Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

”Through it all” … 「何があっても」

御影神愛キリスト教会員 有川ジョイ

私はフィリピンのマニラで生まれ、カトリックの家族の中で育ちました。私の父は公認会計士で、母は主婦でした。私は5人兄弟の長女です。そして、日本人の夫と8歳の息子と3歳の娘という神様に祝福された家族を与えられています。私は現在、西明石にある幼稚園で英語を教えています。私はかつて、毎日曜日には教会に通っていましたが、神様を近くに感じてはいなかったと思います。私は12歳のとき、父が心臓発作で他界しました。それは、私の生活において悪夢の始まりだったのです。母が働きに出るようになり、私は3人の弟や妹の面倒をみなければならなくなりました。母は私たちの飼っていた犬をご近所に売って、食べ物を手に入れたのを覚えています。お金がなくて困窮した時にこそ、本当の友達かどうかがわかるんだなと、そのとき思いました。親戚でさえ、何か高価なものを抵当に入れなければ、お金を貸すのを嫌がるものです。その時から、私は自信をなくし、人に対してよそよそしい態度を取るようになってしまいました。友達と出かけることもほとんどなくなり、学校にも行きたくないと思うようになりました。まわりの人は誰も信じられなくなってしまったのです。ある日、家の前で、友人と話をしているとき、全く知らない女の方が私たちに近づいてきて、クリスチャンの集まりに参加するように誘ってくれたのです。なんだか、面白そうに思えて、その集まりに参加しました。聖書の言葉の分かち合いをして、賛美をして、その方たちの教会に何度か行きました。そこで聞いた聖書のことばは今でも覚えています。

神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛してくださった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。

その時の本当の気持ちをことばで表現するのは難しいですが、その集まりにいた一瞬一瞬がすごく心地よく楽しかったことを覚えています。もっとイエス・キリストについて知りたいと思いました。残念ながら、そのクリスチャンの集まりは他のところに移ってしまい、どこへ行かれたのかわからないままです。そのため、私のクリスチャン生活も終わってしまい、私の以前のカトリックの生活に戻ってしまいました。その後、そのようなクリスチャンの集まりには参加していません。学校や母の手作りの食べ物を売る手伝いをするのに忙しくなりました。繰り返し学習する時間はなかったのですが、勉強を集中的に取り組みました。母は私たちを養うために、本当に一生懸命働いていました。母が一生懸命仕事をして頑張っている姿を見ると、私の心は挫けてしまいそうになるのです。私はその当時、神様に祈って、「なぜ、こんなことが起こるんですか」と問い続けていました。なぜ、以前のような生活を送れないのでしょうか。どうして、私たちは貧しい生活をしなければいけないのでしょうか。どうやって、今のこの状態から抜け出せるでしょうか。神様、聞いておられますか?私は高校入試に合格することが出来ました。これが、私の祈りに対する神様の答えだと思いました。その高校を卒業して、私は日本に行って働く機会を得ました。「これだ!」と私は思いました。これで、家族を助けて、もっと良い生活ができる!でも、物事はそんなに簡単に運びませんでした。採用試験を受けましたが、断られてしまいました。やっと、仕事を得たのですが、そこで、同僚にいじめを受けました。差別され、のけ者にされました。そのとき、私はイエス様に祈りました。「主よ、どうか助けてください。これは、私への試練だと思います。あなたは私を決して見捨てず、私から離れたりなさいません。」何年かが過ぎ、毎日、3種類もの仕事を忙しくこなすようになりました。私は給料の80%を家族に仕送りしました。少し生活も落ち着き、欲しいものも買えるようになりました。家族のための家を買ったり、弟や妹を学校に行かせることもできるようになりました。本当の友達と言える人達と付き合えるようになりました。2003年、私の人生を変えることになった今の主人と出会いました。私の人生は、より面白く、驚きに満ちて、しかも、とても楽しいものになりました。私の世界は家族のみ! 私は、やり遂げた!と思いました。他に何か望むものがあるでしょうか。5年前、クリスチャンである幼馴染の友達とおしゃべりをしました。彼は信仰についていろいろ話をしてくれました。毎日、お祈りするように勧めてくれました。彼は、「もし、今、死んだら、本当に天国に行けると思う?」と聞いたことを覚えています。そのときは聖霊様が私に語ってくれていたのに、よくわかりませんでした。私は友達と家族を愛していましたし、他の人に思いやりを持って接していたし、何年も神様にお祈りもしていました。でも、人生ではじめて、真剣に心から神様を求め始めたのです。神様に真実を示してくださるように祈りました。私の人生を変えるようなものであっても。2004年、友達の紹介でロサーナさんに会いました。ロサーナさんは私に御影神愛教会を紹介してくれました。最初は日本語だったこともあり、面食らうこともありましたが、礼拝に熱心に通うようになり、新しい友達もできました。しばらくすると、神様が私の心に語ってくださって、静まって神様に聞くこともできるようになりました。私には神様が必要で、イエス様は私のために死んでくださったことを示してくださいました。イエス様を信じ、ともに歩めば、すべてのことをよいものに変えてくださいます。私は20152月2日の素晴らしい朝、イエス様を主として、また、救い主として受け入れ、父、子、聖霊によって洗礼を受けました。肉体を持って生まれましたが、今、私は聖霊によって新しく生まれました。神様を受け入れたこの瞬間を、毎日をいつも感謝しています。神様からの平安と喜びが溢れてきます。そして、アガペの愛が与えられます。イエス様は私自身から私を吸い出してくださいました。私の命そのものになったのです。

最後に、試練にあるときは、いつも次の聖書のことばに戻るのです。

「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは、禍を与えよういうのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである」エレミヤ書29:11

神であるイエス・キリストに栄光を返します。主の祝福が皆様にありますように!

 

 

イエスとの出会い

御影神愛キリスト教会 壮年部 田中 収蔵

 

私は独身の時、4回、世帯を持ってから8回、合計12回転居しました。63歳でリタイヤしたあと、今まで18年間、毎年6ヶ月海外に滞在する「渡り鳥生活」を続けています。

さて、半世紀以上前、正確には63年前の1952年、東京に本社のある専門商社に入社しました。来年、創業350年を迎える老舗ですが、経営方針は新しく派閥も学閥もなく、実力実績次第で、昇進の道が開かれていました。私は36歳で課長、41歳で部長になりました。入社以来、大阪、名古屋、東京と転勤を重ねましたが、「怖いもの知らず」で常に仕事に向かい、ときには会社のルールを逸脱することもありましたが、「結果オーライ」で実績を上げていきました。仕事以外は麻雀が唯一の趣味で、商社マンは勝負勘が必要と勝手な理屈をつけ、麻雀で深夜帰宅することもしばしばでした。3人の娘たちの相手は家内に押し付け、その上、夫婦の会話も少なく、家内は不満でいっぱいだったと思います。長女が自宅近くの高槻聖書バプテスト教会の日曜学校に行くようになったことに伴い、家内も礼拝出席するようになり、やがて、救いの決心から、洗礼を受けました。このころ家内から教会に再三にわたって誘われましたが、その都度、断っていました。1874年、部長昇進の直後、「第一次石油ショック」が起こり、当時石油危機商品を取り扱っていた私は、過去5年間の利益がふっとぶほどの損失を被りましたが、地位を失うことを恐れ、会社には正確な報告をせず、ひそかに自分の力で解決しようとしました。大きな損失をかくしたまま、以前にもまして、麻雀に夢中になっていました。

心の痛む毎日が続いていましたが、ある日曜日、家内に引っ張られて、はじめて教会にいくことになったのは、仕事の失敗に悩んでいたためでしょうか。宗教無縁の私には、牧師の説教は馬耳東風でしたが、なぜかアメリカ人牧師の挙動がおもしろく、なんとなく礼拝に出席するようになりました。イエスを信じるようになったのは、6ヶ月ほど後のことです。牧師夫妻や教会の方々の奉仕の姿を見て、少しずつ聖書の言葉が理解できるようになり、聖書の示す罪を認め、救いの決心をしました。

翌年、牧師のすすめで、麻雀をやめることが出来、会社への隠しごともすべて申告しました。懲戒免職を覚悟していましたが、処分は思っていたより軽く、昇給ストップとボーナスカットですみました。

このようにして心の刺が除かれ、晴れやかな気持ちで洗礼を受けました。その後も意欲的に仕事に向かい、会社もさらに責任の思いポジションを与えてくれました。58歳で定年を向かましたが、引き続き神戸に本社のある関連会社の代表者として5年間、経営を任されました。今から思えば、牧師のすすめで、失敗を申告していなければ、さらに大きな失敗を重ね、再起不能になったと思います。私は、所謂、会社人間で、業績をあげることが人生最大の目的と考えていましたが、イエスと出会ってからは人生の意義と目的は、神から与えられるもので、仕事はひとつの手段にすぎないことがわかりました。

その後、神戸への通勤の問題で、大阪市内に転居し、日本キリスト教団北大阪教会に転会しました。1997年、関連会社を退職した機会に、かねてから家内が計画していた「渡り鳥生活」を始めることになりました。南半球のニュージーランドでの長期滞在を9年間、体験しました。2007年、神戸市灘区に転居しましたが、縁あって御影神愛キリスト教会に転会させていただき、現在に至っております。「渡り鳥生活」は1年間休止していましたが、現在は東南アジア、主にマレーシアに毎年5、6ヶ月間、長期滞在を続けています。ニュージーランドでもマレーシアでもできる限り、現地の教会の礼拝に出席するようにしていますが、牧師や教会の方々がとても親切にしてくださいます。教会は異国での長期滞在のオアシスです。まさにクリスチャンの特権です。マレーシアの長期滞在ビザがあと2年で切れますので、それを機会に「渡り鳥生活」に終止符を打ちたいと思っています。

最後に、私の好きな聖書の言葉を紹介します。

「すべて重荷を負うて苦労している者はわたしのもとに来なさい。あなたを休ませてあげよう。」

 

 

神の偉大な計画

御影神愛キリスト教会 会員 柴田謙

私はクリスチャンホームに生まれて、子供の頃から教会に通ってていました。神様の存在は頭の中では当たり前、イエス様は絶対にいると思っていました。でもそれは心で神様を感じてるというより、歴史上の人物のような、そういう感覚に近い存在でした。そのまま教会に当たり前のように通っていました。細かいつまづきもあまりなく神様に守られて感謝でした。

それで、中学校の時にキャンプでようやく神様を体と心で感じるという体験をしました。祈りと賛美の中で、神様の臨在を感じることができました。当時の僕にはすごく不思議な体験でした。「あ、これが神様か!」っという感じで、当時ぼくは私立の中学校でまわりは初めての友達ばっかりで、色々な不安もあったのですが、「神様がいるから大丈夫!」っていう気持ちになりました。このとき本当の意味で神様に対する信仰を持ちました。「あ、じぶんは罪許されて救われた存在なんだ」と思い、そして、同時に洗礼を受けようとも思いました。ただ、洗礼受けるのって若干勇気がいるもので、「この程度の信仰で、洗礼なんか受けていいのかな?」とか思ってもいました。とても受けたかったんですが、牧師先生に言いだす勇気が起きなかったんです。丁度、そんなときに、中高生でワーシップの奏楽をやろうという話が出てきたんです。「ワーシップの奏楽は受洗者しか出来ないから、これを機に洗礼受けたら?」っという誘いを牧師夫人の博子先生がしてくださって、「受洗の決心、こんな理由でええんかな?」とか思いつつも、友人のつーちゃんも一緒に受けようって言ってくれたので、牧師先生に「洗礼受けたいです!」って言いに行きました。理由はそんなことですが、今思えば、あの時洗礼受けれたのも神様の計画、本当に洗礼受けててよかったと思えています。

まあ、そんなこんなで、洗礼受けて僕の行いが劇的に変わるとかはなかったんですが、ただ神様の許しと恵みを感じながら、毎日楽しい生活を送れてました。高校の時は本当に毎日楽しくて、神様の恵みを受けながら守られて生活することができました。そして、おととし京大を受けたんですが、見事に落ちてしまいまして、「まあしゃあないかー、後一年頑張るかぁ」みたいな気持ちでいました。教会の人もとても励ましてくださり、「マイナスをプラスに変える神様がいるから大丈夫!」だと思って浪人中の前半は頑張っていました。ただ、あるときに思いもよらない事態がおこりました。人生最大の試練に会うことになります。それは高校時代の同じ部活で同じバンドを組んでた友達が白血病で亡くなってしまいました。ずっとお見舞いとか通いつめて、絶対に治ると信じてきました。「神様お願いします!病気を治してください」とひたすら祈り続けていました。それなのに、亡くなってしまった。信じられませんでした。目の前にある事実と向き合いきれずにいました。「神様どうしてこんなひどい仕打ちをしてくるんや、ぼけ!」と。思い続けていました。瀬古先生がなぐさめてくれて、すごく助かったんですが、そのころは全く理解できない現実でした。

「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。」 (エレミヤ書29:11)

というみ言葉が震災の時にあたえられて、キャンプで被災地から来た先生が語っておられたのです。そのときは、被災地から来たのに、元気を与えるどころか元気をもらっているのはこっちで、という神様の偉大な力を感じました。

そのときから、ちょっとやそっと悪い出来事が起きても、このみ言葉を胸に乗り越えていくことができたんですが、今回のことばかりは、やっぱり理解できないっていう気持ちだったんです。「もうなんでやねん!」という感じでした。それからというもの、神様に頼ることも少なく、勉強も完全にやる気を失い、人間トラブルというものを経験し、人生最大の絶望と苦しみを味わっていました。それでダラダラ過ごしていたんですが、センター入試の直前になると、いろんな人が祈ってくれていました。「神さまは努力したら絶対に報いてくれる」という言葉をクリスチャンの友達に言われ、その言葉にすがるかのように、猛勉強しました。不思議なことに、めちゃくちゃはかどっていました。センターではそこそこの結果が出て、神様の力を実感し、「これならいける!神様お願い!」っと思い、勉強中も守っていただきました。そして、無事、なんやかんやで京大に受かることができました。さらに、その後の中高生キャンプにボランティアスタッフの奉仕で参加して、祈りの中で神様をはっきりと感じ、心の中にあった重荷が全て取り除かれ、スッキリした感覚を覚えました。現実のことは俺にもわからないけど、抑え込んでたなにかから解放された感覚になりました。「本当に神様の力ってすごいな」と、理解できないことだらけだけど、たぶん人間の理解の範囲には治らない偉大な計画があるんだなと感じました。あのエレミヤ書29:11の言葉を実感したんです。「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。」

いま、大学生活は楽しいです。いろいろな楽しみが転がってるからこそ、本当に神様と共に歩むことが大切だなと、しっかりと信仰生活を送っていきたいです!

今日まで守られて

御影神愛キリスト教会 会員 ご婦人

聖書の御言葉「私の目には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。」イザヤ43.4

 

私が、幼い時から感じていた、自分というもの、大切にされたいという気持ち・・その時は分からなかったけれども神様が一つ一つ叶えて下さいました。

私は、小学校に入学する前に神愛子供ホームに来ました。 そこで、バイヤス先生、多治見さん、川名さんによって、育てていただきました。当時、ホームでは、朝、夕30分ぐらいの礼拝をもっていました。賛美、聖書を読み、説教を聞き祈りました。毎日の事だったので、子供ながら苦痛に感じることもありました。頭の中で理解する事と心の中で感じることが、ちぐはぐな気持ちのまま、言われた事にたいしては、素直に聞いていたと思います。

何時、信仰をもったか自覚なく、朝、夕食事を頂くように、信仰も自然に心の糧になっておりました。いつの頃かわかりませんが、気が付いたら信仰を与えられていたように思います。そして、中学生の時に洗礼式を受けました。

その後、銀行に就職し銀行の寮に入りました。やっと自由になったと思う気持ちと、一人で生活する不安を感じていました。自分で色々選択できるようになっても、教会生活をやめる気持ちになりませんでした。日曜日になると、私の足は、教会に行っていました。日曜学校教師をしていたことも教会に繋がった事だと思います。

社会生活を送りながら、主人に出会い、息子が生まれ、楽しく、幸せに暮らしていましが、子供が小学一年生の時、乳がんを発見され、手術しました。正直、落ち込みました。「あ~もう私の番がきたの?」どうしょうと思いましたが、牧師先生方を始め、教会員の皆様のお祈りに支えられて、今こうして、元気に暮らしております。感謝です。

7歳だった息子も、今年高校生になり、主人の背丈をはるかに超えて、青春を謳歌しております。

振り返ると、自分で歩いてきたと思う事も、すべて神様の計画の中で歩んでこれたんだと思います。 神様はいつも私にとって、最善な事をして下さる方だと思います。

何の取り柄のない私ですが、一つ神様から与えられたと思うのが、「継続力」です。御影神愛教会に属して50年ぐらい経っております。 守られていると思います。神様に感謝し、教会と家族に感謝しております。

今日お話しできたことを心より感謝しております。ありがとうございました。

 

 

本物の神

御影神愛キリスト教会 会員 辰巳玲子

 

私はごく普通の日本らしい家に生まれたと思います。家には仏壇と神棚があり、毎日それらに水や花を供えて手を合わせ、掃除とお参りのためにお墓や神社に行き、地域のお祭りに参加をして神輿を担ぐのが当たり前の生活をしていました。しかし、子ども心に仏壇や神棚の置いてある部屋が大嫌いで、しかも、自分が死んだらご先祖様として祭られるために仏壇の中に入るなんて絶対に嫌だと思っていました。

また、幼い頃の性格と言えば、とても人見知りで、家族の前では明るくても一歩外に出れば別人のように無口で、集団生活に馴染めずに友達からよく意地悪をされていたと思います。その為に、保育園や幼稚園に行くのが嫌で、「お腹が痛い」とよく嘘を言っては休んでいました。そして、その様な生活を続けていると、出かける時に本当にお腹が痛くなるという悪循環が定着していきました。

私が小学校2年生になった頃、私の母が知り合いに勧められて初めて教会に行きました。一度行ってすっかり感動した母は、次の日曜日に「教会学校もあるみたいだから一緒に行こう」と言って、私と兄を教会に連れて行くことにしました。その日も、私は初めての場所に行くという事で、向かう途中の電車の中でいつものようにお腹が痛くなりました。腹痛を我慢しながら母に支えらて教会に着いたのですが、不思議なことに、教会の玄関をくぐった途端に腹痛がなくなったのです!「あれ?お腹治った!」と言った私に対して、「え!?ホント?」と母は不思議そうな顔をしていました。その後、案内されるまま礼拝堂に入りましたが、壁にかかっている十字架を見たとき、単純に「この神様は絶対に本物だ」と思いました。その場がとても聖くて輝いているように見えました。そして、聖書のお話は理解できませんでしたが、礼拝の最後に「イエス様を真の神様だと信じる人がいますか?」という牧師先生の問いかけに対して、しっかりと手をあげました。

その日以来、出かける時にお腹が痛くなるという悪い習慣がなくなりました。友達も増えていきましたし、家の外ででも活発に遊べるようになりました。そして、毎週教会に行き続け、12歳の時に洗礼を受けました。

クリスチャンとしての生活が始まってから現在に至るまで色々なことがありましたが、辛い悲しいことがあった時ほど、イエス様と、同じ神様を信じる方々に支えられて来ました。今もイエス様と共に歩む人生を送れていることにとても感謝しています。