Mikage Shinai Christ Church

未分類

2020年5月「いつまでも残るもの 」

御影神愛キリスト教会 牧師  瀬古 慎二

愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。愛はいつまでも絶えることがない。」

コリント人への第一の手紙13:4~8

 

  新型コロナウイルスの感染の拡大が始まって、2か月ほどになるでしょうか。多くの方々が不安や恐れの中にあることと思います。こういった状況になると、それぞれ人の持っているものが如実に露わになって来るものかと思わされます。先日、ある町で、家族の中でコロナに感染した人がいるというのが分かったため、その家族は町中の人から白い目で見られ、誹謗中傷を受けたそうです。確かに誰もが見えない恐怖に恐れを抱くのはわかります。しかし、コロナ以上に恐ろしいのは、そのような人の思いではないかと思わされます。

  しかし、また反対に良い心を持って生きる人もいます。このような状況の中にあっても、人への感謝、人への親切を忘れずに、人を励まし、支え合う人たちもいます。ある国での出来事ですが、病院で清掃のお仕事をされている方が、仕事を終えて帰宅すると、アパートの住人たちが、その方がフロアを一階上がるごとに、その方を拍手で迎えてくれたというのです。なんと心温まるお話でしょうか。

  私たちが、問題や恐れを乗り越える力、それは、互いに思いやる愛の力ではないでしょうか。私たちは自分のことばかりではなく、他の人のことを思いやる心、大切に思う心を忘れずに生きていきたいものです。そして、その愛の力を与えて下さる方こそ、神様なのです。なぜなら、「神は愛である。」(聖書)からです。私たちが、愛の源である神様を信じ、神様と共に生きるとき、神様からいただく愛によって、人々にも愛を分かち合うことができる人に変えられていくのです。神様を信じて歩んでいきましょう。そして、この困難を共に乗り越えていきましょう。

  皆様の上に神様の限りない愛と恵みがありますよう祝福をお祈りしています。

2020年4月「イースターを前に 」

御影神愛キリスト教会 伝道師  杉本満子

 

  四月と言えば日本では新年度の始まりですね。学校も企業もみな新しいステップを踏み出すのではないでしょうか?「ピッカピカの一年生」とか「フレッシュマン」という言葉を耳にすると、何か心が躍る明るい気持ちになりますね。けれども今年はどうでしょう。新型コロナウイルスによる感染症が世界中に蔓延して、私たちも何時感染するか?わからない状況にまでなっています。

 聖書の中にこのようなみ言葉があります。「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起り、いろいろ恐ろしいことや天からの物すごい前兆があるであろう。」ルカ21:10~11

 このみ言葉は、今の時代の終わりが近づいていることを言っているのです。時々聞く言葉に「末の世」と言うのがありますね。この世界は永遠に続くものではなく、何時の日か終わりの時が来る。と言うことを多くの人は漠然と考えているのです。そうです、実際にこの世界には、世の終わりが来ると言うことを聖書は語っているのです。そして、その前兆を記して、警告を与えているのです。それでは、私たちはどうしたら良いのでしょうか?それは世界を創造し、私たち一人一人を造り、生かしていて下さる神様の許に帰ることです。人類は、神様と共に生きるようにと、神様によって造られたのです。けれども多くの人々は、この神様を信じることなく自分の思うように生活しているのです。このことを聖書は罪とよんでいるのです。この罪を持ったまま、人は天国、即ち神の許に行くことは出来ません。そこで人々の罪を赦し、みんなが天国に行けるようにとイエスキリスト様がご自分を犠牲にして、私たち人間の罪を代わりに背負って、十字架上で死んで下さったのです。しかし、死んだままではなく、三日目に墓から生き返って下さり、ご自分が神の御子であり、人類を罪から救う者であることを示されたのです。ですから私たちは、このイエスキリスト様を「わたしの救い主」「わたしの罪を赦して天国に導いて下さる方」と信じて、従うなら、わたしたちの罪は赦され、神の子となることが出来るのです。

 イエスキリスト様は、あなたのため、わたしのために十字架の苦しみを経験し、死んで三日目に生き返って下さったのです。教会では、この日をイースターと言って私たちクリスチャンの喜びの日、感謝の日となっているのです。

 今年のイースターは四月十二日です。あなたもこの救い主イエス・キリスト様を信じて新しいステップを踏み出して下さい。共にイースターを祝いましょう。

 

2020年3月「 正しい選択 」

御影神愛キリスト教会 伝道師 瀬古博子 

「心をつくして主に信頼せよ」(箴言3:5)

 私の癌との付き合いが始まってから半年ほどの月日が経ちました。半年というのは癌を患っておられる方にとったら短い期間になると思いますが、私にとってはとても長く、また色々なことを経験させられた期間でした。

 最初の頃は、何も頑張らずに平安が与えられ、すべてが感謝でした。しかし、闘病生活が長くなっていく中で、下痢の苦しみ、食べては吐くことを繰り返す苦しみ、体力がなくなり立つこともできなくなる苦しみ、身の置き所の分からなくなる苦しみ、また病室から聞こえてくる他の患者さんからの愚痴を聞かなければならない苦しみ…このような苦しみを経験する中で、何度も神様に苦しさを訴えたり、早くここから脱出させてくれないことへの恨みごとを言ったりと口から良くないものが出るようになりました。それでも神様は愛の神であって、その時その時、状態に合った薬を与えて下さったり、人を連れて来てくださったり、聖書の言葉で励まして下さったりと、助けを与えて下さるということを何度も経験しました。

 しかし、神様への信仰を持ったり、失ったりの繰り返しをするようになっていました。 信仰を持てる時は前向きになり元気になれるのですが、信仰を失う時は、もともとしんどい時に失うのですから、考えることは否定的です。そのため、ますます病状を悪くさせていたのではないかと思います。

 最近、なぜ病気になった当初はあれだけ前向きに信仰を持てていたのに、今は上がったり下がったりの繰り返しをしていて、何が違うのかを考えるようになりました。そして出た結論が「選択」でした。当初は神様の憐れみで私が選択しなくても、神様が私に信仰を与えて下さったので、努力することなく信仰を持ち、前向きに感謝が出来ていました。

 でも今はその段階が終わり、正しい選択を自分でするようにという神様からの新しいチャレンジなのだということに気が付いたのです。状況に関係なく神様を信頼する・・・具体的には神様は良い神であって、必ず私に良いことをしてくださると信じることを自分の判断によって選び取らなければならないことがわかったのです。それからはどんな状況になっても私は正しい選択をすることを神様の前に決断し、誓いました。そうするとやはり心は平安になり感謝が出てくるのです。多分、これからの治療などによって辛い時に悪い選択をするようにという誘惑がやってくると思いますが、その時もやはり正しい選択をし続けようと思っています。そしてその苦しさの中での神様の愛をもっと体験出来たらと期待しています。

 正しい選択をすると必ず心に平安がやって来ます。皆さんもぜひ状況に関係なく正しい選択をしませんか。

 

2020年2月「 重荷を負うて苦労している人への手紙 」

御影神愛キリスト教会 名誉牧師 杉本俊輔

 1603年に江戸幕府を開府した徳川家康(1543~1616)は、多くの格言を残しました。その内の一つに「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くがごとし」があります。

 確かに私達の人生には、春うららかな、明るく朗らかで、のどかな、平坦な道ばかりではありません。難儀をする困難な道や行く手を阻まれたかと思える試練に遭う時もあります。しかし、決して失望したり落胆してはいけません。真の神様を信じる人には、道が開かれ祝福された人生が与えられます。イエス・キリスト様は言われました。

「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」マタイ11:28~30

と語られました。

  イエスキリスト様は愛のお方です。わたしたちの肉体的、精神的、霊的弱さ、不完全さを御存じです。また、人を分け隔てされるお方ではありません。すべての人を思いやり愛して下さるお方です。私達人間は、しばしば人を分け隔てしますね。顔を見て、人のことを判断したり、外見や、表面に現れた姿によって、評価してしまいます。性別の違い、民族の違い、どんな職業か、社会的な地位はどうか、学歴はどうかで評価しますね。そして無神経に他者を傷つけ痛めてしまいます。しかし、イエス様は誰をも差別しませんでした。健常者であれ、障害者であれ、みんな神様に愛されていると言われたのです。だから心痛めている人、労している人、重荷を負って苦労している人、能力のない人は、私の所にきなさい、わたしが助けてあげるからと言われたのです。なんと素晴らしいお方でしょうか。

 実は、旧約聖書イザヤ書53:4~5(リビングバイブル)の中に、私達人類に対する愛の神様(イエス・キリスト様)の預言の姿が描かれています。「彼(イエス様)が背負い込んだのは、実は私たち(人間)の悲しみであり、彼(イエス様)を押しつぶしたのは、私たち(人間)の嘆きでした。私たち(人間)は、彼(イエス様)がそんなに苦しむのは、罪を犯して神様に罰せられているからだと考えていました。しかし、実際は、私たち(人間)の罪のために傷つき、血を流したのです。彼(イエス様)は私たち(人類)に平安を与えようとして、進んで懲らしめを受けました。彼(イエス様)がむち打たれたので、私たち(人間)は癒されました。」とあります。

  イエス様の福音は、万民に与えられた福音です。国籍も人種も男女の別も長幼も関係なく与えられるものです。難行苦行もいりません。「求めよ、そうすれば与えられます」イエス様は、御昇天の前に弟子達を集めて言われました。「あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。マタイ28:19~20と言って下さっています。何と素晴らしい愛のメッセージでしょう。 私たちをいつも愛して下さるイエス様にお従いして楽しい人生を送りましょう

 

2020年1月「人生のガイドブック 」

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」詩篇119:105

  明けましておめでとうございます。

  今年も新しい年を迎えることができて感謝です。皆さんは、この一年どんな年にしたいとお考えでしょうか。やはり、去年よりもさらに良い年にしたいと願っておられるのではないでしょうか。聖書の言葉から、そのヒントを見つけて頂ければ幸いです。

 昔から人生は旅のようなものだと言われます。旅には楽しい事もありますし、時には予想もしないハプニングがあったりします。また、知らない場所へ行く期待や不安があったりもします。人生は旅のようなものというのもうなずけます。それでは、この旅をより良いもの、より安全で快適に過ごすためにはどうしたら良いでしょうか。その一つにガイドブックを用意する、というのがあると思います。ガイドブックというのはありがたいものです。地図が載っているし、食事の場所、観光名所、お土産は何が良いか、注意すべきことは何か、様々な情報が載っています。初めて行く場所であってもガイドブックがあると旅をより良く過ごすことができます。

  それでは、人生という旅にも、このようなガイドブックはないのでしょうか、実はあるのです。それが聖書です。聖書には、私たちがどこから来て、どこへ向かっているのかが書かれています。また、どのように生きれば幸せになるのか、人生の中で起こってくる様々な困難をどのように乗り越えることができるのか、人生という旅で経験するありとあらゆることにどう対処すれば良いかが書かれています。まさに聖書は人生のガイドブックなのです。

  聖書に「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」(詩篇119:105)という言葉がありますが、聖書の言葉、すなわち神様の言葉は私たちの人生を照らす言葉、導く言葉なのです。

  これから始まるこの一年、ぜひ、一度聖書を手に取って読んで見て下さい。あなたの人生の助けになる言葉、導く言葉に出会えるはずです。そして、この新しい年にもあなたの人生を照らす光を発見して頂きたいと願います。