Mikage Shinai Christ Church

未分類

10月 「言葉の力」

 

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

一般的にもよく言われることですが、言葉には大きな力があります。言葉によって人を生かすこともできれば、殺すことさえできてしまう。言葉には、そんな大きな力があることをよく考えます。

 

最近、言葉の力というものをつくづく感じさせられたお話を聞きました。北九州市で30年以上小学校の教師を務められた先生で菊池省三という方がおられます。この先生は長年に渡り学級崩壊したクラスを立て直す働きをされておられる方です。菊池先生は、どのようにしてクラスを立て直されたのでしょうか。それこそ、「言葉の力」によってでした。先生は、新学期が始まる時に子ども達に二つのことを聞くそうです。一つは、「クラスからなくしたい言葉は何ですか。」です。この事を聞くと子ども達から「死ね」「ばか」「消えろ」「キモイ」「ぶた」などの言葉が上げられました。そして次に「クラスに溢れさせたい言葉な何ですか。」と聞くと「ありがとう」「がんばったね」「成長したね」という言葉が上げられたそうです。そして、それらの言葉を教室に張り出して、なくしたい言葉はどんどん無くし、溢れさせたい言葉どんどん使うようにしていったそうです。

 

また、他にも「ほめ言葉のシャワー」と言って、毎日一人の日直を立て、クラスの皆にはその子の良いところを観察させるのです。そして一日の終わりに日直の子に向かってクラス全員、一人ずつその子の良いところを言っていくのです。そういう取り組みをする中で、子ども達一人一人が自分の良さに気づきはじめ、クラスの中で自分も認められていて大切な存在だという事が分かるようになって来たのです。そして、クラス全体の雰囲気もどんどん良くなってクラスが立て直されていくのだそうです。

 

このようなお話を聞いて、つくづく言葉の持つ力というのが絶大であるか、という事を改めて考えさせられました。私たちも日頃、どんな言葉を語っているか、あるいは、聞いているかによって人や自分を生かしも殺しもしてしまうという事を真剣に考える必要があると思います。イエス・キリストは、「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」と言われました。神の言葉には、私たちを生かす力があります。私たちが、心を静めて神の言葉、すなわち聖書の言葉に耳を傾けていく時、心を留めていく時、私たちの心は強められ、励まされ、生かされていくのです。

 

ぜひ、一度、聖書を手に取って神があなたに向かって語られている言葉に耳を傾けて頂けないでしょうか。神の言葉があなたを生かしてくださるよう祝福をお祈りいたします。

 

 

 

9月 愛は人を変える

 

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 今月は、聖書の中から神の愛に触れて変えられた一人の人物を紹介したいと思います。それはイエス・キリストの12人の弟子の一人であったヨハネのことです。彼はイエスの弟子として選ばれた人物でしたが、人間的に見るならば彼は決して弟子としてふさわしい人とは言えなかったのではないかと思います。彼は気性の荒い性格だったようで、イエスから“雷の子”とあだ名を付けられるような人でした。

 聖書の中に彼の気性の激しさを物語る記事があります。ある時、イエスと弟子たちの一行がサマリヤ人たちの村へ入った時に村人たちはイエスを歓迎しませんでした。その時、ヤコブ(ヨハネの兄弟)とヨハネは、すぐさま「主よ、いかがでしょう。彼らを焼き払ってしまうように、天から火をよび求めましょうか」。と言って怒りをあらわにするのでした。こんなところからもヨハネの気性の激しさを垣間見ることができます。

 こんなヨハネですが、彼は後にキリストの弟子として愛の人へと変えられていくのです。彼によって書かれた聖書の一つに「ヨハネによる第一の手紙」というものがあります。ここには互いに愛し合うことが如何に大切であるかが描かれています。例えば、4章には

「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。愛する者たちよ。神がこのようにわたしたちを愛して下さったのであるから、わたしたちも互に愛し合うべきである。」とあります。

 このように彼は切々と愛し合うことの大切さを語り実践する人となったのでした。なぜ彼は愛の人へ変えられていったのでしょうか。それは何よりも彼自身が神の愛を経験したからでした。彼は主イエスの弟子としてイエスと生活を共にしました。そこで主イエスは彼に愛を注ぎ、彼もまた主イエスの愛を受け取りました。彼が聖書(ヨハネによる福音書)の中で自分のことを書く時には、「イエスの愛しておられた者」とか「イエスの愛しておられた弟子」と表現しているのです。それだけ彼は、イエスに愛され、その愛を受け取った人でした。そのイエスの愛が彼を後に愛の人へと変えていったのです。

 愛する皆さん、ヨハネに注がれたイエス・キリストの愛はあなたにも注がれているのです。

「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない。」

(ヨハネ15:13)とありますが、イエスはあなたのために十字架で命を捨てるほどにあなたのことを愛しておられるのです。

  主イエスを信じ、主イエスの愛を受け取って下さい。

 

 

 

8月 健やかであるように

 

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

  今も昔も多くの方々が健康に気を使っておられると思います。誰もが健康を願うことは自然なことだと思います。実は、神様も私たちが健康であることを願っていて下さるのです。

聖書に「愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じく、あなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかであるようにと、わたしは祈っている。」という言葉があります。

  神様は、私たちの心と身体がいつも健やかであるようにと願っていて下さるのです。私たちは、健康ということを考える時に身体の健康にはよく気を使うのですが、ともすれば心の健康ということを忘れがちになるのではないでしょうか。昔から「病は気から」「健全な精神は健全な肉体に宿る」とかと言われますが、私たちの心と身体は密接な関係にあるかと思います。神様は、私たちの心と身体、その両方が健やかであるようにと願っておられるのです。

  現代は、ストレス社会と言われます。多くの人がストレスや心配のために心病んでしまってはいないでないでしょうか。そして、体調も崩してしまうことさえあるかと思います。そんな私たちに主イエスは、

「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。・・・そうすれば、あなたがたの魂(心)に休みが与えられるであろう。」と呼びかけて下さっています。

あなたも主イエスのもとに来て、心の重荷をおろし、心も身体も健やかな日々を送られませんか。あなたが神の恵みの中、心も身体も健やかであるように祝福をお祈りしています。

 

 

 

7月 Everything Is Alright

 

御影神愛キリスト教会 牧師 瀬古慎二

 

私たち誰もが願うこと、それは「幸せになりたい」という願いではないでしょうか。それでは、どうしたら私たちは幸せになるのでしょうか。例えば、自分の人生、全て自分の願い通り、思い通りになれば幸せになるのでしょうか。 

ここで一緒に考えてみたいのですが、あなたは「自分の人生、全て自分の願い通りになったら『幸せ!』と思える生き方」と「自分の人生、自分の願い通りにならないこともあるけど、それでも『幸せ!』と思える生き方」どちらがより良い生き方、考え方だと思われるでしょうか。

懸命な皆さんでしたら、おそらく後者を選ばれるのではないかと思います。もちろん、自分の人生、すべて願い通りになったに越したことはないかも知れません。しかし、私たちの現実は、そううまくいくものでもありません。誰もが願い通りにならなかった事を経験されていると思いますし、挫折や失敗を経験することもあったかと思います。ですから、「自分の人生、全て自分の願い通りになったら『幸せ!』と思える人生」よりも「自分の人生、自分の願い通りにならないこともあるけど、それでも『幸せ!』と思える人生」の方がより優れていると思うのです。そして、実際どうでしょうか。私たちは自分の人生を振り返る時、確かに全て自分の願い通り、思い通りになって来たわけでないけど、しかし、それらが全て自分にとってマイナスだったかというと、「そうでもない」という方も多いのではないかと思います。むしろ、その経験があったらからこそ、「今の自分がある」という、そんな経験をされた方も多くおられると思います。

聖書に

「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。」

                                                     … Continue reading

6月 人生のガイドブック

 

御影神愛キリスト教会 主任牧師 瀬古  慎二

 


昔から人生というものは、旅と例えられてきました。旅には楽しいこともありますし、不安になることもあります。それと同じように私たちの人生も楽しい時もあれば、先が見えずに不安になることもあるというわけです。

 ところで、旅をするときに、あれば助かるものと言ったらなんでしょうか。その一つにガイドブックというのがあります。特に初めて行く場所に旅行に行く時などにガイドブックがあると大変助かります。ガイドブックにはいろいろな情報が書かれています。景勝地の紹介、食事やアトラクションの情報、また困ったときの対処法等も載っていて、ガイドブックがあると知らない土地でも安心して旅を楽しむことが出来ます。大変便利で大いに助けになるものです。

 それでは、私たちの人生という旅についても考えてみたいのですが、人生という旅にもガイドブックがあると助かると思われないでしょうか。そんな便利な本があったら手元に置いておきたい、読んでみたいと思われないでしょうか。実は、そういう本があるのです。その本こそ聖書なのです。聖書には、私たちがどこから来て、どこに向かっているのか、また、人生において本当に価値あるものは何か、私たちはいったい何者であり生まれた目的は何なのか等、私たちの人生の旅に必要なことが全て書かれているのです。

 聖書の中に

「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」(詩篇119:105)

という言葉があります。神の御言葉(聖書)は、先行きの分からない私たちの人生を照らし導く光です、と言っているのです。すなわち、私たちの人生という旅をどのように歩めば良いかを教えてくれるガイドブックのようなものなのです。ぜひ、一度、聖書を手にされ読まれることをお勧めいたします。そして、あなたの人生がより良いもの、いのちに溢れたものとなりますよう祝福をお祈りいたします。