみはとっても大きなものとなってしまいました。

 

それに加えてその頃の私は、今では想像出来ませんが、パニック障害と言ううつ病の1つとされる精神的な病の中にあり、毎日睡眠導入剤や安定剤等、沢山のお薬を服用し心療内科に通う生活を6年間も続けていた中にありました。なので流産してしまった事も、お薬を飲み続けている自分のせいだと、自分の事を責めていました。そんな状態の中、流産の手術を2010年5月10日に行いました。

 

その後どれくらい日数が経ったか覚えていませんが、日曜日の礼拝に足を運んだ時、まだ知り合って半年も経たないIさんが、周りを気にする事なく一緒になって泣いて下さいました。その時私は、「教会ってこう言う場所なんだ」、「教会に来る人達はこう言う人達なんだ」と、漠然と神様の愛に触れられた気がしました。

 

そして博子先生に声をかけて頂き、求道者講座を受け、2010年7月25日に洗礼を受ける事が出来ました。その1ヶ月後、渉がお腹の中に宿った事が分かり、体調も安定して心療内科に通う事も、沢山のお薬を飲む事もなくなり、流産の手術をした翌年2011年5月9日、無事に渉が生まれて来てくれました。

 

後になって、流産の手術をした5月10日と渉が生まれた5月9日が1年越しですが1日違いである事に気付き、神様が全てを整えて下さって、私に「準備が整ったね」「この子をあなたに預けるよ」と、私に委ねて下さったんだと分かりました。

 

神様は時として、私が思う大切なものを取られ、恐れている事を現実の出来事として与えられます。でもそれは、私が何に執着しどこに弱さがあるかを気付かせて下さる過程に過ぎず、神様のご計画は失望に終わる事がないと言う約束の通り、その先に素晴らしい希望が待っているんだと経験する事が出来ました。流産や精神的な病の中ではなかなか気付く事が出来なかった事も、日々神様に心を合わせ信仰の歩みを進めて行く中で、必ず答えを頂けるんだと言う事も経験し、学ぶ事が出来ました。後は、自分を守る為だけの信仰に留まらず、その素晴らしい恵みを周りに伝え、沢山の魂が起こされる様に神様の御心を務めていく必要があると思わされます。

主に栄光をおかえしし、私のお証しとさせて頂きます。


 

2021年8月「結婚生活の証」

今日は僕たちの結婚生活のことをお話したいと思います。
箴言27:17 [鉄は鉄で研がれ、人はその友人の人格で研がれる(教会共同訳)]
箴言12:18 [あたかも剣で刺すかのように軽率に語るものがいる。知恵ある人の舌は癒やしを与える。]


この御言葉が本当に本当に真実だと、結婚生活を通して思うことができました。そのような証です。


恋愛や結婚生活の中で、仕事でもそうですが、神様がやっかいごとを用意してくれていて、それを乗り越えていく時に、新しいアイデア、考え方をくれるような気がします。新しいアイデアが与えられる時には毎回、目からウロコが落ちる気がします。そのようなアイデアによって僕は優しい人に変えられていっているなぁと感じています。それはつまり、友恵との結婚生活を通して、日々角が取れて優しくなれている気がするのです。昔と比べると、自分の中から焦りやイラつきが減っているのを感じます。


結婚した二人の間にある、様々な誤解は喧嘩に繋がります。またそれを「焦り」と「照れ」が加速させるのです。個人的にはこの二つが、多くのカップルの敵だと思っています。


これはある日の喧嘩の話。ある時、奥さんに「掃除をして」と頼まれて、僕が「嫌です」と断ったことから大喧嘩が始まりました。僕は掃除が嫌いなのです。ここで多くの人には引かれます(笑) 僕はそういった女性の頼みを断ってはいけない、怒らせてはいけない、と言うことが最近の男性の中で変な暗黙のルールみたいになっているのかもしれないと感じていました。

僕の中にも「絶対怒られる」と言う気持ちが出てきました。でも、我慢する事は結局ふたりのためにならないな、と結構勇気を出して断ったのです。我慢がつのると、奥さんへの愛に影響を及ぼす可能性がありますから、それでは本末転倒なので勇気を出したのです。感情は自分の支配下にはないですからね。


普段から「え~、別にそんなに汚れてないねんから汚れてから掃除すればいいやん」派の僕と、「できるときに掃除しておきたい」派の妻の対立はありました。長い長い話し合いを、何度も何度も繰り返し、最終的には僕の実家に泊まったときに朝の四時まで話し合い、戦いは終結しました。


解決に至らなかったとき、時間をおいてまた喧嘩するというのはオススメです。そしてその時のルールは「何度でも意見を変えていい」「前回言っていることと違うことを言ってもいい」としておくのです。そうすることで、何度でも話し合いをやり直せる、と言う安心感が得られるのです。僕は、一度言ったことを曲げるのはカッコ悪いというなんかよくわからないこだわりがあります。「男に二言はない」みたいな。それも割と無意識にその信念に持っています。やっかいです。なので、ちゃんと言葉にしてこれはOK、と言っておいたほうがいいなと思っています。


そして世紀の大発見をしたのです。「僕は掃除をしなくてもいい」タイプと僕自身のことを思ってたし、妻も思っていました。実はここに大きな誤解があったのです。僕の本心は、「自分の労力を使ってまでは掃除したくないけど、部屋が綺麗になる分には気分はいい」だったのです!!自覚はありませんでした。でも、こんな主張は許されないことだと思って無意識的に排除していたのだと思います。「ふざけるな!」って言われそうでそんなことは言えなかったのだと思います。だけど彼女はずっと、僕が「掃除をするなんて無駄だ」と思っていると思っていたので、彼女が掃除をするときも、「Hさんにとっては無駄なことをしているのかな。。」と寂しさを抱えながら掃除をしてくれていたのです。だから掃除を断られた時、余計にショックを受け怒りになったのです。


その誤解がまず明らかになりました。そして、彼女が画期的な解決法を思いつきました。それは、断るときに、「掃除についてはいいと思うけど、今はやる気が起きないからできない」と言ってくれたら嫌な気持ちがしない、と言うのです。これは目からウロコでした。もちろんこれは他の家庭に適応できる解決ではないと思います(笑) でも、彼女はその言い方だと自分がやってあげようと言う気になると言うのです。


驚く僕に妻は「だって、やりたくてもやる気が起こらないことはあるでしょう?」と、言ってくれました。「やる気が出ないからやらないなんて言ったら怒られるじゃないか!」と思っていた自分にここで気づきました。ここで「やるべきこと」への向き合い方にも違いがあることにも気づけました。僕はやるべきと思っていることをできるのにやらないなんてありえない!と思っていたのです。やるべきと思っている=やる、やらない=やるべきでないと思っている、と言う方程式が頭の中に勝手にあったのです。


ここに僕の傷があったのです。それは自分の怠惰な部分を憎む心です。そこがバレて怒られることにビクビクしていたのです。それを隠すために、掃除を無駄と言い張っていたのです。でも、この喧嘩を通して、やるべきと思っているけどやる気が出ないことは許されることだと知ったのです。ダメな自分でも嫌われないことを知ったのです。奥さんが「ダメなままでもいいよ。実はダメな事じゃないよ。」と教えてくれ、その傷が受け入れられ、癒されたのです。

このように自分でも気づいていなかった傷が表に現れてくる。夫婦生活における喧嘩はそんな役割があります。傷を認める事は、僕にとってめちゃくちゃ苦痛です。そもそも「そんな事ない!」って思っていることが多いです。プライドが高いので。でも共に祈り過ごす中で確実に表されていくのです。そしてその傷を認め、その傷が癒されていくとき、毎回感動します。二人で泣きながら祈ったこともあります。彼女に対して優しい僕でいられないとき、そこには傷があることが多いのです。


この喧嘩を経て、二人の喧嘩はめちゃくちゃ減りました。ちなみに掃除はだいぶ手伝うようになりました。喧嘩は大変だし疲れるけど、乗り越えた先に神様の計画があると思います。解ける誤解があり、気づく傷があります。その傷が癒されていく、良いコミュニケーションを通してそんな奇跡が起こるのです。

そんな結婚生活ができていることを日々神様に感謝です!
 

2021年8月初代教会のクリスチャンⅠ:バルナバ

                         御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

新約聖書の中には、12弟子をはじめ多くのクリスチャンの活躍が記録されています。成功や失敗の記録もありますが、今日はその中の一人で、私たち信徒の模範としたい人物を訪ねていきましょう。


今回は、バルナバについて学んでいきましょう。彼の本名はヨセフと言いますが、人々は本名ではなくあだなで「バルナバ」と呼んでいました。使徒行伝4:36には、「クプロ生れのレビ人で、使徒たちにバルナバ(「慰めの子」との意)と呼ばれていたヨセフは、」とあります。これは、彼の人柄をあらわす愛称でしょう。何と素晴らしい呼称でしょうか。

 

ここで彼の名は聖書に突然出て参りますが、彼がイエス様の福音をどこで聞き、誰に信仰に導かれたかは不明です。多分ペンテコステの日に、ペテロのメッセージを聞いて3000人ほどの人がクリスチャンになりました。その中の一人かも知れません(使徒2:41)そして彼は、生まれたばかりの小さいキリストの群れの一員として、無私の心で物心両面でクリスチャンを助ける人となったのです。

 

次に彼が聖書に登場するのは、使徒行伝の9章です。生まれたばかりの小さいクリスチャンの群れは、多くの厳しい迫害に遭いました。その迫害者の中心人物がユダヤ教パリサイ派の超過激派であったサウロ(後のパウロ)です。彼は各地でクリスチャンを殲滅することが神様への忠誠だと誤った確信をもっていたのです。だから彼は、シリアのダマスコのクリスチャンを迫害するために勇躍進んで出ていきました。しかし、人生の大転換が起こったのです。旅の途中で栄光のキリスト様にお会いして、大改心させられたのです。さらにダマスコのクリスチャン・アナニヤの執り成しの祈りをいただいて、立ち直ったばかりか、イエス・キリスト様から直接に大宣教者サウロとしての大任を授けられたのです。

 

その後、エルサレムのクリスチャンのところに行き、「自分も改心しクリスチャンになったので、仲間に入れて欲しい」と願い出たのですが信じてもらえませんでした。その時助け舟を出してくれたのがバルナバでした。エルサレム教会の人々は、「御霊と知恵と信仰に満ちたバルナバの推挙ならば間違いない」と信じてサウロを受け入れたのです。そして、歓迎されてクリスチャンたちの群れに参加できたのです。もしも、執り成し人バルナバが居なかったら、教会の歴史は変わっていたかも知れませんね(使徒9:26~30)

 

第三にバルナバは、ユダヤ人にも異邦人にも信頼され慧眼を持った霊的指導者でした。使徒11:19~30にステパノの殉教の後、エルサレムには迫害の嵐が吹き荒れました。しかし、この迫害は、イエス様の預言の成就の一歩になったのです。

 

「ただ、聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたしの証人となるであろう」。使徒1:8のイエス様の御言葉のとおりクリスチャンたちは、各地に福音宣教に出て行ったのです。しかし、彼らは迫害を受けるようになりました。そこで迫害から逃れるために、各地に逃れて行きました。そして、行く先々でイエス様の福音を語ったのです。ついに国内だけでなく世界宣教の第一歩となる外国シリヤのアンテオケまでも福音は運ばれ、その地に教会が生まれました。この都市は、アレキサンダー… Continue reading

2021年7月「一人も滅びることがないように」


御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古 慎二


皆さんは、「ノストラダムスの大予言」という本のことを聞いたことがあるでしょうか。これは、16世紀フランスの医師で占星術師のノストラダムスという人が人類の滅亡について予言した内容を紹介した本です。私が小学生ぐらいの時に流行った本だったと思いますので、おそらく私と同じ世代の方や、私より上の世代の方は、聞かれことがあるかと思います。


また、同じ頃「日本沈没」という小説が出版され、それが映画化、ドラマ化されました。子どもの頃の記憶をたどると何かその頃は、「終末」「世の終わり」というテーマが世の中を賑わしていたように思います。おそらく、いつの時代でも「世の終わり」というテーマは、人々の興味をそそるものではないかと思います。


では、実際「世の終わり」というのは、あるのでしょうか。そんなものは空想に過ぎないとやり過ごしても良いものなのでしょうか。


実は、聖書にも「世の終わり」の前兆について語られているところがあるのです。それがマタイ、マルコ、ルカ、という福音書に書かれているのですが、その前兆というのは、「にせキリストやにせ預言者が現れる、戦争や争いが起こる、ききんや大地震が起こる、疫病が流行る、人々の愛が冷えて不法がはびこる等である」と語られているのです。


この内容と今、私たちが生きている世界を見る時にこういった事が実際に起こっているのではないでしょうか。
本当に「世の終わり」があるとしたら、どうでしょうか。私たちには、その備えが出来ているでしょうか。また、たとえ今すぐにこの世の終わりが来なくても、私たち人間は誰もが、必ずこの世を去る時がやって来るものです。その時の備えはできているでしょうか。

聖書は言っています。「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世につかわされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。」(ヨハネ3:16~17)と。

「そのひとり子」というは、イエス・キリストのことです。そして「世」というは、私たち一人一人のことです。すなわち、イエス・キリストは、私たち人間を滅びから救い、永遠の命を与えるためにこの世に来て下さった、と言っているのです。このイエス・キリストを信じ受け入れるなら誰でも滅びることなく、永遠の命が与えられるのです。

たとえこの世が滅んでも、たとえ死を迎える時が来ても、イエス・キリストを信じる者は決して
滅びることなく永遠に神と共に生きる者とされるのです。ぜひ、イエス・キリストをあなたの個人的な救い主として信じ受け入れて頂きたいと願います。皆様の上に神様の平安と守りがありますようにお祈りしています。

1 2 3 21