Mikage Shinai Christ Church

神様との出会い

「災いの中に希望の主」

 

久保 とも子   御影神愛キリスト教会メンバー

1995年1月15日私は主人と生後6カ月の息子を連れて、弟の誕生祝いのため、近所の私の実家を訪れていました。実家は築50年以上経つ古い木造家屋で、父の仕事関係の道具類が積み上げられており、その時にも「地震でもあったら本当に危ないよね」という話もしていました。その日の帰り、人通りもなくしーんと静まり返った道を、大きな明るい月が光々と照らしていました。その時なぜか「この平和な時がいつまで続くのだろう」と私の中に不安が沸き上がってきました。

そして迎えた17日早朝、ゴォードンという音がし、次の瞬間激しい横揺れに見舞われました。家中でガチャガチャとすごい音がして、物が落ちるというより飛んでくるという感じでした。私も主人もとっさに、横に寝かせている息子におおい被さりました。今思うと不思議ですが、地震の起きる一時間位前にベビーベッドに寝かせていた息子が泣いてぐずり出したので、ベッドから私のふとんの横に寝かせていました。もしあのままベッドに寝かせていたら、柵で頭を打ちつけるか、落ちてけがをするかしていたでしょう。

大きな揺れがおさまった後も何度も余震が続き、不安の中「主よー主よー」とその言葉しか出てきませんでした。

辺りが明るくなった頃、ようやく家の中の様子がわかりました。電気のカサはすべて外れ、台所には割れた食器が散乱し、テレビは飛んで落ちてひどい状況でした。庭の生け垣は崩れて倒れ、地中の水道管が壊れて水が噴き出していました。しかし、私達のマンションは倒れませんでした。あの大きな地震で特に多くの被害と犠牲者が出た東灘区で、家族三人が怪我ひとつなく助かったことは、本当に奇跡であったと思います。

安堵したのも束の間、次は実家のことが心配になってきました。「あの古い家ではもうダメかも」と最悪の事態が頭をよぎりました。とにかく主人に様子を見に行ってもらいました。無事を祈りながら待つ時間はとても長いものでした。ようやく主人が戻りましたが、誰か知らない人を連れて入って来ました。よくよく見るとそれは母で、私が見ても判らない程風貌が変わっていました。大きな外傷は無かったものの、全身は土ぼこりで真っ白に、顔は腫れ上がりパンパンになっていたのです。実家は全壊し、母は4時間もの間家の下敷きになっていたそうです。しかし、弟の部屋の天井だけがかろうじて壊れず残っていたので、弟は助かり、弟と近所の人が協力して母を助け出したという事でした。父は、持病の治療の為、朝早くに病院に向かっており無事でした。父の寝ている場所は、特に重い道具類や家具が倒れており、もし家に居たら命はなかったでしょう。神様が一人一人違う状況の中で守って下さった事を本当に感謝しました。

話は横道にそれますが、父は私が信仰を持った時からずっと、教会に行く事を反対し続け、神様の話をしてもすべて否定してきました。この頑固な父が救われるのは不可能ではないかと、10年以上ずっと祈っていたにもかかわらず、私の中には否定的な思いがありました。けれど、この地震で父の命が守られたのは、主のご計画があるのだと、確信することができました。そして地震から4年後、父はイエス様を救い主として受け入れ、病床ではありますが、洗礼を受けることができました。クリスチャンとなって天に召されるまで二週間という短い間でしたが、あの父が病気で苦しい中、私の手を取って祈ってくれるまでになっていました。本当に祈りは聞かれるのです。

話を戻しますが、家族みな命は守られ、家も半壊ではありましたが、小さい子供と病気の父を連れて避難所に行く事もなく、マンションにとどまる事が出来ました。主は、

「試練と同時にそれに耐えられるようにのがれる道も備えて下さる」

(第Ⅰコリント10:13)のです。

しかし、その後の生活は過酷なものでした。電気は1週間程で復旧したものの、ガス、水道のライフラインは絶たれ、トイレ、風呂はつかえず、昨日まで当たり前だった日常生活すべてが取り上げられた状態でした。電車、道路は寸断されており、主人と弟は毎日何時間も歩いて通勤し、私は日に何度も給水車に水を汲みに行ったりと、皆が疲れきっていました。家の再建やこの先どうなるのかという不安が常にありました。そんな時息子の成長が、私達家族の希望となりました。泣き、笑い、たくさん食べ、つかまり立ちし、はじめの一歩を歩きと、すべてが慰めになりました。また、教会の先生方や信徒の皆さんも同じように被災された中、実家のガレキの中から大切な物を取り出して下さったり、必要な物を届けて下さったりと、多くの面で支えて下さいました。そして、何より主がいつもそばにいて下さった事は言うまでもありません。

「主はその羽をもって、あなたをおおわれる。あなたはその翼の下に避け所を得るであろう」(詩篇91:4)

あれから20年・・・子供の成長と共に神戸の街もここまで復興しました。20年前に守られ、今生かされている事は主のご計画であると受け止め、主から私達に託された使命を全うする者でありたいと願っています。

「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安をあたえようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである」

(エレミヤ書29:11)

 

 

驚くべき神の愛

岸部 誠  御影神愛キリスト教会メンバー

 

「なんじらは恵みによりて救われしなり」(エペソ2章5節・文語訳)

 

私の救いにいたるきっかけは今から60数年前であるが、アメリカから1人の宣教師が来られた。名はエレン・山田と言い、日系のアメリカ人であり、新任の宣教師は1年間の訓練期間があるので、フローレンス・バイヤス師(東灘神愛キリスト教会)のものとに身を寄せ勉強中であった。初めて赴任したときは三宮駅で降りることがわからず、神戸駅で降りられ「神のとびら」と読まれたそうである。師は神の戸が開かれるままに宣教の情熱に燃えてご奉仕された。「神戸」・・誰が名付けたのか分からないが考えてみると素晴らしい名前である。クリスチャンにとっては少なくとも縁の浅からぬ名前である。

あるとき、師から私に聖書研究会を行っているので来ないかとお招きを受け、私も多少の興味があったので行くことにした。それは週に一度の集まりであり、4~5名の人が集まっていた。お話の中で、タイタニック号の遭難のことがあった。イギリスから大西洋の北回りでニューヨークに着く当時の豪華船で、船長もいつもの慣れたコースであった。乗客も当然のことながら楽しい船旅であるはずであったが、運悪く流氷と激突し沈没するのである。救命ボートにむらがる乗客が助かるため、我先にとひしめき怒号が飛び交い、子供たちの泣き叫ぶ声でさながら、阿鼻叫喚をきわめた。ところが、これとは別に傾きつつある甲板に、宣教師の1団が喧騒とはよそに「祈り」、そして「主よ御元に近づかん」の賛美が流れていた。泣き叫ぶ集団とは別世界の姿であった。

私はこの話を聞いてから数日頭に残った。それば、死を目前にして彼らを平安ならしめるものは、一体何なのか?私の持っていないものを彼らは持っていると、深く考えさせられ、これをきっかけとして主を求めるようになった。後日、罪を悔い改め、イエス・キリストを受け入れ救われた。私の救われた証拠は聖書のマタイの福音書にある「子よ、心安かれ汝の罪許されたり」の言葉である。そして救われたばかりでなく、永遠の命のお約束を与えられた。それは

 

「我は甦りなり、命なり、我を信ずる者はたとえ死すとも生きん、生きて我を信ずる者は永遠に死を見ざるべし」(ヨハネ11章・文語訳)

 

これは、私の生涯における大切なみことばの1つである。

以後、よき師、よき先輩のご指導を受けながら、日曜学校のご奉仕をさせていただき、路傍伝道にも立たせていただき、トラクト配布など行ってきた。その後、あの激しい天幕伝道にも参加し、非常に疲れたが神の栄光を拝することができた。今は昔のような元気はないが、現在の希望は昔のリバイバル聖歌の歌詞にあるように「主の手に引かれて、いずくえなりとも御旨のまにまに日々従い行かなん」の心境に一歩でも近づきたいと思っている。私は若い時、イザヤ書に「虫にひとしいヤコブよ」(イザヤ41)という言葉にひっかかり、イスラエル民族の始祖ともいうべきあの偉大なヤコブが虫に等しいならば、それ以下の自分は何なのか、吹けば飛ぶようなチリかゴミかと卑下したことがある。その時、「我かぎりなく愛をもって汝を愛せり、故に我たえず汝を恵むなり」(エレミヤ31・文語訳)の言葉をいただき、考えてみれば、私のような罪深い、しかも無きに等しい者にまで届く神の愛を思う時、涙して感謝したことをおぼえている。

 

「わが命の日の続く限り、めぐみといつくしみとがわたしを折ってくるであろう。」(詩篇23・文語訳)

 

 

みことばのちから

 

古妻恭子  御影神愛キリスト教会メンバー

 

私は、福井県のいちばん北にある、現在はあわら市、当時は金津町という、広い田園地帯に囲まれた小さい町で生まれ、高校卒業までをそこで過ごしました。小学生の頃本を読むのが好きで、よく図書室に本を借りに行きました。ある土曜日の午後、いつものように図書室に行くと、入って正面の窓から光が差していて、左手にある本棚の一冊の本を照らしていました。そこには、赤い表紙に金色で“聖書”と書かれた本があり、とてもきれいで思わず手に取り、その一冊だけを借りて帰りました。見るとその本は前編と後編に分かれていて、後編の方から読み始めました。途中で、ここがポイント、みたいな所があり、すぐにノートに書き写しました。それは、心の貧しい者は幸いである、から始まる言葉で、その意味は理解できませんでしたが、大事な所だと思ったので、その通りに書き写しました。福井は、仏教、中でも浄土真宗の教えが拡がっていて、地域の行事もそれに根ざしたものでした。

中学生の時に、神戸の垂水の教会で親戚のお葬式があり、母が出席しました。初めてキリスト教のお葬式に参列した母は、帰って来るなり、とても良いお葬式だった、と話し始めました。「牧師の話はとても解りやすく、素敵なお葬式で、私も是非クリスチャンになりたいわ。でも、いったいどのようにしたらなれるのか、誰も教えてくれないね。」と言ったので、私も即座に、「本当に誰も教えてくれないね。」と答えていました。何故、学校で教えてもらえないのか、とても不思議に思いました。

大学は兵庫県内の学校に進み、神戸の叔父さんの家から通いました。叔母さんはクリスチャンで日曜日には礼拝に出席し、いとこ達は教会学校に通っていました。叔母さんの友達に、「教会にいらっしゃいよ。」と誘われましたが、日曜日は安息日だから休まないといけないので、と言って断っていました。大学3年の時に室内楽の同好会をつくり、毎日放課後に集まって練習をしていました。最年長のチェンバロ奏者がある日突然、「僕な、バッハを理解するには聖書が解ってないといけないと思って、聖書を読み始めたんや。」と言い、それを聞いて、「なるほど、私も読まなければ」と思いました。話は前後しますが、大学2年の夏に、母が交通事故で突然他界しました。後に聖書の中の、あなた方のあった試練で、世の常でないものは無い、という御言葉に出会って、本当にその通りだと思いました。

社会人になって研修医の頃は、ただ知識と技術を身に着けるのに必死で、5年目頃からようやく意見を求められるようになりました。一方その頃から、それまで正しいとされていた事の中には、別の見解が現れて誤りだと言われたり、その時の情勢の流れに従ってその都度誘導されて行く事に、違和感を持つようになりました。よく言えば日進月歩、実は、それ程に、今が常に不完全な状態だという事で、「それならば、いつまでも変わらない、しっかりとした土台に立っていたい!」と思うようになりました。その頃私は、聖書を実用書として読んでいましたが、イエス様が生まれてから当時で2000年近く内容が変わっていないというだけで、充分信頼に値すると思いました。また、正しい人はいない、と書かれていること、それに、ヨブ記に出てくる友人達は、身近な所で目にする出来事と重なりました。人の本質は時を得ても変わらず、この聖書は本当に偽りの無い書物で、これを土台にすれば大丈夫、と思うようになりました。一方で、洗礼は受けても受けなくても変わらないんじゃないかなあ、という思いがありました。聖書には、信じる者は救われる、と書いてあるし、解説書と照らし合わせて聖書を読んで、解らない事は先生方に尋ねればいいし、それに、洗礼を受けていない私にも、教会の人は、皆親切でした。

受洗当日の朝も、ふと、そのような考えが心に浮かび、前の晩に買っておいたアップルパイを見つめて、これがもしミートパイだったら喜んで洗礼を受けるのに、と、ぼんやりと思って食べた所、なんと中身がミートパイになっていました。形が違うので、あり得ない事で、あまりに驚いて、そのまま洗礼を受けてしまいました。そして、洗礼を受けた後、はっきりと変わった事がありました。まず1つ目は、新約聖書、特にパウロが獄中で信徒に宛てて書いた手紙を読む時、それまでは、薄いレースのカーテンの向こう側で誰かに向かって語られているのを、こちら側で聞いているような感じでしたが、洗礼を受けたとたんに、そのカーテンが取り払われて、直接私に語りかけられる言葉になった事、そして2つ目は、イエス様をより近くに感じられるようになり、思いもよらない事が起きても、神様が一緒にいて何とかして下さるから大丈夫、と思えるようになった事です。

聖書の御言葉は大きな磁石のようで、その磁場の中に入れば、必ずひとつの方向、即ち神様の方向を向くことが出来て、更に深いところにエネルギーが与えられ、それが力になっていくのを感じる事が出来ます。神様はすべての人にこの恵みを備えていて下さって、頭で考えるよりも、まず勇気を出して一歩前に出て、自分で受け取ってみて初めて体感できるのだと知りました。そして、この体験を一人でも多くの方と分かち合う事ができたらいいな、と願っています。

 

 

神さまに導かれて

 

副島 和明  御影神愛キリスト教会メンバー

 

私は専門学校の実習生として子供ホームに行かせていただき、卒業後、子供ホームで勤めさせていただきました。その頃から、教会には子ども達を日曜学校に連れて出席するという形で、関わりを持つようになりました。宗教的な考えでいうと、キリスト教について、良くも悪くもない、メッセージを聞いて、とてもいい考え方だと思う時もあれば、だからといって信仰を持とうと思うような感じでもなかったです。かれこれ20年弱、御影の教会と関わりを持つことになります。年もとったものだと思います。

さて、私は自分でいうのもなんですが、結構マジメな性格で、曲がったことや筋の通らないことは嫌いでして、比較的、自分の努力によって成果を上げてきたようなタイプです。だから、自分自身にもすごく厳しいところがありまして、何かあれば努力することで何とか乗り越えてきました。ですので、自分に厳しい分、人にも厳しかったです。努力しない人を認めたりすることもしにくかったんだと思います。勤めている子供ホームでもそうでした。昔は特にそうですが、スタッフに対しても厳しかったですし、子ども達に対しても厳しかったように思います。今思うと人を許すことができにくかった、自分と違う考えを受け入れにくかったのか?と思います。そういう面で、周りをしんどくさせていたし、自分自身もしんどかったのだと思います。

生きていく中で人の力でどうにかなる問題と、どうにもならない問題ってあるんですね。どうにかなっている間は気づかないものですが…自分の努力で何とかしてきた自分にとって、どうにもならない問題と対峙した時に、私は行き詰ってしまいました。原因不明のめまいに襲われ、「メニエール病」と診断を受けました。男の人では珍しいみたいです。自分がそのようなストレスで病気になることがこれまた許せない訳です…こんなはずじゃなかったって…気持ちとしては下降していくばかりです。そんな感じで、もがきながら働いていました。

さて、子供ホームは本当に恵まれた職場なんですが、今でも、毎週木曜日には杉本先生がホームに来られ、職員対象に聖書の学びの時間を持たせて頂いています。また、毎週火曜日には、個別で杉本先生に時間ととっていただき、個別の聖書の学びをさせていただいています。私も、杉本先生と毎週火曜日に個別で聖書の学びをさせていただいていました。聖書のわからないところ、疑問に思うところを杉本先生に直接聞くことができるんですね。どれだけ貴重な体験だったかと改めて思い、感謝の気持ちでいっぱいです。学びの中で「ヨシュア記の一章を読みなさい」ってみたいに言われるわけです。で、先生は何の意味を持ってこの箇所を読むように伝えられたのか?って読むわけです。これがピンポイントなんですよね。自分が今、気をつけないとダメだよって感じのことに気づけるわけです。自分の中で人知では計れないものがこの世にはあって、人間ってとても不完全で未熟で弱い存在なのだと気づいていきます。また、ちょうど、新会堂建設の時期に近かったこともあり、個別の学びの中で、子供ホームの成り立ち等も聞くことができました。子供ホームがどのようにして作られ、どのような歴史をたどってきたのか。杉本先生との学びの時間を通して、神様の存在に気づいていくと同時に、子供ホームの理念や、どのように作られ、どのような施設なのかということを再認識しました。知っているつもり、わかっているつもりでしたが、全く理解していなかった自分に気づかせていただきました。もともとの意味を知った時、何を基準に働いていたのか?とも考えさせられます。少しずつ神さまの存在を信じるようになっていきます。そんな中、私たち夫婦に長男が誕生します。結婚して10年、子どもには恵まれずだったのですが、とうとう我が家にも家族が増えるということで歓びでいっぱいでした。生まれてきた子は私そっくりでしてね、出産前のお腹の中の写真でたれ目やなぁって思っていたら、顔そのままで出てきました。(笑)。

結婚して10年、やっとこさ生まれた子なので、皆さんから祝福を受け、とても幸せな時間でした。が、入院している妻から電話があり、息子の様子がおかしいことを聞かされます。ミルクを飲んでも、吐いてしまうんですね。いくら飲ませても胃の中に入らない。原因がわからないため保育器に入って検査です。他の親子はお乳をあげて、家族で幸せな時間を過ごす中、私たち夫婦は我が子を遠くから見守ることしかできませんでした。この時、初めて心の底から「神さま、私達の子をお守り下さい」と祈りました。神さま、どうか助けて下さいと。結局、息子は胃の中に飲み込む筋肉が弱かったようで、手術の必要等はなく、無事に退院し今では元気に成長してくれています。神さまが守って下さり、神さまの存在に気づかされたんだと感じました。

人間本当に困ったり、苦しかったり、辛い時、自分ではどうしようもない時に何をするか?神様に頼ることしかできない、ということにも気づきました。神さまが様々なことを通して、気づかせて下さったのだと感謝しています。神さまを信じるように自然となっていきました。で、私なんかは特にそうなんですが、うまくいっている時ほど神さまから離れがちの生活になってしまっているんですね。なんとなくうまくいっていて、感謝の気持ちを忘れてしまう。で、困ったことがあると、神さまに頼るんですね、助けて下さいって。気づかせていただいているんだと思います。今は、うまくいっている時、神さまからいただいた恵みに感謝する。で、うまくいかないことがあったら「神さまはこのことを通して何を気づかせてくださっているんだろう?」と考えるようになりました。感謝ですね。

神さまを信じようと思う、と妻に相談したところ、快く承諾をしてくれH23年10月に洗礼を受けさせていただきました。妻にも家族にも感謝しています。

 

生きておられる神様

 

米田多嘉子  御影神愛キリスト教会メンバー

 

私は大阪生まれの大阪育ちです。2人の弟を持つ3人姉弟の長女として生まれました。父方も母方も商家で、曾祖父母から4代の大家族に加え、住み込みの従業員さんたちも一緒に暮らすというにぎやかな毎日でした。20歳の時、父が43歳で病に倒れ、気付いた時にはすでにガンの末期でした。私は大学も休み、母や周りの人たちとつきっきりで看病しましたが、半年間の闘病の末に亡くなりました。それまで何の不安もなく両親の愛に包まれて生きてきた私にとって初めての大きな試練でした。

大学卒業後は企業に就職しましたが、父という心の拠り所を失ってからの20代はいろんな意味で真剣に自分と向き合い、もがき苦しんだ10年間でした。淋しさを仕事の忙しさでまぎらわせていた時期もあり、過食症気味の時期もありました。人間関係は恵まれており、親身になって話し合える友はいましたが、心の奥底には満たされない思いがずっとありました。そして29歳で結婚してすぐ、主人の転勤で島根県の松江へ行くことになりました。当時は仕事を辞めることも、家族や友人を離れて遠方へ行くことも嫌でたまりませんでした。

松江では2人の子供を授かり、一生懸命に子育てをしていました。私は、キリスト教精神を基とする全国組織の女性団体「友の会」に属していていました。そこでYさんという教会の牧師のお義母様と出会い、彼女から誘いを受けて人生で初めて教会へ行くことになりました。音楽があって、温かく親切な人ばかりの教会は、とても居心地の良い所でした。牧師先生のメッセージも私の心にストンと落ち、初めて行った、その日にイエス様を信じる決心をしました。翌週も翌々週も子供たちを連れて休まず通いました。それから3年を過ぎた頃、洗礼を受けようと決心しましたが、主人に反対されました。しかし家の中で揉め事を起こしたくなかったので「教会へ行くことそのものに反対されている訳ではないのだからまあいいか…。」と、そのままにしておきました。

そんなある日、聖書を読んでいると、そこにはこう書かれていました。

 

「わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく熱くもない。むしろ冷たいか熱いかであってほしい。このように熱くもなく冷たくもなく、なまぬるいのであなたを口から吐き出そう」

 

聖書は単なる書物ではないと聞いていましたが、本当にこの時の私には、この言葉がまっすぐに迫ってきたのです。居ても立ってもいられなくなり、「神様ごめんなさい。お願いですから私を吐き出さないでください」と心から祈りました。主人の反対も覚悟の上で決心をし直し、1999年に洗礼を受けました。

生来なまぬるい私を神様はご存じでした。そして大きな愛をもって叱って下さったのです。この時の体験は「神の言(ことば)は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、精神と霊魂とを見分けることができる」という聖書の言葉どおりでした。

神様は、こんな私を思いがけない愛で包んでくださり、聖書を通していつも語り続けてくださいます。そして神様と出会ってからは、心の奥にあったあの満たされない思いは全く取り除かれました。

たとえどんなに努力をしたとしても、自分のやりたいことや好みだけで生きていたら、神様との出会いはありませんでした。私は泣く泣く行った松江でイエスさまと出会い、変えられました。赦されて、愛されて、生かされていることを知りました。今度は私が、関わるすべての人たちにイエス様の愛をお伝えする役割をいただいているのだと思っています。