Mikage Shinai Christ Church

未分類

1 2 3 18

2020年12月「喜びのおとずれ」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本満子

 

 新しい生命の誕生、それは素晴らしいこと、そして、喜ばしいことですね。

今年、私の身内でも新しいいのちの誕生がありました。二人目の曾孫の男子の誕生でした。予定日が近づいてきたら、いつ連絡がくるかと、毎日毎日待ち望みました。両親、祖父母、曾祖父母またその周辺の人々に待ち焦がれつつの誕生です。私たちにとっては大きな喜びです。

 さて、今からおよそ2000年前、ユダヤの国(現在のイスラエル)のベツレヘムと言う村に一人の男の子が生まれました。「毎日世界中で何万人もの男の子が生まれているのに、何故その子だけが取り上げられるのですか?」と問われるかも知れません。実はその赤ちゃんは、特別な赤ちゃんだったからです。この赤ちゃんの誕生は、それより700年近くも前に、預言者によって預言されていたのでした。それは、人々の罪を赦して、神の子とするために、神御自身が人間の身体をとって、人として、救い主・メシヤとしてこの地上に誕生すると言うことでした。この神様の約束の成就としての誕生でした。多くの人々は救い主・メシヤの誕生を待ち望んでいました。しかし、それは何時のことか、誰も知りませんでした。予定日は知らされていなかったのです。ですから人々のメシヤ待望は漠然としたものでした。

 しかし、ある時、ナザレという村に住んでいた、心の美しい一処女の許に天使が神様から使わされて参りました。そして言ったのです。

「恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます。・・・あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。その子をイエスと名づけなさい。彼は大いなる者となり、いと高き者の子と、となえられるでしょう」ルカ1:28.31~32

マリヤは恐ろしくなって、私にはヨセフと言う婚約者は居ますが、まだ結婚をしていません。「どうしてそんなことがあり得ましょうか」と尋ねました。すると

「聖霊があなたに臨み、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。それゆえに、生れ出る子は聖なるものであり、神の子と、となえられるでしょう」ルカ1:35

と言われたのです。マリヤは素直にその御使いの言葉を受け入れたのです。神の御子の誕生ですから、それは、それは立派な美しい宮殿での誕生と思われるかも知れません。しかし、現実はそれとは真逆の環境でした。

 

 当時ユダヤの国は、ローマ帝国の支配下にありました。そこでローマ皇帝アウグストは、人口調査をするために、「ユダヤ人は全員自分の故郷に帰るように」と命令を出しました。そこで、ヨセフもマリヤも自分の郷里ユダヤのベツレヘムへと帰って行ったのです。と言うことは、彼らだけではなく国中の人が故郷へ故郷へと帰っていたのですから「民族大移動」が始まったのです。道も宿も一杯の人。日本のゴールデンウイークのようだったかも知れません。ヨセフは身重のマリヤを気遣いながら、マリヤを家畜に乗せてゆっくりと移動して行ったことでしょう。だから彼らが遅れてベツレヘムに到着した時には元気な人々は、すでに宿屋に到着して、旅の疲れを癒していたことでしょう。だから、ヨセフはどんなに探してもすべての宿は一杯でその夜泊まる宿を見つけることは出来ませんでした。だんだん日も没し暗くなり、冷え込んできました。そこでようやく一軒の家畜小屋を借りることが出来たのです。そして、その晩神の御子イエス・キリストは誕生したのでした。そこには、ヨセフとマリヤ以外にイエス様の誕生を喜ぶ人はいませんでした。しかし、天においては大きな喜びがあったのです。その喜びの訪れを天の御使いたちが持ってきました。そこは真っ暗な野原でした。そこでは、当時最も貧しい仕事と言われていた羊飼いたちが一晩中、羊を守るために寝ずの番をしていました。真っ暗な原野に突然眩しい光が射してきたのです。そして、天使からのメッセージが語られたのです。

「恐れるな、見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。きょうダビデの町(ベツレヘム)に、あなたがたのために救い主がお生れになった。この方こそ主なるキリストである。あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それが、あなたがたに与えられるしるしである。」ルカ2:10~12

というメッセージでした。それと同時に大勢の天使が現れて、神様への讃美を歌い歓びを表したのです。羊飼いたちはびっくりしたことでしょうね。彼らは天からの眩しいばかりの光を見たのです。そして、神様からのメッセージと天使たちの美しい讃美を聞いたのです。夢を見ているのかと思ったでしょうね。しかし、それは、現実だったのです。彼らは天使が語られたことを思い出して早速示された家畜小屋に行ったのです。そこには、天使が言った通り、幼な子が飼葉おけの中に寝かされていました。羊飼いたちは、自分たちが待ち望んでいた、神の子救い主が生まれたことを知り、直接その場に行って御子にお会いし、礼拝することが出来たのです。

 神の御子キリストの誕生のお知らせは、王や学者や偉い人々に伝えられたのではなく、最も貧しく底辺の人と言われていた羊飼いたちに知らされたのです。彼らはどんなに嬉しかったことでしょう。羊飼いたちは、天使の語ったメッセージを自分たちの目で見、神様の素晴らしい約束の成就を喜んだのです。彼らは、お祝いの品など何も持たずに走って行きました。そして、神の御子にお会いして、礼拝を献げ喜びに満たされて「讃美しながら帰って行った」ルカ2:20と言うのです。神の御子の誕生、そこには飾りもなく、お祝いのプレゼントもありませんでした。が、そこには、救い主の誕生を祝う、喜びと平安と讃美が満ちていたのです。

 これが最初のクリスマスです。クリスマスは神の御子の誕生日です。みなさん一緒に、本当のクリスマスを祝いましょう。

 

2020年11月「祈り」

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

 あなたがたのうちに苦しんでいる人がいますか。その人は祈りなさい。(ヤコブの手紙5章13節)

 

 愛する皆さん、いつも「教会だより」のメッセージを読んで下さりありがとうございます。毎月「教会だより」を受け取って下さっている方々は、もう既にご存知なことと思いますが、先月9月24日(木)の午後、家内(瀬古博子師)は、神様の許に帰って行きました。家内のため、私のために祈って下さっていた皆様に感謝申し上げます。

教会では何度も話していることですが、伴侶を失うということが、こんなに辛く悲しいこととは思いませんでした。もちろん、想像はしていましたが、いざ自分が、そのことを経験してみると想像を遥かに超えた苦しみ、痛みが襲って来ました。ある人は、伴侶を失う経験は、トラックで跳ね飛ばされたような経験だ、と表現されたそうですが、まさに想像を絶する衝撃が自分の心に襲ってきました。

 今、この原稿を書いている日〔10月22日(木)〕は、家内が召されてからちょうど4週間になります。しかし、4週間たった今でも、少しはましになったとはいえ、突然、寂しさや悲しみに襲われることがあります。先に同じような経験をされた方からは、「先生、何年経ってもこの痛みは消えませんよ。」と言われたこともありました。本当に今、辛く苦しい現実を生きている者として、この原稿を書かせて頂いています。

 しかし、このような苦しみや痛みの中でも、神様と皆様に感謝したいことがあります。それは、昨年の9月に家内が癌であるということが分かってから今日に至るまで、教会の先生方、兄弟姉妹たち(教会では、クリスチャン同士を神の家族として兄弟姉妹と呼び合います)が、私たちのために祈り続けてくださったことです。その方々は、闘病中はもちろん、家内が亡くなった後も、私たちに寄り添い、共に祈り、共に泣いて下さいました。その方々の存在がどれほど、私たちにとって、どんなにか励ましであり、慰めであったか知れません。確かに、家内は、癒されることなく、天に帰って行きました。そのことは、本当に寂しく辛い現実です。しかし、その痛みや苦しみを独りで負うのではなく、一緒に泣いてくれる先生方や兄弟姉妹たちと分かち合えることは、神様を信じることの大きな恵みの一つだと実感しています。

 ひょっとしたら、この原稿を読んでいらっしゃる方の中には、自分は独りぼっちだ、自分のために祈ってくれる人などいない、一緒に泣いてくれる人などいないと感じている方がおられるかも知れません。もし、そんなことを感じておられたら、ぜひ、教会にお越しください。私たちと知り合いになりましょう。そして、あなたのためにも、ぜひ、祈らせてください。そして、人生を共に分かち合う神の家族となりましょう。あなたのお越しを心よりお待ちしています。

 

2020年10月「イエス様の弟子達」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 イエス・キリスト様には多くの弟子が居りました。名前の知られている12人の弟子(使徒)は聖書の中に記録されていますが、その他にも無名の人達が沢山居りました。不思議に思うのは一番弟子と思われる12弟子(使徒)たちです。何故この人たちが一番弟子として選ばれたのでしょうか。

 特別に選ばれた12人のお弟子(使徒)を見てみましょう。マタイ福音書10章1~4、マルコ3章13~19、そして、ルカ福音書6章12~16には、「イエスは祈るために山へ行き、夜を徹して神に祈られた。夜が明けると、弟子たちを呼び寄せ、その中から12人を選び出し、これに使徒という名をお与えになりました。すなわち、ペテロとも呼ばれたシモンとその兄弟アンデレ、ヤコブとヨハネ、ピリポとバルトロマイ、マタイとトマス、アルパヨの子ヤコブと、熱心党と呼ばれたシモン、ヤコブの子ユダ、それからイスカリオテのユダ。このユダが裏切り者となったのである。」と最初の弟子の名簿があります。選ばれた人達を見ると一般の人の人選とは違うのではないかと思われます。普通であれば、見識も人望もある人が選ばれます。それなのに学者も有名人も権力者も居ないだけでなく、神の御子イエス様の代理だなどとは言えないような人達でした。最初の四人、ペテロとアンデレ、ゼベダイの子ヤコブとヨハネ。彼らはガリラヤ湖の漁師でした。ピリポとバルトロマイ、トマスそしてマタイです。マタイは取税人でした。取税人はユダヤ人から見れば支配者ローマの手先、憎き売国奴、罪人と言われてユダヤ人からは村八分にされ、神殿での礼拝も赦されないほど蔑(さげす)まれていたのです。もう一人の問題者は、熱心党の「シモン」です。熱心党とは、急進的な国粋主義者でユダヤ教の反ローマ武力闘争結社で紀元70年の聖なる都エルサレムでの敗戦、そしてマサダの砦陥落(紀元73年5月2日)まで続きました。マタイとは正反対の立場の人です。最後はイエス様を裏切ったイスカリオテのユダです。この様に右も左も、玉石混交の群れだったのです。では、イエス様はなぜこの様な人々を選んだのでしょうか?答えは、Ⅰコリント1:26~29をリビングバイブルで読むとわかります。

「愛する皆さん。自分たちの仲間を見回してごらんなさい。キリスト様に従うあなたがたの中には、有名人や権力者や金持ちはほとんどいません。それどころか、神様は、この世では愚か者、無価値な者と思われている人々を、わざわざお選びになりました。それは、この世で知恵ある者、りっぱな人とされている人々を辱しめるためです。神様は、いわゆるこの世で見下されている者、全く取るに足りない者を選び、そんな人々を役立てることによって、世間では大物と言われる人を、なきに等しい者とされたのです。ですから、どこのだれであっても、神様の御前で自慢することはできません。」

 神様は、いつも弱い者、不完全な者に目を注いで清めて神様のご用に立たせて下さいます。だから、あなたもイエス様に従う者となろうではありませんか。

2020年9月「困った時の神頼み」

御影神愛キリスト教会 伝道師 杉本満子

 

 世の中には、「私は無神論者だ、神に頼るのは弱い人間のする事だ、私は自分の力で人生を切り開いていく」という人が時々居られます。私たちの人生が自分の計画通り、理想通りに進んでいったら、きっと楽しいでしょうね。けれども中々そう上手く行かないものです。時折、自分が考えもしなかった様な事柄に遭遇して、慌てたり、嘆いたりすることを誰しも経験しますね。そのような時、多くの人々は、神様に頼りたい、神様にお願いして解決して欲しいと思うのではないでしょうか。普段は強いことを言いながら、困難な時だけ、「神様神様」と言うのは「困った時の神頼みだ」と人々は揶揄するかも知れません。しかし、キリスト教の神様は「それでも良い」と言って下さっているのです。

 旧約聖書詩篇50篇15節に次のような御言葉があります。

「悩みの日にわたしを呼べ、わたしはあなたを助け、あなたはわたしをあがめるであろう」。

神様は、私たちがどんな人であっても、どんな状況の中にあっても、「わたしに助けを求めてくるならば、あなたを助けてあげるよ」と語っておられるのです。神様は、何と心の広い愛に満ちたお方でしょうか。

 皆さんは、世界的に有名な、そして多くの人々に愛唱されている「アメイジンググレイス」(驚くばかりの恵み)という賛美歌を御存じでしょうか?教会に行ったことのない人でも、どこかで耳にしたことのある曲だと思います。この賛美歌を作った人はジョン・ニュートンという英国国教会の牧師です。彼のお母さんは大変熱心なクリスチャンでした。しかし、彼は若い時、神様を信じるどころか、黒人を家畜のように扱い、売買する奴隷貿易商人になったのです。ある時、彼はいつものように、奴隷たちを船に詰め込んで海を渡っていた時、思いがけない嵐に遭遇し、船が転覆しそうになったのです。彼は命の危険を感じ、恐怖に襲われ、神様に助けを求めて必死に祈りました。すると不思議なことに神様は彼の祈りを聞いて嵐を静めて下さり、彼の命を助けて下さったのです。その時彼は、神様は本当に生きていて、私の祈りを聞いて下さったということがわかったのです。それと同時に彼は、自分の行っていることがどんなに悪いことか、神様の前に罪深いことかということに気がついたのです。そこで彼は、神様の前に罪悔い改めて、赦しを求めて祈りました。そしてクリスチャンになり、奴隷貿易商を止めて神学校での学びに導かれ、後に、英国国教会の牧師にまでなったのです。それだけではなく、多くの賛美歌を作り、人々に神様の愛を伝える人になったのです。前述の「アメイジンググレイス」もその中の1つの賛美歌です。

 彼は、決して人々に褒められるような人生を送った人ではありませんでした。しかし、困難の中で、神様に助けを求めた時に、神様は、彼をその困難の中から助け出し、正しい人生を歩む人と変えて下さったのです。

 あなたは、奴隷売買商人のような悪い人生は送っていないと思います。あなたが正しい生活を行っているか、否か、そのようなことは問題ではありません。あなたが困難に遭った時、苦しみに会った時に、神様は「助けを求めなさいそうすれば、あなたを助けてあげるよ」と語っておられるのです。

 主イエス・キリスト様に助けを求めてお祈りしてみましょう。神様はあなたの声を聞いて良い解決を与え、苦しみや困難から助け出して下さいます。

 「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」ローマ10:13

2020年8月「わたしの神様」

 御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 

 わたしたちの信じる神様は、神様を信じる人に、信仰と希望と愛を分け隔てなく与えて下さる神様です。それは、求めるすべての人に与えられるものです。そこで今日は、その大切な真理に目を向けましょう。

 その1は、神様は全知全能の神様ですから、わたしたちが先回りして思い煩ったり、無理して我を張る必要はないのです。また、進むべき道がわからない時は、神様に祈り、助けを求めるならば必ずイエス・キリスト様が「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。」とマタイ7:7で言われたように道を開いて下さいます。だからクリスチャンには行き詰まりはないのです。祈れば必ず最善の道が開けます。

 その2は、誰でも平安で、幸せな人生を願うことでしょう。しかし、時として思わぬ問題、災難に遭うことがあります。健康を害したり、経済的に行き詰まったりする事もあるでしょうが、神様に全てを委ねて進んでいきましょう。全能の神様は、大きな事も小さな事も最善に成し遂げて下さるからです。Ⅰペテロ5:7に「神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。」と言ってくれています。

 今から70年ほど前、私がクリスチャンになったばかりの時、活ける神様は、わたしたちの小さい祈りをも聞いて下さるのだと言うことを体験しました。それは、私を信仰に導いて下さった牧師先生の小学生の愛娘が突然重い病に冒されてしまった時のことです。この子は、いつも明るく元気な子供でした。この子については、小学校の教師をしていた私の姉の教え子でしたからよく知っていました。しかし、ある祈祷会の夜、集会が終わった時、牧師先生が兄弟姉妹にお願いがあります。祈って下さい。実は、私の娘が今国立病院に入院しています。先ほど主治医から突然連絡があり「お嬢様は危篤です。わたしたちは、全力を尽くしましたが今晩が山です」と言われました。信徒の皆さん、奇跡をなさる癒しの神様に祈って下さい。そこで、私達信徒は、先生の後を追って病院に駆けつけました。信徒の私達は病室には入れませんので病室の外の軒下で、みんなで小声でしたが、一晩中一生懸命に主に癒しの祈りをしました。東の空が白み始めた頃、病室の中が騒がしくなりました。何かが起こりました。しばらくして牧師先生は、病室の外にいる私達の所にきて、「感謝、娘は助かりました。有難う、皆さんの祈りが神様の奇跡を生んだのです。」ハレルヤ! この娘さんは、成人した後に、京都の教会の信徒と結婚され幸せなクリスチャンホームを形成しています。

 その3は、神様は、神様に従う人を、常に正しい道に導いてくれます。へブル13:8に「イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変わることがない。さまざまな違った教えによって、迷わされてはならない。」と教えています。さて、人祖アダムとエバは神様から与えられた楽園(エデン)で何不自由なく楽しく平和な生活をしていましたが、時に、サタン(悪魔)が二人の幸せな生活を妬んで、誘惑をしました。二人は神様の言葉に従って生活すれば幸せですと言ったのですが、サタンが「神様は本当にそう言われたのですか?」創3:1と言った時、二人はいとも簡単に神様のご命令を捨てて、神様が「取って食べてはいけない」と言われた木の実を取って食べてしまったのです。即ち神様の言葉を捨てたのです。人類の悲劇はここから始まりました。

この世界では、「何が正しく」「何が誤り」かを教えて下さるのは聖書だけです。私達は、神様の言葉を信じて、神様の賜物である信仰と希望と愛をいただきながら生活をしたいものです。

1 2 3 18