Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

1 2 3 11

2020年7月「一枚のチラシから」

御影神愛キリスト教会員 Y

 私が御影神愛キリスト教会へ初めて足を踏み入れたのは、長年暮らしたアメリカから帰国したばかりの、4年前のバザーの時でした。実家のポストに、教会からのチラシが入っていたのです。教会のバザーはハズレがない!(特に教会員のお手製スイーツ)というのが私の持論なので、朝から張り切って教会へ出かけて行きました。きっかけは一枚のチラシでしたが、神様は確かに私をこの教会へと導いてくださいました。

 

一つ目は手話によって、です。以前から新しい言語を学習したいと考えていたのですが、教会の入り口に「手話勉強会」と書いてあるのを見た時、これだ!と思いました。そしてバザーの翌週から、木曜日の夜に手話を学ぶようになりました。手話の知識も全くない、見ず知らずの私を温かく迎え入れてくださった先生方には、心から感謝をしています。私の手話はなかなか上達しませんが、教会にはろう者の方々が多く、いつも忍耐強く接して下さいます。これからも、表情豊かに手話を使う努力を続けていきたいと思っています。

 

二つ目は聖書によって、です。私が一人アメリカを出発する当日、娘婿のご両親から日本語の聖書をもらいました。教会へ行く予定もないのに、なんで餞別が聖書?と思いました。でも、アメリカで日本語の聖書を探すのは大変だっただろうなあと思ったら、とても置いていけなくなり、機内持ち込み用カバンのチャックが壊れそうになりながら、重い聖書を突っ込みました。この聖書は口語訳のものでした。その後、それを持って私は日本でいくつかの教会をさまよいましたが、御影神愛キリスト教会以外に口語訳を使っているところに出会うことはなく、それも不思議でした。今は毎日聖書を読みますが、いつも知恵を与えられ世界のベストセラーたる所以を感じています。

 

三つ目は神の家族によって、です。神戸での生活にも慣れてきた頃、おごり高ぶった私は人間関係での悪い癖が出てきました。自由を履き違えた身勝手な行動や言動によって、周りの人を傷つけ、それはブーメランのようになって自分自身も切りつけました。幼い頃から私が最も恐怖を覚える「口論」が始まり、人は離れていき、孤独を感じ、精一杯強がっていた私も食事が取れないほど落ち込んでいきました。そんなダメダメな私と一緒に居てくれて、共に祈り、時に厳しく、でも見捨てず、具体的に手助けしてくれたのは、御影神愛キリスト教会の姉妹でした。この経験がなかったら、私は納得のいかない我慢をし続けて、神様を求めることもなかったと思います。

そんな私も受洗して早一年になります。今回は、私の大好きな聖句で締めくくりたいと思います。

神のなされることは皆その時にかなって美しい。 (伝道の書3:11)

2020年6月「放浪の果てに」

御影神愛キリスト教会員 I

 

 私が生まれ育ったこんな田舎の中学に、クリスチャンの同級生が3人もいました。キリスト教の清らかな印象に魅かれ、キャンプに誘われるまま参加したものの、いきなり何か違和感を覚え、皆が一斉に祈りだしたりすると、「うわっ、場違いな所に来てしまった」と思いました。一人で帰るに帰れず、苦しまぎれに「神様がもしおられるのなら、こんなヒネクレた私を救ってみて」と祈り(?)ました。悶々と一夜が明け、次の伝道集会のとき、十字架のメッセージがストレートに迫ってきて、涙が溢れました。ただの飾りと思っていた十字架は、こんな私の身代わりとなってイエス様が死んで下さった証しなのだと知らされました。昨日は抵抗があった招きに応え、担当の先生にも祈っていただき、「思い出す罪を神様に告白してみて」と言われた時、親に思いきり反抗していた事や、忘れていた小さな罪まで思い出され、泣きながら祈りました。夕立の後のように涙と共に全てが洗い流されたように心がスッキリし、後は嬉しくて嬉しくてたまらなくなりました。

ところが家に帰り母と顔を合わせるなり、「私、洗礼受けたい」と言うと「お前は何を言うとるんや」と怒鳴られてしまいました。父は母と仲が悪かったので、わかってくれるかと思ったら、二人して私を責めるのです。あげくは「教会の人に騙されとるんや。お前が断れんかったらお父さんが行ってやる」と、今にも怒鳴り込まれそうだったので、教会に迷惑がかかると思い、もうやめると約束しました。でも、こっそり教会に行った時には、牧師先生や友人達が熱心に祈ってくれました。

 高校で彼女達とは別々になり、次に親しくなった友人は何と新興宗教の熱心な信者で、キリスト教を猛アタックしてきました。私もその頃には神様から離れてしまっていたので、あの清い心はどこへやら、イヤな事を考えたりやっている私も、彼女が言う偽善者ではないかと思い、世の中や大人達の矛盾、「神がいるならなんで?」という疑問だらけになっていました。でも「あの時の感動」は何だったんだろうという思いが頭から離れず、あの様な体験が再びあれば神の許に帰れるのにと思い、短大も就職先もキリスト教主義を条件にしました。

家から早く離れたかった私は、理想的と思われた東京の保育園に就職したのですが、そこで徹底的につまずいてしまったのです。これがキリスト教なら、もうゴメンだ。神様なんか要らない!と、求めるのをやめました。神を否定してみるとむしろスッキリ!良心の呵責に悩まされる事なく自分の心に正直に…と、好きな事ができ自由になったと思う反面、自暴自棄になっていきました。

 

 放浪の末(話せば長いので省きますが、本当に不思議な事の連続で、様々な糸が繋がってたどり着いた場所で)、ある日、無神論の友人と話しているとまたクリスチャン批判になり、曰く、「処女降誕だの復活だの、まるでおとぎ話」「りんご1個採ったくらいで楽園を追い出す様なケチな神様なんて…。」等と話す内、あの人達はどう理屈をつけて信じてるんだろうと考えました。

丁度その頃、たった一人いたクリスチャンの友人を訪ねた時、私の事情など知らない筈なのに「聖書入門講座」を学ばないかと誘われたのです。一体どんな弁明をするのか確かめたいと思い、この時を逃がしたら、私は一生、聖書なんて開かないだろうと、変な確信すらありました。私はただ、話のネタを持って帰りたかっただけなのですが、私の疑問に対して逐一聖書を開き、「ここにこう書いてある」「これはこういう意味なんだよ」と、実に真正面から答えが返ってきてたじろぎました。次から次へと難題が解明され、この宇宙、全世界を造られ、人間を造られた神の書かれたこの聖書に、人生の答えも全てある事に気付かされました。しかしながら、神様を裏切り、否定までした私が本当に再び救われるのか、恐ろしくもあり、この期に及んでまた逃げる手段を模索するという有様でした。結局、神無き世界の空しさを思い知り、とうとう神様に全面降伏しました。神様は私を叱るどころか、詩編139篇を示され、私がどこへ逃げてもその所で私を守って下さり、戻る道を備えていて下さった事がわかったのです。限り無き神の愛と憐れみに、感謝せずにはおられません。

2020年5月「夫を失った私を守って下さった神様」

御影神愛キリスト教会員 K

 結婚して12年目に夫が交通事故により他界しました。それがイエス様を信じるきっかけとなりました。それまでの私は、生まれつきの聴覚障害者でしたが、負けず嫌いで、我慢強い性格であったせいか、色々な問題や悩みがあっても、努力したり我慢したりして解決したつもりで、神様を信じようとは思いませんでした。ところが、いつものように元気に車を運転して仕事に出かけた夫が、夜遅く帰る途中、突然の交通事故であっという間にいなくなったので、悪夢を見ているのか、喧嘩ばかりしていた私のせいでこんな事になったのかと思ったりして、恐ろしくてたまりませんでした。多くの友達に慰められたけど、一人になると涙が出て、とても辛かった。その時の息子は、まだ9歳で小学3年生でした。一人息子なので、私一人で育てていけるか、将来はどうなるか、非行に走らないかなど、次から次へ心配事が湧いてきて不安でたまりませんでした。

 そんな時に、クリスチャンの友達に誘われて教会へ行くようになりました。聖書のみことばに、

「主を信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」

使徒16:31

とあったので、神様にすがりたい気持ちになりました。そして一年後の夏に洗礼を受けました。それからもう33年・・・その33年間を振り返ってみると、本当に波乱万丈、色々な事がありました。交通事故、詐欺被害、転職、引越し、会社での人間関係等、色々なトラブルがあり、困難で苦しかったことが何度もありました。しかし、神様にお祈りすると、その度に助けられ解決していったのです。

その2つをお話しさせていただきたいと思います。

(1) 詐欺の事:夫が亡くなった後、知らないヤクザっぽい男性三人が突然家に来られ、亡夫に貸した500万円を返せと借用書を出してしつこく脅かされた事があったので、本当か?と亡夫の友達に確認に行ったり警察に助けを求めたりしたけど、解決出来ず困りました。教会の先生に相談して、紹介して下さった弁護士さんのアドバイスにより、無事に損害もなく解決出来たのです。助かった、詐欺の恐怖から守られたと安堵しました。

(2) 就職の事:昔から障害者だから事務職は無理だと言われましたが、夢に見ていた一流建築会社になんと入社出来たことに、驚きと喜びも忘れられませんでした。人間関係や仕事の厳しさなど色々の苦労もあったけど、何とか定年退職まで続ける事が出来ました。いつもお祈りして神様に聞いていただいて守られたのだと感じました。

「あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。」

コリント第一10:13

 大きくなった息子も、高校一年の時に洗礼を受けました。今は、神様から与えられた賜り物をいかした仕事に就き、6年前に独立、デザイン事務所を設立して頑張っています。それから息子の妻も、結婚する前に神様を信じて洗礼を受けました。私の良き話し相手になってくれています。
 イエス様のお陰で、今も心は平安です。いつも神様に感謝しています。ハレルヤ!

2020年4月「神様のご計画」

御影神愛キリスト教会員 下田政子

  1983年のある日、会社の帰りバイクで阪神住吉駅付近まで来た時、御影神愛キリスト教会婦人部主催の「米子さん」という映画の看板が目にとまりました。少し前、当時、鳥取県米子に在住の甥から「米子さん」の小さな冊子を送って来ていて読んでいたのです。その時、初めて家の近くに教会がある事を知ったのです。

映画会は午前中で、当日、会社を抜け出して映画を観に行きました。そしてその夜、早速、甥に米子さんの映画を観に行った事を手紙に書き知らせました。甥は非常に喜んで、それ以降、いろいろな御言葉が書かれた絵葉書を送ってくれました。このように神様は不思議な出来事を体験させて下さるお方です。もし米子さんの冊子が届いていなかったら、また婦人部の特伝の映画がなかったら、御影の教会を知る事もなかったのです。

その後、受洗講座を受け、洗礼式には甥と婚約者が来る事になっていましたが、教会の都合で早くなり、それは叶いませんでした。ですから、その一週間後、二人と共に教会の礼拝に行き、礼拝後、杉本牧師夫妻、甥、婚約者、瀬古さんと一緒に玄関で写真撮影し、良い記念写真となりました。

甥の証しとなりますが、甥は鳥取大医学部5年生の冬のクリスマス・イブの日、たまたま散歩道にあった福音ルーテル教会を訪れ、翌年4月19日のイースター礼拝の日に受洗、その後、家族と親族の救いの為に祈っていましたので、感謝なことに主はまず最初に叔母の私を信仰に導いて下さいました。私は幼い頃から甥を可愛がっていたのでとても嬉しく思いました。その後、甥の妹二人も救われました。彼は鳥取の病院に勤務して4年程経った頃に、キリスト教主義の病院で働きたいという思いが湧いてきて、祈っていたところ、沖縄の親友から来ないかと声がかかり、沖縄の琉球大学の精神科医局に入局し、研修を受けた後、医療法人葦の会オリブ山病院に就職しました。その病院は職員の40%がクリスチャンとの事でした。何年か後、鎌倉に移住し日本基督教団鎌倉雪ノ下教会客員として、奥さんは子供から手が離れ小説を書いています。その中の一冊に「勝海舟とキリスト教」があり、その他もすべて福音関係の小説です。叔母として大変誇りです。

そんな中、旧会堂の頃には毎月、杉本牧師先生より会堂前に貼り出す御言葉を聞き、筆で書いていました。私にとっていろいろな面で勉強になりましたので、最後に一言、心から感謝させて頂きます。

私の好きな御言葉 「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。」 

2020年3月「自分の弱さを愛すること」

御影神愛キリスト教会員 久保祐輝

「生まれることはできなかったけど、祐輝には双子の兄弟がいたんだよ」

 おぼろげではありますが、物心が付いた頃にそう親から教わった事を、僕は覚えています。それを聞いた当時の僕は、その事実の裏にあったであろう大人達の悲しみや、悔しさの思いを想像する力もなく、「そうなんだ、会ってみたかったな」といった感想を抱くことしか出来ませんでした。しかし、クリスチャンの家庭に生まれ、教会で聖書の教えに触れていた僕は、神様とそのご計画の存在を知ると共に、こういう疑問を持つようになりました。どうして神様は僕を選んで下さったんだろう。

小さい頃の僕はとても泣き虫でした。事あるごとに泣きわめいていたので、思い返すとちょっとした名物だったんだろうなと笑ってしまいます。ですがその本質は、どうしたのと駆け寄ってもらう事で周囲からの愛情を確かめること、または上手くいかない事に対するいらだちを吐き出すこと、にあったと思います。この頃から僕は、自分を主張する事が苦手でした。そういった弱さを自覚し始めた頃、僕は自分の事を好きになれなくなりました。包み隠さず言うなれば、いらちで、ものぐさで、負けず嫌い、注意散漫等、こんなちっぽけな自分を知られるくらいなら、押し黙って良い子を貫いていた方がましだ。本気でそんなことを思い、自分の殻にとじ込もっていました。

そんな僕が変わるきっかけとなったものは、大学生の頃始めた音楽です。幼い頃から教会で歌や奏楽に触れていたため、音楽自体に興味はあったものの、気恥ずかしさから一歩踏み出せない状態にいました。ですが、何故かその時は固い意志を持って楽器を手に取る事が出来たのです。

そして、教会でも憧れだった奏楽の奉仕を与えられるようになったのですが、逆に、当時の僕にとってはそれが想像以上の重荷となっていきました。技術的な問題もありましたが、それ以前に、会堂中に響く音で演奏をすることが、今まで押し隠していた自分をさらけだすような感覚であることに気が付き、抵抗を覚えるようになったからです。そうやって、悩むようになっていた頃からでした。聖書の言葉や、礼拝で語られる先生のメッセージが響いて鳴り止まない、という経験を何度もするようになりました。今まで他人事のように聞いていた言葉が、自分に向けてのものだと思えるようになりました。

 

 『ところが、主が言われた、「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」。それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。』                          コリント人への第二の手紙 12:9

 

神様が、僕の双子の兄弟であった彼を先に引き上げられたのは悲しい事実ではありますが、同時に弱い僕を選んで用いて下さったという事実でもあります。これからの僕は、神様に愛されている事実に胸を張って、笑顔で賛美を捧げていきたいです。

1 2 3 11