Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

神に導かれて

 

御影神愛キリスト教会 神学生 塚本良樹

 

私がクリスチャンとして生きていることの最初のきっかけは、両親がクリスチャンという日本社会では非常に特殊な家庭環境で生まれたことです。そう言うと、「やっぱりそうですか」と言われそうですが、親がクリスチャンであることと、私がクリスチャンであることは必ずしも関係ないと思っています。もちろん、小さいころから聖書の話を聞くことができたことは、本当にありがたいことです。ある時期、「劇的にクリスチャンになった人がうらやましい」と思っていましたが、今ではクリスチャンの両親に生まれたことに本当に感謝しています。

ともかく私は、聖書に記された、神様がイエス・キリストを通してなされた救いの物語を小さい頃から信じていました。その意味では、私の罪はすべて赦され、天国に行く切符をもらってはいました。しかし、このことがどれだけありがたいことかということを知ったのは、つまり、クリスチャンとして生きていられることがどれだけ素晴しいことかということを知ったのは、大学に入ってからだったのです。

私は大学進学のため、生まれ育った神戸から東京に行きました。1年生の前期は、今から思えば、死んでいました。今だから言えることですが、当時の僕の心は自分の将来の夢(学者になりたかったのですが)といかにして彼女を作るかということにばかり向いていました。クリスチャンであるのに、日曜日に活動がある野球サークルに入り、そうであったとしても何らかの形で礼拝に行くべきであったのにそうせず、たまに行ける日があっても土曜の夜遅くまで飲み会などで騒いで次の日は起きたら昼だったというようなこともあり、だんだんと教会から足が遠のいていきました。聖書は読まず、もちろん聖書で言っていることを実行することもなく、人を見下し、人をうらやみ、自己中心的に生きていました。

おそらく普通の基準で見れば、そんなに悪いことをしていたわけではないかもしれません。しかし大切なのは、神様のことを考えれば、神様がどう見ているかを考えれば、あるいは神様が愛しておられる一人一人の人間の本当の尊厳を考えれば、ありえない生き方であります。神を信じているのに、神が悲しんでいることを一切気にせず、神を無視して生きていたのです。

その夏、私はいくつかの教会が集まる合宿に参加しました。合宿の講師は罪について語りました。それが、当時の私の姿そのものでした。「もちろん自分は十字架を信じているから罪は赦されている。でも、それにもかかわらず、こんなにも神を悲しませてきた。なんて申し訳ないんだ。」―なぜであるかは分かりません。しかし、そのように素直に思わらされたのです。そして、イエス・キリストの十字架が語られました。不思議なのですが、そのとき私は本当に感動したのです。ものすごく主観的で、感覚的な話なのですが、とにかく「すごい」と思わされたのです。

それから、私は毎週教会に行き始め、「神が悲しむ生き方ではなく、喜ぶような生き方をしよう!」という人生を目指すようになりました。しかし、クリスチャンはあくまでも「赦された罪人」に過ぎません。それからも、神様のことを忘れて、神様が悲しむことをして、人を傷つけたことも多かったです。

そのなかで助けとなったのは、KGK(キリスト者学生会)という大学生のキリスト教サークルでした。ともに聖書を読むなかで、疑問などを話し合ったり、祈り合うなかで、神様がどれほど偉大であるか、十字架の赦しがどれほど重いものであるか、聖書がどれだけ面白いか、教会がどれほど大切かということを何度も教えられました。神様はすばらしい方です。私を救ってくれたばかりか、アフターサービスとして、たくさんの仲間を与え、多くの励ましと気づきを与えてくださいました。だからこそ、私のような者でも、今クリスチャンとしてギリギリ生きていられるのだと思います。

私はこれから、アメリカの大学院で、さらに聖書を学ぶ予定です。神様のすばらしさをますます知り、それを全世界に伝えたいと願っています。

 

 

私が救われた時

御影神愛キリスト教会 壮年部 久保健二

 

私の父は大工で母は専業主婦でした。私は3人兄弟の次男として生まれました。今から39年前の昭和51年3月に私は高校卒業後、阪神間を本拠地とする信用金庫に就職しました。就職と同時に親元を離れて会社の独身寮に入り、これからは誰にも頼らずに自分自身の力で生きていくと決意し、社会の荒波に飛び込んでいきました。最初に配属されたのは尼崎市内の駅前の支店でした。私は最初、定期預金係となりましたが、3年後には営業係になり、地元の市場や商店を担当して毎日朝から夜遅くまで働き、休日は疲れて寮で一日中寝ているというような日々を過ごして10数年が経過しましたが、自信過剰気味だった私にも次第に大きな壁にぶつかるようになりました。自分自身の目的を見失い、一体何のためにこんな人生を歩んでいるのかと考えるようにもなりましたが、そんな私に人生の転機が訪れました。

今から24年前、私は西宮市内の支店で営業係として取引先を訪問しておりましたが、その中に薬局を経営している取引先があり、私はその取引先に大変失礼なことをしてしまいました。その薬局は店先にたばこの自動販売機を置いており、専売公社(いまはJT日本たばこ産業といいます。)より、たばこの仕入れの支払いに小切手を振出していたのですが、その取引先は当座預金の口座に残高を置かずに小切手を振出していた為、小切手が交換で回ってくると残高不足となり、その取引先に入金の督促の電話を架けて集金のため訪問することが続き、ある時、私は経営者のご婦人に「当座預金はあらかじめ残高を入れて置いて小切手を振り出すものですよ、このように残高不足の状態を続けると不渡り事故が発生する危険が伴いますよ。」と説教じみた物言いをしてしまいました。経営者のご婦人は私に当座預金は利息が付かないから残高を置いておくのはもったいないと言いましたが、私は更に追い打ちをかけるように、「おっしゃるとおり、小切手や手形の決済口座である当座預金には利息が付きませんがそのかわりに残高を置いておけば信用がつきます。」と企業先ならともかく、個人事業の取引先に対してもっともらしく言ってその経営者のご婦人を怒らせてしまい、取引が疎遠となってしまいました。その後、暫く経って先ほどの薬局経営者のご婦人のご主人が亡くなられ、近くの教会でお葬式が行われることを知りました。担当地区内でのお葬式には取引の有る無しに関わらず、すべて参列するのが中小金融機関の習わしとなっており、私は初めての教会でのお葬式に戸惑いながらも営業店の代表として参列致しました。その翌日、私は薬局のご婦人に電話で呼び出されました。あの日以降一度も薬局には訪問しておらず、急な電話だったことから、私はご主人のお葬式に参列したことが気に障ったのかなと思い、お詫びするつもりで訪問したところ、ご婦人から、思いもよらず丁寧なお礼の言葉を戴き、亡くなられたご主人が教会の信徒で長年病気療養中であったこと、神奈川県平塚市にいる息子夫婦もクリスチャンであり、自分だけがどうしても信仰を持てずにいることを話されました。そんな話を伺った後、私の方からも先日の失礼な物言いで怒らせてしまったことをお詫びしました。このことがあってご婦人から取引を再開してもらえることとなり、更に近所で文房具店を経営するお姉さんにも取引を紹介して頂きました。

ある時、薬局のご婦人から、私個人のことについて尋ねられ、私が当時30歳を過ぎていてまだ独身でいることを聞いて、その年の11月頃になって先ほどの文具店のお姉さんを通じて私に一人の女性を紹介されました。年が替わって1月に初めて会ったその女性は私より7歳半年下の方で、この御影神愛キリスト教会の信徒でありました。その女性に誠実さを感じた私は女性の勧めに従い、次の週の日曜日に初めて御影神愛キリスト教会の礼拝に出席し、その日以降毎週日曜日にこの教会に通うことにしました。そして受洗講座を受けることになり、自分が罪人であること、私の罪のためにもイエス・キリストが死なれたこと、そしてイエス・キリストを信じることによって罪が許されて救われることを知り、信仰を決意し、洗礼を授けて戴きました。

それから暫くして私は別の支店に転勤となり、転勤の挨拶の為、薬局を訪問してご婦人に私がクリスチャンになったことを告げたところ、そのご婦人は大変喜ばれ、ご婦人自身もようやく信仰を受け入れる決心をしたことを私に話されました。私は大変驚きましたが、私とご婦人が救われたのは主のご計画だったのだと確信しました。その年の6月に私は、主が私の妻に選ばれた先ほどの女性「とも子」と結婚しました。主は私たちと私たちの家庭を恵まれ、長男祐輝と次男豊の2人の子供を与えられました。2人の子供は健やかに成長し、長男の祐輝に続いて2年前に次男の豊にも信仰が与えられ、また近所に住んでいた妻のお母さんをお迎えし、3世代のクリスチャンホームとなりました。途中、阪神淡路大震災を経験するという試練もありましたが、いつも主の恵みに満たされていたことに感謝しています。

 

 

与えられた環境

 

御影神愛キリスト教会 会員 甲斐智教

私は「自分はいま○○歳だから死ぬまでは○○年くらい」 「まだ若いし、そんなすぐに死ぬことはない」「今はする時間がないから、いつか年をとって時間ができたらやろう」と、自分の人生は神様のご計画に従って御旨のままに~と口では言いながら、無意識に人生のレールを敷いて終着駅までの行程を勝手に決めてしまっている生き方を、少なくとも10年以上前まではしてきました。

数年前にとても大切な家族を30代という若さで突然天に送ることになり、今日と同じ明日を迎えられるというのは必然ではなくて奇跡的なことだということを痛感しました。若いから、年だからとかそんなこと関係ないんだと。それから死というものを以前よりずっと身近に感じるようになりました。

今年で東日本大震災からもう4年が経ちますが、発生から2ヵ月後の2011年5月のゴールデンウィークに私と妻の2人で福島県いわき市に支援活動に行きました。同じアッセンブリー教団のいわきアッセンブリー教会を拠点にし、周辺の小中学校や公民館などの避難所に救援物資を届けたり、炊き出しをしたり、いわき市は温泉街なので入浴のできない避難所に温泉を足湯として届けたり。避難所で布団は支給されるが枕がなく、眠れないという話があったので周辺の教会と協力して枕を作って届けたりもしました。バプテストや福音教会など現地の様々なキリスト教会はもちろん関東の教会から来られた海外の方達とも協力し、教団・教派を超えた支援活動になりました。

ただ私たちが行った5月というのは震災からすでに2ヶ月経っていたため、食べる物や着るものという最低限必要なものはある程度揃っているころでした。物資をお届けすることはもちろん大事ですが、それよりもただお話をお聞きするということが最重要活動項目でした。

大抵は、震災の時、何をしていて、誰とどこにいて、直後に~に向かって逃げて、~が助けてくれて、その後は~の避難所にいて、こういった体験談を話されてから、私たちに対してどこから?なぜ来たのか?を聞かれることが多かったように思います。

神戸のキリスト教会から来たということをお話すると、遠方からの訪問、それも同じく震災を経験した土地から来たことにとても感謝され、とてもありきたりな言葉ですが逆に励まされる思いでした。

その活動の中で当時避難所になっていたある小学校で炊き出しをしていたところ、あるご婦人とお話をする機会が与えられました。自分の現在置かれた境遇の大変さや様々な話をされましたが、その中で「とりあえず、まず今日を生きるしかないわな」とポツリと言われたことが今でも忘れられないです。

環境に恵まれることで幸いなこともあるし不幸なこともあると思います。神様が備えて下さっている物であったり時間であったり置かれた環境であったり、いつの間にか恵みに麻痺して、与えられた素晴らしいものに感謝をすることを忘れてしまいます。当然あるものと思っていたものが、取り去られることで初めてその価値に気付かされる、そんなことに改めて気付かされた日々でした。

今日と同じように明日が迎えられる、ただそのことに日々感謝して。

 

 

「神様の愛」

 

御影神愛キリスト教会 会員  後藤洋子

私が初めて神様に出会ったのは幼稚園の頃でした。家ではクリスチャンホームではなかったのですが、母がミッション系の学校出身だったからか「イエスの生涯」とか「聖書物語」という題名の絵本を私によく読んでくれました。そして「困ったときは神様にお祈りしたら必ず助けてくれるからね」と教えられました。子供心に神様はすごい人なんだと思いました。

中学生の時、母にクリスチャンというのは、どういう人がなれるのかを聞いた時、母は「洗礼っていうのを受けたら誰でもなれるけど、うちの家は仏教だからあなたはダメよ。クリスチャンの家にお嫁に行ったらいいけどね・・・。」というようなことを言いました。

高校生の時、私にすごく不思議な事件が起こりました。ある冬の寒い日、熱がでて学校を休みました、私の部屋は2階でしたが、高熱で階段の上り下りがつらく、おまけに部屋には暖房器具もなかったので、1階のリビングのソファーで寝ていました。父と母は「そこでじっと寝ていなさいよ。」と言い残して家に併設してある仕事場に行ってしまいました。しばらく、ウトウトしていたのですが、ふっと心の中に「やっぱり部屋に行こうかなぁ」という思いがわきました。すると「いや、部屋は寒いヨ」という声が聞こえ、「やっぱり自分の部屋の方が落ち着くョ」・・・という声が次々聞こえました。外国のアニメで主人公を悪魔が誘惑し、反対側から天使が引き止めている場面がよく出てきますが、まるでその状態のようでした。私が悩んでいると「さっさと部屋に行きなさい!」といきなり怒鳴られ、思わず「ハイ!」と返事して自分の部屋に行きました。ベッドに入って布団をかぶった瞬間、ドーンとすごい音がして、家がグラッとゆれました。「何だろう?」と思いましたが熱で頭もぼーっとしていたので、そのままウトウトしていると下で父と母が大きな声で私の名前を読んでいるのが聞こえ、完全に目が覚めました。リビングに行くと、天井のしっくいが剥がれ落ちて床一面がれきの山でした。私がついさっきまで寝ていたソファーも埋もれ、父たちはがれきを除きながら私を探していたのでした。あのまま寝ていたら・・と思うとゾッとしましたが、この時は、まだ私はすごい幸運の持ち主だという風に考えていました。その後、大学生になり、なぜか関学の神学部の人達と話をする機会がありました。5~6人でワイワイ話していると、その中の一人が急に聖書について熱く語り出し、「神様の奇跡って、案外起こったときは気づかなかったりするけど、あとで思い起こしたときにわかるものだ」と言うことを妙に力説していて、その時に私はあの天井事件を思い出し、あれは神様が助けてくれたのだと知りました。

小学生の頃、日曜学校に少し行っていたときもありましたが、うちの家は日曜日は家族で遊びに行ったりして過ごすことが多く、1回休み、2回休み・・・しているうちに行かなくなりました。その後は私自身、なぜだか神様にとても興味があり、教会にも行きたい気持ちを持っていましたが、その機会がないまま、何年も経ってしまいました。ですから、主人と付き合いだした頃に主人が、「家族がクリスチャンでぼくはまだちがうけど、教会に行こうと思う・・・」と行った時には本当にびっくりしました。そうして、この教会に導かれてくることができました。

結婚が決まり、婚約式の前に洗礼を受けました。この時も母の言葉が頭に浮かび、式が終わってからにしようか悩みました。その頃通っていた学校の神父さんが私が何もいっていないのになぜか私を職員室に呼び、「神様はずっとあなたの心の扉をたたいておられます。あなたはそれを素直に受け入れるだけでいいのです。あとは神様が、すべてあなたにいいようになさってくださいます。」とおっしゃり、それを聞いて私は洗礼を受ける決心をしました。私の家族には結婚式が終わってから報告しました。

「お証し」するにあたり、小さい時からのことをいろいろ思い出しているといろんな場面で常にずっと神様がそばにいて下さり、クリスチャンでなかった私でも守って下さり、すばらしい恵みを与えてくださっていたことを感じました。クリスチャンになってから30年と少し経ちますが、私自身、その間、少しも成長していないように思います。それでも神様は私を見捨てないでいて下さることに本当に感謝しています。

 

 

「災いの中に希望の主」

 

久保 とも子   御影神愛キリスト教会メンバー

1995年1月15日私は主人と生後6カ月の息子を連れて、弟の誕生祝いのため、近所の私の実家を訪れていました。実家は築50年以上経つ古い木造家屋で、父の仕事関係の道具類が積み上げられており、その時にも「地震でもあったら本当に危ないよね」という話もしていました。その日の帰り、人通りもなくしーんと静まり返った道を、大きな明るい月が光々と照らしていました。その時なぜか「この平和な時がいつまで続くのだろう」と私の中に不安が沸き上がってきました。

そして迎えた17日早朝、ゴォードンという音がし、次の瞬間激しい横揺れに見舞われました。家中でガチャガチャとすごい音がして、物が落ちるというより飛んでくるという感じでした。私も主人もとっさに、横に寝かせている息子におおい被さりました。今思うと不思議ですが、地震の起きる一時間位前にベビーベッドに寝かせていた息子が泣いてぐずり出したので、ベッドから私のふとんの横に寝かせていました。もしあのままベッドに寝かせていたら、柵で頭を打ちつけるか、落ちてけがをするかしていたでしょう。

大きな揺れがおさまった後も何度も余震が続き、不安の中「主よー主よー」とその言葉しか出てきませんでした。

辺りが明るくなった頃、ようやく家の中の様子がわかりました。電気のカサはすべて外れ、台所には割れた食器が散乱し、テレビは飛んで落ちてひどい状況でした。庭の生け垣は崩れて倒れ、地中の水道管が壊れて水が噴き出していました。しかし、私達のマンションは倒れませんでした。あの大きな地震で特に多くの被害と犠牲者が出た東灘区で、家族三人が怪我ひとつなく助かったことは、本当に奇跡であったと思います。

安堵したのも束の間、次は実家のことが心配になってきました。「あの古い家ではもうダメかも」と最悪の事態が頭をよぎりました。とにかく主人に様子を見に行ってもらいました。無事を祈りながら待つ時間はとても長いものでした。ようやく主人が戻りましたが、誰か知らない人を連れて入って来ました。よくよく見るとそれは母で、私が見ても判らない程風貌が変わっていました。大きな外傷は無かったものの、全身は土ぼこりで真っ白に、顔は腫れ上がりパンパンになっていたのです。実家は全壊し、母は4時間もの間家の下敷きになっていたそうです。しかし、弟の部屋の天井だけがかろうじて壊れず残っていたので、弟は助かり、弟と近所の人が協力して母を助け出したという事でした。父は、持病の治療の為、朝早くに病院に向かっており無事でした。父の寝ている場所は、特に重い道具類や家具が倒れており、もし家に居たら命はなかったでしょう。神様が一人一人違う状況の中で守って下さった事を本当に感謝しました。

話は横道にそれますが、父は私が信仰を持った時からずっと、教会に行く事を反対し続け、神様の話をしてもすべて否定してきました。この頑固な父が救われるのは不可能ではないかと、10年以上ずっと祈っていたにもかかわらず、私の中には否定的な思いがありました。けれど、この地震で父の命が守られたのは、主のご計画があるのだと、確信することができました。そして地震から4年後、父はイエス様を救い主として受け入れ、病床ではありますが、洗礼を受けることができました。クリスチャンとなって天に召されるまで二週間という短い間でしたが、あの父が病気で苦しい中、私の手を取って祈ってくれるまでになっていました。本当に祈りは聞かれるのです。

話を戻しますが、家族みな命は守られ、家も半壊ではありましたが、小さい子供と病気の父を連れて避難所に行く事もなく、マンションにとどまる事が出来ました。主は、

「試練と同時にそれに耐えられるようにのがれる道も備えて下さる」

(第Ⅰコリント10:13)のです。

しかし、その後の生活は過酷なものでした。電気は1週間程で復旧したものの、ガス、水道のライフラインは絶たれ、トイレ、風呂はつかえず、昨日まで当たり前だった日常生活すべてが取り上げられた状態でした。電車、道路は寸断されており、主人と弟は毎日何時間も歩いて通勤し、私は日に何度も給水車に水を汲みに行ったりと、皆が疲れきっていました。家の再建やこの先どうなるのかという不安が常にありました。そんな時息子の成長が、私達家族の希望となりました。泣き、笑い、たくさん食べ、つかまり立ちし、はじめの一歩を歩きと、すべてが慰めになりました。また、教会の先生方や信徒の皆さんも同じように被災された中、実家のガレキの中から大切な物を取り出して下さったり、必要な物を届けて下さったりと、多くの面で支えて下さいました。そして、何より主がいつもそばにいて下さった事は言うまでもありません。

「主はその羽をもって、あなたをおおわれる。あなたはその翼の下に避け所を得るであろう」(詩篇91:4)

あれから20年・・・子供の成長と共に神戸の街もここまで復興しました。20年前に守られ、今生かされている事は主のご計画であると受け止め、主から私達に託された使命を全うする者でありたいと願っています。

「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安をあたえようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである」

(エレミヤ書29:11)