Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

1 2 3 13

2021年9月「預けられた命」

息子の渉が生まれた時の事を、お証しさせて頂きます。

 

渉は2021年5月9日で10歳になりました。その渉が生まれる前の年の2010年に、私は流産を経験しました。その頃の私はまだ洗礼を受けていなくて、日曜日の礼拝と、教会員のIさんの家での家庭集会に少し参加させて頂いていました。神様の事を少しずつ信じ始め、教会の居心地の良さと教会に集う方々との交わりの時間の楽しさを感じ始めていた矢先に、流産と言う悲しい出来事が自分の身に起きて、とても悲しくて仕方ありませんでした。お腹の中で亡くなった命は、まだまだ細胞と呼ばれるぐらいのとっても小さなものでしたが、私の心に空いた穴や悲しみはとっても大きなものとなってしまいました。

 

それに加えてその頃の私は、今では想像出来ませんが、パニック障害と言ううつ病の1つとされる精神的な病の中にあり、毎日睡眠導入剤や安定剤等、沢山のお薬を服用し心療内科に通う生活を6年間も続けていた中にありました。なので流産してしまった事も、お薬を飲み続けている自分のせいだと、自分の事を責めていました。そんな状態の中、流産の手術を2010年5月10日に行いました。

 

その後どれくらい日数が経ったか覚えていませんが、日曜日の礼拝に足を運んだ時、まだ知り合って半年も経たないIさんが、周りを気にする事なく一緒になって泣いて下さいました。その時私は、「教会ってこう言う場所なんだ」、「教会に来る人達はこう言う人達なんだ」と、漠然と神様の愛に触れられた気がしました。

 

そして博子先生に声をかけて頂き、求道者講座を受け、2010年7月25日に洗礼を受ける事が出来ました。その1ヶ月後、渉がお腹の中に宿った事が分かり、体調も安定して心療内科に通う事も、沢山のお薬を飲む事もなくなり、流産の手術をした翌年2011年5月9日、無事に渉が生まれて来てくれました。

 

後になって、流産の手術をした5月10日と渉が生まれた5月9日が1年越しですが1日違いである事に気付き、神様が全てを整えて下さって、私に「準備が整ったね」「この子をあなたに預けるよ」と、私に委ねて下さったんだと分かりました。

 

神様は時として、私が思う大切なものを取られ、恐れている事を現実の出来事として与えられます。でもそれは、私が何に執着しどこに弱さがあるかを気付かせて下さる過程に過ぎず、神様のご計画は失望に終わる事がないと言う約束の通り、その先に素晴らしい希望が待っているんだと経験する事が出来ました。流産や精神的な病の中ではなかなか気付く事が出来なかった事も、日々神様に心を合わせ信仰の歩みを進めて行く中で、必ず答えを頂けるんだと言う事も経験し、学ぶ事が出来ました。後は、自分を守る為だけの信仰に留まらず、その素晴らしい恵みを周りに伝え、沢山の魂が起こされる様に神様の御心を務めていく必要があると思わされます。

主に栄光をおかえしし、私のお証しとさせて頂きます。


 

2021年8月「結婚生活の証」

今日は僕たちの結婚生活のことをお話したいと思います。
箴言27:17 [鉄は鉄で研がれ、人はその友人の人格で研がれる(教会共同訳)]
箴言12:18 [あたかも剣で刺すかのように軽率に語るものがいる。知恵ある人の舌は癒やしを与える。]


この御言葉が本当に本当に真実だと、結婚生活を通して思うことができました。そのような証です。


恋愛や結婚生活の中で、仕事でもそうですが、神様がやっかいごとを用意してくれていて、それを乗り越えていく時に、新しいアイデア、考え方をくれるような気がします。新しいアイデアが与えられる時には毎回、目からウロコが落ちる気がします。そのようなアイデアによって僕は優しい人に変えられていっているなぁと感じています。それはつまり、友恵との結婚生活を通して、日々角が取れて優しくなれている気がするのです。昔と比べると、自分の中から焦りやイラつきが減っているのを感じます。


結婚した二人の間にある、様々な誤解は喧嘩に繋がります。またそれを「焦り」と「照れ」が加速させるのです。個人的にはこの二つが、多くのカップルの敵だと思っています。


これはある日の喧嘩の話。ある時、奥さんに「掃除をして」と頼まれて、僕が「嫌です」と断ったことから大喧嘩が始まりました。僕は掃除が嫌いなのです。ここで多くの人には引かれます(笑) 僕はそういった女性の頼みを断ってはいけない、怒らせてはいけない、と言うことが最近の男性の中で変な暗黙のルールみたいになっているのかもしれないと感じていました。

僕の中にも「絶対怒られる」と言う気持ちが出てきました。でも、我慢する事は結局ふたりのためにならないな、と結構勇気を出して断ったのです。我慢がつのると、奥さんへの愛に影響を及ぼす可能性がありますから、それでは本末転倒なので勇気を出したのです。感情は自分の支配下にはないですからね。


普段から「え~、別にそんなに汚れてないねんから汚れてから掃除すればいいやん」派の僕と、「できるときに掃除しておきたい」派の妻の対立はありました。長い長い話し合いを、何度も何度も繰り返し、最終的には僕の実家に泊まったときに朝の四時まで話し合い、戦いは終結しました。


解決に至らなかったとき、時間をおいてまた喧嘩するというのはオススメです。そしてその時のルールは「何度でも意見を変えていい」「前回言っていることと違うことを言ってもいい」としておくのです。そうすることで、何度でも話し合いをやり直せる、と言う安心感が得られるのです。僕は、一度言ったことを曲げるのはカッコ悪いというなんかよくわからないこだわりがあります。「男に二言はない」みたいな。それも割と無意識にその信念に持っています。やっかいです。なので、ちゃんと言葉にしてこれはOK、と言っておいたほうがいいなと思っています。


そして世紀の大発見をしたのです。「僕は掃除をしなくてもいい」タイプと僕自身のことを思ってたし、妻も思っていました。実はここに大きな誤解があったのです。僕の本心は、「自分の労力を使ってまでは掃除したくないけど、部屋が綺麗になる分には気分はいい」だったのです!!自覚はありませんでした。でも、こんな主張は許されないことだと思って無意識的に排除していたのだと思います。「ふざけるな!」って言われそうでそんなことは言えなかったのだと思います。だけど彼女はずっと、僕が「掃除をするなんて無駄だ」と思っていると思っていたので、彼女が掃除をするときも、「Hさんにとっては無駄なことをしているのかな。。」と寂しさを抱えながら掃除をしてくれていたのです。だから掃除を断られた時、余計にショックを受け怒りになったのです。


その誤解がまず明らかになりました。そして、彼女が画期的な解決法を思いつきました。それは、断るときに、「掃除についてはいいと思うけど、今はやる気が起きないからできない」と言ってくれたら嫌な気持ちがしない、と言うのです。これは目からウロコでした。もちろんこれは他の家庭に適応できる解決ではないと思います(笑) でも、彼女はその言い方だと自分がやってあげようと言う気になると言うのです。


驚く僕に妻は「だって、やりたくてもやる気が起こらないことはあるでしょう?」と、言ってくれました。「やる気が出ないからやらないなんて言ったら怒られるじゃないか!」と思っていた自分にここで気づきました。ここで「やるべきこと」への向き合い方にも違いがあることにも気づけました。僕はやるべきと思っていることをできるのにやらないなんてありえない!と思っていたのです。やるべきと思っている=やる、やらない=やるべきでないと思っている、と言う方程式が頭の中に勝手にあったのです。


ここに僕の傷があったのです。それは自分の怠惰な部分を憎む心です。そこがバレて怒られることにビクビクしていたのです。それを隠すために、掃除を無駄と言い張っていたのです。でも、この喧嘩を通して、やるべきと思っているけどやる気が出ないことは許されることだと知ったのです。ダメな自分でも嫌われないことを知ったのです。奥さんが「ダメなままでもいいよ。実はダメな事じゃないよ。」と教えてくれ、その傷が受け入れられ、癒されたのです。

このように自分でも気づいていなかった傷が表に現れてくる。夫婦生活における喧嘩はそんな役割があります。傷を認める事は、僕にとってめちゃくちゃ苦痛です。そもそも「そんな事ない!」って思っていることが多いです。プライドが高いので。でも共に祈り過ごす中で確実に表されていくのです。そしてその傷を認め、その傷が癒されていくとき、毎回感動します。二人で泣きながら祈ったこともあります。彼女に対して優しい僕でいられないとき、そこには傷があることが多いのです。


この喧嘩を経て、二人の喧嘩はめちゃくちゃ減りました。ちなみに掃除はだいぶ手伝うようになりました。喧嘩は大変だし疲れるけど、乗り越えた先に神様の計画があると思います。解ける誤解があり、気づく傷があります。その傷が癒されていく、良いコミュニケーションを通してそんな奇跡が起こるのです。

そんな結婚生活ができていることを日々神様に感謝です!
 

2021年7月「シニア3人仲良く暮らしています」

私は孫ふたりのおばあちゃんです。お証しさせていただくのは2回目です。機会を与えていただきありがとうございます。25年前に初めて教会に行き、礼拝のお話を聞いて、その日にイエス様を信じ、今日まで教会のみなさんとご一緒に信仰の歩みをさせていただく中で、たくさんの感謝な出来事がありましたが、今日は私にとって生涯忘れられない体験をお話させていただきます。

その前に、まず家族のことから。9年前に夫の父が亡くなり、不安を感じた義母が私たちの家に来て同居の生活が始まりました。夫婦でテーラーを営んでいた両親、仕事上でもパートナーであった夫を半年の闘病の末、天に送り、仕事も辞め、住み慣れた土地を離れて、当時75歳の新生活は不安だらけのスタートだったと思います。

でも、義母はこちらに来る前に、みなさんの祈りによって、教会に導かれクリスチャンになり、神戸に来てからは礼拝にも一緒に集うようになりました。それからは、孫たちの結婚、ひ孫の誕生と、家族が増え、感謝な時を過ごしています。義母は、「19歳で結婚してからいっぱい苦労もしたけど、神様に出会えて今が一番幸せ」だそうです。

ですが、振り返ってみると、高齢の親と途中から同居を始めることは、お互いが馴染むまでにかなりの年月と試行錯誤が必要でした。義母は優しい人ですが、不慣れな土地での生活で精神的にも不安定な時期もあり、そのために共に暮らす私も疲れていました。心の中は不平不満、醜い感情だらけ、しかもそれが認められない。

苦しさが限界になってやっと、その悩みを瀬古慎二先生と博子先生に打ち明けることができました。話しながら大泣きする私を優しく抱きしめて、博子先生は「今までよく頑張ってきましたね。でももう、ひとりで頑張らないで。神様に甘えたらいいの。」と。その時私は「甘えるってどうやって?」と返しました。「なんでもありのまま神様に話すんですよ。」と。

何もかもご存知の神様が、自分の醜さも認められず、目の前の状況を感謝することもできない私を、責めるどころか、非を認める素直さをくださり、そのままで許し、博子先生の腕で抱きしめて下さいました。それまでの私は、神様の愛の深さ、大きさを本当には分かっていなかったのです。この時おふたりは私のために祈ってくださいました。

この体験がなかったら、私の信仰はズレたままだったでしょう。神様がくださった訓練とも言える日々を感謝できるように、心を変えてくださいました。たとえ困難な状況であっても、視点を変えて感謝する意志と対処する知恵を与えて助けて下さいます。

15年間単身赴任だった夫も帰り、シニア3人仲良く暮らしています。今春3人で御影神愛キリスト教会に転会する恵みにも与りました。皆様、これからもどうぞよろしくお願い致します。

最後に兄弟たちよ。いつも喜びなさい。全き者となりなさい。互いに励まし合いなさい。平和に過ごしなさい。そうすれば、愛と平和の神があなた方と共にいて下さるであろう。
(Ⅱコリント13:11)

2021年6月「平和を作り出すもの」

御影神愛キリスト教会 F

「Fさん、インド向いてると思うで~!」「えっ?!」アジア人になろうというスローガンのもと、海外営業の仕事に励んで早4年。上司の突然の発言に言葉を失いました。先輩から担当国を引き継ぐとわかってましたが、まさか女子のわたしにインドは回ってこないだろうと思っていたのです。

でもこれは神様の導きだと思い、引き受けることにしたのです。その晩は興奮してほとんど眠れませんでした。本当にインドなのか?!何かの間違いかと思い、次の朝出社しましたが夢ではありませんでした。本当にインドなんだ。ようし!インドがんばるか!その晩から仕事帰りに本屋に立ち寄り、閉店間際までインドについて文献を読み漁るようになりました。

カレーのスパイスの香り、ガンジス河の沐浴、神聖な動物としてあがめられている牛。カースト制度やヒンドゥー教を始めとする様々な宗教が複雑に絡み合い、一言で形容できないような独特な文化。これぞまさに外国の外国だと思いました。今まで仕事で東南アジアに何度か行ったことがあるのですが、他の国とは全然違う。しかし、どこか不思議となつかしい感じがしました。

 小学校5年生のとき、愛知万博が開催されるため、総合学習でインドについて熱心に調べていたのです。名古屋大学のインド人留学生へのインタビュー、みんなでつくったインドの飲み物ラッシー、運動場で泥だらけになりながらやったインドのスポーツカバディ。次から次へといろんな思い出がよみがえってきました。担任の先生からインドについて調べますと言われたときは、えっなんでインド?と思いましたが。15年以上経った今、仕事でインドにかかわることになり、あのときインドを調べておいて本当に良かったなぁと感慨深い気持ちが込み上げてきました。

 「上も下も右も左も問題だらけ。それがインド。でも問題はチャンスでもある。」パッドマンというインド映画での主人公の一言。カースト制度の影響で日本では考えられないような差別や偏見がはびこっていて、宗教間の争いや女性を狙った事件も多発。そして今はコロナで非常に激しい戦いを強いられている…。入社以来関わってきたラオスと比べ物にならないほど大変。そんなインドですが、だからこそ祈りがいがありやりがいがある国なのではないかと思います。コロナという一番大変なときに一番大変な国を引き継ぎましたが。

 「わたしたちが愛のために働けばそれはそのまま平和のために働いたことになります」インドのコルカタで貧しい人々に仕えたマザー・テレサ。“キリストはわたしたちの平和であって、二つのものを一つにし…、十字架によって、二つのものを一つのからだとして神と和解させ、敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである。”(エペソ2章14,16節)

 

 仕事でアジアに関わり始めて早4年。今までは気合と根性で乗り切ってきましたが。これからインドに必要なのは、信仰に裏打ちされた愛のある行動だと実感しました。一朝一夕の努力では平和を作り出すものにはなれませんが、インドに関わることを通して、イエス様の愛をもっともっと深く知って私もそんなふうに変えられていきたいなぁと思います。

2021年5月「素晴らしい神様」

御影神愛キリスト教会員  M

 

前回は神様を信じた時のお証しをさせて頂きました。今回は神様の恵みによって訪れた幸せな出来事を4つお証ししたいと思います。

 

1つ目は、9年前主人が天に召され、老後は一人で過ごすと思っていたのですが、思いがけず妹夫婦が「一緒に住まないか?」と誘ってくれた事です。今私は妹家族と賑やかで楽しい毎日を過ごし、家族の誕生日にはケーキを囲んでみんなでお祝いしています。

 

2つ目は、6年前にバイクと車との接触事故で大腿骨骨折し、約2ヶ月入院しました。礼拝に出席できなくなり、寂しさを感じましたが、教会の先生方や姉妹達が次から次へと面会に来て祈ってくださり、とても嬉しかった事を今でも覚えています。その時から神の家族である教会の方々とお喋りしたり、共に祈りあったりする事が私の一番の喜びとなっています。

 

3つ目は、2年前に母が天に召され悲しみにくれていましたが、遺品を整理していて遺された手紙などからどんな時でも神様を信じて、礼拝を守る事を第一にしていた在りし日の母の姿が思い起こされました。母の背中を見て育った私達姉妹は、共に日曜礼拝に出席できている事に幸せを噛み締めています。

 

4つ目は、3年くらい前から左目の白内障が進んでいると診断を受けていましたが、今年の3月に久しぶりに眼科の診察を受けると、「やはり左目はかなり進んでいるし、右目を一緒に手術したほうが良いでしょう。」と言われました。いつも混んでいる眼科で、手術日は週に1日だけ。とても直ぐに手術は無理だろうと思いましたが、神様の導きにより4月第1に左目第3に右目の手術が決まりました。手術日には教会のみなさんが「手術が守られますように」と祈ってくださいました。手術後神様の創造された空の青さや景色の美しさ、全てが綺麗に見え感動しました。

私の思いを遥かに超えた神様の素晴らしさに感謝でいっぱいです。

 

 「何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。」  ピリピ人への手紙4章6節~7節

1 2 3 13