Mikage Shinai Christ Church

未分類

1 2 3 12

2018年7月”あなたを造られた方”

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

聖書に、このような言葉があります。
“あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に”(伝道の書12章1節)
なぜ、私たちは若い時に、自分の造り主を知る必要があるのでしょうか。それは、やがて年が寄った時に「わたしにはなんの楽しみもない」と言うことにならないためです。

ある牧師が、老人ホームに訪問に行きました。当然、そこにはたくさんのお年寄りがいらっしゃいました。その牧師は、大勢のお年寄りを見て「皆さん、長生きされてすごいですねぇ。素晴らしいですねぇ。」と声を掛けたところ、一人の方から「何が素晴らしいものか。ただ長生きしているだけで、わしには、何の楽しみもない。長生きしたって何の意味もない。」と言われたそうです。

皆さんは、どのような老後を迎えたいでしょうか。おそらく誰もが、いくつになっても生きがいをもって元気に生活したいと思われるのではないでしょうか。では、どうしたらそのように生きることができるのでしょうか。それには、最初の聖書の言葉にあるように、あなたの若い日に、あなたの造り主、すなわち、神を信じ、神と共に生きることにあるのです。

聖書によると、人間は全て神によって造られた存在であると言われています。そして、神は私たち一人一人を目的を持って造られました。ですから、私たちが神を知り、神が自分自身に持っている目的を知り、その目的に従って生きる時、私たちは自分でしか生きることの出来ない最高の人生を送ることができるようになるのです。

「まばたきの詩人」と呼ばれた水野源三さんという方がおられます。源三さんは9歳の時に赤痢を患い、重度の脳性麻痺を起して、首から下は麻痺して全く動けなくなり、口もきけなくなりました。まばたきだけでしか意思表示をすることができなくなったのです。しかし、12歳の時に、源三さんを訪れて下さった牧師から聖書を受け取り、熱心に読むようになって聖書の神様を信じるようになりました。源三さんは、自分の造り主である神様と出会ってたくさんの詩を書くようになりました。その一つの詩、「生きる」を紹介させて頂きます。

人の目から見れば、生きる意味も目的も見いだせないような水野源三さんだったと思いますが、造り主である神様と出会い、自分は自分らしく生きる、という希望をもって多くの人に励ましと良い感化を与えて人生を歩まれた方の一人となられました。神様は、誰であっても無目的に人を造られません。私たち一人一人、目的を持って造られた尊い存在です。神を知り、神を信じる時、その目的が明らかにされ最高の人生を生きることができるのです。あなたを造り、あなたを愛しておられる神を知って頂きたいと願います。
 

2018年6月”賛美のすばらしさ”

御影神愛キリスト教会 伝道師  杉本満子 

 最近の音楽の世界には、いろいろなジャンルがありますね。クラシック、ジャズ、ロック等々、その他数多くの種類があります。そして、どこの国に行っても、その土地、その土地独特の音楽もあると思います。そして音楽は、それを演奏する人、また聞く人々を楽しませ、喜ばせてくれます。さて、音楽の歴史は、何時から始まったのでしょう。おそらく人類の歴史と共に歩んできたことと思います。聖書をみると、賛美の記事が沢山記されています。旧約の時代、今からおよそ3300年ほど前、指導者モーセがイスラエルの人々をエジプトの奴隷生活から解放して、出エジプトをした時、神様の奇跡によって人々は、真っ二つに分かれた紅海の川底を無事に渡って、後から追撃してくるエジプトの軍勢から守られたと言う記事があります。その時、ミリアムと言うモーセのお姉さんを始めとして、人々は、手に手にタンバリンをもって、神様に感謝の歌・賛美をささげた、という記事が記されています。(出エジプト記15章)

 このようにイスラエルの人々は、何か事あるごとに神様を喜び感謝する音楽を奏で、神様を賛美している記事を見ることが出来ます。旧約聖書の中で特に音楽の才能に恵まれ、多くの賛美をささげた人物としてダビデと言う人が居ます。彼はイスラエル王国第二代目の王様となった人ですが、第一代目のサウル王が精神的に病んだ時、王様の心を癒すために音楽(竪琴)を演奏する宮廷音楽士でもあったのです。しかし、彼の人生は、決して楽しい事ばかりあったわけではありません。むしろ困難と戦いの人生だったと言えるかもしれません。けれども、彼はどんな時でも神様を賛美することを忘れませんでした。そして、多くの賛美を後世に残しているのです。

 さて、賛美と言うものは、うれしい時、楽しい時だけ捧げるものではありません。苦しい時、辛い時も神様に賛美をささげると、不思議に心に平安が与えられ、道が開かれてくるのです。新約聖書使徒行伝16:19~を見ると、困難の中で賛美をささげた人達の記事が記されています。パウロとシラスと言う人達です。彼らがマケドニヤのピリピと言う町に行った時のことです。パウロとシラスは、その地で神様の福音を語り伝道していた時に、彼らに反対する人々に訴えられ捕えられて、鞭で打たれて牢獄に入れられてしまったというのです。彼らは身体じゅう傷だらけ、全身から血が流れていたことでしょう。その上足枷を付けられて動けない状態で牢獄に閉じ込められてしまったのです。どんなに苦しかったでしょう。しかし、彼らはその状態にありながら、牢獄の中で神に祈り賛美を歌い続けたと言うのです。その時奇跡が起こったのです。大地震です。そして、牢獄の扉は全部破壊され、囚人たちの足枷も全部外れてしまったと言うのです。彼らは「チャンス」とばかりに逃げ出したでしょうか?いいえ逃げ出さなかったのです。その姿を見た獄の看守は「この人達は普通の人とは違う神様が助けられたのだ、彼らの語っている神様は本物だ!」と思ったのです。そして、その晩家族と一緒にこの神様を信じて洗礼を受けたと記録されています。神様の福音が前進したのです。

 さて、賛美には素晴らしい力があります。嬉しい時、楽しい時はもちろんですが、苦しい時、困難の時にも私たちが賛美するならば、そこに奇跡が起こるのです。心の中に考えられなかった神様からの平安が与えられ、困難を乗り越えて行く力が与えられるのです。神様を賛美することは素晴らしい事です。私たちも一緒に神様を賛美する人になりましょう。

2018年5月”みな救われる”

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 先日、ろう者の方々と共に礼拝の時を持ちました。生き生きと喜びに満ちている兄姉の姿を見て大変励まされました。そして、「拡大するクリスチャン世界」の一員であることを感謝しようと恵みを分かち合いました。

今日、世界中には、老若男女合わせて人種や民族は異なりますが20数億人のクリスチャンが居ます。素晴らしいですね。3人に一人です。感謝です。今では「アーメン、ハレルヤ」は世界の共通語です。しかし、クリスチャンも初めから多数派ではありませんでした。たった12人の弟子で名も無いユダヤ人達から始まりました。

さて、イエス様は、どんな基準で最初の弟子を選ばれたのでしょうか?「徹夜の祈りをして選ばれた」(ルカ6:12)と記されているので目を見張るような賢者かと思ったのですが違っていました。不思議にも選ばれた人達はユダヤ人社会の指導者ではなく、学者でもない、普通の漁師や取税人という、当時のユダヤ人社会からは、はみ出し者、「無学な、ただの人」(使徒4:13)と蔑まれた、粗野で田舎者のガリラヤ人達でした。

また、中には反ローマ帝国を叫ぶ熱心党の過激分子も居ました。神様の心を知らない人から見れば失敗のように思えます。が、イエス様の弟子人選は、失敗したのではありませんでした。(ルカ6:12)大成功でした。

その後の歴史が証明しています。使徒行伝を読んでくださいね。確かに、初め弟子達は弱さや躓きもありましたが、三年六か月、神の御子イエス様と共に生活し、御言葉に養っていただき整えられていきました。そして、イエス様の昇天後は、イエス様の霊である聖霊様に従うよう教えられて、弟子たちはイエス様の言葉に従順に従ったのです。だから、「真理の御霊が来るときには、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。」(ヨハネ16:13)との言葉どおりに整えられて「霊の人」「愛の人」となって「証人」になり信仰を整え、教会を建てあげていきました。

さて、今日もイエス様は、初代教会のクリスチャンと同じように、賢い者もそうでない者も分け隔てなく、私達を罪から救い出し、キリスト様の弟子として選んで下さって居ます。リビングバイブルのエペソ1:3~5を読むとよくわかります。「神様は、天上のあらゆる祝福で、私たちを祝福してくださいました。それは、私たちがキリスト様のものとなっているからです。神様は、この世界をお造りになる前から、私たちを、ご自分のものとして選んで下さいました。それは、キリスト様が私達のためにして下さることに、基づいています。そして、神様は私たちを、ご自分の目から見て、何一つ欠点のない、きよい者にしようとお定めになりました。神様の前に立つ私たちは、その愛に包まれているのです。神様の不変の計画とは、イエス・キリストを遣わし、その死によって、私たちを神様の家族の一員として迎えることでした。それが、神様のお考えでした。」

愛する皆さんイエス様の愛と救いをいただいて、日々、生き生きと生きましょう。

2018年4月”イースター”

 

御影神愛キリスト教会 伝道師 瀬古博子

  近年春になると「イースター」という言葉を耳にするようになりました。よく意味はわからないけど、春のお祭りと副題が付いている場合が多いように思うので、昔からあったアメリカの春のお祭りと思っていらっしゃる方が多いのではないかと思います。

 実はこの言葉はクリスチャン用語であり、クリスチャンにとってとても重要な言葉であり、大切な日です。日本語に訳すと「復活祭」で、イエス・キリストが十字架にかかって死んで3日目に甦ったことを記念するクリスマスに次ぐ大事な日です。

罪を全く犯されなかったのに、私たち人間の暗い汚れた心を清めるために十字架にかかって死なれたイエス・キリストが甦ったことを、私たちクリスチャンは真剣に信じています。

「死んだ人が甦る?」と信じられない方がほとんどであると思います。でも、私たちクリスチャンは本当に信じているのです。なぜならイエス・キリストが私たちの代わりに死んでくださり、またそれで終わりではなく甦って下さったことによって、人間が絶対に克服できない「罪の問題」と「死の問題」に解決を与えてくださったからです。イエス・キリストの死と甦りが自分のためであることを信じることによって、罪責感から解放され、死の恐怖から解き放たれたことを実感できるからです。

 忘れたいと思ってもフッと襲ってくる過去に犯した罪に対する罪責感、また今すぐではないと思いつついつかやってくる死に対する恐怖心。これは真剣に考えても避けられないので考えないようにし、今だけを楽しめば良いと、刹那的な生き方になっている方が多いように思います。でも、考えないようにすることや楽天的に考えたら良いでは済まされない状況に陥る時もあるのではないでしょうか。

 でも私たちクリスチャンは、イエス様が私たちの罪の処理を行ってくださったことを信じることによって、「その罪は赦されている」と声をかけて頂くことを経験し、死を目前にしても「イエス様の所に行ける」という平安を持つことができるのです。あなたにもそのような安心感を得ていただきたいと思います。

今年のイースターは4月1日で、この手紙がお手元に届く頃には終わっているかもしれません。でもクリスチャンが、教会が、その安心感を持てる秘訣をお伝えすることができます。クリスチャンに聞いてみてください。教会に足を運んでみてください。是非安心感を持って人生を有意義なものにしていただきたいです。

「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。そのかた(イエス・キリスト)は、ここ(墓の中)にはおられない。よみがえられたのだ。」(聖書)

2018年3月”思い煩いからの解放”

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古 慎二

 皆さんは、どんな人生を歩みたいでしょうか。暗闇と失望の人生でしょうか。それとも喜びと希望に満ちた人生でしょうか。

やはり、誰もが喜びと希望に満ちた人生を歩みたいと願われるのではないでしょうか。聖書に「あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。」とありますが、神様も私たちの人生が喜びに満ちたものとなることを願っています。

 しかし、なかなかいつも喜んでばかりはいられない、というのが、私たちの現実ではないかと思います。

私たちの喜びを奪ってしまうもの中に、思い煩いというものがあります。

私たちの心に思い煩い、心配や悩みがあると喜びは失われてしまいます。皆さんは、心配や悩みがある時には、どのように対処されているでしょうか。

お酒を飲んで、その時だけでも心配事を忘れるという人もいるでしょう。また、ひたすら寝て考えないようにするという人もいるかもしれません。また、心配しても始まらない、と言って解決のために問題に立ち向かう、という強い人もいるかもしれません。

また、良い方法の一つとしては、誰かに話を聞いてもらうというのもあるでしょう。人間、不思議なもので誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になるものです。そして、どうにもならないと思っていた問題でも「なんとかなるかも知れない。」「問題の解決が発見できそうだ。」と前向きになることも多いものではないかと思います。

ただ問題は、そういう人が周りにいない時もあるということです。しかし、いつでも、どんな時でも、あなたの話に耳を傾けてくださる方がいるのです。その方こそ、あなたのことを愛してやまない神様です。

先ほどの聖書の続きに、「何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。」とあります。

これは、「一人で悩んでいないで何でも神様に話しなさい。そうしたら、神様があなたの心に平安を与えて下さいます。生きる勇気と力を与えて下さいます。」と言っているところです。

神様を信じた多くの人が言われることの一つは、「神様を信じてから心配すること、悩むことが減りました。」ということです。

神様を信じたからといって何も問題がなくなるわけではありません。神様を信じていてもいろいろな問題は起こってきます。しかし、そんな中にあっても感謝なことは、いつでも、どんな時でも神様に祈ることができる、悩みや心配を聞いてもらうことができる、ということです。そして、そこから不思議なほど平安が与えられ、また、問題の解決へと向かっていく力や知恵、助けが与えるということです。あなたにも、この神様と共に生きるめぐみを知って頂けるようお祈りしています。

1 2 3 12