Mikage Shinai Christ Church

未分類

1月のメッセージ

 

弱い時にこそ強い  御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

今月は聖書の列王記上19:1~8というところから、お話をしたいと思います。この箇所には、エリヤという預言者(神のことばを預かって語る役職)が登場します。今回の箇所の前には、彼の確信に満ちた姿、彼による奇跡的な出来事、そして彼と、バアルという異教の神の預言者との対決と勝利などが描かれていることから、クリスチャンの間では、「勝利者」のようなイメージが強い人物です。

しかし、この箇所には、非常に弱気で、恐がるエリヤが描かれています。これは直接的には、当時のイスラエルの王妃イゼベルが、自らが崇拝するバアルの預言者がエリヤに殺害されたことに怒り、彼を24時間以内に殺すと宣言したゆえですが、エリヤは逃げ、冷静さを失い、「もう疲れた」と死さえ求めるようになります。神は、そのようなエリヤに失望したり、無理に叱咤激励したりすることはありませんでした。神はエリヤをそっと見守り、休ませ、またパンと水を与えて飲み食いさせ、眠らせ、また食事を与えるなど、非常にきめ細かいケアを行っています。

聖書が語る神は、信仰者が、信仰に燃えているときだけ愛する神ではありません。信仰者であっても、疲れるとき、神が分からなくなるとき、燃え尽きるときはあります。神は、そのようなときにこそ寄り添ってくださるのです。エリヤはなぜなぜこんなに弱り果てて疲れてしまったのでしょうか。聖書から推測すると、彼のエリート意識ゆえの孤独感(本当に頼ることのできる仲間は与えられていました!)、権力者との戦いによるストレスが原因であると思われます。

旧約聖書のイザヤ書40:31にはこのようなことばが書かれています。

 

「しかし主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、のぼることができる。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない。」

 

エリヤは、「主を待ち望む」のではなく、自分でがんばろうとしてしまいました。だからこそ、孤独感を深め、ストレスを覚え、また休むこともなかったのだと思われます。「主を待ち望む」とは、神に任せることです。重荷を、祈りのなかで、礼拝のなかで、神の前に降ろすことです。それは私たちを疲れから解放してくれるのです。

しかし、このような「疲れ」の経験はエリヤにとって有害だったというわけでもありません。エリヤにとって、それは自らの弱さを知る経験でした。人は、自分の弱さを知るとき、もっと神を信頼するようになります。興味深いことに、聖書に出てくる登場人物はだいたいが失敗しています。エジプトの総理大臣として活躍したヨセフという人物は、若い頃は自己中心で家族を見下げ、結果として奴隷として売られてしまいます。イスラエルをエジプトから脱出させたこととして知られるモーセは、エジプトでエリート教育を受けたことで、傲慢になっていたと思われ、殺人事件を犯してしまいます。イエスの弟子ペテロも、熱心な性格でしたが、軽はずみで、口だけで、最後にはイエスを三度に渡り否認していまいます。新約聖書のほとんどの手紙を書いたパウロも、かつてはイスラエルのエリートで、新興のキリスト教を迫害していました。

パウロは、新約聖書のコリント人への第二の手紙12:7にて、自分のからだには「とげ」があると書いています。これは、何らかの障害や病気であったと思われますが、それは彼が「高慢にならないように」与えられたものであると語っています。それを取り去ってくださるように祈ったものの、神様の答えはこのようなものであったと言います。「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」それに対し、「それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう」とパウロは言っています(12:9)。

自分の弱さを覚える経験は、必ずしも悪いものではありません。もちろん、エリヤのような経験をしないにこしたことはないかもしれませんが、そのような経験もまた、神は善いこととして用いてくださるのです。このことを覚えながら、新しい一年をスタートさせましょう。

 

 

12月のメッセージ

 

感謝して生きる  御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

最近こんな記事を読みました。

「パナソニックの創業者、松下幸之助さんは、現役時代、新入社員の面接に立ち会ったそうです。そして最後に必ずした質問があったそうです。それは『あなたは自分には運があると思いますか。運がないと思いますか。』つまり、自分はついている人間だと思っているか、ついていないやつだと思っているか、と聞いているのです。そして、運があると答えた人を採用したそうです。なぜ、そんなことをされたのでしょうか。それは、運がある、と言える人は自分以外の誰かのおかげで今があると言える人だからです。松下さんは、別に運勢や占いを信じていたのではありません。ただ自分は自分の努力や才能だけで生きてきたと自負する人を好まなかったようです。誰からの助けも支えももらわずに生きている人間など一人もいないのです。誰かに応援してもらって今生かされているのが人間だと気づかない人は、しばしば鼻持ちならない人になる、ということをよく御存じだったのです。」

皆さんは、この記事を読んでどう思われるでしょうか。聖書に

 

「いったい、あなたを偉くしているのは、だれなのか。あなたの持っているもので、もらっていないものがあるか。もしもらっているなら、なぜもらっていないもののように誇るのか。」(Ⅰコリント4:7)

 

という言葉があります。この言葉の意味をひとことで言うとすれば「私たちの持っているすべてのものは、神様からの贈り物なのですよ。私たちの才能や能力も、神様から与えられたものなのですよ。そして何よりも私たちの命は神様から与えられたものですよ。」ということを言っているのです。考えてみると、誰も自分で生まれて来ようとして生まれて来た人はいません。また、親が、“私”という人間を「顔はこんな感じで、性格はこうで…」と計画して生まれさせることもできません。そこには神様の計画があって、今のこの時代にこの国で生まれるように命を与えて下さったのです。ですから、私たちは自分に命を与えてくれた神様を知り、感謝して生きる時、本当の自分の人生の目的を知り、本来の自分らしい人生を生きることが出来るようになるのです。あなたに命を与えられた神様をぜひ知っていただきたいと願いつつ、

祝福をお祈りします。

11月のメッセージ

 

「解放された人生」      御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二神様からの手紙

 

 

先日、こんな例え話を聞きました。ドイツでの話です。ドイツにはたくさんの種類のチーズがありますが、その中には大変臭いというか、匂いのきついチーズがあります。あるところに立派な口髭をはやした初老の紳士がおりました。この紳士が昼寝をしている時に彼の孫がいたずらで彼の髭にたっぷりと臭いチーズを塗りました。それから数分して紳士は目覚めました。そうしたらどうでしょう。眠りから覚めた彼は、鼻をすんすんと嗅ぎながら「ん!?この部屋何か臭いぞ!?」と言うわけです。それでまた別の部屋に行ってみると、そこでも臭い匂いがします。それで全ての部屋を廻っても全ての部屋が臭いわけです。とうとう彼は家を飛び出して行きます。しかし、そこでも臭い匂いは消えません。ついに彼は「世界中変な匂いがする!!」と叫んだのでした。

皆さんは、このお話の意味がお分かりになると思いますが、私たち人間は、なかなか自分の事に気づきにくいものではないかと思います。本当の問題は自分の中にあるのに、人や環境のせいにして、「あの人が悪い、この人が悪い、環境が悪い。あの人、この人、環境が変われば私と私の人生はもっと良くなるのに・・・」と考えがちではないでしょうか。

イエス・キリストの言葉に次のような言葉があります。

「なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。自分の目にある梁は見ないでいて、どうして兄弟にむかって、兄弟よ、あなたの目にあるちりを取らせてください、と言えようか。偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい、そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目にあるちりを取りのけることができるだろう。」(ルカ6:41~42)

ここでイエス・キリストが言わんとしていることも、まず、あなたの内にある問題を解決しなさい。そうしたら、あなたは本当に見るべきものが見えるようになり、問題から解放された人生を歩めるのですよ、と言われているのです。

私たちの内にある問題とは何でしょうか。キリストはこう言われました。

「人から出て来るもの、それが人をけがすのである。すなわち内部から、人の心の中から、悪い思いが出て来る。不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、誹り、高慢、愚痴。これらの悪はすべて内部から出てきて、人をけがすのである。」(マルコ7:20~23)

私たちの内にあるこれらの問題のゆえに私たち自身の人生を破壊してしまっているのです。しかし、この問題を自分自身で解決することは出来ません。そこで、この問題を解決し、私たちを苦しみから解放するために来て下さったのが、イエス・キリストです。聖書は言っています。

「自由を得させるために、キリストはわたしたちを解放して下さったのである。」(ガラテヤ5:1)

イエス・キリストを信じる時、私たちの内にある問題から解放され自由が与えられるのです。ぜひ、イエス・キリストを信じてキリストにある自由と解放された人生を歩んでください。

 

 

10月のメッセージ

 

あなたの目を輝かせよう! 御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

「目は心の鏡」ということわざがあります。目を見れば、その人の心の状態が分かる、その人の内あるにものが目に現れてくる、という意味ですね。

イエス・キリストもこれと似た意味の事を言われています。

「あなたの目は、からだのあかりである。あなたの目が澄んでおれば、全身も明るいが、目がわるければ、からだも暗い。だから、あなたの内なる光が暗くならないように注意しなさい。」(ルカ11:34~35)と。

実際のところ、皆さんはどんな目を持つ人になりたいでしょうか。「暗い目、濁った目、血走った目」が良いでしょうか。おそらくそんな目を持ちたいとは願われないと思います。やはり、できれば明るく澄んだ目、輝く目、力強い目・・そんな目を持ちたいと願われるのではないでしょうか。

それでは、私たちは、どのようにしてそのような目を持つことができるのでしょうか。それはカラー・コンタクトを入れるとか、メイクをするとか、そういう表面的な事を変えるということではないですね。ことわざでも、イエス・キリストの言葉でも言われている通り、心が明るければ目も明るくなるというのですから、心が変わる必要があります。しかし、この「心」を変えるというのが一番難しいことではないかと思います。私たちは、どんなに「そうだ!今日から心を入れ替えて生きるぞ!今日からは悪い言葉は言わない、怒らず、裁かず、愛の人として生きるぞ!」と決心しても三日と持たないのが現実ではないかと思います。

それでは、どうしたら良いのでしょうか。聖書に

「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。」(Ⅱコリント5:17)

とあります。イエス・キリストを信じるとき、私たちの心は全く新しくされ、神が与えてくれるいのちと希望に溢れた心を持つ人に変えられるのです。

ある知り合いの方がこんな話をしてくれました。「私は以前、気が短く、口を開けば文句ばかり言っているような人間でした。でもイエス・キリストを救い主として信じてからは、心が穏やかな気持ちで生きられるようになりました。昔の私を知っている人たちからも『最近、あんた変わったと思う。穏やかになったと思う。』と言われるようにもなりました。」と。

イエス・キリストを信じる時、私たちの心は変えられます。全ての罪が赦され、神の子として生きる新しい人生が与えられるのです。あなたもこのイエス・キリストを信じて、新しい人生を始めたいと願われませんか。あなたのために祝福をお祈りします。

 

 

9月のメッセージ

 

「自由」    御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

あなたは「自由になりたいなぁ」と思ったことはないでしょうか。私の家には、猫が

一匹いまして、猫を見ていると時々、「なんだか自由でいいなぁ~」と思うことがあります。寝たい時に寝て、起きたい時に起きてと。実に自由というか、気ままな生活ぶりです。

しかし、本当の自由というのは、自分のやりたいように生きることをいうのでしょうか。

聖書の中に自由気ままに生きた代表的な人物がいます。その人は“放蕩息子”と呼ばれている人です。彼は親が生きている頃から財産を分けてもらって、遠い街へ出掛けて行きました。そして自分勝手に毎日遊んで暮らしていたわけです。しかし、やがて財産も底をついてしまい、とうとう食うや食わずの生活をしなければならなくなってしまったのでした。その後の彼の話は、まだ続くのですが、いずれにしても、もし、私達も彼のように「自分勝手に生きることが自由だ。」と言って生きるなら、やがては彼と同じ生活になってしまうことを聖書は教えていると思います。

それでは、本当の自由とは、どのようなものでしょうか。イエス・キリストは「真理は、あなたがたに自由を得させるであろう。」と言われました。この「真理」とはイエス・キリストご自身のことを言われているのです。すなわち、キリストご自身が、私たちに本当の自由を与えて下さるというのです。

イエス・キリストが与えて下さる自由とは、私たちが何にも束縛されることのない自由なのです。キリストは「よくよくあなたがたに言っておく。すべて罪を犯す者は罪の奴隷である。」と言われました。もし、私達が自分の意思でコントロールできなくなっているものがあるとしたら、私達は、それに束縛されている、奴隷になっているということです。

酒やタバコの問題というのは、ひとつの分かりやすい例ですが、しかしながら、私達が、また最も厄介なコントロールしにくい問題が誰でもあるのではないでしょうか。それは、この心の問題です。ちょっとした拍子に怒りやイライラがでてくる。なんとも言えない不安に襲われる。苦々しい思いに心が捕われる。といったことがあるのではないでしょうか。私達は、知らず知らずの間にこのようなコントロールできないような感情に束縛されていることがあるものです。

如何でしょうか。皆さんも思い当たる節があるのではないでしょうか。イエス・キリストは、私達自身の力では、どうにもならないこのような問題から私達を解放し、本当の自由を私達の心に与えることができる方なのです。あなたが、キリストを信じて自分の人生を委ねる時、イエス・キリストはあなたの心に本当の自由と解放を与えてくださるのです。どうか、このキリストとともに歩む自由な人生の一歩を踏み出してみて下さい。