Mikage Shinai Christ Church

教会だより

1 2 3 16

2020年7月「一枚のチラシから」

御影神愛キリスト教会員 Y

 私が御影神愛キリスト教会へ初めて足を踏み入れたのは、長年暮らしたアメリカから帰国したばかりの、4年前のバザーの時でした。実家のポストに、教会からのチラシが入っていたのです。教会のバザーはハズレがない!(特に教会員のお手製スイーツ)というのが私の持論なので、朝から張り切って教会へ出かけて行きました。きっかけは一枚のチラシでしたが、神様は確かに私をこの教会へと導いてくださいました。

 

一つ目は手話によって、です。以前から新しい言語を学習したいと考えていたのですが、教会の入り口に「手話勉強会」と書いてあるのを見た時、これだ!と思いました。そしてバザーの翌週から、木曜日の夜に手話を学ぶようになりました。手話の知識も全くない、見ず知らずの私を温かく迎え入れてくださった先生方には、心から感謝をしています。私の手話はなかなか上達しませんが、教会にはろう者の方々が多く、いつも忍耐強く接して下さいます。これからも、表情豊かに手話を使う努力を続けていきたいと思っています。

 

二つ目は聖書によって、です。私が一人アメリカを出発する当日、娘婿のご両親から日本語の聖書をもらいました。教会へ行く予定もないのに、なんで餞別が聖書?と思いました。でも、アメリカで日本語の聖書を探すのは大変だっただろうなあと思ったら、とても置いていけなくなり、機内持ち込み用カバンのチャックが壊れそうになりながら、重い聖書を突っ込みました。この聖書は口語訳のものでした。その後、それを持って私は日本でいくつかの教会をさまよいましたが、御影神愛キリスト教会以外に口語訳を使っているところに出会うことはなく、それも不思議でした。今は毎日聖書を読みますが、いつも知恵を与えられ世界のベストセラーたる所以を感じています。

 

三つ目は神の家族によって、です。神戸での生活にも慣れてきた頃、おごり高ぶった私は人間関係での悪い癖が出てきました。自由を履き違えた身勝手な行動や言動によって、周りの人を傷つけ、それはブーメランのようになって自分自身も切りつけました。幼い頃から私が最も恐怖を覚える「口論」が始まり、人は離れていき、孤独を感じ、精一杯強がっていた私も食事が取れないほど落ち込んでいきました。そんなダメダメな私と一緒に居てくれて、共に祈り、時に厳しく、でも見捨てず、具体的に手助けしてくれたのは、御影神愛キリスト教会の姉妹でした。この経験がなかったら、私は納得のいかない我慢をし続けて、神様を求めることもなかったと思います。

そんな私も受洗して早一年になります。今回は、私の大好きな聖句で締めくくりたいと思います。

神のなされることは皆その時にかなって美しい。 (伝道の書3:11)

2020年7月「見えないものに目をとめて 」

御影神愛キリスト教会 牧師  瀬古慎二 

 

 私たち、人間が生きていくために必要なものとは何でしょうか。食料や水、着る物や住居といった物質的な必要もあるでしょう。しかし、本当に人が人として生きていくためには、目には見えませんが、愛や希望といった欠かすことのできないものがあると思います。今回は、特に希望について考えてみたいと思います。私たち人間が生きていくためには、希望が必要である、というのは誰もが認めるところではないかと思います。しかし、この希望も何に信頼を置くかで大きく変わってくると思います。もし、不確かな、移り変わりやすいものに信頼を置いているなら、その希望もいつか失望に変わる可能性があるでしょう。私たちは、確かなもの、永遠に変わることのないものに信頼を置き、希望を見出す必要があると思います。

 

 皆さんは、「夜と霧」という本をご存知かと思います。この本は、ユダヤ人で精神科医であったビクトール・フランクルという方が、第二次世界大戦中にナチスの強制収容所で収容されていた時のことを書いたものです。彼が、強制収容所に収容されていた時、こんなことがあったそうです。それは、1944年12月のことです。クリスマスから新年に掛けての期間、収容所内で未だかつてないほどに大勢の死者が出たそうです。なぜ、そんなに大勢の人が亡くなったのでしょうか。その理由は、過酷な労働でも、飢餓でも、伝染病でもなかったそうです。ある時、どこからともなく「クリスマスには休暇が出て、家に帰ることができる。私たちは解放される。」といううわさが収容所内に拡がったのです。そのうわさを信じた人たちは、期待を胸にクリスマスを待ち望んでいたのです。しかし、その期待は見事に裏切られてしまいました。クリスマスに何も起きなかったのです。そして、うわさを信じていた人々は失望落胆し、力尽き、多くの死者を生むことになったのです。この話は人が生きるために希望がいかに必要であるかということを教えてくれます。それと同時に、不確かなものに信頼を置くなら、失望落胆する時がやって来るということも教えていると思います。

 

 私たちは、確かな変わることのないものに信頼を置き、希望を見出す必要あるのです。それでは、確かな希望を与えてくれるものとは何でしょうか。聖書は、こう言っています。

 

「わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。」(Ⅰコリント4:18) 

 

この見えないものというのは、神様のことです。神様は目には見えませんが、確かにおられて変わることなく、私たちを助け、励まし、最善の道へと導いて下さる方なのです。この神様に信頼を置く人は、決して希望が失望に終わることはないのです。

 フランクルの話にもどりますが、あの過酷な収容所で生き残った人たちがいます。その人たちの特徴は、感受性豊かな人たちであり、神様を信じ、神様に祈る人たちだったそうです。彼らは、収容所に入っても、その心の自由は奪われてはいませんでした。彼らは、神様に祈り、神様を礼拝する時に自由が与えられ、生きる力、希望が与えられていたというのです。

 

 どうが、皆さんも目には見えませんが、確かに生きて働いておられる神様を信じ、神様にある希望を受け取ってください。あなたの上に神様の限りない愛と恵みがありますよう祝福をお祈りしています。

2020年6月「放浪の果てに」

御影神愛キリスト教会員 I

 

 私が生まれ育ったこんな田舎の中学に、クリスチャンの同級生が3人もいました。キリスト教の清らかな印象に魅かれ、キャンプに誘われるまま参加したものの、いきなり何か違和感を覚え、皆が一斉に祈りだしたりすると、「うわっ、場違いな所に来てしまった」と思いました。一人で帰るに帰れず、苦しまぎれに「神様がもしおられるのなら、こんなヒネクレた私を救ってみて」と祈り(?)ました。悶々と一夜が明け、次の伝道集会のとき、十字架のメッセージがストレートに迫ってきて、涙が溢れました。ただの飾りと思っていた十字架は、こんな私の身代わりとなってイエス様が死んで下さった証しなのだと知らされました。昨日は抵抗があった招きに応え、担当の先生にも祈っていただき、「思い出す罪を神様に告白してみて」と言われた時、親に思いきり反抗していた事や、忘れていた小さな罪まで思い出され、泣きながら祈りました。夕立の後のように涙と共に全てが洗い流されたように心がスッキリし、後は嬉しくて嬉しくてたまらなくなりました。

ところが家に帰り母と顔を合わせるなり、「私、洗礼受けたい」と言うと「お前は何を言うとるんや」と怒鳴られてしまいました。父は母と仲が悪かったので、わかってくれるかと思ったら、二人して私を責めるのです。あげくは「教会の人に騙されとるんや。お前が断れんかったらお父さんが行ってやる」と、今にも怒鳴り込まれそうだったので、教会に迷惑がかかると思い、もうやめると約束しました。でも、こっそり教会に行った時には、牧師先生や友人達が熱心に祈ってくれました。

 高校で彼女達とは別々になり、次に親しくなった友人は何と新興宗教の熱心な信者で、キリスト教を猛アタックしてきました。私もその頃には神様から離れてしまっていたので、あの清い心はどこへやら、イヤな事を考えたりやっている私も、彼女が言う偽善者ではないかと思い、世の中や大人達の矛盾、「神がいるならなんで?」という疑問だらけになっていました。でも「あの時の感動」は何だったんだろうという思いが頭から離れず、あの様な体験が再びあれば神の許に帰れるのにと思い、短大も就職先もキリスト教主義を条件にしました。

家から早く離れたかった私は、理想的と思われた東京の保育園に就職したのですが、そこで徹底的につまずいてしまったのです。これがキリスト教なら、もうゴメンだ。神様なんか要らない!と、求めるのをやめました。神を否定してみるとむしろスッキリ!良心の呵責に悩まされる事なく自分の心に正直に…と、好きな事ができ自由になったと思う反面、自暴自棄になっていきました。

 

 放浪の末(話せば長いので省きますが、本当に不思議な事の連続で、様々な糸が繋がってたどり着いた場所で)、ある日、無神論の友人と話しているとまたクリスチャン批判になり、曰く、「処女降誕だの復活だの、まるでおとぎ話」「りんご1個採ったくらいで楽園を追い出す様なケチな神様なんて…。」等と話す内、あの人達はどう理屈をつけて信じてるんだろうと考えました。

丁度その頃、たった一人いたクリスチャンの友人を訪ねた時、私の事情など知らない筈なのに「聖書入門講座」を学ばないかと誘われたのです。一体どんな弁明をするのか確かめたいと思い、この時を逃がしたら、私は一生、聖書なんて開かないだろうと、変な確信すらありました。私はただ、話のネタを持って帰りたかっただけなのですが、私の疑問に対して逐一聖書を開き、「ここにこう書いてある」「これはこういう意味なんだよ」と、実に真正面から答えが返ってきてたじろぎました。次から次へと難題が解明され、この宇宙、全世界を造られ、人間を造られた神の書かれたこの聖書に、人生の答えも全てある事に気付かされました。しかしながら、神様を裏切り、否定までした私が本当に再び救われるのか、恐ろしくもあり、この期に及んでまた逃げる手段を模索するという有様でした。結局、神無き世界の空しさを思い知り、とうとう神様に全面降伏しました。神様は私を叱るどころか、詩編139篇を示され、私がどこへ逃げてもその所で私を守って下さり、戻る道を備えていて下さった事がわかったのです。限り無き神の愛と憐れみに、感謝せずにはおられません。

2020年6月「新しいこと 」

御影神愛キリスト教会 伝道師   瀬古博子

 

  見よ、わたしは新しい事をなす。やがてそれは起る、あなたがたはそれを知らないのか。わたしは荒野に道を設け、さばくに川を流れさせる。(イザヤ43:19)
 
 この教会だよりが皆さんの手元に届くころには緊急事態宣言が解除されているでしょうか。そう願いますが、ここ数か月、私たちは今まで経験したことのないようなことを経験させられました。

 私自身は病気のためにあまり外に出かけず、家にこもりっきりの生活をしていました。3月位からコンスタントに礼拝に出席し、4月位からは日曜日の午後の集まりに出て、等と計画を立てていましたが、3月の上旬には「リスクのある方は礼拝に来ないように」との教会方針となり、4月イースターからは「教会での礼拝はなくなりました、インターネットでどうぞ」という状態になりました。元気な方も家に居るようにという政府からのお達しの中で、生活が一変したのです。こんなことになるとは今年のお正月に誰が思っていたでしょうか。冒頭に挙げさせていただいた聖書の言葉は紀元前8世紀頃に書かれたイザヤ書からの抜粋であります。これは将来バビロン帝国が滅びることを預言して書かれているものではありますが、実はこれからの私たちが経験するであろうこととしても書かれているといわれているのです。

 ここに新しい事を神様がなされると書いてあります。新しい事とは心わくわくさせるものであり、期待感を生じさせます。内容は荒野に道を設け、さばくに川を流れさせるというのです。それでは荒野に道を設けるとはどういうことでしょうか。荒野とは砂漠と同じで岩や砂しかない不毛の地です。その不毛の地に道を設けるということはどういうことでしょうか。徐々に人の手で道を作っていくというより、一気に道が出来上がるという状況に思えます。その為に、今まで起こったことのないことが起こり、道が出来上がるのです。またさばくに川を流れさせるということもどういうことでしょうか。砂しかない場所にどこからか水の流れがやってきて、砂に吸収されることなく水が溜まり、流れとなっていくのです。この業は紅海を真っ二つに割って人を通らせるより、大きな奇跡でなければできることではないと、ある先生が言っておられたようですが、どちらも人の考えでは、また今までの常識ではありえないことが起こるというのです。

 そんなことが起こるはずがないと今までの私たちなら思っていたかも知れません。でも昨今、当たり前と思っていたことが当たり前でなくなり、起こってはおかしいことが起こることを経験している私たちにとってはあり得ると考えられるのではないでしょうか。

 これから神様が私たちに何をされようとしているのかは私にも皆さんにもわからないでしょう。でも、大きな御手をもって祝福を与えようとする時に、それを神様からの祝福と認識して、受け取りたいと思いませんか。ぜひ、心のチャンネルを神様に合わせて、新しい事がいつ来ても良いように準備しましょう。

2020年5月「いつまでも残るもの 」

御影神愛キリスト教会 牧師  瀬古 慎二

愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。愛はいつまでも絶えることがない。」

コリント人への第一の手紙13:4~8

 

  新型コロナウイルスの感染の拡大が始まって、2か月ほどになるでしょうか。多くの方々が不安や恐れの中にあることと思います。こういった状況になると、それぞれ人の持っているものが如実に露わになって来るものかと思わされます。先日、ある町で、家族の中でコロナに感染した人がいるというのが分かったため、その家族は町中の人から白い目で見られ、誹謗中傷を受けたそうです。確かに誰もが見えない恐怖に恐れを抱くのはわかります。しかし、コロナ以上に恐ろしいのは、そのような人の思いではないかと思わされます。

  しかし、また反対に良い心を持って生きる人もいます。このような状況の中にあっても、人への感謝、人への親切を忘れずに、人を励まし、支え合う人たちもいます。ある国での出来事ですが、病院で清掃のお仕事をされている方が、仕事を終えて帰宅すると、アパートの住人たちが、その方がフロアを一階上がるごとに、その方を拍手で迎えてくれたというのです。なんと心温まるお話でしょうか。

  私たちが、問題や恐れを乗り越える力、それは、互いに思いやる愛の力ではないでしょうか。私たちは自分のことばかりではなく、他の人のことを思いやる心、大切に思う心を忘れずに生きていきたいものです。そして、その愛の力を与えて下さる方こそ、神様なのです。なぜなら、「神は愛である。」(聖書)からです。私たちが、愛の源である神様を信じ、神様と共に生きるとき、神様からいただく愛によって、人々にも愛を分かち合うことができる人に変えられていくのです。神様を信じて歩んでいきましょう。そして、この困難を共に乗り越えていきましょう。

  皆様の上に神様の限りない愛と恵みがありますよう祝福をお祈りしています。

1 2 3 16