Mikage Shinai Christ Church

教会だより

愛の神様

 

御影神愛キリスト教会婦人部 メンバー

 

私は祖母と両親がクリスチャンの家庭で育ちました。私の一番古い教会の記憶は、幼い頃のものです。

クリスマスの祝会の準備をする母に連れられて教会へ行った私は、待ってる間に眠くなって、長椅子で寝かされていました。クリスマスのご馳走を楽しみにしていた私が目を覚ましたのは、祝会が終わった後で、すごく残念だったことだけを覚えています。

私の祖母は盲目でした。祖母はいつも部屋の隅でお祈りをしていました。お祈りをしていない時は大きな点字の聖書を指でなぞって読んでいました。途中失明者である祖母は、人の手を借りないと何も出来ない小さな存在でした。でも、その祖母のお祈りによって、両親・姉・私・叔父・従兄弟が救われました。祖母が初めに教会へ導かれ、風邪を引いた祖母の替わりにお話しを聞きに行った母が救われ、そして母を送るために教会へついて行っていた父が救われたと聞いています。私は、目の見えない祖母の手を引いて、須磨区の自宅から、「神愛子どもホーム」の中にあった教会まで通ったりしました。当時の様子が一冊の本に載っています。それは「親と子の家庭礼拝」という本です。私達の教会の名誉牧師の杉本先生が書かれた文章で今から41年前、昭和48年6月に発行されたものです。ここで少し、引用させていただきます。

「私達の教会は、今年もイースターに洗礼式をしました。その中にふたりの姉妹が居ました。この姉妹の話によると、この一家に福音の種がまかれて、15年目に完全なクリスチャン・ホームができたのだそうです。15年前、この家におばあさんが一緒に生活するようになりました。おばあさんは目が見えず、その上、耳も不自由でした。ところが一番暗い生活のはずのおばあさんが、家中で一番明るく楽しい生活をしていたのです。

その理由はイエス様といつも一緒だったからです。おばあさんは、家族全員が救われることを祈り続けていました。だから孫達に話すのも、いつも聖書のお話しで、それ以外はしませんでした。「おばあちゃんは、桃太郎や金太郎のお話知らないの?」と孫達に言われても、ただ聖書のお話しを続けるだけでした。パウロのように、イエス様の事だけをみんなに知らせました。このことが家族全部を、キリストに導くことになったのです。

みんなでどんなに神様に感謝したことでしょう。ハレルヤ。」

クリスチャン三代目の私は、当たり前のように教会に通い、神様を信じ、クリスチャンになりました。でも、「三代目は身上潰す」ということわざのように、生ぬるいクリスチャンだったと思います。そんな私でも、神様はいつも大きな愛で包んで下さっていました。高校生の時、私は教会学校の幼稚科のお手伝いをしていました。

進路を考えるタイミングでクリスチャンの女性が、「恵美ちゃんは子どもが好きそうだから、幼稚園の先生になったらどう?私の行ってる保育科の大学を受けてみない?」と勧めてくれました。子どもが好きな私は一も二もなく、受験を決めました。そして「受験してみるから、勧めてくれた責任を取って合格するように祈ってね。」と厚かましく迫った私のために、その女性は熱心に祈ってくれ、無事合格できました。余談ですが、当時教会学校の幼稚科の生徒の中に、いたずらっ子が居て、よく机の下にもぐって遊んでいました。そのおさなごは、今は私達の教会の牧師になられた、瀬古慎二先生です。

就職を目前にした時は母が、「条件を挙げて祈りなさい。」と助言してくれました。「教会付属でない、キリスト教教育のできる幼稚園」と条件を挙げて祈りました。幼い子ども達に神様の愛を伝えたい。けれど教会付属の幼稚園では、その教会へ通うことになって、ここの教会へ来ることが出来なくなる。そんな想いでした。

果たしてそんな幼稚園があるのか疑問でした。けれどあったんです。神様はちゃんと用意をしてくださってました。あるとき大学の就職指導の先生に呼ばれた私は、ひとつの幼稚園を受けてみないか勧められました。

それは神戸YMCAの付属幼稚園でした。教会付属でない、キリスト教教育をしている幼稚園でした。

大学時代に手話を学び始めました。言葉を指先で紡ぎ表現する言語としての美しさに惹かれました。先ずは市役所で開かれていた手話講座に通い、その後教会の手話教室で手話を習いました。教会で手話通訳をさせて頂くようになり、いつか手話に関する仕事が出来たら良いなぁと思っていました。8年前、私の手話の先生でもあるろう部の男性から、「やってみないか?」と勧められたのが、カルチャーセンターの手話講座でした。それ以来、4つの教室で手話の講師をしています。

聖書の中に、

「あなたがたのうちに働きかけてその願いを起こさせ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。」      

               … Continue reading

神様のご計画

 

高田清志  御影神愛キリスト教会メンバー7月号「思いやり」

 

僕の父と母はすでに天国に召されています。父は全く耳が聞こえない人でしたが、とっても優しい父でした。

母も障がいをもっていました。「統合失調症」、昔は「精神分裂症」というよばれ方をされていました。幻聴が聞こえて、夜中突然家を飛び出したり、知らない家をノックしたりするという病です。兄もまったく耳が聞こえません。

なので、毎日の生活をするお金が本当に苦しく、開業医の親戚に繰り返しお金を借りに行くという生活だった為、子供をつくることすらその親戚が決める状況でした。

兄が産まれてから14年後、「また、障がい者が産まれるんだろう」と偏見の目で見られているなか、どこも障がいのない僕が産まれました。

でも、家庭は穏やかではありませんでした。僕は、小さいときに母に何回も蹴っ飛ばされました。「統合失調症」の症状で、僕が「悪い人」という風に見えたのです。僕が小学生の時、母は精神病院に何度も入退院を繰り返しました。「統合失調症」は完治しません。一生付き合わなければならない病なんです。僕が中学校に進学した頃は、母は暴れだしたり大声を上げたりトイレに閉じこもったりするようになりました。でも、症状が出ていない時はとっても優しい母でしたので、トイレや入浴の介助は僕がやっていました。

僕が中学校二年生の時、父は天に召されました。肝臓癌でした。その葬儀や公的な手続など一切を取り仕切ったのが開業医の親戚でした。その時、その親戚に非常につらいことを言われたんです。「清志君のお父さん、耳が聞こえないよね、お母さんは精神障害だよね、お兄さんも耳が聞こえないよね。だから、あなたには必ず障がいを持つ子供が産まれます。」「結婚はしてもいいけど、子供は作ってはいけません。」傷つきました。もう一生結婚しなくていい、孤独でいい。ヤケクソになり、バイクを乗り回したり夜中遅くに出かけたり・・・。高校も2年生の時、辞めてしまいました。

今から19年前に阪神・淡路大震災があった年、OA機器などを販売する会社へ入社しました。そこで、嫁さん「母ちゃん」と出逢いました。僕より3か月くらい先に入社した厳しく怖い先輩でした。でも、本気で僕の悪いところ良いところ理解してくれていました。だから、過去に親戚から言われた言葉、それでヤケクソになった事、全部包み隠さず話していました。母ちゃんは「それでもいいやん!耳聞こえへんかったって、かまへん、かまへん、元気な子が産まれたらええやん!」「あなたは、めっちゃ手話できるし、耳の不自由な人でも明るい人いっぱいいるやん!」「そんなこと全然問題じゃない!子供作ろう!」って言ってくれました。

結婚を決めた僕たちは、ちょうど兄が通っていたこの御影神愛キリスト教会で結婚式をしよう!と軽い気持ちで足を運びました。そこで杉本牧師に、優しく「ここは、結婚式場ではありません。」と言われました。ショックでした。でも「クリスチャン同士が結婚する時に教会を結婚式場として使うことはあります。だから、あなた方も毎週、日曜礼拝に通いなさい。」と言われ、僕たちは何の疑いもなく毎週教会に通いました。満子先生から「受洗講座」を何か月か学ばせてもらい、やがて洗礼を受け、無事にこの教会で結婚式を挙げることができました。

2001年11月12日長男の健志(つよし)、2006年9月23日長女の心聖(ここせ)が誕生しました。赤ちゃん

二人とも健康です。毎週家族そろって教会に通っています。昔、家庭のこととかで精神的に追い詰められ何度も「死のう」と思いました。苦しくて、逃げ場がなくて「もうだめだ」と何度も何度も思いました。でも今、しんどい時は神様が居ます。教会の皆が居ます。

今、僕は知的障害、精神障害の方々が生活する施設でお仕事をさせてもらっています。汚物の処理から入浴、食事支援、一緒に遊んだり、一緒に寝たり・・・。辛かったけど、これまで経験してきたことが今、職場で役に立ってるんだなって感じています。神様はきっと僕をそこに植えるためにいろいろ経験させて下さったのかなと感じています。その職場への紹介もこの教会のMさんがしてくださいました。当然クリスチャンでなければMさんとも出会えなかったし、この状況を経験しなかったら汚物を触って処理したりできなかったと思います。すべて神様のご計画だったんだと思います。

2013年11月 「主が私を助け支えられる!」

「主が私を助け支えられる!」

御影神愛キリスト教会員 中濱寿美子

神様が私の人生にどのように関わってくださったか、お話しさせていただきます。

私は五人兄弟の末っ子として生まれました。第一子が男の子で、父は商売をしていたので、もうひとり男の子が欲しいと願っていました。でも第二子は女の子、次も、次も、女の子。 そして五番にできた私も女の子で、「もう諦めた、これで終わり、子作りはすみました。」といって、寿美子という名をつけたというのです。私は親の期待を外して生まれてきたような、単に偶然で生まれてきたような思いが強く、「どうせ偶然ならもっとあったかい家庭に生まれたかった。何のために生まれたの?」とずっと思っていました。 それゆえか人見知りでとてもおとなしい性格で存在の薄ーい子でした(笑)。

そんな私も中学生になり、松蔭学園というキリスト教の学校に入学することになりました。 制服が出来上がり取りに行ったときに制カバンももらって帰りましたが そのカバンの中に聖書と聖歌が入っていました。 何だかとても嬉しくて、すぐに1ページ目から読み始めました。 もちろん全然わからなくてすぐにやめてしまったのですが・・・。また週に一度聖書の授業があり、中2のとき、創世記を学びました。 アダムとエバの食べてはいけないと神様に言われた実を食べてしまった、というところで先生は「罪の転嫁」と大きく黒板に書かれました。「神様が『食べてはいけない』と言った実をどうして食べたのかとアダムに聞くと『あなたが与えてくださったあの女が・・・エバに神様が問うと、蛇が・・。』と責任を人のせいにする、これが罪の転嫁ですよ。」とおっしゃいました。 そして、「あなたがたも同じように罪の転嫁をしていませんか? たとえば朝寝坊をしてしまって、飛び起きたとき、『どうしてお母さん起こしてくれなかったの!』とお母さんの責任にしてませんか? それが罪の転嫁、神様がいう罪なんですよ。」と先生はおっしゃいました。確かに私にも身に覚えがあり、私にも罪があるとはっきりわかり、 そのときから教会に行きたくなったことを今でも鮮明に覚えています。そして教会(この教会ではありませんが)に通い始めて半年ぐらい経った高1のとき、神様はひとり子イエス様を十字架にかけるほどに 罪のある私を愛してくださっていること、その十字架によって罪が許されていることを信じました。

しかし、約10年後の25歳から51歳まで、事情があり、教会を離れたので、神様ではなく自分だけを頼りにして生きていました。 その間に、結婚し、三人の子供ができ、離婚し、1人で子供を育てながら花の仕事をやり、懸命に生きていましたが、 その人生で知ったことは寂しさと自分の弱さでした。 それを埋めてもらおうと人に頼っても、それと背中合わせにあるのは裏切りと失望でした。

そんな思いのなかで、養うことに懸命で子供達を傷つけることも、また苦労をかけることも少なからずあったと思います。 今、思えばもっと時間と手をかけてあげればよかったと後悔が残りますが、それでも三人の子供達はまっすぐに育ってくれました。 心から子供達と神様にありがとうと言いたい気持ちでいっぱいです。 それは、私を愛してくださる神様が私の子供たちを愛してくださらないはずがなく、神様が育んでくださっていたことを今、確信できるからです。また挫折するたびに神様に思いを馳せ、教会にまた行こうか、と思いはしても勇気がなかった私に、神様は「この人と一緒なら怖くないだろう」と、この教会のクリスチャンである主人を与えてくださいました。

またエリヤハウスのミニストリー(キリスト教のカウンセリング)によって 私が生まれてきたことは単なる偶然でも期待外れでもなく、 神様の望まれる私を作るために、両親の元が一番良いとあの家に生まれてきたこと、 そして生まれた時に神様が最高に祝福してくださったことを知りました。 私の心の奥の奥に隠し持っていた傷を今、神様は一つ一つ癒してくださっています。裏切られることも失望させられることもない愛で、神様はひとり子イエス様を十字架につけるほどに、この私をどんな時も愛し続けてくださり、どんなときも助け導いてくださいました。 だから私は今、ここにいるのです。これからの人生は「この神様の愛に応えていきたい、神様に喜ばれる者になりたい」と願い、祈っています。

「人の歩みは主によって定められる。主はその行く道を喜ばれる。 たといその人が倒れても、全く打ち伏せられることはない、主がその手を助けささえられるからである。」 詩篇 37:23, 24

 

2013年10月「私は奇跡を信じる」

「私は奇跡を信じる」

 御影神愛キリスト教会 後藤 美佐

私が教会に行くきっかけになったのは、家の近くに建てられた教会で子供の集会があると案内されたことからでした。それがきっかけで教会学校に行くようになりました。それは小学校2年生の頃で、教会学校でもらえる珍しい文房具やお菓子などが目的でした。小学校5年生になった頃、自分の心の醜さに嫌気が差すようになってきました。というのは.私には2つ上の兄と6つ下の妹がいるのですが、その妹が、私と兄が学校に行っている間、わたしの大切にしているものをいつもぐちゃぐちゃにし、ときには壊しているということもあったりして、そんな妹に対する苦々しい許せない心があったからです。頭ではまだ小さいし仕方がないとわかっているのですが、心の中ではなかなか許せなくて「どうして許してあげられないのか」と、許すことのできない自分がとても嫌でした。

そんなある日、聖書を読んでいると、ちょうどイェス様が十字架にかかられるところだったのです。何の罪も犯していないのに、体にはムチを打たれ、いばらの冠をかぶらされ、散々な目に合わされている、そのイェス様が十字架の上で自分に苦しみや痛みを負わせている人たちのために「父よ、彼らをお許しください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです。」と祈られているのです。それを読んだとき本当に感動しました。「イェス様はすごいな!わたしもこんなイェス様のようになりたい!」と思いました。イェス様を信じたらイェス様のように人を愛し、人を許せる清い人になれるなら、イェス様を信じます。どうかわたしの醜い心を清め、許して下さいと心から祈ったのです。

CJC04そして、イェス様を信じました。それから、イェス様のようになりたいと強く思うようになりました。とはいえ、イェス様のようにはなかなかなれません。けれども、少なくともわたしの心の中からは妹に対する苦々しい許せない思いが取り去られ、妹を慈しむ思いが与えられました。

今でもいろいろな出来事によって様々な感情が起こってきますが、それらに囚われることなくすぐに穏やかな心が与えられます。私はイェス様と出逢えて、イェス様を信じることができて本当に良かったと思っています。

「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。ローマ8:15」

2013年9月「ひとすじの光が!」

「ひとすじの光が!」

 御影神愛キリスト教会 田中多恵子

現在、私は母と主人、息子、娘と共に、神様の愛の中で、感謝な生活を送っております。こんな私がなぜここに居るのか、お話させて頂きます。

私が9歳の頃の話です。今から半世紀ほど前になります(笑)。私の父は、仕事も真面目で穏やかな性格で、そして子煩悩な人でした。自然が好きで山や海へよく連れて行ってくれました。しかし、そんな父がお酒を飲むと豹変してしまうのです。仕事帰りや家でお酒を飲んで、物を投げたり母に暴力を振るったり自ら傷つけたり・・・。私は毎日のように怯えていました。度々警察のお世話になり、私も母と一緒に警察へ父を迎えに行ったことを覚えています。それでも父をなだめながら母は耐えていました。家の中も心も暗くなるばかりでした。

そんな時に日曜学校へ導かれて行きました。それは、私の家のお隣におられたクリスチャンのご婦人が母に勧めてくださったことがきっかけでした。そこは別世界でした。牧師先生も牧師婦人も輝いて見えました。特に牧師婦人の満子先生が足踏みオルガンを弾きながら歌っておられた美しい声と笑顔にとても惹かれました。私も歌うことが好きになりました。アメリカ人宣教師の先生は優しい眼差しで、美しい聖画のカードをくださいました。すべてがキラキラしていて、日曜学校へ通うのが毎週楽しみでした。ところが、小学生から中学生時代の私の性格は暗く、友人にも心を開くこともありませんでした。家の中は相変わらず暗く荒れた状態でした。ところが、日曜学校に通ううちに、少しずつ心の中が変化してきたのです。「わたしは世の光です。私に従う者は決して闇の中を歩くことがなく、いのちの光を持つのである。」(ヨハネ8:12)という聖書の言葉のように、聖書は私の心を照らす、ひとすじの光となりました。

毎週の日曜学校や礼拝を通して、神様の言葉が希望になっていきました。こんな私の全てを知って愛してくださる神様がおられる・・・涙があふれてきました。やがて高校2年生の春、5月14日、住吉川の上流で同級生の丸山真智子さんと共に洗礼を受けさせていただきました。その頃から教会のご奉仕もするようになり、まず、日曜学校の助手、そして教師になりました。今も、私が神様から受けた多くの恵みを幼い子どもたちに伝えています。

父は7年前に亡くなりましたが、晩年は神様を信じ、良い父として、また良いおじいちゃんとして平安な日々を過ごすことができ、天国へ召されました。どんな困難も乗り越える信仰が与えられたことも、私たちが教会へ行けるよう声をかけてくださった方があったことも、すべてが奇跡なのです。神様に感謝を捧げます。ハレルヤ!

最後に大好きな聖書のお言葉を紹介いたします。

「神は神を愛する者たち、すなわちご計画に従って召された者たちと共に働いて万事を益としてくださることをわたしたちは知っている。」ローマ人への手紙8:28

(7月 オープンチャペルの証より)