Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

1 2 3 12

2021年4月「神様って変わってる?!」

御影神愛キリスト教会員 T

  昨年4月から御影神愛キリスト教会に通わせて頂いています。見た目は中学生から大学2年生ですが、実は23歳で現在は専業主婦、6月に赤ちゃんが生まれる予定の妊婦さんです。

 

 わたしが神様を信じる決心をしたのは、高校生の頃です。父は三重の田舎教会の牧師、母も熱心なクリスチャンという家庭に3姉妹の末っ子として生まれた私は、神様という存在が前提の環境で育ちました。小学生の頃からは、姉たちの信仰決心をきいたことなどをきっかけに「神様を信じると決心するか」という問いを心の片隅で考えるようになりました。

 神の存在は論理的にも感覚的にも受け入れていた私にとって問題となったのは、「神様は信じる“べき”お方なのか」ということでした。信じたい気持ちはあったのですが何となく踏み切れず、姉たちが決心した年齢を過ぎ去っても「焦るもんじゃないしな…」と慎重になっていました。

 

そのまま高校生になったある時、クリスチャンのキャンプで牧師先生からこのような話を聴きました。

「病気のおばあさんの家にお見舞いに行ったとき、彼女が『こんな何もできない身体で神様に申し訳無い、私なんかいない方がいい』とおっしゃったんです。僕はその言葉に、『そんなことは神様の目から見て間違っている』と怒ってしまいました。…」「この先生も怒るんだ」と驚いたのと同時に、「あ、私は神様を信じる」と、その時思いました。

 なぜそうなったのか、決心から数年後により明確に、あの時受け取った神様のメッセージ・自分の信仰の中心となっているものの正体が分かってきました。それは、「『価値が無い』とするのは諫められるべき間違った解釈」だということ、そして、「私たち人間に絶対的な価値がある理由は、ただ神様が『価値がある』とおっしゃってくださるから、それしかない」!ということです。

 

 思えばかねてから、「価値が高い人」と「価値が無い人」という区別がある、という発想に何故かどうしようもない嫌悪感と行き過ぎた苛立ちを覚えていました。(「私は○○が優れているから価値があります」という雰囲気を出す人に対して「それ無い人のこと価値ないと思ってんのか」と心の中で怒る、みたいな。)ただ、価値の理由を説明することはできませんでした。そしてあの時、私たちに価値があるのは造り主である神様が「価値がある」とおっしゃって下さるからでしかない、それぐらい神様は圧倒的な存在なんだということを、言葉にするよりも先に思い知らされたんだと今は思います。

 

 「私たちの価値の理由は神様にある」というこのメッセージは、私にとってとんでもなく大きな恵みでした。まず、自分の価値を自分でつくらなくていいということは私を圧倒的に自由にしてくれました。良いことをしようとするとき、失敗がそんなに怖くない。役立てないときや評価されないときも、残念で辛いけど、全然怖くはありません。ありがたい…!また、自分以外の人の価値も神様という別次元で保障されているということも、無くてはならない恵みでした。恥ずかしいですが、「私は人が好きで、人の価値が分かっている。価値が無いとされる人たちの価値も見える」と昔は思っていました。

 

しかし数年前から、実は人好きでもないし「ケッ!」と思ってしまう人がいると思い知りました。私自身が、人を価値の高い低いで分けてしまう愚かさを持っている。そう気づいたとき、それを「間違っている」と止めて下さる神様の声は本当にありがたく、そして私が価値を見出せなくても関係ない圧倒的なところで人は大切なんだと決まっていて、私が人の価値を下げることは出来ない、ということは、神様の深い憐みであると知りました。私たちを「価値ある」と言ってくださる神様、変わってるなあと思いつつ、感謝でいっぱいです。私も神様と同じように考えられる様に変えられて行きたいなと思っています。

 

2021年3月「神様との出会いと、そのお導き」

御影神愛キリスト教会 N

 

 ハレルヤ~! 主の御名を感謝します。
 私はキリスト教とは関わりのない家庭で産まれ育ちました。お盆には仏前でお菓子を食べ、正月には初詣に行き、クリスマスも同じようにプレゼントをもらう日でした。

 それまで知識でしかなかった神様を身近に思うようになったのは、次の春から就職活動を始めようという冬のことです。その少し前に教会へ通うようになっていた母に誘われ、ケーキを目当てにクリスマス礼拝へ参加しました。動機が不純ですね!

 訪れたのは当時住んでいた広島県の竹原ベテルキリスト教会です。牧師の新井先生ご夫妻による暖かな歓迎は私の中にあった静粛で厳しいイメージを粉々にし、ここは良いところだ~! とすっかり教会を受け入れるように。

 その日は不思議な事が起こりました。招かれていた講師の先生が私の前に来て祈られた時に「あなたは家を出て遠くに行きます」とメッセージをくださったのです。そして礼拝からの帰り道、東京で就職した先輩からの「ウチの面接をうけてみないか」と誘いがあったのです。これはどういうことなんだろう、一人考え込んでしまいました。

 結局、志望していた地元就職にこだわって東京の話は断りました。入社した会社はとても忙しく、私には不向きな営業職になったこともあり、調子を崩して退職という結果に。仕事の責任や期待を投げ出したことは重く私にのしかかっていました。

 神様のお導きではないからだと気づいたのは、しばらく経ってからのことです。鬱々としていた私を、神様は教会へ来なさいと示すために様々な誘いをしてくださいました。それこそお菓子につられて通ったことも! 牧師先生や教会に集う人との交わり、暖かな礼拝の時を通じて私の心はほぐされ開かれていきました。

 

 聖書の中には「主に従いなさい」という言葉がよくでてきます。それは一方的な命令ではなく、神様がより良い物を私たちに与えてくださり、より良い事を成すためのものだと分かるようになりました。

 洗礼の啓示が与えられた時もそうでした。神様の事を知っても、牧師先生から「神様はあなたを愛しておられる」と言われても、答えることはできませんでした。それがある日「洗礼をうけますか」と問われてすんなり「はい」と答えたのです。自分でも驚きました。導きに背き落ち込んだ私をすくいあげ、受け入れるまでの準備の時をも備えて下さったのです。

 

 今、私は教会の紹介で知り合った方と結婚しこの神戸へ引っ越しました。気軽に実家へ帰ることもできないこの状況下で、改めて「家を出て遠くに行きます」というメッセージを思い出しています。

【これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現わすかを示して、言われたことであった。こうお話しになってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」】
ヨハネによる福音書21:19

2021年2月「ありのままの自分でいい」

御影神愛キリスト教会員  N

 

 物心ついた頃からクリスチャンホームで親に言われるまま洗礼を受けたが、特に心がキレイになったわけでもなく、なんとなく大人になり、何か特別な才能を持ってるわけでもない普通の社会人になりました。

 まあ信仰深くはないとはいってもクリスチャンではあったので「今日の罪を赦してください。他の人の罪を赦します。」と、日々悔い改めのお祈りは欠かしませんでした。ちょっと前にインターネットで、とある創作ブームが起こり若い学生たちが自分の知らない技術を学びどんどん先に進んでいきました。自分も少し手を出してみましたが彼らに全く追いつけず、学生にすら劣る何の才能も無い自分に存在価値なんて無いんじゃないかと思い絶望しました。そんな失意の中、仕事帰りに歩いているとふと「いつも他の人を赦しますとお祈りしてるけど、その対象に自分自身は入れていないんじゃないか」という事に気づかされました。実は一番罪を犯していたのは何の才能もないと自分を裁き、自分に価値など無いと自分を軽蔑していた自分自身だったのです。

 聖書のマルコによる福音書11章25節という箇所に

「だれかに対して、何か恨み事があるなら、ゆるしてやりなさい。そうすれば、天にいますあなたがたの父も、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださるであろう。」

と書いてありますが、まさに日課であった「今日の罪を赦してください。他の人の罪を赦します。」という祈りで自分自身が許されたのです。才能が無くても社会から必要とされなくても、神は自分を愛してくださっているという事をこの聖書のみことばを通してその時初めて理解できました。この感覚は言葉で説明するのが難しく、体験して初めて理解できる類のものでした。

 その後も相変わらず特別な才能に目覚めたりはしていませんが、今の自分自身を受け入れ肯定して、何度もくじけながらもその度にこの体験を思い出して立ち上がり歩み続けています。

 

 

2021年1月「最高のプレゼント」

御影神愛キリスト教会員 K

 「おそらく癌です」

 ここ数ヶ月、胃腸の調子が良くないなぁと思っていたのと、久し振りに会った父に顔色が変だから病院へ行けと言われたことが重なり、しぶしぶ胃カメラをした直後に診察室でお医者様にそう言われました。あまりにも直球なその言葉に何を話せばよいのかわからず、ただ、「癌の確率は何パーセントくらいですか?」と聞いたのを覚えています。

「…80パーセントくらいかな…」そう言いながら気まずそうに顔を少し横へ向けた先生を見て、「先生は遠慮してる。私は癌なんだ」という事がはっきりとわかりました。

 それからは全てがあれよあれよという間に変わっていきました。それは自分が何かをするというよりも、周りの人が私をあちこちに運んでくれているような、私自身は何もする事がない中で、久し振りに自分と向き合える時がこんな時だなんて…と皮肉に思いながらも、ただ二つの事だけが私の頭の中を回っていました。

一つは子供達(当時は中一でした)をこの世の迷い子にしたくない、神様と繋がって生きて欲しい、私がいなくても何かあれば神様が助けてくれるということを心の片隅に置いて生きていって欲しいということと、もう一つは私が聖書を神様の言葉として理解し、最後まで読みきる事ができるまで神様、時間を下さいという事でした。キリスト教に関しては、学生時代や子供の幼稚園等、幾度か触れ合う機会はあったものの核心にまでは至ることはなく、子供の頃に人にいただいたり、大人になって自分で購入したりなどした聖書を時々思い出した様に読んではその中からなぐさめを得ていました。手術、抗がん剤治療を続けながら、あとどれくらい聖書を読めるだろう?
読み切れるかな…と、聖書をただひたすら読み続ける毎日でした。

 そんなある日、主人に「ここにね、とってもいい先生がいるよ。行ってみない?」と言われ、一緒に行く事にしたのがメディカルカフェでした。主催者である笹子先生の見解でも私の状態は良くなく、再び真っ暗闇に落とされた気分でしたが、主人は「きっと先生の所にいると良くなる気がする」と言い続けていました。今思えば、神様が周囲の人を通して私をこの教会に導いてくれたのだと思っています。

 癌になってから今年で4年になります。「そうは言っても、周りの人も含めて僕たちはまた別の癌になるかもしれない。治ったとかそんな事は誰にも分らないし言えないんだ。」とメディカルカフェの参加者の方が話していた言葉が今でも心に残っています。

 私たちは今ここに生かされていますが、全ては神様の御手の中にあるのだということを特にこの時期、感じる事が多いです。遅かれ早かれいずれ誰もがこの世を去る時がやってきます。だからこそ、がんになったから不幸だとか治ったから良かったとかそういう事ではなく、生かされているせいぜい数十年の中で何を感じて何を心の中心として生きていくのかがはっきりとわかること、それが人間がこの世で生きる意味なのだという事を今、実感しています。

 神様とつながる事ができたという最高のプレゼントを癌という病を通して神様からいただいた事に感謝しています。

「わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。」 コリント人への第二の手紙4:18

 

2020年12月「主と共に歩む」

御影神愛キリスト教会員 O

 

 私は幼稚園の時に、友達の誘いで家の近所にある日曜学校に通い始めました。そこは、阪急御影の神愛子供ホームで、多くの方のおかげで、イエス様の存在を幼い心に刻むことができました。その後、キリスト教系の中学校に進み、日曜学校も高1から御影神愛キリスト教会の中高科に移り、高2の夏に主の救いを確信し、その冬洗礼を授けられました。高校の時は良き師、良き友に支えられた、素晴らしい信仰生活でした。

 翌年、大学に合格しました。「全力で努力し、主に祈れば結果が与えられる」事を知りました。ただ、「主の為に活動をしよう」と勇んで大学に入りましたが、自分のような人間力の乏しい者がイエス様の事や教会の事を話しても、周りの人には受け入れられず、「そんな話はしないで」と言われたり、「宗教は嫌だ」と言われ、苦しみました。友達にはイエス様の事を拒否され、教会での自分と大学での自分がかい離してくることに嫌気がさし、19才の時に教会から離れました。 教会を離れた自分は、卒業後、金融機関に就職しました。仕事は厳しく、何度も辞めようと思いましたが、職場で妻と出会い結婚。子供を2人授かり、家族という支えを得て、何とか仕事を続けることができました。

 しかし、40才を超えると、自分の力だけでこの社会を生きていく事に、心身ともに疲れ果て、パチンコやお酒に逃げるようになりました。眠れずに苦しんでいたある日、ふと「神様を見て仕事をすれば楽だよ」と寝床の中で思いました。そしてその時、「これまで自分は出世することを第一に考えて仕事をしていたこと」に気が付きました。「神様に喜ばれる仕事をしよう、神様の所に戻ろう」と思い、次の日妻に、「これから毎週教会に行きたいので、一緒に来て欲しい」と言ったところ、妻は「私も教会に行きたいと思っていた」と、驚くべき返事が帰ってきました。妻も子供のころ日曜学校に行っており、教会に行ってもいいかなと思っていたそうです。

 それから2人で御影神愛キリスト教会に行きました。妻には、自分がクリスチャンである事も言っていなかったので驚いていました。教会の皆さんは、26年ぶりに戻ってきた放蕩息子を暖かく迎えてくださいました。自分は、改めて謝罪と感謝の祈りを捧げました。妻は一年後に、洗礼を授かりました。本当に感謝です。

 教会に戻り、自分は少し変わりました。優しくなったと思います。26年間吸った煙草も、ある日突然吸いたくなくなり止めました。仕事も、「どうすれば主が喜ばれるのか?」を考えると、正しい回答がすぐに出るようになりました。これからも、「全力で頑張る。そして主にお委ねする」を人生のモットーに歩んでいきたいと思います。

 

「貴方のしようとすることを主にゆだねよ。そうすれば、貴方の計画はゆるがない。(箴言第16章3節)」

主に感謝。

1 2 3 12