Mikage Shinai Christ Church

教会だより

あなたを創られた神

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

今日、私たちは、いろいろな電化製品に囲まれて生活をしています。例えば、テレビ、洗濯機や冷蔵庫といった三種の神器と言われた物から、パソコンやスマートフォンと言った製品に至るまで、本当にいろいろな電化製品に囲まれています。

ところで、皆さんはそれらの製品をどれくらい使いこなしているでしょうか。また、その能力をどれくらい引き出して利用しているでしょうか。ちなみに私はあまり電化製品に強くはありません。ですから、パソコンなどもワープロに毛の生えたぐらいにしか、使いこなしていないように思います。

それでは、こう言った製品の能力を最大限に引き出して使える人がいたとしたら、それは誰でしょうか。やはり、その製品を設計し作った人ではないかと思います。そして作った人は、その製品の能力を引き出すことができるだけでなく、その製品の弱いところも知っていて、どうすれば壊れないのか、長持ちできるか等も知っていると思います。ですから、一つ一つの製品は、それを作った人の手にあると最高の状態で最大限の能力が引き出されて使用してもらうことができるのです。製品にとっては一番幸せな状態と言って良いかと思います。

それでは、私たち人間の場合はどうでしょうか。あなたは自分の人生を最高の状態で生きておられるでしょうか。自分の人生の目的を知り、最高の人生を送っていると言える状態でしょうか。また、自分の人生を、もっとより良く生きたいと願っておられるでしょうか。

もし、あなたが自分の人生を最高の状態で生きようとするなら、どうしたら良いでしょうか。そのためには、あなたを創られた方のところに行くのが一番なのです。なぜなら、あなたを創られた方は、あなたの生まれた理由やあなたの人生の目的を知っておられ、それを示すことができるからです。

もちろんあなたを創られた方とは、ソニーさんでもなければ、パナソニックさんでも、シャープさんでもありません。それは神です。聖書に「神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。」とあります。ですから、もし、あなたが神様のところに行って「私が生まれた目的、私が創られた目的は何ですか?」と神を信頼し、訪ねていくなら神様はあなたにそのことを教えてくださいます。また、電化製品がそれを作った人の手の内にある時、最高の状態で用いられるように、私たちも神様の御手の中に握られるとき、最高の人生を送ることができるようになるのです。あなたを創られた神様を信頼し、神様があなたに与えて下さった最高の人生を送って頂きたいと願います。

 

「神様の愛」

 

御影神愛キリスト教会 会員  後藤洋子

私が初めて神様に出会ったのは幼稚園の頃でした。家ではクリスチャンホームではなかったのですが、母がミッション系の学校出身だったからか「イエスの生涯」とか「聖書物語」という題名の絵本を私によく読んでくれました。そして「困ったときは神様にお祈りしたら必ず助けてくれるからね」と教えられました。子供心に神様はすごい人なんだと思いました。

中学生の時、母にクリスチャンというのは、どういう人がなれるのかを聞いた時、母は「洗礼っていうのを受けたら誰でもなれるけど、うちの家は仏教だからあなたはダメよ。クリスチャンの家にお嫁に行ったらいいけどね・・・。」というようなことを言いました。

高校生の時、私にすごく不思議な事件が起こりました。ある冬の寒い日、熱がでて学校を休みました、私の部屋は2階でしたが、高熱で階段の上り下りがつらく、おまけに部屋には暖房器具もなかったので、1階のリビングのソファーで寝ていました。父と母は「そこでじっと寝ていなさいよ。」と言い残して家に併設してある仕事場に行ってしまいました。しばらく、ウトウトしていたのですが、ふっと心の中に「やっぱり部屋に行こうかなぁ」という思いがわきました。すると「いや、部屋は寒いヨ」という声が聞こえ、「やっぱり自分の部屋の方が落ち着くョ」・・・という声が次々聞こえました。外国のアニメで主人公を悪魔が誘惑し、反対側から天使が引き止めている場面がよく出てきますが、まるでその状態のようでした。私が悩んでいると「さっさと部屋に行きなさい!」といきなり怒鳴られ、思わず「ハイ!」と返事して自分の部屋に行きました。ベッドに入って布団をかぶった瞬間、ドーンとすごい音がして、家がグラッとゆれました。「何だろう?」と思いましたが熱で頭もぼーっとしていたので、そのままウトウトしていると下で父と母が大きな声で私の名前を読んでいるのが聞こえ、完全に目が覚めました。リビングに行くと、天井のしっくいが剥がれ落ちて床一面がれきの山でした。私がついさっきまで寝ていたソファーも埋もれ、父たちはがれきを除きながら私を探していたのでした。あのまま寝ていたら・・と思うとゾッとしましたが、この時は、まだ私はすごい幸運の持ち主だという風に考えていました。その後、大学生になり、なぜか関学の神学部の人達と話をする機会がありました。5~6人でワイワイ話していると、その中の一人が急に聖書について熱く語り出し、「神様の奇跡って、案外起こったときは気づかなかったりするけど、あとで思い起こしたときにわかるものだ」と言うことを妙に力説していて、その時に私はあの天井事件を思い出し、あれは神様が助けてくれたのだと知りました。

小学生の頃、日曜学校に少し行っていたときもありましたが、うちの家は日曜日は家族で遊びに行ったりして過ごすことが多く、1回休み、2回休み・・・しているうちに行かなくなりました。その後は私自身、なぜだか神様にとても興味があり、教会にも行きたい気持ちを持っていましたが、その機会がないまま、何年も経ってしまいました。ですから、主人と付き合いだした頃に主人が、「家族がクリスチャンでぼくはまだちがうけど、教会に行こうと思う・・・」と行った時には本当にびっくりしました。そうして、この教会に導かれてくることができました。

結婚が決まり、婚約式の前に洗礼を受けました。この時も母の言葉が頭に浮かび、式が終わってからにしようか悩みました。その頃通っていた学校の神父さんが私が何もいっていないのになぜか私を職員室に呼び、「神様はずっとあなたの心の扉をたたいておられます。あなたはそれを素直に受け入れるだけでいいのです。あとは神様が、すべてあなたにいいようになさってくださいます。」とおっしゃり、それを聞いて私は洗礼を受ける決心をしました。私の家族には結婚式が終わってから報告しました。

「お証し」するにあたり、小さい時からのことをいろいろ思い出しているといろんな場面で常にずっと神様がそばにいて下さり、クリスチャンでなかった私でも守って下さり、すばらしい恵みを与えてくださっていたことを感じました。クリスチャンになってから30年と少し経ちますが、私自身、その間、少しも成長していないように思います。それでも神様は私を見捨てないでいて下さることに本当に感謝しています。

 

 

「人を分け隔てしない神」

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

聖書のガラテヤ人への手紙というところにこんな言葉があります。「神は人を分け隔てなさらないのだから・・・」ほんの一言ですが、これは聖書が言っている神がどのような方であるかを明確に表している言葉です。

この世の中は、いろいろな「分け隔て」あるいは「優劣」というのがあることを感じます。身近なところでは、学校や職場での成績によって人の優劣を決めたり、貧富の差や、能力、人種等によって人を分け隔てしてしまう傾向が、私たちの社会にはあると思います。

しかし、聖書の神は決して人を分け隔てなさらない方です。聖書には

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」    

                                                       … Continue reading

「災いの中に希望の主」

 

久保 とも子   御影神愛キリスト教会メンバー

1995年1月15日私は主人と生後6カ月の息子を連れて、弟の誕生祝いのため、近所の私の実家を訪れていました。実家は築50年以上経つ古い木造家屋で、父の仕事関係の道具類が積み上げられており、その時にも「地震でもあったら本当に危ないよね」という話もしていました。その日の帰り、人通りもなくしーんと静まり返った道を、大きな明るい月が光々と照らしていました。その時なぜか「この平和な時がいつまで続くのだろう」と私の中に不安が沸き上がってきました。

そして迎えた17日早朝、ゴォードンという音がし、次の瞬間激しい横揺れに見舞われました。家中でガチャガチャとすごい音がして、物が落ちるというより飛んでくるという感じでした。私も主人もとっさに、横に寝かせている息子におおい被さりました。今思うと不思議ですが、地震の起きる一時間位前にベビーベッドに寝かせていた息子が泣いてぐずり出したので、ベッドから私のふとんの横に寝かせていました。もしあのままベッドに寝かせていたら、柵で頭を打ちつけるか、落ちてけがをするかしていたでしょう。

大きな揺れがおさまった後も何度も余震が続き、不安の中「主よー主よー」とその言葉しか出てきませんでした。

辺りが明るくなった頃、ようやく家の中の様子がわかりました。電気のカサはすべて外れ、台所には割れた食器が散乱し、テレビは飛んで落ちてひどい状況でした。庭の生け垣は崩れて倒れ、地中の水道管が壊れて水が噴き出していました。しかし、私達のマンションは倒れませんでした。あの大きな地震で特に多くの被害と犠牲者が出た東灘区で、家族三人が怪我ひとつなく助かったことは、本当に奇跡であったと思います。

安堵したのも束の間、次は実家のことが心配になってきました。「あの古い家ではもうダメかも」と最悪の事態が頭をよぎりました。とにかく主人に様子を見に行ってもらいました。無事を祈りながら待つ時間はとても長いものでした。ようやく主人が戻りましたが、誰か知らない人を連れて入って来ました。よくよく見るとそれは母で、私が見ても判らない程風貌が変わっていました。大きな外傷は無かったものの、全身は土ぼこりで真っ白に、顔は腫れ上がりパンパンになっていたのです。実家は全壊し、母は4時間もの間家の下敷きになっていたそうです。しかし、弟の部屋の天井だけがかろうじて壊れず残っていたので、弟は助かり、弟と近所の人が協力して母を助け出したという事でした。父は、持病の治療の為、朝早くに病院に向かっており無事でした。父の寝ている場所は、特に重い道具類や家具が倒れており、もし家に居たら命はなかったでしょう。神様が一人一人違う状況の中で守って下さった事を本当に感謝しました。

話は横道にそれますが、父は私が信仰を持った時からずっと、教会に行く事を反対し続け、神様の話をしてもすべて否定してきました。この頑固な父が救われるのは不可能ではないかと、10年以上ずっと祈っていたにもかかわらず、私の中には否定的な思いがありました。けれど、この地震で父の命が守られたのは、主のご計画があるのだと、確信することができました。そして地震から4年後、父はイエス様を救い主として受け入れ、病床ではありますが、洗礼を受けることができました。クリスチャンとなって天に召されるまで二週間という短い間でしたが、あの父が病気で苦しい中、私の手を取って祈ってくれるまでになっていました。本当に祈りは聞かれるのです。

話を戻しますが、家族みな命は守られ、家も半壊ではありましたが、小さい子供と病気の父を連れて避難所に行く事もなく、マンションにとどまる事が出来ました。主は、

「試練と同時にそれに耐えられるようにのがれる道も備えて下さる」

(第Ⅰコリント10:13)のです。

しかし、その後の生活は過酷なものでした。電気は1週間程で復旧したものの、ガス、水道のライフラインは絶たれ、トイレ、風呂はつかえず、昨日まで当たり前だった日常生活すべてが取り上げられた状態でした。電車、道路は寸断されており、主人と弟は毎日何時間も歩いて通勤し、私は日に何度も給水車に水を汲みに行ったりと、皆が疲れきっていました。家の再建やこの先どうなるのかという不安が常にありました。そんな時息子の成長が、私達家族の希望となりました。泣き、笑い、たくさん食べ、つかまり立ちし、はじめの一歩を歩きと、すべてが慰めになりました。また、教会の先生方や信徒の皆さんも同じように被災された中、実家のガレキの中から大切な物を取り出して下さったり、必要な物を届けて下さったりと、多くの面で支えて下さいました。そして、何より主がいつもそばにいて下さった事は言うまでもありません。

「主はその羽をもって、あなたをおおわれる。あなたはその翼の下に避け所を得るであろう」(詩篇91:4)

あれから20年・・・子供の成長と共に神戸の街もここまで復興しました。20年前に守られ、今生かされている事は主のご計画であると受け止め、主から私達に託された使命を全うする者でありたいと願っています。

「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安をあたえようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである」

(エレミヤ書29:11)

 

 

驚くべき神の愛

岸部 誠  御影神愛キリスト教会メンバー

 

「なんじらは恵みによりて救われしなり」(エペソ2章5節・文語訳)

 

私の救いにいたるきっかけは今から60数年前であるが、アメリカから1人の宣教師が来られた。名はエレン・山田と言い、日系のアメリカ人であり、新任の宣教師は1年間の訓練期間があるので、フローレンス・バイヤス師(東灘神愛キリスト教会)のものとに身を寄せ勉強中であった。初めて赴任したときは三宮駅で降りることがわからず、神戸駅で降りられ「神のとびら」と読まれたそうである。師は神の戸が開かれるままに宣教の情熱に燃えてご奉仕された。「神戸」・・誰が名付けたのか分からないが考えてみると素晴らしい名前である。クリスチャンにとっては少なくとも縁の浅からぬ名前である。

あるとき、師から私に聖書研究会を行っているので来ないかとお招きを受け、私も多少の興味があったので行くことにした。それは週に一度の集まりであり、4~5名の人が集まっていた。お話の中で、タイタニック号の遭難のことがあった。イギリスから大西洋の北回りでニューヨークに着く当時の豪華船で、船長もいつもの慣れたコースであった。乗客も当然のことながら楽しい船旅であるはずであったが、運悪く流氷と激突し沈没するのである。救命ボートにむらがる乗客が助かるため、我先にとひしめき怒号が飛び交い、子供たちの泣き叫ぶ声でさながら、阿鼻叫喚をきわめた。ところが、これとは別に傾きつつある甲板に、宣教師の1団が喧騒とはよそに「祈り」、そして「主よ御元に近づかん」の賛美が流れていた。泣き叫ぶ集団とは別世界の姿であった。

私はこの話を聞いてから数日頭に残った。それば、死を目前にして彼らを平安ならしめるものは、一体何なのか?私の持っていないものを彼らは持っていると、深く考えさせられ、これをきっかけとして主を求めるようになった。後日、罪を悔い改め、イエス・キリストを受け入れ救われた。私の救われた証拠は聖書のマタイの福音書にある「子よ、心安かれ汝の罪許されたり」の言葉である。そして救われたばかりでなく、永遠の命のお約束を与えられた。それは

 

「我は甦りなり、命なり、我を信ずる者はたとえ死すとも生きん、生きて我を信ずる者は永遠に死を見ざるべし」(ヨハネ11章・文語訳)

 

これは、私の生涯における大切なみことばの1つである。

以後、よき師、よき先輩のご指導を受けながら、日曜学校のご奉仕をさせていただき、路傍伝道にも立たせていただき、トラクト配布など行ってきた。その後、あの激しい天幕伝道にも参加し、非常に疲れたが神の栄光を拝することができた。今は昔のような元気はないが、現在の希望は昔のリバイバル聖歌の歌詞にあるように「主の手に引かれて、いずくえなりとも御旨のまにまに日々従い行かなん」の心境に一歩でも近づきたいと思っている。私は若い時、イザヤ書に「虫にひとしいヤコブよ」(イザヤ41)という言葉にひっかかり、イスラエル民族の始祖ともいうべきあの偉大なヤコブが虫に等しいならば、それ以下の自分は何なのか、吹けば飛ぶようなチリかゴミかと卑下したことがある。その時、「我かぎりなく愛をもって汝を愛せり、故に我たえず汝を恵むなり」(エレミヤ31・文語訳)の言葉をいただき、考えてみれば、私のような罪深い、しかも無きに等しい者にまで届く神の愛を思う時、涙して感謝したことをおぼえている。

 

「わが命の日の続く限り、めぐみといつくしみとがわたしを折ってくるであろう。」(詩篇23・文語訳)