Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

1 2 3 9

2019年9月「福音の愛」

御影神愛キリスト教会員  武 敏

 
 私が神様と出会ったのは2008年の冬でした。主人の浮気と暴力が原因で夫婦喧嘩が多く、私の心身の状態も悪く、自殺したいと何度も思っていました。でも娘の姿をみると生きるべきと思い、いつも死にたい、でも生きていくべきと二つの思いがいつも頭の中で戦っている状態でした。

そんな私の悩みを神戸に住んでいたクリスチャン友人に相談しました。そうしたら友人が「私を信用してくれるなら一緒に教会に行きませんか。イエス様はきっとあなたを救ってくれます。」と言ってくれました。それで2008年11月、初めて教会へ行きました。礼拝中、賛美歌を聞いた瞬間に涙が出て止まりませんでした。

 

伝道師の先生が「イチジクの木に花は咲かず、ブドウの枝は実を付けず、オリーブは収穫の期待を裏切り、田畑は食物を生ぜず、羊はおりから絶たれ、牛舎には牛がいなくなる。しかし、わたしは主によって喜び、わが救いの神のゆえに踊る。」とハバクク書3章17~18節のみ言葉のメッセージをされました。その後、私の心が少しずつ開いていきました。

どんな辛い事でも乗り越えるしかありません。私は一人じゃない、自分の力は弱いけれど、神様は私を見守ってくれるし、教会の姉妹たちもいるし、家族のみんなもいるからと、困難と戦う決心ができました。その3か月後、中国で私は洗礼を受けました。

 

主人との離婚後、教会の伝道師の先生の紹介で、「神戸子ども総合学院」の保育養成学校の入学試験を受けることとなり、神様のお陰で試験に合格することができました。試験の当日、私の日本語が片言だったので合格できるかの自信を持っていたわけではありません。とても不安でした。でも、学校の校長と担任の先生は私を信じて下さり、開校初めての外国人学生として合格して入学することができるようになりました。本当に不思議なことであると思いました。すべての栄光は神様のものです。

 

入学した学校で、御影神愛キリスト教会の教会員であるI先生と出会いました。当時、学校でお世話になっていた伝道師の先生は他の教会に行かれ、新しい伝道師の先生は受け入れがたい言葉を投げかけ悲しい状態でいました。礼拝へ行きたくなくなり、神様はどんな道に私を導こうとしているのかわからなく、泣きながら祈っている時でありました。

 

ある日、学校の歌の先生であるI先生はクラスに入って、御影神愛キリスト教会のクリスマス会のパンフレットを配ったのでした。パンフレットを見ると、なんと家の近くの教会であることがわかり、すぐに「先生、行きたいです。」と先生に告げ、2014年のクリスマス会の時に初めてこの教会に行きました。どんな時もいつでも神様は私を守ってくださっているのだと感じました。Ⅱコリント12章9節「すると主はわたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」とあります。キリストの力が私のうちに宿るように大いに喜んで自分の弱さを誇れるようになりました。

 

2年間の勉強の後に、保育士の資格を取ることができ、無事に学校を卒業して現在保育士として保育園で働いています。娘も元気に美容専門学校に通っています。以前、お祈りの時に「神様はなぜ、私に辛いことを与えるの?私は我慢できない。死にたい。」といろいろ文句を言っていました。でも今はわかります。全ての困難は神様が私に送って下さったプレゼントなのです。神様からのプレゼントの包装はとても粗末に思えますが、包装を解くと中には宝石より貴重な宝物が入っているのです。昔、苦痛と試練の中で弱かった私は少しずつ成長し、心からの愛を込めて感謝の気持ちを持ちながら神様へ祈りと賛美を捧げています。

 

「あなたのみ言葉はわたしの道の光、わたしの歩みを照らす灯」(詩編119:105)

2019年7月 「人と同じでなくても」

御影神愛キリスト教会員  稲葉ひかり

 

 私はクリスチャンの両親のもとに生まれました。生まれた時から教会へ通い、たくさん聖書の御言葉を聞き、神様がおられると信じ、天国と地獄があると信じていました。そして自分がいつか死んでも天国に行けると信じていたのに、親はクリスチャンなので天国へ行けるが、私は教会へ行っていてもクリスチャンではないので天国へ行けないと知り、ショックを受けたのを覚えています。

中学生になり、日曜も教会優先にと言われ、友達と同じ部活に入れなかった事から少しずつ自分に自信を失うようになりました。他にも日曜の友達の誘いに行けなかったりなどいろいろあり、また私は双子だったので当時比べる人も多く、外へ出るのもつらくなりました。

そんな中、教会の同世代の友達が皆、洗礼準備クラスを受けることになり、私も一緒に受け、中学二年生のクリスマスに洗礼を受けました。そして中学三年生になり、高校受験を控え、私は双子で同じ学校を選ぶことがこわくなっていました。でも別の学校にして比べられるのもこわく八方塞がりと感じて泣きました。その時にスッと「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」という御言葉を思い出しました。

前から知っている御言葉でしたがこんな事は初めてでした。急に人の目が気にならなくなる感じがして、人と同じでなくて良い、神様の目にはそんな風に映っていないとスッと思えました。親も何も通さず初めて神様とつながった気がしました。それまでの私はざっくりと神様がおられると知っている、という感じの信仰でした。神様と私の間に個人的な関係があるとか、神様が私のために特別に働かれるとか考えた事はなく神様の前にいる大勢の一人のように思っていました。それは信じますと言いながら、目の前のことや人の目に右往左往し一人で悩んだり喜んだりし、神様を神様としていない不信仰の罪だと気付かされました。

それ以降も私は山あり谷ありのクリスチャンで神様から離れかけたり、クリスチャンとして生きようとすると難しいことも多くありました。今は神様と一緒に生きようと思うと安心できるようになりました。また礼拝のメッセージの中でクリスチャンは目立たず地味におとなしくしないで、神様によって輝いて生きていこうという言葉に励まされています。人と同じである必要はない、だけでなく失敗も含め、神様によって私らしく輝いて生きる姿を子供たちに見せていけたらと願っています。

2019年6月”神様にしか埋めることのできない空洞”

御影神愛キリスト教会員  大野 裕美子

 

私は、小学校低学年の頃日曜学校へ通っていましたが、高学年になる頃には、教会へ行かなくなりました。高校生になった頃から、自分が何のために生きているのか?とても疑問に思い始め、何が正しくて何が間違っているのかなど考え始めたら、全く答えも出ず、楽しいことを探し求めたのですが、何をしても満足することもなく、だんだん生きていくのが空しくなってきました。

その頃、ゴダイゴのファンだった私は、コンサートのステージの上から「どうぞ教会へ行って下さい。」といつもスティーブフォックスさんが言っていた事が、とても心に残り、もし、この空しさが無くなり、苦しみから解放されて、人生の目的を知ることができるのであればと思い、再び教会へ通い始めました。

初めは、なかなか神様を信じることが出来ず、何度も神様に、人の考えでは絶対に無理なことを祈りました。しかし、神様はその都度、不思議な方法で祈りに答え、神様の存在を示して下さいました。

人の心の中には神様にしか埋めることのできない空洞があると言われます。今では、この空洞が埋められ、神様から生きる喜びが与えられ、日々感謝しながら生かされています。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。」
テサロニケ人への第一の手紙 5:16~18

2018年12月”放蕩息子の話の続き”

御影神愛キリスト教会員 松田 光

 

主の御名を賛美します。お話をさせて頂くにあたり、はじめに自己紹介を兼ねて過去を振り返りたいと思います。僕はこの教会の牧師の孫として生まれ、この教会の方々に愛され支えられ祈られて育ちました。 小学生の頃から、教会の方により、ピアノや音楽の楽しさ、素晴らしさを、時に優しく、時に優しく(笑)、本当に深い愛を持って教えて頂き、拙いものでありながらも、聖歌隊の伴奏や教会学校での奏楽の奉仕に携わっていました。

 

  その後もどんどん音楽が好きになり、高校・大学と教会外でもバンド活動をしていました。そうした中で全国規模で活動するバンドに加入することとなり、次第に教会に通うことも難しくなりました。大学を卒業した後もフリーターをしながら活動を続け、気付けばそのバンドに加入し7年の月日が経っていました。そのような不安定な状況にあってもずっと連れ添ってくれた今の妻と結婚したい思いが与えられ、そのバンドから脱退することを決めました。気付けば20代も終わりを迎え、定職もなく、貯金などはもちろんなく、結婚をしたいとはいえ入籍する程度のつもりでしか考えていませんでした。

 

  しかし神様の導きと皆様が尽力して下さったおかげで、当教会で素晴らしい盛大な結婚式を挙げさせて頂きました。そしてその1年後、第一子がこの世に生を受けました。バンド脱退を決めてから就職・結婚・出産と自分自身が追いつけない程の怒濤の勢いで事が進み、やっと落ち着いてきた先日、妻と話している際に、「こんなにたくさんのものが与えられ幸せな生活が出来るようになるなんて、バンドやってた頃は思いもせんかったなぁ…」と思い、小さい頃から沢山の方々に祈られ支えられている事、また自分自身が神様の大いなる愛を受け、守られている事を実感し、それを素直に妻に分かち合うことができました。生まれてきた子どもには、神様と離れず一緒に過ごす人生であってほしいという思いを込めて、「御子と共に歩む人生であるように」“みこと”という名前をつけました。

  そしてそんな出戻りのような僕が今回のクリスマスキャンドルライトサービスで、音楽プロデューサーという役割を任せて頂くことになりました。実は先述したバンドに加入するにあたり、瀬古先生に相談した事がありました。その時、牧師先生は「あきらはそのバンド活動で得た経験や、見たもの、感じたものをきっと教会に帰ってきて活かしてくれると信じてるよ。だから頑張ってね!」と背中を押してくれました。そこから10年経った今、クリスマスの音楽担当の話を頂いた時、これか!と神様の導きを強く感じました。

 

   長くなりましたが、自分勝手にしたいようにしてきただけの放蕩息子さながらの僕の人生が至る所で繋がり、それらを用いて神様のお役に立てる喜びを心から感謝し、その全てが偉大な神様の導きであると確信しています。この先も自分の人生を通して神様の栄光を顕していきたいと思っています。
 
さぁ!クリスマス、ラストスパートです!
皆さんで祈り一丸となって最高のものを神様に捧げていきたいと思っていますので、
ぜひ来てください!

2018年11月”神様と人とに仕える者に”

 御影神愛キリスト教会員 成田 恵

 

私は牧師の家庭に生まれ教会で育ちました。幼い頃からイエス様をずっと信じていました。学生時代は子供の頃から好きな音楽を神様に用いていただけるようにと願っていましたが、音楽の仕事を始めると忙しくなり、仕事中心の生活をしていました。

そんな日々の中で夫となる人と出会い、当時は、学生の時には友達に誘われて教会に行っていたと話していたし、礼拝などにも出席してくれていました。義理の母もその頃は教会からは離れていましたがクリスチャンではありました。ですので彼はきっとすぐにクリスチャンになるだろうと簡単に思い込んでいたのです。今でもまだクリスチャンではないのですが…。

結婚後、夫は仕事が徐々に忙しくなり、朝早く家を出て深夜まで帰ってこない、子育てや相談事にものってくれる時間がない、そのうち息子は「中二病」と言われる状態になり、手を焼き、学校でも問題行動でたびたび私も呼び出されるようになり、私の子育てのせいだと言われたり、夫と気持ちがすれ違ってきた事に気づきました。

この頃に教会で「ファイアーストーム」という映画を観て、映画の中で使われている「夫婦の危機を救う40日プラン」という本を買って読み、聖書を土台にしたプログラムを1つずつ実践してみる事にしました。いくつか読んで実行すると自己中心的な自分や相手に対する思いやりのなさにどんどん気づかされ、実行してみることにしました。今までのことを反省して、最初はギクシャクしましたが徐々に関係が回復しました。

プログラムの中に1日ごとに添えてある聖書のみ言葉の1つを抜粋します。「互に情深く、
あわれみ深い者となり、神がキリストにあってあなたがたをゆるして下さったように、あなたがたも互にゆるし合いなさい。」エペソ人への手紙 4:32

その後、息子も夫と同じ道に進み、能楽師として歩み出していますが、夫と息子が神様のもとに導かれることは私の日々の祈りです。神様を信じていればそれで良いのではなく、問題に出会い、神様に助けを求め祈る事で、周りの状況ではなく自分が変えられるのです。これからますます日々祈り、み言葉により教えられながら、家族に仕えまた人にも仕える者となりたいと願っています。

1 2 3 9