Mikage Shinai Christ Church

瀬古牧師からのメッセージ

1 2 3 13

2019年6月”進化論?創造論?”

御影神愛キリスト教会伝道師 瀬古 博子

 

 あなたは命あるものの起源を考えたことがありますか?多くの方が学校で習ったことを真実として進化論の方法でこの世の全てが造られたと思っておられるのではないでしょうか?

 

 起源についての「論」はいくつかあり、進化論はその中のひとつです。なぜか教科書では進化論以外を習うことはなく、進化論が正しいと私たち日本人は習ってきているのです。進化論は正しいのでしょうか?これを確かめる方法は今の私たちにはありません。しかし、進化論がなんであるのかの検証はできます。

 

進化論は一言で言うと「偶然の賜物」によって造られた世界です。数学的には不可能という偶然が重なり、空気ができ、命が生じ、人間が存在するようになったということなのです。それでは私たちの周りにある自然界、物、人間は必然的なものと言えるでしょうか?その答えは「いいえ」です。偶然にできたものなので、あっても良かったかもしれないけど、なくても良かったのです。私たちの存在価値は居ても居なくてもどちらでもいい存在なのだということになるのです。

 

 それでは聖書で言っている創造論はどうなのでしょうか?「主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。」(創世記2:7)と書いてあり、人は神の手によって造られたと示しているのです。ただ形を神の手によって造られたのではなく、神と交わりを持つことができる為の霊である息を鼻に吹き入れられ、存在するようになったのです。そこには神にとって人間は居ても居なくてもいいと言う存在ではなく、わたしの友となって欲しいという神の強い人間に対する存在価値と目的を持って造られたということがわかるのです。

 

確かにこのことも事実であるかを確かめる術は私たちにはありません。しかし偶然に存在させられた存在価値と神の愛を注ぐ対象として造られた存在価値とどちらを握ることが私たちの幸せでしょうか?偶然に存在してしまったので、どのように生き、どのように死ぬのか誰も教えてくれない生き方をすることと、造りっぱなしではなく、私たちの人生の責任を持って導こうとして下さり、死後の面倒までみようとして下さっている神についていけばいいのだという生き方をするのとどちらが幸せなのでしょうか?

 

あなたは神に愛される為に造られ、神に与えられた目的があり今も生きているのです。

2018年12月”本当のクリスマス”

御影神愛キリスト教会  伝道師 瀬古博子

 

 12月になりました。12月といえば、年末、宝くじ、冬休み・・・・と思い出すことはたくさんあるかもしれませんが、クリスマスというのも思い出される上位に入るイベントではないでしょうか。

 皆さんにとってクリスマスはどういうものでしょうか。子供の頃は単純にプレゼントを貰えたり、ケーキを食べるチャンスをくれたりという楽しいイベントの時であると思います。青年期に入ると彼氏・彼女を作って時間を過ごす日であって、その相手を見つけられるとハッピーな日となり、見つけられなければ惨めさを感じる日であり、年が行けば値段に変動を与える日と、それぞれの立場でクリスマスを体感するのではと思います。それぞれ感じ方は違っても、華やかさや暖かさを感じるちょっとしたイベントになっているのではと思います。

それでは本当のクリスマス、またクリスマスの喜びの影に何があるのかを考えたいと思います。もともとクリスマスはイエス・キリストが生まれた誕生日であります。イエス・キリストは母マリヤからは生まれましたが、それは普通の人としての誕生ではなく、神の子であり神そのものであったのに人を救いに導くためにマリヤのお腹を借りて人として生まれてくださったのです。それまでイエス・キリストは神の子として天国で苦しさも悩みも病気も死もないところで生活をしていたのにも関わらず、罪の結果生じた苦しさや悩みや病気や死のあるこの地上に来て下さったのです。

 

そしてそれだけではなく、私たち人間を不幸にする根源の罪を処理するために十字架に掛かるという大きな目的のために生まれたのです。イエス・キリストの誕生日というのは彼にとって苦しみの第1歩の日だったのです。

 

このように考えるとクリスマスの華やかさや暖かさはイエス・キリストの犠牲の上に成り立つものといえるのではないでしょうか。でもその犠牲は私たちに与えられている愛の印であり、愛そのものであるのです。

 ぜひ、今年のクリスマスは「ただ楽しい時間を過ごす時」ではなく、イエス・キリストの犠牲があって与えられた時であるということを思い出していただきたいと思います。

『しかし、まだ罪人であった時、私達のためにキリストが死んで下さった事によって、神は私達に対する愛を示されたのである。』ローマ5:8

2018年11月”神は 『笑い』 で満たされる”

御影神愛キリスト教会  牧師 瀬古 慎二

 

 ことわざに「笑う門には福来る」という言葉があります。このことわざの意味は「いつもにこにこしていて笑いが満ちている人の家には自然と幸福がめぐって来る。」というものです。

  実際、いつもにこにこしている人というのは、見ているだけでも気持ちがいいものです。また自分自身も心から笑った時などは、実に清々しい気持ちになります。笑うという行為は、自分にも周りの人にも良い影響を与える力があるかと思います。また「笑い」の効用についていろいろ研究がされているようで、科学的にも「笑い」が私たちの身体に大変良い影響を与えてくれることが分かってきているようです。

 

例えば、糖尿病の患者に漫才を聞いてもらった後、血糖値を計ると数値が下がったそうです。また関節リウマチの患者に落語を聞いてもらったところリウマチを悪化させる物質の数値が下がり、その後も一か月ぐらい痛みが和らいだそうです。他にもがんの予防や気管支喘息、アトピー性皮膚炎、膠原病にも笑うことが役に立つと言われているそうです。聖書の中にもこのような言葉があります。「心の楽しみは良い薬である、たましいの憂いは骨を枯らす。」(箴言17:22)私たちは、心にいつも喜びを持って生きる者でありたいですね。ただ、私たちは人間です。時としていつも笑ってばかりもいられないということもあるかと思います。でもそんな私たちに神は、喜び、希望を与えたい、心からの「笑い」を与えたいと願っておられます。

 

聖書の中にアブラハムとサラという夫婦の物語があります。この夫婦には、一つの痛みがありました。この夫婦の間には子供がなかったのです。彼らは年も寄っていたので子供が与えられることはあきらめていました。しかし、そんな彼らに神は、子供を与えられたのです。そして、二人は子供に「イサク」という名前を付けました。「イサク」というのは「笑う」という意味です。彼らは、子供がないことをあきらめ、失望していました。しかし、神は彼らに子供を与え、失望を希望に変え、心からの「笑い」、喜びを与えて下さったのです。

 

愛する皆さん、私たちは人生の中でうまくいかず、失望し希望も喜びも失う時があるかも知れません。しかし、神は、私たちに祝福を与え、希望と喜び、本当の「笑い」を与えて下さる方です。神を信じ神と共に歩む人生の素晴らしさを知っていただけると幸いです。

2018年10月”命の水”

御影神愛キリスト教会  伝道師 杉本満子

 

 今年の夏は例年になく厳しい暑さでしたね。テレビは連日熱中症にならないために「こまめに水分を補給してください。」と繰り返していました。私達人は生きるために、どんなに水が必要かという事を改めて教えられた気がします。人の体は、約60%が水分なのだそうです。ですから脱水症状になると生きられないのですね。

 そこで、聖書に書かれている「水」について見てみましょう。旧約聖書を見ると、神はイスラエル人がエジプトからシナイ半島を通って現在のイスラエルの地に到達するまでの40年間荒野の旅をした時(そこは私たち日本人が想像することの出来ない程厳しい砂漠と岩の道です。)神様は、しばしば奇跡的に民達に飲み水を与えられました。だからイスラエル人は、40年もの長い間荒野の旅を続けることが出来たのです。神様は、私たち人が生きて行くのに必要なものを、常に備えて下さるのです。

さて、新約聖書のヨハネの福音書4章を見ると、イエス・キリスト様が一人の女性に、水を与えられた記事が記されています。しかし、それは、のどの渇きを癒す水ではありませんでした。この女性は確かに、のどの渇きをいやし、生活に必要な水を求めて、この井戸にやってきたのです。けれどもキリスト様は、この女性は喉の渇きは然ることながら、心が渇いていることを見通されたのでした。何をしても満ち足りない毎日、幸せを求め続けて来た日々。キリスト様は、この人には、心の渇きを癒し、潤す水が必要だと思われたのです。そして言われました。「この水を飲む者はだれでも、またかわくであろう。しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、

永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」13~14節と言われました。その女性はすぐに「その水をわたしに下さい。」と叫びました。そして、イエス・キリスト様をメシヤ(救い主)と信じたのです。その時、この女性の心の中に変化が起こりました。今まで何をしても心のうちに満足を得られなかったこの女性が、喜びにあふれて、それを黙っていられなくなり、人々にメシヤ(救い主)を信じることの素晴らしさを語りだしたのです。すごい変化ですね。ヨハネの福音書7章37~38節には「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」。と記されています。

さて、皆さんは渇いていませんか?今の時代は喉の渇きを癒す飲み物は沢山あります。しかし、心の渇きを癒す「水」をあなたは持っていますか。この「水」こそ救い主イエス・キリスト様なのです。この方を心の中にお迎えする時、あなたの人生は豊かな人生に変えられるのです。

2018年9月”キリスト教会って何ですか?”

 御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 

 

 初めてキリスト教会に来られた人々は、「教会」について色々なイメージをもって来られるでしょう。その一つに、クリスチャンが神様を礼拝する建物、(教会堂・礼拝堂)をイメージするかもしれません。入り口には、○○キリスト教会と書いてあり、尖塔の上には十字架があり、見るからに厳かな建物をキリスト教会と思うのではないでしょうか?

 

 しかし、建物を「教会」と一般には言いますが、実はこれは礼拝堂であり、集会場なのです。では、真の意味の「キリスト教会」とは何でしょうか?イエス・キリスト様が教示された新約聖書の「教会」は、ギリシャ語の「エクレシア」という言葉で、それは、「神様に呼び出された人々」=「神召」または、「召会」を意味します。だから教会は、この世における神様を信じるクリスチャン達のことですね。

 

 昔、イエス様が弟子のペテロに尋ねました。「それでは、あなたがたは私を誰と言うか」。シモン・ペテロが答えて言った、「あなたこそ、生ける神の子キリストです」。すると、イエスは彼にむかって言われた、「バルヨナ・シモン、あなたはさいわいである。あなたにこの事をあらわしたのは、血肉ではなく、天にいます私の父(神様)である。そこで、わたしもあなたに言う。あなたはペテロである。そして、わたしはこの岩の上にわたしの教会(エクレシア)を建てよう。黄泉の力もそれに打ち勝つことはない。」マタイ16:15~18と。これは、イエス様が建物のことをお話になったのではなく、イエス様を神の子救い主と信じ、罪ゆるされている人のことを言われたのですね。使徒パウロ先生もコリント教会の兄姉達に手紙(Ⅰ 1:2)で「コリントにある神の教会、すなわち、わたしたちの主イエス・キリストの御名を至る所で呼び求めているすべての人々と共に、キリスト・イエスにあってきよめられ、聖徒として召されたかたがたへ。」と言われているとおりです。

 

 だから教会は、イエス・キリスト様の愛と命をいただいた霊的共同体で、神様を愛し礼拝する信仰者の群れですね。私たちによく理解できるように使徒パウロ先生は、聖書の中で、教会(私達)を身体に譬えて教えてくれています。Ⅰコリント12:27 「あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。」 と。クリスチャン一人一人が教会の肢体であり、頭や手足、目や耳、口や鼻、内臓も血管などの部位も無くてはならないもので一つとして不必要なものはない尊い存在です。また、離れ離れでは生きられないのです。一つが痛めばすべてが痛みます。一つが喜べば全体が喜ぶのです。「生命共同体なのだよ」 と教えて下さっています。

 

また、神様は、健全な教会(エクレシア)を形成するためにそれぞれの信徒に聖霊を注いでくださり、ある人に知恵の言葉、ある人には知識の言葉、また信仰、また病を癒す賜物、力あるわざ、預言をする力、霊を見分ける力、いろいろな異言を語る力、そして、異言を解く力を与えて下さった。あたかも虹が七色で一つに成って美しさを現わすように教会は聖霊様のお助けをいただいて命の光を輝かす教会(エクレシア)になるのです。

 

 そして、教会(エクレシア)は、あらゆる時代、世界中に散在していますが、やがて天国でイエス・キリスト様と永遠に一緒に居ることになるのです。 ハレルヤ!

 

 

 

1 2 3 13