Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

1 2 3 14

人生最大の仕事って?

御影神愛キリスト教会 教会員N姉

先日、こんな言葉を読みました。北海道の牧師先生の説教集のようなものですが、その中に三浦綾子さんの言葉が引用されていました。『クリスチャン作家であった三浦綾子さんは、「私には死ぬという仕事がある」と言われていました。その死ぬという仕事のなかに「心を尽くしてすべてのことを感謝する」という仕事があると思います。死を前にして、自分にかかわるすべてのことについて感謝することは大いなる仕事です。「自分が生きている」ひとつのしるしは「感謝できない」ということにあります。反対に、「自分に死んでいる」しるしは、すべてを感謝することができるということです。自分の死を意識したとき、感謝できることはなんと麗しいことでしょうか。その仕事は普段の日々においてもなされるべきだと思います。』と書かれていました。


 これを読んで、一年半前に天に帰られた博子先生が病床で、「神様、感謝します」と何度も言われていたことを思い出しました。自分、自分ではなく、自分に死に、神様にあらゆることを感謝するとき、本当の意味で生き生きと生きることができ、変な言い方ですが、立派に死ねるのだと思いました。


 数ヶ月前に、私は胸が苦しく息苦しくなったので、24時間心電図を撮るという機械をつけました。結果は不整脈であることが分かったのですが、それよりも驚いたのは、心臓はなんと24時間で約10万回鼓動を打っているということでした。不整脈が分かったことより、その数に驚きでした!!それも私が寝ている時でも、心臓は動いているんです。当たり前のことですが、心臓も休みたいよ、と言って休んだら、それは私が死ぬ時です。他の臓器なら、胃を休めてあげようとか目を休めてあげようとか、マッサージまでしてあげたり…。でも心臓こそ目に見えないところで休むこともなく、こんなに働いてくれていたのか、もっと感謝しないといけないな!と思わされました。


 「昼も夜も私が寝ている時も私を守り、いつも共にいてくださる神様に感謝だわ」と言うと、ある姉妹に「心臓と一緒ですね」と言われて「ほんとだわ!」となったのですが…ということは、神様がもういいわ!この子はあかんわ、と私のことを諦めたり見捨てたりしたら、私は霊的にですが、死ぬってことになる…心臓と一緒ということだと気づかされました。でも神様は私たちを決して見捨てることはないのです。こんな詩篇の言葉があります。


「 主はあなたの足の動かされるのをゆるされない。あなたを守る者はまどろむことがない。 見よ、イスラエルを守る者はまどろむこともなく、眠ることもない。 主はあなたを守る者、主はあなたの右の手をおおう陰である。」
                          … Continue reading

まばたきの詩人

御影神愛キリスト教会 ろう者伝道師 小笠原和枝


水野源三さんは、重度の障害を負いながら4冊の素晴らしい詩集(ポエム)や讃美歌などを残した奇跡の詩人です。1937年、長野県埴科郡坂城町に生まれた水野源三さんは、小学校では算数が良くできる子で、放課後は千曲川で魚を取ったり、裏山をかけ回ったりと元気な少年でした。ところが、小学校で集団赤痢が発生したのです。小学4年生の源三さんは、弟さんと共に赤痢にかかり、弟は治ったのですが、本人は42度の高熱が続き、脳性麻痺で手足の自由とことばを奪われてしまいました。


12歳の頃、一時的に片言を話せる時期がありましたが、口に出ることばは絶望的に「死ぬ、死ぬ」と言うだけでした。そのようなある日、偶然家を訪れたキリスト教の牧師が水野さんのためにと、一冊の聖書を置いていきました。自分ではめくることもできない聖書の1ページ1ページを、お母さんが仕事のパンをこねながら、走ってきてはページをめくったのでした。聖書を読み、牧師の導きで、イエス・キリストの救いを知った水野さんの心に、真実に愛されているという実感が湧き上がってきました。そして「死ぬ」ということばは、いつしか水野さんを優しく生かす神様への感謝へと変わっていったのです。


悩み苦しんでいる人々を、愛して下さる神様がいる!人間の罪を取り除き、神の子とするために、神が人となり、この世に来て下さり、私のために十字架上で死んで下さった!神様、ありがとうございます!


やがて、水野さんは18歳となった頃から心の中の感謝を詩に書き始めました。それはお母さんとの二人三脚でした。お母さんが「あいうえお」の50音表を発音する中で、書きとめ、最後に文章全体を読んでみて、OKなら水野さんが大きくまばたき、うなずいて完成です。心に詩や歌が泉のように湧き、母と子は文字を捜し、作品を次々と生んでいったのです。

水野さんにとって、詩作は神への讃美に他ならなかったのです。周りのごく普通の出来事を詠んでも、自然の美しさに心動かされても、すべて創造主なる神をほめたたえることが生きる目的となりました。その頃に作った詩に「悲しみよ」があります。

素晴らしい詩、讃美などをたくさん書かれ、クリスチャンはもとより多くの方々へ感動を与えられています。水野さんの人生に神様の希望の光が、力強さが、愛があふれています。私たちもまた、新たに生かされてあふれる讃美の喜び、恵み、希望、愛に満たされて歩んでいきましょう。


「患難は忍耐を生み出し、忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。そして、希望は失望に終わることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからである。」 ローマ人への手紙5章3~5節

「神は愛なり」

御影神愛キリスト教会員 T姉


私は3姉妹の長女として生まれ、御影の地で育った現在68歳です。幼い頃から家庭内に暗雲が・・・。それは働き者で真面目な父ですが、酒癖が悪く度々暴れる事でした。いつも助けに入ってくれた隣のおばさんがクリスチャンでした。私達に教会学校へ行く事をすすめて下さいました。私が10歳、妹8歳と4歳と共に教会学校へ行く事にしました。赤い三角屋根の上に十字架のある2階建ての教会です。そこは、別世界でした。オルガンの音、讃美歌、聖書のお話し、優しい杉本牧師先生、笑顔でオルガンを弾き美しい声で歌われる満子先生、教会学校の先生方は親しく話しかけて下さり、次第に心が楽になっていきました。礼拝堂の正面には〝神は愛なり〝と筆文字の書が掛けられています。とても印象的でした。


高校生になると教会学校のお手伝いをするようになります。私は幼児クラスでSさんから学び、指導して頂きました。その幼児クラスの生徒として瀬古慎二先生もいました。3歳位でチョロチョロしてかわいい男の子でしたよ。礼拝出席する中で、「主イエスを信じいなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と御言葉が心に響きました。神様は私も父母も妹も救って下さるのだ! 素直に「はい、信じます。」と信仰告白をして17歳の春に住吉川上流で、杉本先生から洗礼を授けていただきました。その年は大阪万博が開催されており教会には、ろう者が導かれ手話の学びも始まりました。

やがて妹も洗礼を受け、ピアノ伴奏や歌のご奉仕に用いられ共に神の教会に在る事を感謝する日々でした。その後、神様の導きによりTさんと結婚、その年母が洗礼を受けました。私達には息子と娘が与えられそれぞれ成長し、自分の意思で信仰告白をして、洗礼を授けていただきました。そして、父は病床の中、神様を信じて天に帰りました。感謝するばかりです。

1つの奇跡をお話します。私の両親と同居する事になってから、色々な問題が起きた時、母と共に祈る時が多くなりました。ある朝の事、洗濯機がガタガタジャンプして止まったのです。これまでも何度か同じ事があって、母と洗濯機に手を置いて祈りました。でも、今日は動きません。今すぐ新しい洗濯機を買うことも出来ません。あ~あ。その日の午後、主人がトラックに荷物を積んで帰って来て「おーい、これいるかー?!」「何?」見ると大型の洗濯機ではありませんか。別に乾燥機まで。私達には贅沢な品物です。母と2人歓びがあふれ、神様ありがとう、そして主を賛美しました。

♪主の山に備えあり全ては主のみ手に必要の全てを主は満たしてくれる~♪ アーメン。

今も神様の不思議な業は続いています。

恵みに感謝して

 御影神愛キリスト教会員  I 姉

1932年生まれの私(現在89歳)が信仰を与えられた動機をお証し致します。
御影の山手に住んでおりました叔母の信仰によって導かれ、私たち(姉と私)は父なる神、イエス・キリスト、聖霊なる神を知り受け入れました。
 私の実家は代々、神社・仏閣の建築に携わる家として縁の神社にお参りし、毎朝神棚に手を合わせて祈る生活をしておりました。しかし、神様の憐れみにより、生ける真の神、天地万物を造り全てを支配しておられる全能の神様に見出され、主の贖いの業により新しい声明を与えられ、神を愛する者と変えられ、日々新たにされて生かされております。ただただ感謝致しております。 
 私が洗礼を受けましたのは、昭和24年です。京都の故U先生により授けられました。
 御影神愛キリスト教会の起源は、昭和23年に宣教師が叔母の家に寄留され、家庭集会を始められた事に由来します。その後、場所を購入されて、東灘神愛基督教会が発足し、現在の御影神愛キリスト教会へと繋がっております。教会の歴史は記念誌に詳しく書かれています。先人の労苦と涙の祈りによって、70有余年の素晴らしい教会へと成長しました。これは神様がなされた業であり、唯々栄光を神様にお返し致します。
 現在の私は、介護付き有料老人ホームで生活しております。2年前までは自宅から毎週礼拝に参加しておりました。しかし、入所半年目にコロナが発生し、自由に行動することが出来なくなりました。閉塞的な環境の中でも主がともにいて下さり、感謝の日々を送っております。昨年11月からやっと15分間の面会が許可されましたが、オミクロン株の急激な増加で、人々との繋がりが断たれようとしています。
 人間の弱さを嘲笑う悪魔の働きに対抗して立ち上がりましょう。私がこの環境の中で思わされる事は、世界に真の平和・平等・平安・自由・信仰・希望・愛が満ち溢れることです。未だ救いに与(あずか)っていない世界中の人々のために祈ることが、私たちクリスチャンに与えられた責務です。
 私の信仰生活の中で神様が常に共にいて、正しい道に導いて下さったことを感謝し、お証しと致します。教会員の皆さまのお祈りに御礼申し上げます。

“栄光在主“ 詩篇136:1-9、23-26
 主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。(1節) 

2021年10月「向こうにあるもの」   瀬古慎二

先月の9月24日で、家内が召されて一年になります。正直、長い一年だったと感じています。でも、神様と皆さんの愛と励ましを頂いてこの一年を乗り越えて来られたことを本当に感謝しています。

 家内が召されていろいろなことを教えられ、学ばされているのですが、その中でも特に強く確信させられていることがあります。それは、「人は必ず死ぬ」ということと「天国はある」ということです。

 「人は必ず死ぬ」ということは、誰もが分かっていることだと思います。でも「死」ということをいつも意識して生きている人は少ないのではないかと思います。正直、私もその一人だったと思います。もちろん頭では分かっていましたし、多くの方々の死にも立ち会って来ました。でも本当の意味で「死」ということを理解していなかったように思います。しかし、家内が召されてからは、「死」がもっと身近なものに感じられるようになり、また、よく考えるようになったと思います。

 そして「死」ということを考える時に、もう一つ考えることは、「死」の向こうにあるものです。「死」の向こうには何があるのでしょうか。それは、「天国」です。「天国」というと子供向けのおとぎ話のように思われるかも知れません。しかし、聖書は、確かに「天国」はある、と語っています。私も家内が召された時に自然と確信できたこと、それは「博子は、今、天国に帰って神様と共にいる。」ということでした。この確信が、私にとってどれほど大きな慰めと希望になったか知れません。そして、この一年の間も、よく天国について考えるようになりました。

 聖書を通して語られている「天国」、それは、この世とは比べることが出来ないほど素晴らしいところです。この世には、嘆きや苦しみ、争いや悲劇、欺きや怒り、そして死があります。しかし、天国には、愛、喜び、平和、命があふれているのです。本当にこの世とは比べられないほどに素晴らしい世界なのです。

「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである。」    ヨハネの黙示録21:3~4

 それでは、どのようにしたら天国に行くことができるのでしょうか。それは、ただ主イエスを救い主として信じるだけで良いと聖書は言っています。「罪の支払う報酬は死である。しかし神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスにおける永遠のいのちである。」               ローマ人への手紙6:23

私たち人間は、必ず死にます。でも、死んだ後、天国に行ける確信があるとしたら素晴らしいと思われないでしょうか。ぜひ、あなたもイエス・キリストを信じて天国に行ける確信をもって頂きたいと願います。

1 2 3 14