Mikage Shinai Christ Church

教会だより

1 2 3 11

2019年5月”信じる者とともに歩んでくださった方”

御影神愛キリスト教会員 中島 晴子

 

私が神さまを信じるようになったのは、大学卒業の直前に不思議な出来事を体験したことがきっかけでした。その時、神は目に見えなくとも絶対に存在すること、自分がこの方に従わなくてはならないということが強く私の心に刻みつけられたことを今でも覚えています。

大学卒業の折、私は当時泥沼の三大業界の一つと言われていた製薬業界を選びました。慣例が横行し、官民等の癒着の強く、規制が行き届かず法的にグレイゾーンの多い業界になぜ入ろうと思ったのか、自分でも分かりません。ただ自分は動物実験等をする研究業務よりも実務的な業務をこなしたいと思い、研究所ではなく臨床試験(患者の同意の上で行う薬の上市前の試験)を担当する開発部門を希望しました。後から聞いた話ですが、開発部門は仕事が厳しく、求められる職務の範囲が多岐に亘るため“戦場”と言われていたそうです。事実、ストレスの発散なしに仕事は続けられないというのがその部門の常識であり、飲酒、喫煙、多額の散財をしなかった私は「どうやったら精神的に健康で仕事が続けられるのか?」とよく尋ねられました。

私は20代後半から数年間、薬の試験立案に携わる機会が二度与えられました。周囲からは「責任の重い仕事をさせられ、projectの責任者にうまく利用されている」と言われましたが、自分はいつまでこの場所にいることを神に許されるか分からず、滅多に与えられない機会を捉える方がよいと考え、引き受けました。一つの試験で億単位の経費がかかる事実を知る中でも、神からの助けが与えられ、ストレスを殆ど感じることなく仕事をすることができました。

二度目の試験立案は初回の薬の申請に関わるものでしたが、薬の効き方の評価方法を決定する際、祈る中“この方法でするべき”という確信が与えられました。その評価方法を選んだことにつき、そのprojectのメンバー(殆どが先輩方でした)の全員から反対されたにもかかわらず、最終責任を負うprojectの責任者から「君がそう考えるのならその方法で行け」と言われ、私自身驚きました。しかし、数年後患者のエントリーを終え、試験終了後データを解析したところ、その評価方法を取っていなかったのなら試験は失敗しており、さらに数年かけて再試験をしなければならなかったという結果が出たそうです。私はその時にはその会社を退職していましたが、そのprojectのメンバーが「これは神か・・」とつぶやいていたと、人伝いに聞きました。

水を汲んだ僕が水をぶどう酒に変えた神の奇跡を見たように、困難が多い業界の中に置かれた私自身も様々な恵みを見ました。私が体験したことは世間一般が言う成功ではなく、汚れに染まりたくないと祈りつつ模索し、日々目の前の課題と格闘した現実です。そして、聖い神の前で世の問題に屈したくないという一人の切な願いが聞かれたことにより、自分自身の信仰が何よりも成長したと思わされます。

2019年4月”神様の導きのままに”

御影神愛キリスト教会員 財田 瑞穂

私が初めて聖書に出会ったのは、中高一貫のミッションスクールの入学時です。歌うことが好きだった私は、毎朝、チャペルでの朝拝で、讃美歌を歌うことが本当に楽しかったです。学校から推奨されて教会にも通い始めました。当時は、礼拝でいただくカードが楽しみで教会に通っていました。礼拝や、学校で聴く御言葉の時間はとても新鮮で心地よかったです。

高校を卒業後、上京して親元を離れ、音楽大学に進学し、聖書とは無縁の生活になりました。3年生の頃、下宿にやってきた大学生の青年に誘われ、あるキリスト教系の新興宗教に入信してしまいました。後で思えば、当時、常識を逸脱した動きをするその教団の情報も聞いていたと思います。しかし、当初、教祖も団体名も知らされず、言葉巧みに誘われ、世間知らずの私は、その大学生の「聖書の勉強を一緒にしませんか?」という久しぶりに聞いた『聖書』という言葉になつかしさを覚えたのか、ずるずると引き込まれていき、とうとう献身して教団の施設で生活するようになってしまったのです。何の疑問も覚えず、みるみるうちに洗脳され、喜々として活動するようになっていきました。そして家族や友人、恩師、お世話になった方々に大きな迷惑や心配をかけました。

大学4年生の夏、私がその新興宗教に入信したことを知った両親は、私の脱会に向けて動いてくれました。私は、洗脳され、入信してしまった若者を救い出す働きをしておられた牧師先生によってその教団を脱会することができました。先生は、聖書の御言葉から丁寧に間違いを解いてくださいました。私は、目から鱗が落ちるように急に視野が開け、その間違いに気づかされたのです。

その後、大学を卒業し、関西に戻った私は、小学校の音楽の教員となりました。御影神愛キリスト教会に導かれ、教会に通うようになりました。「あなた方が私を選んだのではない、私があなたを選んだのである。」(ヨハネによる福音書15:16)というみ言葉が心に響き、イエス・キリストを救い主と信じることができ、受洗しました。受洗までに私は大きな回り道をしたのかもしれませんが、神様は不思議な方法で私に信仰を与えてくださったのだと思います。

そのころ、職場で出会った現在の夫との交際も始まりました。交際を始めるにあたり、彼には、私が体験したこれまでのすべてを話しました。彼は黙って聞いてくれ、私を受け入れてくれました。『この人は神様が出会わせてくださった運命の人かもしれない!』と思いました。その彼と結婚し、3人の子どもが与えられました。受洗後、30年余りの年月が流れました。婚家は昔ながらの仏教の家で、義母は、古いしきたりを大事にする人でした。様々な困難なことが私を待ち受けていました。信仰を守っていくことの難しさを思い知らされた30年でもありました。夫は私が教会に行くことを許してくれましたが、義父母はあまり、良い顔はしません。そんな中、子どもたちを連れて教会に行くのもストレス、行かないのもストレスという大変苦しい日々を送りました。他にも、職場や地域での付き合いや行事、義母との関係で悩むこともたくさんありました。

聖書の中に出てくる種まきのたとえで、石地に蒔かれた種のように、自分の中に根がないので御言葉のために困難や迫害が起こってくると、すぐつまずいてしまう。まさにこの例えのような自分の弱さを実感し、不信仰な自分が情けなくなる日々でした。しかし、神様は、苦しい状況になった時、私を助けてくれる人と出会わせてくださいました。これまで、いろんな人に助けられてきました。「もうダメです、神様、助けてください!」と祈ると、何とか最悪の結果にはならず、救われてきたことを実感しています。これから、どのような人生を歩むことになるのか、私にはわかりませんが、祈りつつ、神様の導きを信じ、神様にゆだねて生きていきたいと思います。

2019年3月”神様の気持ち”

御影神愛キリスト教会員 後藤司

 

僕はクリスチャンホームに産まれました。物心ついた時から神様は一人、イエス様は自分の罪の為に十字架にかかって下さった、もう、それが「知識」として当たり前になっていました。  日曜日には教会に行く。両親の信仰生活についていくしかない幼い頃の僕は母親が日頃教会にいる事が多く、学校帰りには教会にまず寄って母親がいるかを確認してから自宅へ帰ったり、色んな聖会についていき色んなところで色んなメッセージを聞いたりと、生活の基準は神様となっていました。小学6年生になると信仰決心をし、洗礼を授かります。

 

ただ中学になり部活動が始まり、今までの生活の基準が神様から来ている事に不満を抱き始め、いつしか人の目を気にして教会にはいくものの嫌々になってしまっていました。キャンプに参加できた時は満たされて自分の罪を悔い改めるも、帰ってきてはまた元の生活にもどってしまう。高校に入ると素行の悪さは半端な物じゃ無くなってしまい、自分の生活は罪にまみれていました。

 

家族を泣かす事はもう日常茶飯事でした。教会ではそんな自分を覆い隠し、神様は見抜いているとわかっていながら、神様に心の底からではなく適当に悔い改め「これで神様は許してくれるな」「神様は僕を愛してくれてるからな」「神様は何をしても許してくれるし、後で悔い改めよー」「そもそも神様ってイエス様をわざわざ十字架にかけて僕の罪を許してくれたって言うけど、そんなん、神様やねんから罪なんか十字架かからんでも許してくれたらいいやん。全能の神ゆうてんのに、なんか恩着せがましいなぁ」と屁理屈の塊の様な人間になっていました。  

 

生活はますます乱れ、一見周りからは人生を楽しんでるように見えて僕の心に本当の満たしはなくいつもどこか悲しさと苦しみがありました。そして周りの人を傷つけ、自分自身も傷つけられては神様に文句を言うどうしようもない人間でした。ただ神様はそんな僕を見捨てずまだ愛して下さり許して下さっていて2つの事を教えられ、僕の心を変えて下さいました。  

 

まず1つ目は、「神さまの気持ち」です。僕の中で神様は愛してくれている罪をおかしても許してくれる、という事しか頭にありませんでした。気付かされた事、それは神様は僕が罪をおかすたびに涙を流して悲しんでいる。悲しみながらも罪を許してくれているという事です。僕はそれに気づいていませんでした。神様にも感情があるという事、そこに僕は気づいてなかったんです。  

 

そして、2つ目は、「十字架のもう1つの意味」です。十字架にイエス様がかからなければいけなかったのは、罪は償わなければならない物だから、そこで神様が罪をなあなあにして少しの罪でも許してしまうと義の神ではなくなってしまう神の義から反してしまう。だからひとり子のイエス様を涙を流しながら、僕の為にイエス様は苦しみながらも十字架にかかって下さった。それに気付かされて本当に自分の今までの罪を悔やみ、大きな神様からの愛に気付き、本当の悔い改めをしました。そして「知識」ではなく心から神様を信じたいと思い、今はまだまだ未熟なクリスチャンですが今は自分自身教会にいきたい!神様と関わりたい!神様の為にできることなら喜んで御奉仕したい!と思える様になりました。  この様に神様のしてくださったことを語る場を与えてくださった神様に感謝します。

2019年2月”神様との出会い”

“困難からの解放” 御影神愛キリスト教会客員 大森弘子

 私がイエス様を信じて救われたのは40歳の時でした。それまで約10年間、教会の兄姉から福音による、天国と地獄、そして病の癒しや証し、奇跡などについて話をしてくれましたが、その時は聞き流していました。地獄といえば罪人、例えば殺人や嘘つき、行いの悪い人が死の地獄へ行く恐れがあるのだろうか?と思っていました。しかし私のお爺さんやお婆さん、そして伯母さんの死に顔は安らかでしたので、きっと天国へ行っているのかな?と思いました。

 ある伝道集会が二日間にわたって行われ、教会の兄姉から誘っていただき、夫と一緒に参加しました。病の癒しや奇跡が起こったことなどを初めて見聞きしました。その後、イエス様を信じたい人は手を上げなさいと言われ、夫はなんとなく信じたいと思い、その場に立ちましたが、私はずいぶん迷いましたが、夫に従うべきだと思い立ちました。杉本牧師からイエス様を信じますかと言われたのでびっくりして、「はい、信じます」と言ってしまいました。心の中ではまだ本当に受け入れられなくて悩んでいたのですが、毎週日曜日には教会へ行くようになりました。 

 神の愛や十字架の愛、そして復活というお話を聞き、本当にイエス様を信じる決心をし、洗礼を受けました。私の罪は神に背いていたことでした。その後の信仰生活の中で、恵まれたことや悩むこと、夫から精神的な病のために叩かれたり、いろいろなことがありました。教会を離れていた夫が交通事故のために入院してしまった時、「僕が悪かった。ごめんなさい。」と言って再び信仰を持つようになりました。そうした時、また誤嚥性肺炎のために入院をし、そして天に召されました(2013年5月30日)。天に召される最期の時は「ありがとう」と言いながら神様の守りの中でとても安らかでした。振り返ってみると、本当に辛かったけれども、今は解放されて平安の中で、どんなことがあってもイエスキリストと共にあり、日々楽しく過ごしています。 

“ 望みをいだいて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい   ローマ12:12

2018年7月”神様との出会い”

“東南アジアにいのちの水を届ける” 御影神愛キリスト教会客員 古澤あかり

 
「アジア人になろう」それがすべての始まりでした。新卒で入った会社を1年でやめ、転職活動真っ最中のことでした。新しい仕事を探すために無我夢中で転職サイトを見ていました。しかし、なかなかピンとくる仕事が見つからない。焦燥感に駆られ、スーツ姿のサラリーマンを見ては、自分は仕事をしていないのだという罪悪感に苛まれていました。

 もともと英語が得意だったので漠然と海外の仕事がしたいと考えていました。「アジア人になろう」今まで想像もしなかったキーワードに強く心が惹かれました。

 学生時代は北海道で獣医関係の勉強をしていました。世界中から留学生が来ていたのですが、特に多かったのが東南アジアの留学生。私にとって彼らはとても身近な存在でした。学生時代の前半、教養科目で歴史を勉強する中で日本が戦時中にアジアに対して犯してきた数多くの過ちを知り、さらに交友関係で大きな挫折を経験。自分が日本人であることに罪悪感を覚え、日本人であることを受け入れられず、ひたすら英語を勉強して英語をしゃべることで、自分が日本人であることを忘れようとしていました。

そんな私に日本の良さを教えてくれたのはアジアの仲間でした。アジア人として、いつか恩返しがしたい。そんな気持ちが私の心の奥底に眠っていたのだと思います

『先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。』(イザヤ43:18-19)


 今まで何があったかではなくて、これから神様が何をしてくださろうとしているのか。前の仕事のこと、学生時代のトラウマ…etc。解決していない問題が山積していましたが、一旦それらを脇に置いて。新しい仕事、新しい職場、新しい仲間がすでに与えられていると信じて、これからのことのために祈り始めました。

 それから難なく最終面接まですすみ、ここだ!と確信を得たものの思わぬ事態が…。私の希望する部に女性社員を採用するのは会社始まって以来のことだったらしく、待ったがかかったのです。「苦労してやっとやりたい仕事が見つかったのに。私、なんで女なんかに生まれたんだろう。今さら性別も変更できないし。」ぶつけようのない怒りでいっぱいでした。

気晴らしに映画でもと考え、赤毛のアンを観に行きました。働き手として男の子を養子にしたいと考えていたマリラ。しかし、実際に来たのは女の子のアン。うわぁ~最悪!とアンに冷たく接していたマリラが、最後の最後にはアンをかけがえのない家族の一員として受け入れる。すばらしいストーリーでした!元気が出てきたところで、気を取り直してまた祈り始めました。

そして祈り続けてようやく、2017年6月24日。道が開かれて、新しいスタートを切ることができました。あれからもう1年も経つなんて信じられません。

 今は営業担当国がラオス、台湾、中国、フィリピン、マレーシア。インフラの海外営業のだけあって国際協力の仕事に携わる機会が多いです。特にラオスに力を入れています。ラオスはあまりなじみのない方も多いと思うので、ちょっとここで紹介しておきます。

ラオスはアジアの内陸国で、タイ、ベトナム、中国、ミャンマー、カンボジアの5カ国に囲まれています。ラオスの経済成長率は年7%。日本は1%なので、かなりの成長スピードです。人口は649万人ほど。2015年に日本と国交60周年を迎えています。一番多いのはラオ族ですが、49からなる多民族国家です。目まぐるしい経済成長を続けているものの、都市部と農村部の格差が広がっており、農村部ではインフラが追いついていないのが現状です。

女性や子どもたちが水汲みのため過度に労力が費やされているので、少しでもそういった方々の負担を軽減できるようサポートしていきたいです。特にラオスの未来を担う子どもたちの力になりたいと思って、日々仕事に励んでいます。

『この水を飲む者はだれでも、また渇くであろう。しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、渇くことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。』(ヨハネ4:13-14)


 東南アジアに水を届けるだけでなく、いのちの水を届けられるようになりたい。この1年を振り返ると、みんなに水を届けるには、まず自分自身がしっかり神様の愛を受け取っていくことが大切なのだと実感しました。干からびているスポンジから、なんとかして水を絞り出そうとしてしまいがちな自分の姿に気づかされました。これから蒸し暑い日が続きますが、喉が渇いたなぁと感じたときは水分補給ももちろんですが、しっかりと神様の愛を充電するのを忘れないようにしたいと思います!

1 2 3 11